ダンヒルのベルトがビジネスシーンに最適である5つの理由

ダンヒルのベルトといえば、ビジネスシーンでの定番アイテム。しかし、なぜダンヒルのベルトが最適なのでしょうか?

ダンヒルのベルトはビジネスでこそ使いたい!



ダンヒル(Dunhill)1893年にイギリスで創業された歴史あるブランドで、現在はカルティエIWCなどのハイブランドを要するスイスのリシュモングループの傘下です。創業当時はタバコの手作りパイプを販売していてその品質の高さと精巧な作りで人気を博し、ロンドンの愛煙家や王室の人たちからも好評価を得ました。その後、ダンヒルライターと呼ばれる世界初となる水平回転式発火ライターを開発し、世界に名を馳せるようになりました。

紳士服のトップブランドのうちの一つでもあるダンヒルですが、レディースはほとんどなく基本的にはメンズ専門のブランドです。だからこそ、男性に特化したデザインや機能性が特徴で人気の理由でもあります。

ちなみにあまり知られてはいませんが、ダンヒルはサッカー日本代表の公式スーツや英国王室御用達のブランドに選ばれるなど由緒正しい洗練されたメンズブランドです。

理由1 ダンヒルのベルトはとにかく人気だから

ダンヒルの特徴は先ほども書いたようにレディースは作らず、メンズに特化しているブランドという点です。これにより世界中の男性の支持を集め、メンズのトップブランドとして不動の地位を築き上げました。

ビジネスシーンでは主張しすぎない落ち着いたデザインで謙虚さが求められる20代の新社会人にもお勧めできます。また、ダンヒルのベルトは素材であるレザーの上質さ質感の良さを活かしたシンプルなデザインが特徴です。

ダンヒルのベルトは一流ブランドの品ではありますが、比較的手の出しやすい価格帯であるのも魅力の一つ。ビジネスマンらしく、上質なベルトを身につけたいけれど、気取った派手なブランドは嫌だという方にはダンヒルのベルトがもってこいです。

理由2 バックルのデザインに惹かれないわけがない

時代の流行に左右されない洗練された芯を持つダンヒルのベルトのデザインはずっと使い続けたくなるような魅力を持っています。バックル部分も紳士のブランドらしく派手すぎず、上品に抑えたデザインでビジネスなどのフォーマルな場にとても似合います。

ダンヒルのベルトはが多いのですが、黒のベルト部分銀に輝くバックルの部分とのコントラストがスーツをさらに上品に際立たせてくれることでしょう。また、ダンヒルではバックルにピンバックルトップ式バックルなどといった複数の種類があり、選ぶ楽しみもあります。ピンバックルは一般的な穴にピンを通すタイプのバックルですが、トップ式はバックルの裏に突起がついていて、それを穴にはめるというタイプです。

ピンバックルは上品な印象を、トップ式バックルはダンディーで男らしい印象を与えてくれますね。

理由3 茶色ベルトならプライベートにも使えて一石二鳥

茶色のベルトは黒のベルトに比べてややラフな雰囲気を醸し出してくれるプライベート使いに便利なアイテムですよね。なんといっても茶色ベルトの魅力は使いやすいところ。ファッションの基本として靴とベルトの色を統一するなんて言いますが、茶色なら簡単にできるんです。

ベージュライトブランキャメルなどの茶色系と言われる色は全て一色くたに茶色として使えてしまいます。つまり靴がベージュであったとして、ベルトがライトブラウンでもなんの問題もありません。ベルトは茶色系であればOKでカバンなどもほとんど自由な組み合わせが効きます。

茶色のベルトは一本は持っておくべきな着こなしの幅を広げてくれる優秀なアイテムです。

理由4 おしゃれ上級者ならリバーシブルで一つ上のコーディネートも可能

ダンヒルのベルトで人気な商品の一つにリバーシブルベルトというものがあります。これはその名前の通り、裏と表で2通りの使い方ができるベルトなんです。つまり、1本分の価格で2本分活躍してくれるお買い得なアイテムということでもあります。

ダンヒルリバーシブルベルトの特徴として回転式のバックルを採用しているので、表と裏の切り替えが非常に簡単にできます。また、回転式の機構を備えているにも関わらずバックルのデザインは損ねず、他のベルトと比べてみても見劣りしません。回転式のバックルはユニークなシステムで他のブランドのベルトを見ても同じようなシステムを採用しているものはあまり見かけません。これはダンヒルのベルトの大きな特徴と言えるでしょう。

理由5 カジュアルにも使いまわせる

ダンヒルのベルトはビジネスの場で圧倒的な人気と評価を誇りますが、茶色系のベルトを始め、カジュアルな場でも活躍してくれるんです。

例えば。ビジネス用に購入した黒の革ベルトもカジュアルなコーディネートの引き締め役として全体の雰囲気をビシッとまとめてくれます。オススメのコーディネートへの合わせ方としては、バックルの金属の部分と他のアイテムの金属の部分の色を統一することです。

つまり、ベルトのバックルが銀色だとすれば、時計やサングラスなども銀色のものを取り入れましょう。そうすることで、コーディネート全体にまとまりが出て、統一感が生まれます

ダンヒルのベルトは一本は手に入れたい鉄板アイテム!

ダンヒルのベルトは若い人だけでなく、高い年齢層の方でも使えるほど柔軟に使いまわせる優秀なアイテムです。また、ビジネスの場とプライベート両方でも使えてオンオフを気にせずに身につけられますね。リバーシブルベルトであればさらに活躍の幅は広がるでしょう。

ビジネスの場ではダンヒルのベルトはスーツのマストアイテムと言っても過言ではないほど当たり前の存在になってきているように感じます。自分用ではなく、プレゼントとして送っても喜ばれること間違いなしの鉄板アイテムをこの機会にチェックして見てはいかがでしょうか?ダンヒル洗練された男性にこそオススメしたいハイブランドです。