美しすぎるhyde!年齢不詳っぷりに迫る3つのポイント

L'Arc~en~Ciel、VAMPSの美しすぎるボーカルhyde。今や日本を飛び出し世界中のファンを熱狂の渦に巻き込んでいる。艶やかで美形なhydeを年齢不詳だと思ったことはないだろうか?今回は3つのポイントに分けその年齢不詳っぷりに迫る。

年齢不詳ミュージシャン・hyde

出典:https://pbs.twimg.com

あまりに美形すぎるその姿は男性からは真似したくなるような憧れの男として興味を引き、女性からは少女漫画のヒロインが実写化されて現実世界に出てきたような衝撃を与え、芸能人の中でも一目置かれ絶大な人気を博していた。男性である私も高校生の頃hydeのようになりたいと憧れていた。もちろん現実は……(笑)

本名は寶井秀人(たからいひでと)。「寶井」という苗字は極めて珍しく日本中探しても10人~20人程度しかいないそうだ。「寶」は「宝」の旧字のようだが、まさに我々の””の存在に駆け上がっていく。ちなみに、hydeは和歌山県和歌山市出身である。妻はタレントの大石恵で、一児の父という顔もある。hydeがお父さん!年齢不詳すぎる!

L’Arc~en~Ciel

1991年に大阪で結成されたL’Arc~en~Ciel(フランス語で「虹」という意味)。メンバーの入れ替わりを経て、現在はhyde(ボーカル)ken(ギター)tetsuya(ベース)yukihiro(ドラムス)の4人から構成されるロックバンド。人気に火をつけたのは1998年7月8日に「HONEY」「花葬」「浸食~lose control~」のシングル3曲同時発売。中でも「HONEY」はシングル歴代売上1位となる代表曲となり、同年紅白歌合戦に初出場している。

さらに1999年7月1日に「ark」「ray」のアルバム2枚同時発売の衝撃でオリコンアルバムチャート1位と2位2週連続に渡り独占。こうしてその後もヒット曲を世に輩出する。私もCDを買い、毎日通学中に聞いては美声に魅了されていた。

VAMPS

「hyde」は「HYDE」名義で2001年ソロデビューし、2005年に「GLAMOROUS SKY」を「NANA starring MIKA NAKASHIMA」へ楽曲提供し、映画「NANA」の主題歌となったことが、多くの反響を呼んだ。堂々の2週連続オリコン1位。HYDE自らも英語詞でカバーし、個人的に、大好きな曲である。

ソロプロジェクトの共同プロデューサーでギターを務めていたK.A.Z意気投合し、2008年VAMPSを結成。なおK.A.ZはロックバンドOblivion Dustとしても同時に活躍中。HYDEはヴァンパイアが大好きであることからこのユニット名になった。結成当初から海外での活動を視野に入れており、アジア、ヨーロッパ、北米、南米など世界規模で活躍。

ポイント① まず顔面が年齢不詳すぎる

六六六 666

Hydeさん(@hydeofficial)がシェアした投稿 –

目元の堀が深く眉と目の間も近いことに加え、鼻筋が通っているため整った顔面である。ソース顔かしょうゆ顔で言うならばソース顔となりそうだが、HYDEの場合その分類の概念すら忘れさせてくれる

カラーコンタクトをしていることがあるのもミステリアスな雰囲気を加速させている。またメイクをしているために素顔がわかりにくいのも年齢不詳すぎる理由の1つではないだろうか。どこか中性的人間離れしている。

Make-up Tutorial

Hydeさん(@hydeofficial)がシェアした投稿 –

こちらはノーメイクからフルメイクまで過程を公開した衝撃の動画であるが、2017年3月時点で既に20万再生数えている。それぞれ使用アイテムを見せつつ、目の周りを黒塗りにしていく。微調整を加えた後に、最後はヘアワックスで無造作ヘアに仕上げて完成だ。

クッキング番組や戦隊ヒーローの変身シーンなどもそうかもしれないが、何かが変化していく過程は興味を引くもの……。HYDEの変身シーンを覗けると来たらこれはもうたまらない。

すっぴん画像公開!

Another day at the studio! Thank you, everybody☆

Hydeさん(@hydeofficial)がシェアした投稿 –



謎のヴェールに包まれていたhydeが、すっぴんまで公開するようになった。メイク後のような黒塗りはなく、二重がくっきりしていることがわかる。眉はきれいに整えられており、口を尖らせているのも可愛い写真だ。

2017年でL’Arc~en~Cielはデビュー25周年を迎え、これだけ活動が長いにもかかわらず、全く年齢を感じさせないすっぴん。メイクをしている姿も年齢不詳であるが、さらにすっぴん姿でも年齢不詳っぷりは健在だ。

ポイント② 体も年齢不詳すぎる



美しすぎる体!アスリート並みであるが、「一体何をすればhydeのような体になるのか」気になるところ。過密なライブスケジュールをこなすためにも腹筋をしているそうだ。ライブパフォーマンスとして肉体美を披露しつつ歌うこともあるためファンは釘づけになっている。

男性への褒め言葉として「hydeのような体だね」 と言われることもある。承認欲求が満たされ、男性は男としての自信になっている。またスノーボードが趣味であることから、体作りにも良い影響を与えているのかもしれない。

食生活

美しすぎる体を見ると、「一体何を食べればhydeのような体になるのか」も気になるところ。次は、hydeの食生活について見ていこう。まず写真をみると、豆、ブロッコリー等の野菜が器に盛られている。オリーブオイル、スープ、お茶が卓上に並ぶ。以前には、わずか糖質6.4g、109kcalという低糖質低カロリーパンを「主食」と表現していたり、豆腐ドーナツを食べていることも明かしている。

さらにそば好きであることや夜に炭水化物を控えることも公言しており、健康的な食生活を心がけていることがわかる。「内面からも美しいこと」が、もしかしたら肉体美の鍵を握っているのかもしれない。

ポイント③ 精力的な活動が年齢不詳過ぎる

実に美しい……!会場を埋め尽くすオーディエンスがに虹色に輝いている……。これは2日間で16万人動員した「L’Arc~en~Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」の光景である。最後には花火が打ち上がり大興奮!

虹色といえば、2012年5月31日ラルク初のハワイ・ホノルル公演ではステージに装飾された円形アーチの光が虹色であったことも感動したのだが、なんとホノルル市長が同日を「L’Arc~en~Cielの日」と制定!あなたの所属するグループ団体などが「○○の日」となったらどう思われるであろうか?私は鳥肌が立ってラルクの偉大さを再確認した…!

HYDEへのプレゼント

2015年2月18日、19日VAMPS主催ロックフェス「VAMPARK FEST」が日本武道館で開催された。VAMPS含め計7組が出演し、その中に海外ミュージシャンのSIXX:A.Mがいたのであるが私が感動した話がある。

それは、まず海外ミュージシャンを日本の音楽の聖地に招待してフェスを開催すること自体感動したのだが、なんとHYDEが尊敬するSIXX:A.Mのベーシスト・ニッキーシックスが自らのベースをHYDEにプレゼント!さらにはそのSIXX.A.Mの全米ツアーに今度はVAMPSが招待されたというのである!信頼関係ができ、お互いの音楽を認め合っているからではないだろうか。HYDEが世界に認められた気がして感動したものである。

ワールドツアー

やっぱチリすごい 南米やばい Chile, you were so great! South America is so much fun!

Hydeさん(@hydeofficial)がシェアした投稿 –

短文ながら、海外ファンからの熱いパッションが感じられる1枚。「海外のファンがHYDEに魅了されている」と思うと嬉しく感じる。VAMPSはワールドツアー、ロックフェス、アコースティックライブ等をこなしているが、何やってもカッコイイ!米国人気プロデューサーとコラボしたときには、米国でレコーディングスケール大きい!と思ったものだ。

SNS上でも、外国語を使って何かを伝えようとしている投稿があるが、外国語が読めない私には本当の意味はわからない。しかし、「熱かったぜ!」と聞こえてきそうなのは伝わってくる。

音楽に国境や年齢は関係なく、まさにHYDEが年齢不詳と言われる根底には、海外で興奮体験をして自分にはないミュージックを肌で感じ、本人が楽しんでいるからという理由がありそうだと、私は思っている。

籠城型ツアー

VAMPSおなじみ全国のZeppを中心に行う「籠城型ツアー」は、1都市につきほぼ毎日のように連続公演しては次の都市に移動して連続公演をするというものだ。ツアートラックには「VAMPS籠城中」と書かれているのも面白い。「ヴァンパイアが城に立てこもりに来た!」と思わされたし、こうゆう何かするごとに”意味”を持たせてくる企画力も、神がかっている。

2016年には「アコースティック」、「学生限定」、「男性が最前・女性がその回りを囲むスタイル」が登場。ファンを飽きさせない工夫がされていると感じた。また国内外の映画館で生中継するライブビューイングもあり、会場から遠くて日程調整が難しくても地元の映画館で生中継を見れるところが嬉しい配慮だと思う。

HYDEデザイン・プロデュース「チュパカブラ」

HYDEがデザイン・プロデュ―スするキャラクターCHUPACABRAチュパカブラ)。「血ィすうたろか」「はらへったーっ」などの面白系や、「ありがとう」などの挨拶系を含む全40種のLINEスタンプで、私は愛着が湧いている(笑)。「キャラクターまで自ら手がけちゃうのか!」と驚いたものである。テレビ番組内で実際にスケッチブックにイラストを描いていた姿も可愛い

またぬいぐるみアミューズメント施設に登場し、さらにハローキティとコラボしたTシャツも登場。HYDEは芸術家であり表現者なのだと実感させられた。音楽だけに囚われない”攻め”の姿勢尊敬せざるを得ない。

バイオハザードとの夢のコラボ!

バイオハザードとのコラボであるが、私がまず驚いたことは、結成「25周年」を迎えるL’Arc~en~Cielと「20周年」を迎えるバイオハザードという「長寿」同士のコラボという点であった。Play station VR向けのミュージックビデオ や、映画「バイオハザード・ザ・ファイナル」日本語吹替版の主題歌となった。

”3DCG化”され”人間離れ”したHYDEが見れる興奮!なんと映画バイオハザードの映像でHYDEのきれいな歌声が聞けるとは!ゾンビ好きなHYDEが、ゾンビ映画とコラボという点も面白く感じた。

あ、やばい、ゾクゾクする。

ゾクゾクするのはこっち!(笑)と思ったものだが、これは、2014年L’Arc~en~Cielとソニーの4K対応液晶テレビBRAVIA」がコラボしたもの。全国各地のソニーや家電量販店で「L’Arc~en~Ciel LIVE 2014 at 2014国立競技場」でのダイジェスト映像を放映するものであった。高解像度で「視覚からの美しさ」を体感できる。このことからも国立競技場の成功を裏付けていると思う。

続いて、2016年にはソニー最新技術搭載・ハイレゾ級ワイヤレスヘッドホンとコラボが実現。ラルクの新曲を高音質で「聴覚からの美しさ」を体感できる。高スペックhyde高スペック技術で迎えたと感じた。こうして積極的に最新技術とのコラボを実現させていることがわかる。

結局年齢はいくつなの?

美しすぎる姿が神々しいが、なんとhydeは1969年1月29日生の48歳!これは衝撃すぎる事実!48歳にはとても見えない!48歳でこの顔面、48歳でこの体、48歳とは思えない精力的な活動の数々……。開いた口が塞がらない……。

①顔面②体③精力的な活動の、3つのポイントに分けてそれぞれ年齢不詳っぷりに迫ってきたが、迫れば迫るほど年齢不詳(笑)。次はどんな事をして私たちを年齢不詳と感じさせてくれるのだろうか?