世界の北野武は名作メイカー!見て損をさせないおすすめ映画TOP5!

お笑い界のレジェンド北野武。その才能は映画でも輝きを放っていて、世界の北野として有名ですよね。Brotherや花火といった名作を世に送り続ける北野武監督はまさにヒットメーカー。北野作品に触れてみたいけど、作品が多いからどの作品を観ていいかわからないと人も多いのではないでしょうか?北野映画の世界観に夢中になれる名作トップ5をご紹介いたします。

お笑いだけじゃない!映画監督としての北野武



コマネチ!」や「バカヤロウ!」、「コノヤロー!」のフレーズでおなじみの北野武。「元気が出るテレビ」や「熱湯コマーシャル」など日本のお笑いの歴史に名を刻んでいるお笑い界のレジェンドとして知らない日本人はいないでしょう。

彼のクリエイティブな才能は映画の世界でも発揮されています。「アウトレイジ」や「ソナチネ」、「座頭市」はカンヌベネチアといった世界的に権威のある映画祭で賞を受賞しています。いまや日本人だけではなく、全世界で有名な日本人映画監督の一人ではないでしょうか。

北野映画の独特の世界観やその世界観を演出するために欠かせない常連の役者陣、映画好きなら絶対に見ておきたい名作をそれぞれご紹介いたします。

北野武の映画は暴力的?北野作品の特徴について



アウトレイジ」や「その男、凶暴につき」など暴力シーンが多く、血の流れるイメージが強い北野作品。グロテスクな描写が苦手で、これまで避けてきたという人も多いのではないでしょうか。

確かに暴力シーンが多いのも北野作品の特徴の一つです。一方、「みんな~やってるか!」などのコメディや「菊次郎の夏」や「アキレスと亀」といったヒューマンドラマに分類される作品も手がけています。2002年に公開された「Dolls」はセリフが少なく、映像の美しさが話題となっていて、普段の北野作品と一線を画している作品です。ですので決して、暴力シーンばかりを撮っている監督ではありません。

また、登場人物の描写に個性があり、それぞれのキャラクターの人情味が強いのも北野作品の特徴の一つ。下町生まれの彼だからこそ、人情味のあるキャラクターの描写が得意なのではないでしょうか。

北野監督自身が出演していることも多く、監督と役者の二刀流というケースも北野作品の特徴です。両方をこなしてしまうあたり、さすが天才といったところでしょうか。

北野武の映画に欠かせない常連の役者たち



世界の北野の名作を支えるのは、実際に出演している役者陣の支えがあってこそ。作品の雰囲気にあったキャスティングが生命線の一つではないでしょうか。他の映画監督と同じように、北野監督がお気に入りの役者は起用が多くなるものです。

北野作品のクオリティを支え続けている常連の役者たちをご紹介いたします。

俳優編

#ビートたけし #北野武 #takeshikitano

キタニストさん(@kitanist)がシェアした投稿 –



北野作品といえば、強面の俳優陣のキャスティングが特徴的。また実力派で有名な俳優を起用することが多く、俳優の演技力が世界観を支えています。

北野作品に欠かすことのできない北野組常連の俳優陣をご紹介いたします。

大杉漣

大杉漣 #zacco #大杉漣

zacco officialさん(@zaccogram)がシェアした投稿 –

ドラマ・CM・映画とフル回転で活躍を続ける大杉漣は北野組の常連です。幅広い演技力とクールなビジュアルは北野映画の世界観を支えています。

彼は1993年に公開された「ソナチネ」で起用され、それ以降北野組の常連に。実は大杉さん、ソナチネが終わってから、俳優をやめようと思っていたそうです。しかし北野武監督との出会い、ソナチネの評価が転機になったことで、いまや名バイプレーヤーの地位を確立しています。

寺島進

強面の俳優といえば、寺島進をイメージする人も多いはず。彼も北野監督の名作には欠かすことのできない俳優です。いまや日本映画界、屈指の演技派で人気を博しています。

北野監督のデビュー作、「その男、凶暴につき」ではじめて起用され、これまでに数多くの作品でタッグを組んでいます。「BROTHER」でも格好良いキャラクターを演じています。大杉漣と寺島進は北野武が好きな俳優であると言われています。

余談ですが、実はオフィス北野に所属していて、映画だけではなく、事務所も北野組です。

白竜

任侠モノ、Vシネの帝王としておなじみの白竜。彼も北野作品には欠かすことのできない名俳優です。

その男、凶暴につき」で北野武が演じる刑事と壮絶な死闘を繰り広げている白竜。デビュー作以降、ずっと起用されていて、「アウトレイジ・ビヨンド」では出演時間が少ないにもかかわらず、存在感を表しています。

近年は日本だけではなく。韓国映画界でも活動をしていて、活躍の場を広げています。

女優編

この頃、痺れるほどカッコいい。 #北野武 #ビートたけし

Masakazu "mad dog" Ujitaさん(@props_uzy)がシェアした投稿 –



俳優陣のインパクトの強い北野作品です。実は常連組の女優も1人います。クオリティの高い北野作品は俳優だけではなく、演技力の高い女優にも支えられています。

北野組に欠かすことのできない常連の女優をご紹介いたします。

岸本加世子

菊次郎の夏」をはじめ、「HANA-BI」や「Dolls」で起用されている岸本加世子は北野組の常連の女優筆頭株と言えます。

いずれの作品も北野作品のクオリティを彩る活躍をしていて、俗に言う良い味を出している女優といえるでしょう。北野監督とは親交もあり、信頼関係があるからこそ、ずっと起用されているのではないでしょうか。

絶対に見るべき!北野武 おすすめ映画5選

北野作品の特徴や常連の役者陣をご紹介いたしました。名作を支え続けているのは彼のセンスだけではなく、役者の演技力・雰囲気など数多くのファクターがあります。

数多くの作品の中から、見ておいて損がない名作トップ5を厳選して、ご紹介いたします。

HANA-BI(花火)

出典:https://www.amazon.co.jp

1998年公開のHANA-BI(花火)大杉漣や岸本加世子、寺島進、白竜といった常連の役者陣がそろい踏みした作品で、北野作品のなかでもトップクラス名作の呼び声も。世界的権威のあるベネチア映画祭にて、金獅子賞を受賞した栄誉が名作であることを裏付けているといっても過言ではないでしょう。

こちらの作品では北野武が愛妻家の元刑事を演じています。岸本加世子が演じる余命間もない妻を愛する心情が描かれています。暴力的なシーンはあるものの、人の愛を考えさせられる作品ではないかと個人的には感じます。

余談ですが、凶悪犯の役で元プロボクサーの薬師寺保栄も出演していて、良い味を出しています。

その男、凶暴につき

出典:https://www.amazon.co.jp

北野監督のデビュー作、1989年に公開された「その男、凶暴につき」は必ず見ておきたい作品。若い頃の白竜と北野武の壮絶な死闘が特徴の作品です。

北野武演じる暴力的な刑事と殺し屋を演じる白竜のアクションシーンは日本映画史に残る名シーンといっても間違いありません。同僚の刑事役ではいぶし銀な役者でおなじみの平泉成も出演をしています。

過激なアクションシーンは時代背景を感じさせてくれます。現在は規制が多くなり、このようなシーンは難しいのではないでしょうか。

菊次郎の夏

出典:https://www.amazon.co.jp

暴力的、グロテスクな映画が苦手な人には、菊次郎の夏がおすすめ。夏が来ると必ず見たくなる映画のひとつと言えるでしょう。

北野武演じるしょうもない中年男近所の小学生の男の子母親を探しに旅に出る冒険もの。悲しい結末だけど、少年の成長を感じるラストは涙なくては語ることができません。

心に直接訴えかける久石譲のBGMがとても素敵。暴力的な映画が苦手な人でも楽しめる名作です!たけし軍団から、グレード義太夫井手らっきょが出演しています。

BROTHER

出典:https://www.amazon.co.jp

ジャパニーズヤクザvsマフィアの抗争を描いたBROTHER。北野作品では珍しく、海外を舞台にした作品です。イタリアフランスなど全世界でも公開されました。

他の作品と比べると、セリフは少ないものの、記憶に残るフレーズが多いこちらの作品。若い頃の真木蔵人や常連組の寺島進が出演しています。

大味な作風で派手なアクションが多いので、退屈せずに楽しむことができる作品だと個人的には思います。

キッズリターン

出典:https://www.amazon.co.jp

北野武の作品では珍しい青春モノのこちらの作品。落ちこぼれの高校生の姿を描いている名作です。

落ちこぼれの高校生の役を金子賢安藤雅信が演じていて、青春の青臭さと大人の汚さといったものが交互に入り乱れている作品だと個人的に感じます。

いわゆる「若い」がキーワードの作品ですが、勢いだけではなく、どこか無力感もあり、さまざまな感情が作品に込められています。

北野武の映画に触れてみよう!

#高齢者 #北野武

もずくさん(@moto9292)がシェアした投稿 –

北野武の名作5選をご紹介いたしました。こだわり抜いたアクションは退屈さを感じさせない代物です。見応えたっぷりの描写が多くのファンの獲得につながっているのではないかと思います。

アクションや任侠モノ以外でも、人情、感情の訴えかける名作も多く、どの作品でも彼の非凡さを肌で感じることができるのではないかと思います。

できれば全作品をコンプリートして、彼の作品に触れてみたいところです。今度の週末はTSUTAYAでレンタルするしかなさそうですよね!

キッズ・リターン [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2013-09-25)
売り上げランキング: 12,553
その男、凶暴につき [DVD]
バンダイビジュアル (2007-10-26)
売り上げランキング: 51,303
菊次郎の夏 [DVD]
菊次郎の夏 [DVD]
posted with amazlet at 17.03.05
バンダイビジュアル (2007-10-26)
売り上げランキング: 59,542