【弱虫ペダル】2年目新世代のキャラを愛しすぎな俺の話を聞いてほしい

アニメ2期終了から約1年越しに帰って来た弱虫ペダル3期「NEW GENERATION」。文字通り2期からの続き、いわゆる「新世代」の始まりになっている訳だが、そんな「新世代」、甘く見ずにいてほしい!という話。

弱ペダ1年目はあくまで序章だった!?



今年1月からついに始まった「弱虫ペダル」アニメ3期。筆者自身、弱ペダのアニメ1期をリアルタイムで追っていた頃、インターハイに差し掛かってからもうどうしたって続きが我慢できず、漫画を全巻買いし、届いてから休みの日1日使って勢いで号泣しながら読み切りズブズブ弱ペダにハマっていった1人です。

まわりの男友達、女友達、漫画好きにはみんなにすすめて漫画を貸してこれを読んで「あんまりだったな〜」という人には幸いなことに出会っていなく…寧ろすすめた友人数人の中で既に二人がロードバイク購入し、筆者も現在購入をかなり前向きに検討しているぐらいのハマリような訳ですが…。

そんな弱虫ペダル、アニメ2期終了時、「もう弱ペダも終わりだなー」なんて言った人、いませんか?いますよね?「巻ちゃんたちが卒業したら終わりじゃん」なんて思ってませんか?まだ終わりませんよ!!

濃すぎた初期の3年生達



主人公の坂道にとって、巻島先輩はあまりにも大きな存在だったんですよね。主将の金城先輩も、寛大でかっこいい田所先輩も3年生。筆者もアニメより先に漫画でインハイの最後を見届けた後、もう終わりだ…この先輩達がいなくなったらもう終わりだ…とそっちの意味でも涙した記憶があります。

そんな正直ガッカリする気持ちの方が大きい3期の始まり方なんですが、少しでも、少しでも多くの人に!「新世代」の良さを!知って欲しくて…!!もちろんいなくなります、先輩達。2年目になるわけですからね。

でも1期と2期を毎週あれだけ熱く見守ってきたからこそ楽しめる新世代の良さがあるし、逆に3期からアニメを見始めたって方がいれば、確実に1期と2期を見直してほしいです。

「1年目」を見守ったからわかる「2年目」



ここからは読んでいただいてる方が1期2期共に見終えている前提で話を進めますが、まず2期の最後、インターハイで衝撃の結果が出る訳です。あんなにひ弱だった「メガネ君」が…こんなに成長して……!!と涙涙の結果になりましたよね。

2期の最後では、結果が出て、坂道が先輩達にお礼を言ってほっこりして話が綺麗に終わったんですが、何度も言いますがこの先輩達、引退する訳なんですよね。じゃあ次は誰が総北まとめんだよって話なんですよね。

もはや「名脇役」と思われていたであろう、あの、合宿で1年生に負けてボロボロになってしまった2年生「チームふたり」しかいなくなるんですよ…。大丈夫?本当に?負けてるのに?って不安になるのは多分それ正解なんです。

一方敗者の「箱学」は…



じゃあその総北に負けた箱根学園は?と言われると…それこそあのインハイであれだけ最強最強と言われ、優勝候補と周りから期待をされていたメンバーで戦い、結果敗れてしまった訳です。しかも最後は1年生同士の戦いで。

ここは3期でも少しやっていましたが、「1位と2位とでは天と地の差」なんですよね。しかも「王者箱学」とまで言われていましたから。インハイに負けた瞬間から「元・王者箱学」になってしまう訳です。

3年生は惜しくもそのまま卒業になってしまうし、残された2年と1年はその汚名とも言える結果を抱えていかなければならないわけですよ。

重すぎる「前年の結果」



まあここまでの話はスポ根作品としてあるあるですよね、「王者」と言われていたライバル校を主人公たちが倒していく。でもスポ根ってそれで最終回っていう話が多いと思うんですよね。でもそんなんじゃ終わらせてくれないわけです。

今まで特にそこまで期待されていなかった総北高校がまさかの全国優勝を果たしてしまう。でも3年生が卒業したら残る2年生が主将を務めるしかない…しかし、その2年生は1年生にすら勝てなかったような二人

そして今まで「王者」として期待されてきた箱根学園が惜しくも2位。王者としてはあまりにも大きすぎる敗者」という肩書き、それを背負わなければいけない1、2年生達…。重い、でもそれが良い…!

濃すぎる新キャラ達を濃厚に紹介する。

1年目で既に濃すぎたキャラクターたちでしたが、2年目もまだまだ増えます新キャラが!!未だにアニメサイドでは発表されてないキャラも原作漫画にはたくさん出ているのですが、今回はネタバレない程度に紹介しますね。

まずは箱学2年(新3年生)の「葦木場拓斗」。なんと身長202cmです。でかい。そしてザ・天然です。かわいい。総北の新主将、手嶋と幼なじみということは既に放送されていますよね。そういう幼なじみ対決とかずるい。好きだ。

2年目のインハイが始まるとかなり活躍するとっても良いキャラです。今後の活躍がアニメでも見られるかと思うと本当に楽しみなキャラです。

総北にも新キャラが…



この記事を書いてる間はまだアニメには未登場なので詳しい紹介はネタバレになってしまう為省きますが、総北の新キャラ(新一年生たち)が個人的にはすごく好きで…!はやくアニメで走って喋る姿が見たい!!

まず鏑木一差、オレンジ頭の強気そうな見た目ですが、中身は……。筆者個人的には新世代の総北でかなり好きなキャラで、この子もかなりの活躍を見せるとってもいいキャラなんです!はやくカブの良さをみんなに知って欲しい……!!

そしてその鏑木の幼なじみとして一緒に入部してくる「段竹竜包」。カブと段竹のコンビも「チームふたり」に匹敵する名コンビなので必見です!!

あの「京伏」にも…



1期2期で出番の度に怪しいネチョネチョ効果音を発していた御堂筋が率いる「京都伏見」にも、もちろん新キャラが登場します。まだアニメでは発表されてないので名前ももろもろ伏せますが…まあ、あの「京都伏見」ですからね…お察しの通り、ヤバイです。

3年生だった石垣が常識人だったので、いなくなってどうなっちゃうんだろう…と思ってる人は多いと思いますが、ヤバイです。もう完全に悪役なイメージ強いんですけど、2年目は更に。でもキャラが濃すぎて憎めないんですよね…。

京伏の新キャラ、予想の斜め上を行く濃さなのではやくアニメで見たい…あの手の動き…(原作見てる方はわかりますよね)どう表現されるのか…。絶対また変な効果音つきそう。

筆者が思う「2年目」の勝者は…!?



これは完全に筆者個人としてのただの考察になるんですが、当たり前に2年目でもインターハイがあります。アニメ3期でインハイまでの話で終わりそうなので、アニメではいつ放送されるのかなー…とそこはちょっと不明ですが。

本当に気になったら漫画で読んでほしいぐらい、2年目のインハイも1年目に負けず劣らず熱いんです…。1年目ではああだったあのキャラも、新キャラのあのキャラも、みんな活躍しているんです…読んでほしい、というか是非読んでください

例えば1年目でも「チームふたり」がかなりいい役を担っていたインハイ前の合宿、今年もやります。総北自転車部の恒例行事ですからね。それがまた泣けるんです…。いつ読んでも確実に泣くので封印してます、34巻



…話が逸れました。正直筆者はどちらを応援してるかって聞かれると答えられないぐらい、総北も箱学も好きです。あと悪役感がすごい京都伏見も大好きです!脇役もいいキャラばかりですからね、弱ペダは…。

さて、そんな弱ペダ、実はコミックスの方でもまだ2年目の決着はついていません。かなりじっくり連載されています。新刊読む度に「結局誰が勝つんだよ…」と頭を抱えることがほとんどなんですが、考えると数時間経ってしまうんじゃないかって程悩ましいんです。

2年目のインターハイの勝者の予想



個人的な考察で、弱虫ペダルは主人公の坂道くんが3年になるまで続くんじゃないかな、と思ってるんですが…。ただ今でさえ連載開始からかなりの年月経ってるので、そうなると最終回は何年後なんだ…とちょっと気が遠くなるんですが。

なので、1年目は坂道くんが優勝して、2年目は「敗者」となってしまった箱学が勝ち、そこで更に強く成長した坂道が3年になってまた優勝してくれるのでは…?と思うんですよね、坂道のライバル、真波も同じ1年ですからね。

その二人のあの熱かったバトルを3年生になったらもう一度…!!と思いますが、努力している総北の新3年生の手嶋と青八木にも勝ってほしい…と、結局悩んで結論は出ない…どっちも勝ってほしい……。

結論、まだまだ終わらない弱虫ペダル!



まあ結論、このまま弱ペダの世界の全員を見守り続けるしかないな、と思う訳ですよね…。アニメしか見てない方、ほんとうに原作の方も読んでみてください。アニメで見たところも漫画の勢いある絵で見るとめっちゃ泣けます

アニメでも今後まったり続けてくれるんだろうとは思っていますが、原作コミックスは2年目のインハイ真っただ中!読めば読む程キャラクター全員が好きになるし本当に燃えます。うまく言葉にできないのが悔しいぐらい…!

こうして2年目に続くスポ根作品は珍しいと思いますし、ここまでアニメで続けてくれている作品は更に数少ないと思います。是非「新世代」の弱虫ペダルにもご期待あれ!

弱虫ペダル SPARE BIKE
弱虫ペダル SPARE BIKE
posted with amazlet at 17.02.27
(2016-11-16)
売り上げランキング: 434
弱虫ペダル(50): 少年チャンピオン・コミックス
渡辺航
秋田書店 (2017-04-07)
売り上げランキング: 595
最後の走行会
最後の走行会
posted with amazlet at 17.02.27
(2017-02-23)
売り上げランキング: 107