藤平尚真は新世代を切り開く若武者!未来のエースの魅力に迫る!

松坂大輔、田中将大、大谷翔平と各世代を代表する名投手に続けと言わんばかりに新世代を担う若武者が現れた!その名は藤平尚真!2016年高校ビッグ3その実力は!?

2016年ドラフト1位・藤平尚真とは!?

藤平尚真は1998年9月21日生まれ千葉県富津市出身の右腕です。藤平尚真は2016年高校野球の強豪横浜高校からドラフト1位東北楽天ゴールデンイーグルスに入団しました。背番号は19番です。

藤平尚真は高校時代、寺島成輝(東京ヤクルト)、高橋昴也(広島カープ)と共に高校生BIG3と呼ばれ注目され、夏の甲子園では寺島擁する履正社(大阪)に敗れるものの、その評価は高校生No1とも囁かれた。

日本中の野球ファンが藤平尚真の動向を見守る中、獲得に積極的な姿勢を見せた梨田監督率いる東北楽天ゴールデンイーグルス、イーグルスにはかつて田中将大(現ニューヨーク・ヤンキース)という伝説の投手が在籍していた。目標は高い、だからプロ野球が面白い、藤平尚真の魅力に迫っていきます!

藤平尚真を解析・得意な球種は?

藤平尚真は185cm83kg、プロ野球選手として恵まれた体格の本格派右腕です。ノーワインドアップから左足でしっかりと溜めを作り低い重心から、球持ちの良いしなやかな腕の振りから放たれる速球は最速152km/h

藤平尚真は平均140km/h前後の速球を軸に、120km/h台後半のフォークボール120km/h前後の2種類のスライダー、その他にカーブを投げる。打撃の方も横浜高校時代は中軸を任されることもあり、神奈川県予選でも横浜スタジアムで本塁打を放つなど、野球センスに長けた選手です。

藤平尚真は15U日本代表や、高校日本代表に選ばれるなど、同世代では日本を代表する投手です。今後、プロとしても大谷翔平らの次世代として、各方面から注目されていくであろう、ダイヤの原石なのです。

出身は横浜高校!

藤平尚真は数多くのプロ野球選手を生み出している神奈川県の強豪高校、横浜高校の出身です。2016年時点では現役最多17名の横浜高校出身者がプロ野球の現場で活躍していました。

藤平尚真は1998年、あの松坂大輔が甲子園で偉業を達成した翌月の9月に生まれています。何か運命的なものを感じます。藤平尚真の甲子園での成績は通算2試合13回、20奪三振、防御率0.69という数字を残しています。

藤平尚真と同リーグのパリーグには横浜高校出身の大エースが2名います、涌井秀章(マリーンズ)と松坂大輔(ホークス)です。どちらもプロ野球でも結果を残してきた二人、頼もしい先輩です。

藤平尚真は涌井や松坂より上!?

小見出しがいきなりすぎて、びっくりしてしまうかもしれません。藤平尚真は高校を卒業した時点での実力が涌井秀章や、松坂大輔、成瀬善久(東京ヤクルト)より上なのではという噂があります。

ではどこいら辺が、プロで活躍する大先輩達より上なのでしょうか?藤平尚真が知名度で松坂大輔に優っているのかと言えば、それは完全に否定します。しかし藤平尚真が持っているオーラは完全に横浜高校出身のどの先輩よりも上です。

わかりやすく言うと、藤平の放つ雰囲気が、投手ではありませんが同校出身の筒香嘉智(横浜DeNA)に似ています。松坂のような「どうなっちゃうの?」みたいなワクワク感ではなく、「あっ、この子はプロで勝つね!」みたいな、僕個人的な意見としては、藤平は200勝いける投手だと思っています。

藤平尚真の投球フォームを探る!

#藤平尚真 選手 久米島キャンプ 初ブルペン 2月2日

Ohshima☆Jungoさん(@jungo_518)がシェアした投稿 –

前述で藤平尚真は200勝勝てる投手だと言いましたが、その秘密は藤平尚真投手の投球フォームにあります。まずは下半身に粘りがあります。これは投手にとっては最大の武器と言って良いでしょう。

当然まだプロに入ったばかりですので、伸び代はあるのでしょうが、藤平尚真の投球フォームは高校時代から既に出来上がっていました投手として長生きしていく理想の投球フォームだと思います。

ただ気をつけなければならないのが、コントロールの乱れにより四球でランナーを溜めてしまうことです。藤平尚真は投球バランス的な乱れはあまりみられませんが、精神的な弱さが見受けられます。そこら辺はプロともなれば随時変わっていくものでしょうが、高校時代はそのような感じがしました。

藤平尚真のインタビューや話し方、マウンドでの雰囲気をみていると将来は元広島、メジャーリーグでも活躍した黒田博樹投手のような人間、投手になっていくのではと筆者は睨んでいます。

藤平尚真、開花する投手としての可能性!

藤平尚真の投手としての可能性は無限にあります。本当に楽しみな選手です。藤平尚真には観ていて面白い条件が、揃いすぎなくらい揃っています。まずは横浜高校出身ということで、松阪越え、涌井、成瀬越えへの期待!

そして藤平尚真、寺島成輝(東京ヤクルト)、高橋昴也(広島カープ)との同級生対決高校BIG3と呼ばれたライバル達だって藤平に負けて入られません。プロ野球は実力の世界最後まで笑っているのは誰か!?

更には東北楽天ゴールデンイーグルス伝説の投手、田中将大との比較!怒涛のシーズン24連勝(前年を合わせると28連勝、ポストシーズンなどを含めギネス)などの記録更新者へのデカすぎる期待。

まぁ今からそんな重圧かけたら、いけないのでしょうけど人生は一度きり選ばれた人間にしかできないことですから、藤平尚真には期待しちゃいます!

その実力で新世代を担うエースに!

藤平尚真 #横浜高校 #藤平尚真 #侍japan #楽天イーグルス #ドラフト1位

やまだはるきさん(@haruki1222_5589)がシェアした投稿 –

世間は2017年現在、第4回WBCに盛り上がりを見せています。王座奪回に向けて召集された侍ジャパンのメンバー達は連日死闘を繰り広げ、日の丸を背負って戦っています。今大会には日本のエースで二刀流の大谷翔平が参加しないことでも(怪我のため)話題になっています。

投手陣の中での最年少は藤平尚真のチームメイトで先輩に当たる松井裕樹です。松井裕樹は21歳と藤平尚真と3学年違いと、距離も比較的近い代表クラスの選手です。藤平尚真だけにスポットを当てていると今から4年後が楽しみになってしまいます。

松井裕樹らの近い世代には藤浪晋太郎(タイガース)や、武田翔太(ホークス)千賀滉大(ホークス)、そして大谷翔平(ファイターズ)ら、世界中が注目しているアスリートが多く存在しています。その世代の次の世代の代表として藤平尚真には大きな期待が掛かります。可能性は無限大、存在の大きな投手になってもらいたいです!

次世代のエースの条件とは!

横浜高校の藤平が選ばれたというのが ぼくにとっては嬉しいことです。 #藤平尚真

べくしょいーーーーーんさん(@wasshoi_dokkoi)がシェアした投稿 –

藤平尚真は中学生時代からU15日本代表に選ばれるなどし、夏の甲子園大会終了後もU18日本代表に選ばれ、国際経験は体験済みの投手です。では藤平尚真が今後プロ野球人として、エースと呼ばれるにはどのようになるべきでしょうか。

新人王を狙いにいけ!チーム首脳陣の方針はわからない、2、3年二軍で大事に育てられるのか初年度から1軍で経験を積ますのか、それはわからないが、1軍での登板機会はあるはず、そこで結果を残せば次へと繋がる。是非新人王を狙いに行って欲しい!

年間を通してローテーションを守る!チームのエースということは大黒柱。家族で言えばお父さんです。藤平尚真には東北楽天の大黒柱としての期待がかかる。1年目からローテ入りを狙っていこう!

20勝投手!エースの最低勝ち星っていくつくらいだろう?最低二桁では物足りない、15勝以上!どうせなら上を目指して藤平尚真の背番号を目標にし、毎年繰り上げ数の20勝狙っていこう!

藤平尚真の2017年を予想

#rakuteneagles #藤平尚真 #fujihira19 #pitcher

POMさん(@pomtaraco)がシェアした投稿 –

藤平尚真の1年目の成績を予想していきましょう!ここはズバリ2つに1つか!?まず1つは松坂大輔パターン、ルーキーイヤーで16勝を挙げ最多勝利投手となった、松坂大輔ばりの活躍を魅せ17勝6敗、防御率2.58

そして2つ目は涌井秀章、成瀬善久パターン、涌井は1勝5敗、成瀬は5勝5敗と高卒新人としては経験値を得たということでまずまず、だが両者とも2年目に涌井12勝、成瀬16勝とエース級の活躍を見せました。これを踏まえ藤平1年目は3勝2敗、防御率3.56

そして最後は全くデータを無視した独自の予想と期待ズバリ10勝2敗、防御率2.50藤平尚真がこれくらい頑張ってチームはAクラス以上!これで東北のファンもご納得!藤平尚真選手頑張ってください、応援してまーす!!