ワンピースの「最強」を超個人的に3つ決定したので聞いてほしい

ジャンプ連載漫画ワンピース、その世界で一番、つまり最強だと私が思っているものを、今回3項目に分けて紹介させていただき、後に、ワンピース最強の座はだれなのか、まとめさせていただきました。

ワンピースの最強って誰なんだ?

作品に登場する人物を総合的に考えて、最強を決めてみました。

出典:https://twitter.com

この作品には敵・味方・モブにいたるまで個性的なキャラクターが多く、畑違いですがその人物のバリエーションはまるで「きん肉マン」のようです。

出典:https://twitter.com

これだけ登場人物が多いと、選考はすごく迷うのですが、今回はアニメ・映画オリジナルキャラなどは抜いて、原作の漫画に登場したもので、発表させていただきたいと思います。

①最強のキャラ

今まで、作品上で登場したキャラクターたち、その中でも私が最強だと思っている人物を、紹介させていただきます。

私の中で最強のキャラクターは白ひげ。エドワード・ニューゲートです。
彼の器と漢としてのデカさは、原作を読んでいる人ならよくわかっていると思います。そんな彼を最強に上げるのは当然、と思っているファンの方も多いと思いますが、あえて、あ・え・て、私が今回彼を最強だと感じた名場面。
名言を、この場借りて3つ、紹介させていただきます。共感していただけると私もうれしく思います。

③「いや・・・俺は行けと言ったはずだぜ息子よ」

出典:https://twitter.com

海賊の掟を破ったティーチを独断で追いかけた結果海軍に捕らえられたエース、その後悔の言葉に彼が言ったこの言葉は、私の胸にぐっときました。
画が見つからなかったので、この画像はその場面の前部分になります。

②「ばかな息子を、それでも愛そう、仲良くやんな・・・エースだけが特別じゃねぇ・・・みんなおれの家族だぜ・・・」

出典:https://twitter.com

出典:https://twitter.com

自分の配下の海賊(息子)であるスクアードが、智将センゴクの計略により、自身の部下や戦いに参加した白ひげ傘下の海賊(仲間)を守るため、親である白ひげを襲撃

彼の親がエースの父親であるゴールド・D・ロジャーに殺されていること、ロジャーとその一味、血縁に対しても恨みを持っていたことを利用されてしまいました。

そんなスクアードを負傷した体で抱きしめて言うこの言葉は。白ひげが船員・配下にたいして、どれだけ深い愛情を持っているのか、うかがい知れます。

①「興味はねェが…あの宝を誰かが見つけた時…世界はひっくり返るのさ…!! 誰かが見つけ出す その日は必ず来る… “ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)”は実在する!!!」

出典:https://twitter.com

頂上戦争終盤の言葉、消えかける命の炎を言葉に乗せて、新たな大海賊時代の種火としたこの言葉は、読者皆の心に残る旧世代の終わり新時代幕開けとなる言葉だったことでしょう。
ここから作品は【新世界編】へと移り、物語の時間軸だと二年後一回りも大きく成長した麦わらの一味がマリンフォードに再集結するところから始まるのですが、この成長した一味の表現がいいですよね、私のお気に入りは、『乗り間違えた船を一刀両断して戻ってくるゾロ』と『自己改造でさらにゴテゴテしたが女性陣に基本スルーされるフランキー』です(笑)

②最強の悪魔の実

原作に登場する悪魔の実で最強の実を考えてみました。

出典:https://twitter.com

私の中で最強と思う悪魔の実は、ズバリ!【グラグラの実】です。

分類では自然(ロギア)・動物(オゾン)より弱いと言われる超人系(パラミシアン)に属していますが、原作でも世界を滅ぼすといわれるほどの力を秘めた悪魔の実です。

登場人物の能力の使い方と私が考える本来の力

出典:https://twitter.com

白ひげはグラグラの能力を地震として使っていました。現在の所有者の黒ひげも同じ使い方をすると思いますが、私が考えるに、実はこの悪魔の実、『地震を起こす』のではなく『様々な物体を揺らす』もしくは『振動(波)をコントロールする』能力ではないかと推測しています。
そう考えたきっかけは、白ひげが『大津波を作った時』・『振動をたたきつけるとき』、それぞれ能力に対してタメが必要なのはわかるのですが、『地震を起こす』能力ならタメたままてうち放てば地震は起こせるはずです。

出典:https://twitter.com

しかし彼はタメたエネルギーを『おもいっきり振り抜いてたたきつけて』発動させていました。このことから、白ひげは『地震エネルギー』をタメていたのではなく、叩きつけるときの『振動(波)・揺れ』を増幅するために、相応のタメ時間が必要だったのではないか?そうなると、この能力、触れることができれば、心臓の鼓動も止めることができるし、AEDのようなあつかいもできますね。この幅広さに考えが至ったので、わたしは『グラグラの実』を最強に押したいとおもいます。

③最強の技

作中に登場する多彩な技、その中からこれだ!というものを紹介します。!

出典:https://twitter.com

覇国(はこく)原作129話「まっすぐ」で巨人海賊団ドリーとブロギーが放った技。リトルガーデンで約100年間決闘を続けていた二人の巨人、ドリーとブロギー。
彼らは元々巨兵海賊団という一味を率いていた二人の頭目、億越えの賞金首でした。
そんな彼らが人知れず長い決闘をしているわけは当時それぞれが仕留めた海王類に対して、村の少女が「どちらのほうが大きかったの?」という素朴な質問、そこから獲物の大きさで言い争う二人は誓いにのっとり決闘をすることになった。

出典:https://twitter.com

麦わらの一味と出会うまでの戦績は7万3466戦7万3466引き分け。長寿の巨人族であり、実力の拮抗した二人だからこその結果でしょう。大変なのは、彼らが長いときの中で決闘の理由を忘れてしまい、手段が目的にすり替わってしまっていることでしょうか。
島で紆余曲折あって、一味が島を脱出する時、近海に住む【島食い】と呼ばれる巨大な怪物から、麦わらの一味を助けるために放たれた、巨人族最強の風圧の槍。

出典:https://twitter.com

エルバフの戦士ドリー&ブロギーをもって「通せぬものは血に染まるヘビのみ」と言わしめる奥義、その強大な威力により100年以上彼らとともに時を過ごした武器【青鬼のドリー】がもつ剣『テリーソード』と赤鬼のブロギーの『ブルーザーアックス』は破壊されますが、「あいつらのためならば、惜しくはない!となんとも気前のよいセリフで言っており、麦わら一味への友情、その強さがうかがい知れます。

出典:https://twitter.com

覇国の威力は【島食い】に開けられた風穴のでかさから、その名に偽りなし!国をも制する技です!
ただ気になるのが彼らが言った血に染まるヘビの存在。
それは実在する海王類の類なのか、それとも、赤の大地(レッドライン)のことなのか・・・。

結局ワンピースの最強は誰?考察してみた

上記の内容と現在連載中の話を総合して、最強の人物を上げてみました。

①から読んでいただいているので予想はついているともうのですが、私の最強人物はやはり白ひげ、エドワード・ニューゲートになります。最強技に入ってないじゃないか!っと考える人もいると思いますが、③の考察については純粋な技能を考えてのランキングです。能力者の技は悪魔の実を食べているという点を差し引いて考えています。

最強であるが、その根本にあるのは『家族がほしい』というシンプルな願い、貫き通した願いが、今の白ひげ海賊団であり、配下の海賊船団というのはなんともスケールがでかい、そう思いました。

ロジャーは冒険を求めた結果『海賊王』と呼ばれ、白ひげは家族を求めて『四皇』に、この世代の海賊って、かなりスケールがでかい夢の叶い方をしていますよね(笑)



しかし、そんな大海賊も、頂上戦争でその命を燃やしつくしました。

その後も能力をティーチにうばわれ、読者のなかの最強にマーシャル・D・ティーチ、黒ひげが上がったと思います。しかし一つの能力を極めるのも大変だと思われる悪魔の実、それを二つも所有して、かれが、まともに使いこなせるとは思えません。たぶん、グラグラは白ひげの猿真似になると考えられるので、私は彼を強者の上位だとは考えても、最強とは考えられないのです。

では、白ひげ亡き後、誰が最強なのか?それは、この男。


サボです。原作でも革命軍参謀総長でNo2と紹介されている彼は、東の海でエース、ルフィと共に幼少期を過ごした義兄弟。一番最初の海に出て、故郷にやってきた天竜人の砲撃で船は大破して、二人からは死んでしまったと思われていましたが、革命軍の拾われ、彼らとともに活動敷いていました。

悲しいのはエースの死を新聞で読むまで、名前以外の幼少の記憶が思い出せなかったことに、深い悲しみと後悔をもっています。そのため義弟のルフィを気にかけているようですね。ドレスローザで登場するまで無能力者だったこともありかなり強いです。そして彼がメラメラの実を食べたことでエースの遺志も継いでいるように感じました。

元々能力の強さではサカズキのマグマに負けるのはおかしいんですよね。

火を焼くマグマなんてかっこつけてましたが、マグマの最高温度は6000度に対して火の最高温度は数千万度らしいのでサボがサカズキと戦うことがあれるなら。

是非に「オレのマグマを焼き尽くすだ」とか言って意趣返ししてほしい。そんな既望あって、彼を最強として紹介させてもらいます。