【ワンピース】復活説も!エースという男を5つのポイントで解き明かす

ワンピース主要キャラクターの中で、最初の死亡者となってしまったエース。復活説が出るほど愛されるエースとは、一体どんな人物なのか。彼の残した名言とともに、その魅力を5つのポイントで紹介していこう。

根強い人気!ポートガス・D・エース

ワンピースキャラクターの中でも、根強い人気を誇るポートガス・D・エースのプロフィールを紹介!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ポートガス・D・エース。メラメラの実の能力者でスペード海賊団の船長だ。若干20歳にして白ひげ海賊団の2番隊隊長を張り、その懸賞金は5億5千万ベリー!まさに「火拳」の二つ名にふさわしい傑物だ。

主人公モンキー・D・ルフィと革命軍参謀総長サボとは義兄弟。マイペースかつ自由奔放で、食事の最中に突然寝るという癖があり、食い逃げの常習犯でもある。顔にはそばかす、背中には白ひげ海賊団の刺青(マーク)、左腕には「ASCE」(Sは×印で消している)のタトゥーがある。

白ひげはおれの知る中で最高の海賊さ、おれはあの男を海賊王にならせてやりてェ…ルフィー、お前じゃなくてな…!!」   と、ルフィとの再会時に話し、背中の刺青(マーク)はおれの誇りだと語っている。

世界政府を欺いた出生の秘密!誕生日はいつ?

エースは、主人公ルフィと革命軍参謀総長サボと幼少期に盃を交わした義兄弟である。ルフィの父親は革命家モンキー・D・ドラゴン、母親は未登場。サボは幼少期のストーリーでゴア王国の貴族である両親が登場している。では、エースの両親は…そこに大きな秘密が隠されていたのである。

南の海バテリラという島に、“ある男の子供”がいるかもしれないとの微かな情報とその可能性だけを頼りに、世界政府は世界最大の悪の血を引いて生まれてくる子供を必死に探していた。

生まれたての子供、生まれてくる子供、母親達をもくまなく調べたが見つからなかった…。なぜ見つからなかったのか?そこには、子を想う母の愛が起こした20カ月もの間子を腹に宿し続けるという奇跡があったのだ。

その母の名前はポートガス・D・ルージュ。現実では考えられないが、彼女は世界政府の執拗な捜索から我が子を守るため、20カ月もの間子を腹に宿し続けのだ。彼女の命と引き換えに、母の愛に守られた子は無事誕生した。では、世界政府が必死に探すほどの世界最大の悪と言われるその子の父親は誰なのか…。

すべては、エース処刑のその場で海軍本部元帥センゴクの口から全世界に告げられた。「お前の父親は!海賊王ゴールド・ロジャーだ!!!」

そう、ルージュが自らの命を懸けて世界政府を欺き、父親ロジャーの処刑から1年3ヶ月を経て、世界最大の悪の血を引いて生まれてきた子供。それが、ポートガス・D・エースなのだ。



壮絶な誕生秘話を持つポートガス・D・エース。では、誕生日はいつなのか皆さんはご存じだろうか。実は、ワンピースのキャラクターの誕生日は意外な方法で決められている。単行本内の名物コーナー「S=質問をB=募集S=するのだ」略してSBS。読者からの質問に作者が答えるコーナーである。実は、キャラクターの誕生日はSBSへの読者からの投稿で決まることが多いのだ。

特に多いのは語呂合わせ。ナミは(ナ=7、ミ=3)7月3日サンジは(サン=3、ジ=2)3月2日など。モデルが存在するキャラクターはモデルの誕生日と一緒だったり、キャラクターのイメージで決まったりもする。エースの義兄弟であるルフィの誕生日は5月5日こどもの日で、サボは(サァ~=3、ブ=2、ォ~=0)3月20日。では、エースの誕生日は?ヒントはキング、クイーン、ジャックときたら……

エース!
トランプのエース=1なので、エースの誕生日は1月1日!! たとえ読者の語呂合わせで誕生日が決まったのだとしても、エースの出生を考えるとなかなか意味が深い誕生日にも思える。

エースの魅力があふれ出る、エースの残した名言集

ワンピースでは数々の名言が誕生している。エースもまた、沢山の名言を残している。その中よりいくつかご紹介しよう。

お前は‶煙だろうが〟おれは‶火〟だ おれとお前の能力じゃ勝負はつかねェよ

エースの初登場シーン。食事中に寝たエースを見て、店の客が突然死したと騒ぎが起きる。そこに麦わらの一味を追っていた「白猟のスモーカー」こと海軍本部大佐スモーカーが現れる。白ひげ海賊団二番隊隊長と海軍本部大佐が対峙し一触即発な雰囲気の中へ、腹をすかせたルフィがゴムゴムのロケットで突入してしまう。

ルフィはその場から逃走、スモーカーに追われてしまうのだった。

この当時、スモーカーはゴムの能力が効かず麦わらの一味にとって難敵だった。スモーカーに追われるルフィ、 スモーカーが放った‶ホワイト・ブロー〟がルフィに迫るその時!‶陽炎〟を放ちエースが現れる。

「お前は‶煙〟だろうがおれは‶火〟だ おれとお前の能力じゃ勝負はつかねェよ」(コミックス18巻)ドン!!と現れたエースのワンシーンは印象的だ。

できの悪い弟を持つと………兄貴は心配なんだ

先程のスモーカーとの戦いで、スモーカーをまいてルフィたちと合流するエース。久しぶりの兄弟の再会だが、お前に会いに来たのはコトのついでと、手短に済ませるのだった。そして別れ際のシーン。

「できのわりい弟を持つと………兄貴は心配なんだ」 (コミックス18巻) 照れくさそうに話す感じが伝わる1コマ。 「おめェらもコイツにゃ手ェ焼くだろうが、よろしく頼むよ……」と続ける。弟を思う気持ちがとても伝わるシーンである。

来いよ‶高み〟へ ルフィ!!!

「次に会う時は 海賊の高みだ」と、ルフィに告げメリー号を離れるエース。そこへ、‶エージェントへの昇格〟のためにエースを狙うバロック・ワークスビリオンズが現れる。その数50人、船5隻!エースは‶火拳〟一撃で50人ものビリオンズを一掃する!!

そして、「来いよ‶高み〟へ、ルフィ!!!」 ルフィの成長を喜びつつ、自分と同じ‶海賊の高み〟で再び出会うを日を楽しみにしている。そんな気持ちが読み取れる一言ではないだろうか。

「…‶力〟に屈したら男に生まれた意味がねェだろう、おれは決して人生に‶くい〟は残さない…!!!…わかったかバカ」

海賊船で最悪の罪‶仲間殺し〟をして逃げた‶重罪人〟黒ひげと名乗るマーシャル・D・ティーチ。 エースは部下の始末をつけるためティーチを追っていたのだった。とうとう二人の決闘が繰り広げられた“バナロ島の決闘”。黒ひげが仲間を殺して手に入れた能力‶闇の力〟を目の当たりにしたエース

「…‶力〟に屈したら男に生まれた意味がねェだろう、おれは決して人生に‶くい〟は残さない…!!!…わかったかバカ」 (コミックス46巻)

この直後、決着がつくのだがエースの気迫と男気が感じ取れるシーンである。

「時々…カッと血が上がるんだ…逃げたら何か…大きな物を失いそうで怖くなる…あの時は…おれの後ろにルフィがいた」 

この名言を語るには、幼少期のエピソードを簡単に説明しておこう。ルフィの祖父モンキー・D・ガープは、コルボ山の山賊ダダン一家棟梁カーリー・ダダンエースルフィの面倒を見るよう頼んでいた。

ブルージャム海賊団の金に手を出してしまい、グレイ・ターミナルを追われる形でサボダダンの元で共に暮らすことになる。その後3人の悪童は数々の戦いを経て絆を深め、王国の中心街にも悪名が届く存在となっていく。

そんな中、サボは貴族である父の手により高町へ連れ戻され、グレイ・ターミナルをゴア王国の汚点とし、人もろとも燃やす計画を知る。グレイ・ターミナルを燃やす役を任されたブルージャム海賊団は、人手が欲しいとエースルフィに詳しい内容を告げずに作戦を手伝わせるのだった。

作戦当日、避難路を絶たれたことで国王にはめられたと気づいたブルー・ジャムエースルフィに牙をむく。ダダン一家が助けに入り、逃げるようダダンが指示するのだがエースは「おれは逃げない!」と逃走を拒否、ダダンも残りブルー・ジャムと戦い続ける。ダダンは全身に火傷を負ってしまいエースの手当により命を取り留め、何とかコルボ山へ戻ることができた。

療養しているダダンが、なぜあの時逃げなっかたのかエースに問いかける。

「時々…カッと血が上がるんだ…逃げたら何か…大きな物を失いそうで怖くなる…あの時は…おれの後ろにルフィがいた」 (コミックス60巻)

‶背後に愛する者が居るから逃げずに立ち止まる〟とガープが語った、父ロジャーを思わせるエースの行動に、憎んでも血は争えないとダダンは思うのだった。

「愛してくれて………ありがとう!!!」

エースを語る上で外せないセリフである。処刑されるエースを救うべく起きた頂上決戦。処刑台から救出されるも海軍本部大将サカヅキの攻撃によりエースは腹を貫かれる。

誰にも望まれない誕生故に、生きようとも思えなかったエースサボルフィとの出会いにより、生きようと思えるようになった。世界最強の男白ひげの首を取りに戦いを挑み、白ひげという男を知る。そして自分の親父は白ひげだと慕う。生まれてから命が尽きるこの瞬間まで、エースは富や名声ではなく‶生まれてきてもよかったのか〟その答えを欲していたのだ。

大声を出せない状態のエースは、みんなに伝えてくれとルフィに頼む…「今日までこんなどうしょうもねェおれを、鬼の血を引くこのおれを……愛してくれて………ありがとう!!!」

(コミックス59巻)そして、ルフィの目の前で息を引き取るのだった。沢山あるエースの名言の中でも一番印象強く、涙を流した方は多いのではないだろうか。

まだまだ紹介したいエースの名言は沢山あるのだが、今回はここまで。エースの存在はとても大きく、主要キャラクターに影響を与えていた。彼の残した名言や活躍は、多くのワンピースファンの胸に深く刻まれたことだろう。

皆さんも、改めてエースの名言を探してみてはいかがだろうか。エースが亡くなる前と後では、感じ方・受け取り方が異なり‶新たなエースの魅力〟を発見できるかもしれない。

アニメでのエースが活きる!ナイスボイスの声優さんは?

アニメファンなら知らない人はいない!?唯一無二の声で沢山のキャラクターを演じているレジェンド声優「古川 登志夫さん」

アニメワンピースでエース担当の声優「古川登志夫さん」をご紹介!アニメファンなら知らない人はいないと言っても過言ではない、余りにも有名な方なのだがご存じない方のために。

余談ですが、テレビ特番「声優総選挙」にて“アニメ・漫画好き”と公言している某アイドルが出演していた。彼女はエースファンで、実際エースの最期のシーンに触れると泣いてしまう程である。ところが「古川 登志夫さん」が発表され、演じている代表的なキャラクターをアニメシーンと共に紹介されたのだが「エースなの!?」と、まさかの発言にネットがざわついたのだった(笑) 

アニメファンならば、声を聞けば少なからず「○○の声!」とキャラクター名が出るほどに有名な声優さんだからこそ、ネットがざわついてしまったのだ。そんなレジェンド声優「古川 登志夫さん」を紹介していこう。

出典:http://www.topio.jp

主な出演作

【うる星やつら】諸星あたる

【The かぼちゃワイン】青葉春助

【仮面の忍者 赤影】赤影

【機動警察パトレイバー】篠原遊馬

【ワンピース】ポートガス・D・エース

【ドラゴンボール超】ピッコロ

【名探偵コナン】山村警部

【ワールドトリガー】エネドラ

【ワンナウツ】及川満夫

【ドラゴンボール改】ピッコロ

【ドラゴンボール】ブルー将軍

【機動戦士ガンダム】カイ・シデン

【機動戦士Zガンダム】カイ・シデン

【北斗の拳】シン

出典:http://www.topio.jp

アニメの主な出演作品だけでも、とても紹介しきれない程なのだが、海外ドラマや映画の吹き替え、ナレーションなど数えきれないほど沢山の作品に出演している。さらに声優業の他にも、ラジオのパーソナリティーやテレビ出演、音楽活動や演劇活動と幅広いジャンルで活躍している方なのだ。

古川登志夫公式サイトやTwitterを見ると、自身の演じたキャラクターや作品をとても愛していることがよくわかる。例えば、家族紹介として愛犬たちがよく登場するのだが、自身の演じたキャラクターから命名しており「あすま」「エース」「あたる」と命名している。また、趣味であるフィギュア集めでも自身の演じたキャラクターは必ず手に入れている。

多彩な才能と素敵な人柄で、沢山の人に愛されるレジェンド声優なのである。

エースがいっぱい!この画像を見ていただければ分かるように、古川登志夫さんはフィギュア集めが趣味!自分の担当したキャラクターはもちろん、そのほかにも沢山のフィギュアを集めている。

エースの最期……頂上戦争!

まさかのエースの死!処刑のピンチを乗り越えると誰しもが願っていた…

名言集でも触れているが、エースの最期となった“頂上戦争”はエースの救出が発端となった。攻め入るは白ひげ率いる新世界47隻の海賊艦隊、迎え撃つは政府の二大勢力海軍本部王下七武海。誰が勝ち誰が負けても時代が変わる戦いである。(コミックス57巻、第553話より開戦)

そこへ、エースの弟であるルフィ、インペルダウンの脱獄囚達が登場。ルフィ白ひげと、海賊王になるのはおれだ!と張り合い「おれはおれのやりてェ様にやる!!!エースはおれが助ける!!!」と意気込むのだった。

ルフィの祖父である本部中将ガープ海軍本部元帥仏のセンゴクをはじめとした、海軍側の面々。ルフィの手助けをした海賊女帝ボア・ハンコックを含む王下七武海。インペルダウン内でエースと話していた魚人海賊団ジンベイや、ルフィと過去に対峙した道化のバギーサー・クロコダイルなどの脱獄囚、この戦いを通じて 様々な人間関係が読み取れる。



ボロボロになりながらも、周囲の力を借りてエースを処刑台から救出することに成功したルフィ。解放されたエースルフィは「強くなったなルフィ!」「いつかエースも超えてみせるさ!!」と喜びもつかの間、海軍達を相手に共に戦うのだった。エースとルフィは息のピッタリ合った戦いを見せる。

白ひげに対し‶敗北者〟と赤犬こと海軍本部大将サカズキの発した言葉にエースは立ち止まる。皆の制止を振り切りエースは挑発に乗ってしまうのだった。

挑発に乗り攻撃を仕掛けるエースを横目にサカズキは弱っているルフィに襲い掛かる!エースルフィを守り、倒れてしまうのだった。

目の前でエースを失ったルフィは精神が崩れ、命の危険が迫る……。

エースが倒れ、戦争終盤。エースを捕えてこの戦争の引き金を引いた黒ひげ海賊団が乱入する。狙いは白ひげ白ひげの能力だった。黒ひげとの戦いの最中、‶白ひげ〟エドワード・ニューゲートが壮絶な最期を迎えることとなる。

海軍の目的は果たされたにも関わらず、戦いは収まるどころかむしろ過熱する異様な状況…。これ以上の戦いは命がもったいないと若い海兵コビーが叫ぶ!そこへ「この戦争を終わらせに来た!!!」とシャンクス率いる赤髪海賊団が現れる。 

白ひげエースの弔いはおれ達に任せてもらう」と海軍に要求し、これを海軍本部元帥センゴクが責任をとるということで承諾。こうして‶大海賊時代〟開幕以来最大の戦い‶マリンフォード頂上戦争〟は幕を閉じ、歴史に深く刻まれるのだった。

この戦争により世界のパワーバランスが崩れ、一つの時代が終わり新しい時代が始まることとなる。

エース復活!?エースの復活は本当にあるのか?

ネタバレ注意!ワンピースファンの中で囁かれている「エース復活説」

果たして本当にエースの復活はあり得るのか?「エース復活説」について解説していこう。まず、なぜ復活説が囁かれているのか。ワンピースファンの間では「エース死亡」と「エース生存」の2つの考え方があるようだ。

物語の中で、エースの遺体を埋葬するシーンが無かったことや、白ひげエースの死についての紹介に差があるなど、いろいろな見解があり「エース生存」という考え方が生まれたと思われる。例えるなら、サボは幼少期死んだと思っていたが、ドレスローザ編で復活したことと同じことが起きると。生存しているのであれば、当然復活するということである。

では、「エース死亡」に対しての「復活=生き返る」の説について考えてみる。

ワンピースの中で、死者が復活した過去はない。以下に復活説を熱望している方には知りたくないであろう内容があるので、注意していただきたい。

「人は生き返る」世界観の漫画に対してのワンピース原作者、尾田栄一郎氏の意見。「だって不自然じゃないですか、人が生き返るのは(笑) 僕はこてこてのファンタジーは好きじゃないんですよ。」こうなると、死んでしまったキャラクターの復活はないだろう。

結論から言うと、死んでしまったキャラクターが生き返ることは、ワンピースの世界ではない。しかし、「エース生存」であれば復活はあり得る。あくまでも、「エースが実は生きている」ということが前提の復活説なのである。

ポートガス・D・エースという男の魅力

エースは、細マッチョでファッショナブルであり容姿だけでも人気が高く、フィギュアなどのグッズも多い。主人公ルフィも認める強さ、メラメラの実の能力も人気の要因である。しかし、一番の魅力は彼の人間性ではないだろうか。

弟や仲間を思う気持ちが物語中に多く表現されおり、優しさと強さを兼ね備えている男と言える。さらに、海賊王の息子という苦悩と戦い続け「生まれてきてよかったのか」と自分の存在について悩み続けていたが、死を直前にその答えを見つけ「愛してくれてありがとう」と心からの言葉を残した。心の闇からの成長がたまらない。

エースの魅力を語るには、とても語り切れないというのが本音である。それだけエースはワンピースファンを引き付ける、魅力溢れるキャラクターだと言えるだろう。

ONE PIECE 84 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2017-02-03)
売り上げランキング: 445
ONE PIECE モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-09-21)
売り上げランキング: 8,749