【Fate/GO】ケツァルコアトルは可愛いルチャお姉さん!その魅力を徹底解説

ケツァルコアトルは7章に登場したルチャ大好きお姉さん。今回はそんな彼女の魅力や性能、7章ストーリーでの攻略ポイントなど、ケツァルコアトルについて様々な角度から徹底解説します。ネタバレも少しあるよ!

【ネタバレ注意】ケツァルコアトルとは?

ストーリー7章に登場したルチャ大好きお姉さん

ケツァルコアトルはストーリー7章に登場するFGOのサーヴァントです。ストーリーでは女神同盟の内の一柱として、主人公の前に一瞬だけ立ちはだかりました。ゲーム内のレアリティは星5で、クラスはライダー。ファンからの「ククルん」「ケツ姉」の愛称で親しまれています。

そんな彼女の最も特徴的な点は、何といっても重度のルチャマニアであること。人間の事を何より愛し、彼らと戦うことに生きがいを感じる戦闘大好きな神様。ただし、ルチャマニアであることを除けば驚くほど良心的で、タイプムーン作品では珍しい常識のあるまともな女神です。そのデレ顔はとにかく可愛く、多くのファンが彼女にノックアウトされました。

アステカ神話の最高神の一柱



本項ではそんな彼女の設定を一部紹介します。ケツァルコアトルはアステカ神話に登場する最高神の内の一柱です。悪の神様であるもう一柱のテスカトリポカと対をなす善の神様で、アステカ神話にはこの二柱の様々な逸話が残されています。最高神のため、生命と豊穣、文化に雨と風など様々なものを司っています

また、名前は「羽毛ある蛇」「翼ある蛇」という意味があり、この神様の名前が由来となった恐竜「ケツアルコアトルス」が有名です。そのため、Fateではこの恐竜を召喚して操るドラゴンライダーとして登場。FGOのゲーム内でもエクストラアタックでこの恐竜を召喚して攻撃しています。

マヤ文明ではククルカン



更にケツァルコアトルはアステカ神話だけでなく、ご近所のマヤ文明でもその記述があり、マヤの神様ククルカンとよく同一視されています。ジャガーマンが彼女を呼ぶ際の愛称「ククルん」はこれが元です。――と、まあ、最高神だったり、王だったり、恐竜だったり、宇宙人だったり、何かと設定の多い神様です。そしてルチャが好き……これもうわかんねぇな。

そんなケツァルコアトルは元ネタの神話では男神ということですが、FGOでは女性として登場しています。なんでもケツァルコアトルは人間に憑依できるため様々な姿あり、ゲーム内の女性体もその憑依体の1つなのだとか。やったぜ、グッジョブきのこ

Fate/GOストーリー7章ケツァルコアトル戦の対策方法

選択肢によって難易度が変わる

そんな彼女はストーリーでは強敵として登場します。7章中盤主人公たちの前に(一瞬だけ)立ち塞がり、対立することになりました。なので、本項ではそんなケツァルコアトル戦の対策方法を紹介します。ケツァルコアトルと戦う際に気を付けなければならないのは選択肢です。7章からは選択肢によってクエストの難易度が変わるシステムが導入されています。

ケツ姉は正真正銘の戦いが大好きな神様。人間の戦う姿が大好きで、戦いに生きがいを見出しています。他の敵と異なり、彼女はすべてを理解した上で、それでも「楽しいから」という理由で主人公たちに戦いを挑んでいます。なので、どんなに彼女が良い神様でも説得は不可能です。戦いを楽しいという彼女に理解を示してはいけません

「ケツァル・コアトルとはわかり合えない」を選ぼう



そのため、ストーリー中の選択肢「ケツァル・コアトルとわかり合う」「ケツァル・コアトルとはわかり合えない」は、前者を選択してはいけません。「わかり合う」を選択してしまった場合、難易度が跳ね上がります

「わかり合う」の選択肢は敵のHPが610514。更に攻撃力アップの追加効果が付与されており、とても難易度の高いクエストです。逆に「わかり合えない」の選択肢の敵HPは460724と少し楽になります。なので「わかり合う」の選択肢は高難易度クエストに挑みたいチャレンジ意欲旺盛な方以外選ばないようにしましょう

善または中庸サーヴァント以外で挑もう

また、その時の彼女には「翼ある蛇」という追加効果がついています。善属性の攻撃力を無効にし、中庸・悪属性の攻撃を半減する効果です。なので、彼女へは悪属性のサーヴァントで挑みましょう。おすすめは悪属性でライダーに強いアサシンのジャックです。

その他、悪以外でも例外的な属性を持つサーヴァントなら攻略が可能です。例を挙げると、狂属性のヘラクレス。花嫁属性のネロブライド。夏属性の水着タマモなどです。……狂は分かるけど、花嫁と夏ってなんだ。正にギャグ補正。女神もギャグキャラには勝てなかったよ……。

ケツァルコアトルの宝具がどう見てもプロレス技!?

ふざけたモーションだけど性能は強力



ここからは、そんな彼女のゲーム内の性能を紹介していきます。基本的なステータスはHPが12960ATKが12001です。コマンドカードはクイック1、アーツ2、バスター2の典型的なライダーで、単体バスター宝具持ちです。

オジマンディアスにかなり似た性能となっていますが、しっかりと差別化がなされており、彼に比べてスキル構成が火力に特化した攻撃型となっています。瞬間火力が高く、激戦区の星5ライダー枠でも見劣りしない大変強力なサーヴァントです。ただし、バトルモーションは何故かプロレス。ルチャ大好きですからね。仕方がないね。

攻撃に特化した3つのスキル

そんな彼女の所有スキルは「カリスマ(A+)」「善神の智慧(A+)」「自由なる闘争(EX)」の3つです。カリスマ(A+)はお馴染み、3ターン味方全体の攻撃力をアップするスキル。善神の智慧(A+)は味方単体にガッツと3ターンのバスターカード性能アップを付与するスキル。

自由なる闘争(EX)は自身にスター集中状態とクリティカル威力アップを1ターン付与。更に、自身のNPを最大30増やすスキルです。すべてのスキルが攻撃に特化しており、かみ合うと爆発的な火力を叩き出します。なので、自由なる闘争(EX)もNPアップに使うのではなく、クリティカルを出すのに使用するのがおすすめです。

宝具『炎、神をも灼き尽くせ(シウ・コアトル)』

そして、宝具が『炎、神をも灼き尽くせ(シウ・コアトル)』敵単体に超強力な攻撃と宝具封印状態、やけど状態を付与するバスター宝具で、スキルのバスターアップを絡めつつバスターブレイブチェインを組むと大変強力です。彼女はアーツのNP効率が良いので連パン性能も高く、使い勝手の良い宝具になっています。

そして、そのモーションが敵を空中へ投げて脳天から落とすというもの。どっからどう見てもパイルドライバーです。更に、状況によってはたかく舞い上がった後に飛び蹴りをくらわせる技として利用することもあるそうです。こちらはつまりライダーキック。――あんた、どんだけプロレス好きなの……。

Fate/GOケツァルコアトルの最終再臨イラストが凛々しい!

そんな彼女の最終再臨イラストがこちら。可愛い笑顔で書かれることの多い彼女ですが最終イラストは一転、戦場に赴くような顔立ちのカッコいいイラストになっています。愛用の「マカナ」を手に佇む姿がとても凛々しくて素敵です。

ゲス顔の真実!ケツァルコアトルの顔芸の製作秘話とは?

また、彼女の特徴の1つとして、とてもインパクトのあるゲス顔が挙げられます。普段は可愛い顔をしているのに、時々鬼のような形相を覗かせるため、始めて見た際には面を食らった方も多いのではないでしょうか?凄いインパクトのある顔のため、初お披露目の7章のCM公開からすぐに話題となっていました

そんな今でもインパクトのあるゲス顔なのですが、実は開発当初はもっとひどい顔だったそうです。あまりにもひどすぎて、FGOのボス奈須きのこから直々にNGをくらったほど。一体どれだけひどい顔だったの……と思いますが、彼女のイラストを担当するのが『ブラック・ラグーン』で有名な広江礼威さんだと聞くとなんだか納得です。

ケツァルコアトルの可愛いセリフ集

「好きなもの……ええ、貴方の事ね。というか、人間はみんなみんな大好き!きっと繁栄してね。滅びたり、しないでね」



そして、本項からは私の独断と偏見で選んだ、彼女の可愛いセリフ集を紹介します。第一弾はこちら。マイルームの好きなものに関するセリフです。好きなものはマスターという、堂々とした大胆告白。彼女のマスター大好きっぷりがよく分かります。

FGOでは作中にマスターのことが好きなサーヴァントが他にも結構いるですが、妖怪ウソつき絶対殺すウーマンだったり、妖怪首おいてけだったり、どいつもこいつも色物ばかり。なので、彼女の様に普通にマスターが好きなサーヴァントはとても珍しく、大変癒されます。ええ、私も大好きです。ムーチョムーチョ!

「嬉しい時。楽しい時。共に笑いましょう。つらい時。哀しい時。私はあなたを抱きしめましょう」

こちらは、バレンタインイベントでチョコを渡すと見れる一コマでのセリフです。マスターにはいつも元気でいてほしいとホットチョコレートをくれます。更に、渡す前には忙しそうなマスターのことを気遣ってまでくれるという神対応っぷり。なんてできるお姉さんなんだ!どこぞの英語教師に爪の垢でも煎じて飲ませてやりたい。

更に、このセリフの後に続いて「お姉さんはいつだってアナタの味方デース!ムーチョムーチョ!」と言ってくれます。このようにバレンタインの彼女はマスターにデレデレでとても可愛いのでファン必見です!……え?イベントが終わってるからもう見れない?そもそも彼女を持ってない?……来年のイベントまでには手に入りますよ……きっと。

「嫌いなもの? 蜘蛛は嫌いですね。ジャガーも嫌いです」

そんな大好きなマスター関連のセリフとは一転、こちらは嫌いなものに関するセリフです。普段は陽気でかわいい口調なのにここだけ唐突な敬語。露骨にドライです。ジャガーがそんなに嫌いか!嫌いなんだろうなぁ……。ちなみに蜘蛛とはテスカトリポカのこと。そりゃあ嫌だよねぇ……。

マスターにデレデレな様子がとにかく可愛い!

以上、ケツァルコアトル徹底解説でした。セリフ集で紹介したようにマスターに対してデレデレな様子がとにかく可愛いです。星5なので入手するのはとても難しいのですが、持っている人はぜひ大切にしてあげてください。欲しいけどまだ手に入ってないという人は頑張って!そんなとっても可愛いお姉さん、ケツァルコアトルを皆さんよろしくお願いします!

Fate/Grand Order コミックアラカルト V (角川コミックス・エース)
KADOKAWA (2017-01-26)
売り上げランキング: 3,767
Fate/Grand Order Original Soundtrack I(初回仕様限定盤)
Fate/Grand Order
アニプレックス (2017-03-01)
売り上げランキング: 47