【この美/宇佐美みずき】恋に恋する美術乙女に絶対恋する4つの魅力

普通の美術部だというにはどこかに問題がある!見た目も中身も魅力的な個性あふれるキャラクターたちと、彼らの間で好きな人の心をゲットするために苦労している平凡な女子高生宇佐美みずき。今回は男心を狙撃した可愛いツンデレキャラであるみずきについて紹介していきます。

『この美術部には問題がある!』宇佐美みずきがかわいすぎる(導入)

宇佐美みずきってどんな子?

「この美術部には問題がある!」の主人公で、月杜中学2年3組。1年生の時から美術部に入部してその後もずっと部活動を続けている女の子です。美術部のメンバーの中では唯一の常識人であり、3次元の女の子には興味がないと口癖のように言っている内巻すばるに片思い中

また、真面目なイメージで美術部らしいしっかりとした活動をするために努力していますが、他の部員たちに振り回されてるばっかり。かわいい外見とは違って、思ったより多血質ファイター暴力的な気質があり、自分自身を怒らせたり、からかったりする相手にパンチ、胸ぐらをつかみ、キック、石膏像を投げるなどで怒りを表出する時もあります。

それと共に妄想しがちなタイプで、内巻にバックハグをされたり、内巻の花嫁になる妄想をしたりして年頃の乙女らしい可愛い一面も見せてくれています。特にみずきはこのアニメの主人公なんですが、派手なタイプというよりは自分の年齢に似合う可愛い感じが強く、頭のウサギヘアピンは感情に応じて表情が変わるという疑惑もあり、内巻くんにドキメキしつつ振り回されるところがまたチャームポイントです。

乙女な宇佐美さんが超かわいい

乙女は常にヤキモチをやく

友人から自分が片思いしている内巻のクラスに「伊万莉まりあ」という美少女が転校してきたという話を聞きますが、3次元の女性には興味がない彼だと知っていたので、安心していたみずき。しかし頻繁に一緒にいる姿を見て不安になり始め、最終的に自分の手を拒否した内巻が、伊万莉の手は拒否していない場面を見て、その嫉妬心は極に達します

それと同時になぜ自分の機嫌が悪いのか全く理解してくれない内巻の言葉に素直に反応する姿が恋に落ちた乙女そのまんまで、とても可愛く感じらました。確かに好きな人が自分以外の異性とスキンシップをとると当然のように落ち込んでしまいますよね。そのような場面が細かく描かれていてとっても可愛かったシーンです。

7話では二人の未来も妄想してしまう

絵画コンクールに出場するため、一緒に作品を作ることにした宇佐美内巻。しかし、制服を散らかしておいた内巻に宇佐美は自分は彼のお母さんではないというと、さりげない顔で母よりは花嫁だといいながら宇佐美に妄想素材を投げかける内巻。

いつもよく妄想タイムを楽しむ宇佐美なんですが、今回は好きな男の妻になった自分の姿を妄想しながら部室全体が暑くなるほど熱を出してしまう宇佐美の姿が非常に印象的でした。やはり好きな人にあんなことを言われるとときめいてしまいますね。

まさかのボディータッチも



やはり高校の花といえば文化祭!二次元であろうが三次元であろうが、文化祭は好きな人とのハプニングを期待してしまう特別なイベントでもありますよね。文化祭で缶アートを披露することにした美術部。しかし、先生のミスで缶が足りなくなった状況で、部長のナイスアイデアで再び空き缶を集めることになりました。

で、その場面がまさにこちら。演劇部から借りてきた衣装を着て空き缶を集めている女性メンバーたちなんですが、まるでメイドのような衣装でとっても可愛いですよね~。こんな可愛い宇佐美さんですから、彼女が好きだという男子がひとりや二人くらいいても可笑しくはないはず。

そこでまさかの、すでに登場したことがある名の知れない男子生徒が内巻くんを発見し、「だれがより早く缶ジュースを飲み終えるのか」という少しバカっぽい勝負を申し込みますが、思わぬ事故で内巻くんはびしょびしょ。

ここで乙女の必須アイテムであるハンカチを取り出し、濡れている内巻くんを拭いてくれる宇佐美を見て「さすがだな~」と思いつつ、女子だからこその下心が感じられる場面だったので少し面白いシーンでもあります。

宇佐美さんと内巻くんの関係が今世紀最大にかわいい

宇佐美さんと内巻くんの関係は?

同じ美術部の部員である内巻くんの才能に憧れているけど、一方では、彼の萌えすぎる絵が嫌い。正確には内巻くんが美少女の絵ばっかり描いていて、これといった活動や目標のないことを心配しているとのこと。内巻もこれをある程度認識していた脾らしく、2次元の花嫁の絵を完成したら美術部を退部すると宣言した時、自分の絵が気に入らないような態度をみせる彼女の心を知っているような発言をしました。

それだけでなく、素直になれない面もあって、やめないで欲しいと一言だけ言えばいいのに、それを一人で悩み、自分がいないと寂しいかという内巻のジョークに感情がマックスに達して、思わず泣いてしまう姿も。素直になれず、泣いてしまうところが非常に可愛いですね!最近ではデレ度もさらにアップしつつ、妄想する回数も増えていて二人の関係がどのように発展するのか楽しみになってきました。

そんな初々しくて可愛い二人なんですが、実は最初から仲がよかった訳ではありません。1年生の頃には、あまり仲が良くなかった宇佐美と内巻。お母さんを探している迷子が自分たちを悪い人と誤解して困っていたときに、内巻が迷子のお母さんそっくりの絵を描いてくれる姿を見て好感を持つようになる場面が登場します。

その以降、雰囲気に流されてしまうことが多く、頼みごとを拒絶するのが苦手だったため、先生のおすすめで学生会に半強制的に連れて行かれるところを内巻くんに助けて貰った宇佐美

そして、そのことをきっかけに彼に完全に惚れてしまった様子。いつも3次元の女子には興味がないとか言うけれど、やはりこういう優しいところを見ると宇佐美が惚れてしまうのも納得です!



その後もハプニングはたくさん起こります。素直になれなくても内巻くんへの熱望が大きいせいか、彼に時々物理的な接触をする伊万莉まりあコレットにまで嫉妬をやいてしまいます

しかし本人は、他の女性が内巻くんに近づくだけでも顔を赤らめたり、せっかくラブレターを書いても内巻くんにちゃんと渡せないなど、愛の実を結ぶにはまだまだ先が長い状況。それでもチャンスさえあればいつでも手を出そうとしている宇佐美と、そんな彼女を見てもちっとも動揺しない内巻くんの関係がとっても微笑ましいです。

宇佐美さんを演じる声優さんも伝説的にかわいい

声優の小澤亜李さん!



「月刊少女野崎くん」佐倉千代役にキャスティングされ絶大な人気を得た声優さんなんですが、声や演技力だけでなく、活発で明るい感じが魅力的な方でもあります。さらに、短期間に膨大な作品に出演したんですが、声だけでなくルックスもかなりかわいい女性声優さんなので今後の活躍が期待される方でもあります。

宇佐美さんの恋の行方は……(まとめ)

果たして宇佐美は両思いに成功するのか?

三次元の女性には興味を持たない残念なイケメン「内巻すばる」と、なかなか彼の前で素直になれない「宇佐美みずき」。まず二次元の女性にしか興味がない彼だから両思いは無理なのでは?と思う方もいるかもしれません。

ですが、たびたび出てくるハプニングや、ウサミという二次元の女子が好きだと発言した内巻くん。そして、最近連絡先を交換したところをみると意外とそう遠くの話ではないかも知れませんので、最後まで楽しみにしてください。

この美術部には問題がある! (1) (電撃コミックスNEXT)
いみぎむる
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 63,936
この美術部には問題がある! 6(Blu-ray初回生産限定版)
キングレコード (2017-02-22)
売り上げランキング: 3,245
この美術部には問題がある! 身のほどを知れ、三次元が・・・ Tシャツ Mサイズ
グルーヴガレージ (2016-11-05)
売り上げランキング: 117,019