レッドウィングのオススメベックマンTOP7!雨の日もブーツで出かけよう

レッドウィングのブーツはベックマンこそがデザイン機能性ともに優れている優秀なシューズなんです!

ベックマンブーツは雨の日でも履ける優れ物

レッドウィング(Red Wing)というブランドをご存知でしょうか?元々はアメリカで工場や現場仕事に勤しむ労働者のためのブーツブランドとしてスタートしたのですが、今では世界的な人気を誇るブーツブランドへと成長しました。現在ではただの労働者向けのブーツといよりはおしゃれなブーツとして認識されています

その中でも特にオススメしたいのが「ベックマン」と呼ばれるシリーズです。このシリーズは「ブーツの王様」とも呼ばれるほど有名な物です。1905年に創業者のチャールズ・ベックマンが小さな工場を設立し、アメリカ国内での生産にこだわったシューズです。

労働者向けとだけあって、本格的な作りに相反するお手ごろでお求めやすい価格帯で、世界中で注目されるブランドへと急成長しました。

ベックマンシリーズは創業者でもある「チャールズ・ベックマン」の名前を冠した特別なブーツです。フェザーストーンという艶のある革を使用していて、耐久性に優れているのが特徴です。購入した直後は革が硬く、履きにくいですが、時間の経過とともに足に馴染んでいき、きちんと手入れをすれば味を増していくので自分だけの一足になります。

おしゃれは足元からと言いますが、靴は人によくみられるファッションアイテムなので気をつけて選びたいもの。特にベックマンブーツはかっこよさと上品さを兼ね備えています

レッドウィングのオススメベックマンランキングTOP7 !

第7位 RED WING 9013 BECKMAN ROUND BOOTS CHESTNUT

まず最初に紹介するのはこちらのレザーの質感を活かして落ち着いた色合いに仕上げられたブーツです。チェスナットフェザーストーンという革を使って大人っぽい色味のブーツとなっています。

カジュアルな服装にもドレッシーなコーディネートにも合わせられる相性の良さが特徴です。履き続けることで、自分の足の形に馴染んでいき革の質感も深みを増していきます時間の経過とともに変化していく靴の質感を楽しむのも良さそうですね

最終的にはヴィンテージ感を出すなど、自分好みの一足に仕上げられる一足になっています。公式での定価は44,820円となっています。

第6位 RED WING 9011 Beckman Boot 6” Round-toe

続いて紹介するのはこちらの場所を選ばない6ラウンドブーツです。ブッラクチェリーのフェザーストーンを使用していて、6ラウンドのブーツになっています。工場などの現場やオフィスでドレスシューズを履くというような感覚でシーンを選ばずに気軽に様々な場面で履くことができます

レッドウィングには「セッター」というシリーズがあるのですが、そちらとはまた違ったドレッシーなイメージを作り出しています。ハーフブーツになっていて、フォーマルな場ではもちろんカジュアルなコーディネートにも合わせやすいですね。また、冬にもハイカットが活躍してくれそうです。

公式での定価は44,820円となっています。

第5位 RED WING 9016 BECKMAN ROUND BOOTS CIGAR

こちらはクラシカルな装いで落ち着きのあるシガー色のレザーブーツです。「Dワイズ」という規格になっていて最初は細めなので窮屈に感じるかもしれませんが、履き続ければ自分の足の形に馴染んでくるのでご心配なく。時間が経つにつれ、履きやすさが増していきます。

クラシックなシガーが落ち着いた雰囲気を醸し出し、ベックマンの特徴でもあるクラシカルな印象をより深いものへと強めています。口コミを見てみると「最初はつま先や踵がきつく、痛かった」というコメントが多く見受けられます。しかし、それらも将来のためと思って最初の頃は我慢するしかありませんね。

このシガーはレッドウィングの中では珍しい色でもあるのでとても人気のある一足です。販売価格は44,820円となっています。

第4位 RED WING 9023 BECKMAN BOOTS

「9023」はレッドウィングの古いブーツを思い出させるデザインで懐かしい印象を与える一足になっています。アッパーのセトラーはオイルを含まずに鞣したフルグインレザーに強い塗膜を施したレザーです。

レトロな質感で落ち着いた色味を出していて、どことなく古めかしい、昔懐かしい印象を与えてくれます。「アイリッシュセッター」と比べて革が柔らかいことも人気の理由の一つのようです。ジーンズなどのアイテムと相性がよく最初から履きやすいという点にも注目したいところ。

レトロでクラシカルなブーツを探している方にはぴったりのこちらのブーツは44,820円で販売されています。

第3位 REDWING 9014 BECKMAN BOOTS BLACK FEATHERSTONE

使い勝手の良いこちらのブーツはシックなブラックのレザーで、デニムやチノパンなど様々なボトムに気軽に合わせられる使い勝手のいいアイテムです。ベックマンの高品質なフェザーストーンと呼ばれる革とブラックのかっこいい質感が相まって高級感のあるブーツに仕上がっています。

こちらもDワイズ規格を採用しているので、少し大きめのサイズを選ぶか購入した直後は足が痛いのを我慢するしかありません。ベックマンらしい質実剛健な作りで長く愛用できる言わばレッドウィングのクラシックドレス的なアイテムの一つですね。こちらも定価は48,820円となっています。

第2位 REDWING BECKMAN BOOTS 9022 ブリック

クラシカルな艶と落ち着きのある風味が特徴のこちらのブーツは「ブリック・セトラー」と名付けられています。ブリック・セトラーオイルを含ませずに鞣したフルグレインレザーに、強い塗膜を乗せたレザーを合わせることによってクラシカルな雰囲気を醸し出しています。

丁寧にシュークリームで磨き込めば艶やかな光沢が生まれてきます。履き込んでいくにつれて、スタイルの幅が広がりより多くのシチュエーションで活躍してくれる一足に仕上がることでしょう。口コミではソールががっちりしていてかっこいいというコメントが多く見受けられました。

公式での定価は44,820円となっています。

第1位 RED WING RW9015 Beckman Moc Toe

映えある第一位に輝くのはこちらの落ち着きのあるブッラクレザーが特徴のこちらのブーツです。落ち着いたブラックの質感で、カジュアルな服装に限らず、フォーマルなコーディネートにも合うデザインに仕上げられています。

甲高なので履きやすく毎日ヘビーローテーションしても手入れさえきちんとしていれば長持ちする使い勝手の良いブーツです。ゴツい靴が好きという方にはオススメの一足です。「モック・トゥ」好きにはたまらないデザインですね。

定価は46,980円となっています。

ベックマンブーツは働く男のためのブーツ

レッドウィングのベックマン特集はいかがでしたでしょうか?「ポストマン」なども人気のシリーズではありますが、ベックマンにはべックマンにしか出せない味や雰囲気というものがあります。足元は見逃されがちですが、おしゃれを演出する際には重要なパーツです。

レッドウィングのベックマンシリーズは根強いファンがいて、どのブーツも人気があります。中にはすでに生産が終わっていて入手は困難なものの、人気があるためプレミア価格がつくものもあるほどです。革靴ですので履き続けて丁寧に手入れをしていくことで長く履ける上に、自分の好みにあった自分流のブーツになります。

この機会にあなたも自分にあったベックマンブーツを探してみてはいかがでしょうか?