清水翔太おすすめ楽曲ランキング!人気曲から隠れた名曲まで

10代の頃から人気歌手として甘い歌声で活躍してきた清水翔太。そんな彼のメジャーな曲から隠れた名曲を、デビュー当時からファンの僕がランキング形式で紹介していきます。

「清水翔太」とは。

出典:http://www.shimizushota.com

1989年2月27日大阪府八尾市生まれ。祖母の営むカラオケ店で2、3歳の頃からすでに歌い始めていました。このころから歌への情熱は始まっていたんですね。祖母の影響で2、3歳の頃から歌っていてあえて高校には行かず、音楽学校に通い歌の技術を磨きました。

あの透き通っている歌声に誰もが癒されます。それでいて、小柄な体からは想像がつかない力強く魂で歌っているかのような歌声が魅力的です。聴く人を惹きつける歌声です。

若い世代を中心に共感する歌詞を提供し続ける、そんな清水翔太さんのデビュー当時から現在までの曲の中から厳選して10位から1位までを紹介していきます。

10位「GOODBYE」

10位に輝いたのは「GOODBYE」。こちらは2010年7月にリリースされた7枚目のシングルです。この曲は恋人に別れを切り出す切ない歌です。「震えている唇」「その目に涙たまっていく」などのフレーズがリアルで歌を聴いているだけで、その場のイメージが浮かんできます。

「付き合い始めはあんなに愛していたのに何故、うまくいかないのだろう」と歌っています。恋愛の難しさや、もどかしさを考えさせられる曲になっています。メロディーはアップテンポですが歌詞は切なく、その対比も良いですね。 

9位「空」

9位に輝いたのは「空」。こちらの曲は 2011年3月にリリースされた「COLORS」というアルバムに収録されている曲です。この「空」はファンじゃないとなかなか知っていない隠れた名曲です。

「空」は若い頃の甘酸っぱい失恋ソングです。歌詞の内容を見て、この曲は清水翔太の実体験だと僕は思いました。昔の恋愛を思い出して、その人に感謝の気持ちを送っている歌です。

この曲を聞くと昔の恋愛を思い出し、少しほっこりとします。切ない曲なのですが、同時に夢に向かって頑張ろうという気持ちにもなる不思議な魅力がある曲です。サビ以外はラップ調で心地良いです。

8位「Foget-me-not」

8位に輝いたのは「Foget-me-not」。こちらの曲も9位の「空」と同じで「COLORS」というアルバムに収録されている曲になります。そして、尾崎豊の「Foget-me-not」のカバーでもあります。

尾崎豊の「Foget-me-not」は力強い歌声ですが、清水翔太の「Foget-me-not」は優しい歌声です。歌詞は同じですが、メロディーは少し違います。両方とも異なった歌声で魅力的な曲です。

尾崎豊の「Foget-me-not」は知らなくて、清水翔太の「Foget-me-not」を聴いて、この曲を知った人も多いんじゃないでしょうか?僕もその一人です。ぜひ、聴き比べてください。

7位「WOMAN DON`T CRY」

7位に輝いたのは「WOMAN DON`T CRY」。2013年7月にリリースされた15枚目のシングル。メロディーがR&B調で聴いていて心地良い曲になっています。

曲の内容は、女性への応援歌になっています。「あなたがどんなに辛いことや悲しいことがあっても、僕は君の味方でいるよ」「明日を見つめている君が好き」というメッセージが詰まっています。

前向きな気持ちにさせてくれる曲になっています。PVのほうも1人の仕事を頑張ってる女性に焦点をあてていて、その女性を応援するように清水翔太が歌っているのが印象的です。

6位「DREAM」

6位に輝いたのは「DREAM」。こちらは2014年1月にリリースされた16枚目のシングルになります。テレビ東京系のドラマ「なぞの転校生」のエンディングテーマで使用された曲でもあります。

「Dream」は大切な人と出会い、「君がいるから頑張れる」という前向きな恋愛ソングです。PVも「君がいるからどんな夢も叶いそうな気がする」「ありがとう僕と出会ってくれて」のテーマに沿って10代から20代くらいの高校生のカップル、ダンサーのカップル、スタイリストのカップル、3組の日常に密着しています。

夢に向かって頑張っている3組のカップルが日々、葛藤や喜びを分かちあっている様子が映し出されているPVが印象的です。聴いていて、背中を後押ししてくれるような曲になっています。PVも合わせてチェックしてみて下さい。

5位「君が暮らす街」

5位に輝いたのは「君が暮らす街」。2010年10月リリースされた8枚目のシングル。先ほど紹介した「DREAM」とは反対でこちらは悲しい失恋ソングとなっています。

清水翔太本人が「一度は経験したことがある、失恋後の物語」と言ってるように、昔一緒に過ごしていた恋人と別れて、君がいない街は今は、なんでもない街ということを歌っています。とても悲しい曲なんですが、とても共感できる曲でもあります。この歌詞に共感する人も多いんではないでしょうか?

歌詞の一部に「君と似ている人を見つけたよ。違う人とわかっていても、胸が痛かった」とあるのですが、未練がまだあることがわかりますね。

PVも清水翔太が恋人がいない街で歌っていて、悲しいです。

4位「アイシテル」

4位に輝いたのは「アイシテル」。  こちらは2008年にリリースされた2枚目のシングル。デビューアルバム「Umburella」にも収録されています。曲の題名通り、「アイシテル」ということを純粋に彼女に歌った恋愛ソングになっています。

「今は思うようにいかなくても、いつかは幸せがくるから。」というメッセージが込められていて、純粋な気持ちが伝わってきます。歌詞とリンクしてPVも10代のカップルが喧嘩をしたり、愛し合ったり不器用な感じが伝わってきて良いです。

メロディーもゆったりしていて、そこに清水翔太さんの透き通った歌声がマッチしていて心地良いです。

3位「君が好き」

3位に輝いたのは「君が好き」。2009年12月9日にリリースされた5枚目のシングル。こちらは自身初、着うたフルのウィークリーチャートで1位を記録されました。この曲は知っている人も多いんじゃないでしょうか?

僕の考察ですが、恋人と喧嘩をした後に初めて、その人の大事さに気付く。そういうことを歌っている曲だと思います。また、大事な人は後悔する前に、日頃から大切にしようというメッセージも込められていると思います。

歌詞の中に「君をこんなに愛せるのは僕だけ」とあるんですが、男なら1度は誰かに言ってみたい言葉ですね。

2位「YOU&I」



2位に輝いたのは「YOU&I]。2011年1月26日にリリースされた9枚目のシングル。ウォークマンPlay You.「キミの知らない音project」CMソングとして制作した曲 。

恋人との前向きな恋愛を歌っている曲です。遠距離恋愛を指すような歌詞の部分があるのですが、これからどんな未来が待っていても僕は君を離さないと決意している歌です。

結婚式ソングとしても有名ですね。大切な人がいる人には、この曲とリンクする部分も多いんではないでしょうか?

1位「HOME」

1位に輝いたのは「HOME」。2008年2月にリリースされた清水翔太さんのデビューシングルです。「レコ直新人杯」と「MTV STUDENT VOICE AWARDS リリック賞」を受賞しています。

10代の男性シンガーソングライターで史上初のオリコン初登場5位を記録しました。この曲で日本中に清水翔太の名が知られるようになりました。今でも、「HOME」が自身の代表曲になっています。

夢に向かって故郷を飛び出して、その中で葛藤もあったりした。でも夢が叶うまで、故郷にはまだ帰らない。そういうメッセージがあると思います。まだ10代だった清水翔太にしか書けないような歌詞です。彼の実体験が歌詞に反映されています。

特に今、夢を持って頑張っている人に聴いて頂きたいと思います。背中を後押ししてくれる曲になっています。そして、PVも清水翔太がまだ10代の若い時に歌っているものなので、説得力もあってダイレクトに伝わってきますね。

この曲を知っている人も、もう一度、歌詞に注目して聴いてみてください。

名曲が、多すぎる……。

いかがだったでしょうか?今回、10位から1位までの紹介だったのですが、素晴らしい曲が沢山ありすぎて、厳選するのにとても苦労しました。清水翔太の曲は切ない失恋の曲から応援歌まで、幅広く様々な種類の曲があります。

その一つ一つがとても共感できるものになっています。そして、切ない、悲しい曲でも前向きに頑張ろうという力強いメッセージが込められている曲も多いです。夢に向かって頑張っている人の背中を後押しするような、励まされるような曲も多いです。

また歌声も透き通った歌声で、それでいて力強い、聴く人を引き付けるような魅力的な歌声です。今までファンの人もそうではなかった人も、一度歌詞を頭に浮かべながら曲を聴いてみて欲しいと思います。

10代の頃から27歳の今もなお第一線で活躍されている清水翔太。今後の活躍にも注目したいですね。

GOODBYE(初回生産限定盤)(DVD付)
清水翔太
SMR (2010-07-07)
売り上げランキング: 19,324

HOME
HOME
posted with amazlet at 17.02.27
Sony Music Records Inc. (2016-04-13)
売り上げランキング: 3,985