ルイヴィトンの名刺入れでビジネスシーンを個性的に飾る!

ルイヴィトンの名刺入れってご存知でしょうか?ビジネスでの大切なシーンで活躍してくれる名刺入れを選びましょう。

ルイヴィトンの名刺入れってどうなの?

Loui Vuitton(ルイヴィトン)といえば高級で有名なブランドで、誰もが名前を聞いたことがあると思います。同ブランドの製品はプライベートでも活躍してくれますが、ビジネスシーンでこそ真の価値を発揮してくれるんです。

ビジネスシーンで最も効果的な商品といえば、やはり名刺入れ(カードケース)ではないでしょうか。大事な場面で使っていると周りの人からの評価が上がること間違いなし!でもルイヴィトンの名刺入れといっても種類はたくさんありますよね、どれがいいのかわからないという方も多いはず。そんな方のために今回はどんな名刺入れがビジネスシーンにフィットするのか紹介していきます。

名刺入れならエピがオススメ!値段は?

上の写真はルイヴィトンエピという柄の名刺入れです。ルイヴィトンでは何種類か有名な柄があるのをご存知でしょうか?その中でもエピが名刺入れにオススメなのには理由があるんです。色は控えめで落ち着いていて目立つような要素がないので嫌味がない名刺入れ(カードケース)とも言えるでしょう。ルイヴィトンの名刺入れは個人的に言うと女性が持っている場合が多いと思いますが、シックな装いを求める男性にも似合うのでオススメです。

また、ルイヴィトン名刺入れ(カードケース)が人気な大きな理由の一つとして、とても丈夫という点が上がると思います。何年間使い倒しても壊れない上に、使えば使うほど味が増してくる楽しみもあります。そんな見た目の変化を見ながら使うのも楽しいかもしれないですね。

ルイヴィトンのエピの名刺入れの値段の幅としては大体2万円から3万5千円となっています。

イニシャル入りでさらに特別感が増す

ルイヴィトン製品全般に共通する特徴として購入した商品に無料でイニシャルを刻印してくれる「ホットイニシャルスタンピングサービス」というサービスがあります。このサービスは無料で受けられるという大変ありがたいものなのですが、中古品や他の販売店で購入したものは対象外なので、公式オンラインショップもしくは直営の実店舗で購入しましょう。

また、ルイヴィトンの製品すべてがこのサービスの対象というわけでもないので、希望する場合は購入前に調べるか店員さんに聞くことをオススメします。公式オンラインサイトでは対象の製品を一括で検索することもできるようになっているので、そちらもご活用して見てはいかがでしょうか。

購入した製品にイニシャルを入れることでより愛着を持って長く大切に使えるようになるのではないでしょうか。また、プレゼントとしても大変喜ばれると思います。

ハイブランドも中古ならお買い得!

ルイヴィトンの名刺入れを新品の定価で買おうとすると中には6万円を超えるような高額なものもあって新社会人や20代の社会人の方には少し手が届きづらいかもしれません。ですが、ご心配なく。中古でも豊富に種類が揃っている上、価格もだいぶ抑えられているので新品を気にする方でなければ一考の価値はあるでしょう。

ヤフーオークション楽天市場の中古品の相場を見てみると1万円台のものから3万円台のものが多いようです。これくらいのお値段なら20代の新社会人にもお手頃価格と言えるのではないでしょうか。さらに、中には一万円を切るような商品もあります。とにかく価格を気にするのであれば中古品を探してみることをオススメします。

ルイヴィトンの名刺入れって買取してくれるの?

名刺入れを買ったけど、飽きたから他のものに買い換えたい古くなったから新しいものを買いたいという方は是非いらなくなった方の名刺入れを売りましょう。そのまま、とっておく、捨てるなんてもったいなすぎます。

なぜならルイヴィトンの名刺入れであれば結構な金額で買取してもらえるからです。ルイヴィトンの名刺入れの買取をしているお店のホームページを見てみると実績として実際に買い取った際の金額が記載されているのですが、意外にも1万円台から高いものでは2万5千円で買い取ってもらえたという例もあるようです。

それだけの高値で買い取ってもらえるならば、新しい名刺入れを買う資金の足しにもなりそうですね。

シリアルナンバーの確認法方



ルイヴィトンの製品を中古で買った時にまず確認したいのが、シリアルナンバー。人気で高価なブランドだけに偽物も多く市場に出回ってます。シリアルナンバーがあるかないかによってその製品が本物かどうかを見極めることができます。

基本的にルイヴィトンの製造番号(シリアルナンバー)はアルファベット数字で構成されています。最初の2文字がアルファベットになっているのですが、このアルファベットは製造国を表します。また、刻印部分を含んだ修理をルイヴィトンにて行うと最初の二桁はDKとなります。

アルファベットの後ろについている数字は製造年月日を表します。2007年以降に発売された製品であれば4桁の数字のうち、1桁目と3桁目で週2桁目と4桁目で年を表しています。2007年以前に発売された製品だとまた規則が変わってくるので気になる方は調べて見てください。

本物だとわかれば安心して使えますよね。

ルイヴィトンの名刺入れはビジネスマンの心強い味方

ルイヴィトンの名刺入れの世界、いかがでしたでしょうか。ビジネスマンならばビジネスに必要な道具はおしゃれかつ上品に決めたいですよね。その点、ルイヴィトンの名刺入れはどんな場でもバッチリ活躍してくれるのでオススメのブランドです。

安さを求める方は中古の商品も是非探してみてください。しかし、偽物も多く出回っているのでその点にはシリアルナンバーをしっかりと確認し、対策してください。ただ、最近の偽物は精巧に作られているそうなのでご注意ください。