【いちご100%】東城綾はジャンプ屈指の清純派!色褪せぬ可愛さを徹底解説!

かつて週刊少年ジャンプで連載していた伝説の漫画「いちご100%」。そのメインヒロインの1人である東城綾。清純派と言えばのキャラクターですがその変わらない魅力をご紹介していきたいと思います!

かわいさがとまらない!東城綾とは

いちご100%は、河下水希先生の漫画作品です。2002年から2005年まで連載されていたこの作品ですが、ジャンプ史上でも数少ない、長期間連載されていたラブコメです!

ご存知かもしれませんが、セクシーな描写もたくさんあり、当時の小・中学生男子ははみんな隠れて読んでいたんではないでしょうか!イチゴのパンツ美少女を探すところから始まる物語は、たくさんの読者を釘付けに!

ジャンプ史でもトップクラスの清純派!



いちご100%は東西南北の1文字ずつを冠した4人のメインヒロインが登場します。その中でも、最も王道のヒロイン然としていると言ってもいいのが東城綾です。主人公、真中淳平が開幕で出会うイチゴのパンツの美少女こそ、彼女です。

黒髪ロング、物静かでおしとやか。そのイメージに反して天然でちょっとドジといったギャップ。ですが自らのうちに宿している真中への思いは、本当に人一倍強いモノを持っている。THE清純派!とでも言いましょうか。私はヒロインたちの中で一番好きです。ここ大事。

東城綾好きにはたまらない!名言集

あたしだってその気になれば、あなたなんてすぐに襲えちゃう―



漫画第9巻からの一言。夏休み後の部室での東城のセリフですが、いつもちょっとおどおどして引っ込み思案な彼女が北大路さつきの言っていた言葉をまねているシーンです。いつも挑発的で積極的なさつきですが、東城もそんなところに憧れたりするんですよね!

東城に急にこんなことを言われてしまったら世の男性陣はみんな心を奪われてしまうのではないでしょうか…そんな彼女のギャップこそ至高。真中に見られてしまい、直後に恥じらう表情もGOOD!夏だからでしょうか、ツインテールなところもポイント高いですね!

真中君がよかったの。そう決めてるの。あたしの脚本の最初の読者は真中くん…って。

漫画第十四巻からの一コマ。直前の外村の差し向けによる白衣のコスプレも天使!なんですが、そこから元の普通の姿に戻って真中を看病する東城。その中で言ったこのセリフ。これは惚れる…ていうかもう惚れてる…

これぞ王道清純派ヒロイン!といった表情と直後のはじける笑顔。真中の言葉を借りると、白衣なんて着てなくても十分天使だった…。まさにその通り東城は本当に真中のことを思い続けてることがよくわかる名シーンだと思われます。

アニメ版東城綾を彩る声優、能登麻美子の光る演技

意外と知られていないのが地上波アニメ版いちご100%。これは2005年の春アニメとして全12話で制作されました。東城綾役はなんと!能登麻美子さん!超絶ウィスパーボイスで耳障りよく、暖かで柔らかな声と、それを存分に発揮する強力な演技力。強く印象に残る能登さんの声はまさに東城!

ふだんのおとなしい東城の演技もとてもいいのですが、個人的にお勧めなのは、真中の妄想の中での積極的な東城がとても、イイ!第五話の「ね、お願い。中学の思い出って言ったらこれしかないでしょう?」といってキスをしようとする東城。とっても色っぽい!

東城綾の告白!ジャンプ史に残る名シーン!

好きなの。中学のあの日からずっとずっと…!



第17巻から18巻までにわたるこの超名シーン。ジャンプラブコメ史上どころか全マンガ史に残る名シーンだとおもいます!中学三年に出会った二人。その時から変わらず、いやより強く真中を想う東城。

初めて自分のことを認めてくれた男性が真中だった…なかなか踏み出せないながらも同じ高校に行くまでして真中のことを考えていた…、物語が始まった時からずっとずっと両想いだった二人ですが、結ばれることはついにありませんでした。どうしてこうなった

自分のキモチは相手に伝えてこそ、という教訓まで残してくれた、東城綾。告白の最後、はかなさを携える去り際の彼女の笑顔が忘れられません。

東城エンドにつながらなかったその理由の考察!そしてその後は?

ここまでどう考えてもメインヒロインは東城綾だということを繰り返してきましたが、なぜ真中と東城は結ばれなかったのか。よく考えてみてください。確かに真中は出てくる女性キャラクターほぼ全員にと言っていいほど尻尾を振ってはいますが、後にも先にも付き合っていたのは西野だけです。

なので、なんだかんだ言って真中は芯は曲がらない男だった、ということではないでしょうか。最終的にはきちんと筋を通す、そんな主人公だからこそ、これだけハーレムであっても叩かれてなかった稀有な主人公だったのでしょう。

その後…

第19巻の最後で再び真中は西野と付き合い始めますが、東城や映研面子との仲もそのまま続いていくように思います。東城と真中は心を許しあった友人として、また映画監督と脚本家、原作者といった互いの才能を認め合う仲で居続けるんだと思います。

芯はしっかりしている真中ですのでこのまま結婚、といった方向に進むのでしょう。正直悲しい…ですが物語の終わり方としてはとてもきれいで締まっていた、と感じれるいいエンドではないでしょうか。もう真中を想う可憐な東城は見れないのか…残念でなりません!

根強い東城派あり!その魅力とは何なのか

東城綾は王道ヒロイン、清純でまっすぐで一途、というもとに生まれたキャラクターです。ですが最終的にはHAPPYエンドとはならなかった。そんな彼女だからこそ、これだけ多くのファンがついたのでしょう。

一見弱そうな少女に見えて本当は中身のしっかりとした美少女。相手につくし、一人の男のためにたくさんのサポートをしてきた彼女。そんな東城でも真中は引き留められなかった。はかなさと強さを兼ね備える東城綾。

中高生という時期で、不安定ながらも成長していく彼女の姿。そんなところに東城綾、そしていちご100%の魅力が詰まっているのではないでしょうか。

いちご100% ドラマCD LAST TAKE EAST SIDE 東城綾

売り上げランキング: 192,496

いちご100% 全19巻 完結コミックセット(ジャンプ・コミックス)
河下 水希
集英社
売り上げランキング: 38,760
いちご100% カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-12-28)
売り上げランキング: 67,262