リーバイスのボアジャケットTOP10!キレイ目からアメカジまで!

リーバイスプロデュースのボアつきジャケットの紹介!カッコよくシュールなサイジングにジャストな着丈がウリの、ヴィンテージからモダンまで網羅してランキング形式で紹介していきます!諸兄のお気に入りが1点でも見つかれば幸いに存じます。

リーバイスお得意のボア技に脱帽!

リーバイスのジャケット技を語るには、ボアを攻略しなければならないでしょう。リーバイスのボアジャケットはその機能性(保温、防寒)はもちろんのことながら、デザインも秀逸です!ジージャンとあまり変わらないような風体をしておりますが、いざ着てみるとその差は歴然です!裏ボアや襟ボアなどが、心地よくフィットしてぬくぬくで、気持ち良いですよ!ただ、汗をかくようになれば、クローゼット行きですが・・・。

そのようなリーバイスのボアジャケット、今まで着たことのない方や、着倒しているヘビーユーザーにも満足していただけるようにと、思います。「このジャケットいいじゃん!」とか「来年はコレ買いだな」と思ってくれると非常に嬉しく思います。貴方だけの1着を見つけてみてください。

リーバイスのボアジャケットがイイ理由~TOP10~

10位 ブラックで男臭さをPR!90’sがリバイバル!

ブラックジーンズで襟ボア、着膨れしがちなボアジャケットのシルエットをシャープに見せるマジックを持っています。しかし、実際はシェイプされておらず、レギュラーな着心地でゆったりと着用できます。シルバーのメタルボタンが光る逸品、見つけたら是非購入ですね!今季はもう冬物は買わないという方も、来年に向けて購入されてはいかがでしょうか?この手のブランドはトレンドに左右されない強みがありますから。

リーバイスも最近になってモダニズムに傾倒するようになってきました、今から5~6年程までは、考えられなかった501シリーズのスキニーラインの生産や、それに応じて生地を刷新し、ストレッチ感を生み出してきました。このようにレディースを中心に広がるスキニー文化、メンズラインにも侵食中です!

リーバイスのボアジャケットがイイ理由~TOP10~

9位 気分はUSパイロット!ベージュミリタリーな一品!

アーミー色の強いブラウンの逸品、コーデュロイ生地が新鮮なボアジャケット。80年代70412!誰もが手を差し伸べる魅惑的な一着。リーバイスのヴィンテージデニムを合わせてコーデすれば、アメトラな印象に!さらにレザーパンツをボトムスにもってくれば、アメリカ空軍(エアフォースデルタ)あたりの主人公になった気分を味わえます。

非常に保温力があり、防寒性もコーデュロイという生地の特性上、極上のものとなるでしょう。冬の寒さがまだ残っている地域の方や、温暖な地域の方が寒さの厳しい地域へ行かれる際にも役に立ちます。来年のアイテムとしてもOKですが、コーデュロイ生地なので3ヶ月に1回程度はクリーニングに出しましょう!日ごろの手入れが大切な一着、第9位にリリースインです。

リーバイスのボアジャケットがイイ理由~TOP10~

8位 ブラックのバリ違い!ホワイトボアでソフトな印象に!

ホワイトのボアがインパクトのある一着にスポットインです!メタルボタンに、やや長めの着丈のボアジャケット、ホワイトのパンツとの相性が非常によく、足元はブラックのエンジニアブーツなどがゴツくてリーバイスな気分ではないでしょうか。もしくは全身トータルブラックで固めて、襟元のボアで抜けを造るという高等技術も取得できますね。

こちらのプロダクトの主な特徴は、先にあげたブラックジャケットの姉妹版であるということ、無論同じリーバイスから出されているのはあるのですが、着丈的にもこちらが長めにサイジングされており、より、クラシカルな印象を与えます。何も、ショートな丈が悪いとか良いとかという話ではないので、誤解なさらないで下さい。

リーバイスのボアジャケットがイイ理由~TOP10~

7位 王道リーバイスボアジャケットが登場!vivaリーバイス!

リーバイスらしさ全開!フルスロットルといった感じです、リーバイスファンならずとも食指が伸びる一着ではないでしょうか。深いインディゴブルーにアタリのついたヴィンテージ加工。そして一片の穢れもないホワイトなボア!着用後、皮脂などでボアが変色した場合はクリーニングに出すか、自宅でホームクリーニングを行なってください。

大切に使えば、向こう10年は持ちます。リーバイスの特徴の第一弾としてあげられるのは、そのタフネスさではないでしょうか!20年、30年経っても色あせない、そして魅力を存分に前面に打ち出しているブランドはそうそうありません。お父さんの立場で、お子さんを養っておられる諸兄であれば、お子様が大きくなったときに引き継いでもらうとか、などと考えたりするのでしょうか?そのような将来性豊かなこちらは7位にランクインです!

リーバイスのボアジャケットがイイ理由~TOP10~

6位 大柄チェックのカジュアル度MAXなアイテムが登場!

こちら、アメカジテイストがあふれ出してますね、ブルーヴィンテージジーンズを一緒に履いて闊歩すれば、だれの目にも「お洒落なアメカジスタイル!」と賞賛の目が向けられるでしょう!そのトラディッショナルかつ、斬新な組み合わせにより、貴方の魅力ステータスを極限までアゲてくれるアイテムです!敵ですら恋してしまうでしょう。

魅力たっぷりのこちらのアウター、見かけたら衝動買いをしましょう。買ってから考えるんです、買う前ではありません。買う前にあれこれ戦略をたてるのも賢い方法ですが、こちらのように一瞬で魅力が分かるアイテムは即買いが基本です。そのためには、財布の中に数万円はチャージしておきましょう、そしていつでも買える体制を整えておくのです。戦略的購入の必要のない衝動買いなこちらは6位にリリース!

リーバイスのボアジャケットがイイ理由~TOP10~

5位 ストライプデニムが珍しい!次の冬を先取り!

リーバイスにしては珍しいストライプデニムボアジャケット!ピンストライプのような細かなストライプが特徴的な一着です。ボアももちろんついておりますし、着込めば着込むほどに味が出るデザインと生地で、傷がついてもそれは「アタリ」になり、勲章のようなものです。ヴィンテージデニムがキレイな状態でないのと動議で、こちらのプロダクトも着込むほどに価値があがります。

かと言って、不衛生な着かたは推奨しません、いくら冬場だからと言って基本的なボディメンテナンスを行なわないと、臭いや皮脂による”劣化”が目立ち、「アタリ」とは違うマイナス要素が出てしまいますので注意が必要です。汚ければいいというのではなく「時を経て、受けるべくして受けたダメージ」がプレミア感を出すのです。そこのところを注意しなければいけないこちらは、5位にランクインです!

リーバイスのボアジャケットがイイ理由~TOP10~

4位 フライトコーデュロイでヴォリューミーなボアが特徴!Levi’s70500のお目見え!

コーデュロイ生地が好きなリーバイスの、ベージュのボアつきジャケットです!ボアの量がハンパないことが分かると思います。コーデュロイから覗くボアはえもゆわれぬ味があり、即買いの対象です。このようなボアジャケット、しかもリーバイスで着ている方というのは、そうそうお見かけするものではありません。

実際、コーデュロイは手入れが面倒な上に、汚れやすいという特性をともなっています。いくら使用感がヴィンテージになるといっても、過度のダメージはNGです。裂けたり、破れたりするような可哀想な使い方はしてあげないでください。コーヒーのしみ?クリーニングに出してください!、ピザソースがはねた?クリーニングです、チョコレートで汚れてしまった!はい、クリーニングです。生活上の汚れはすべてクリーニングに!ちょっとメンテナンスが鬱陶しいこちらは4位にリリースイン!

リーバイスのボアジャケットがイイ理由~TOP10~

3位 彼女に贈るならこれ!レッドの本気を垣間みた!

目が覚めるような真っ赤!赤!レッドです。メンズでこれを着用するのははばかられますが、レディースであれば大丈夫です!諸兄の彼女へのプレゼントとしていかがですか?彼女がこの手のアイテムが欲しくないのであれば別ですが、もし、ちょっとでも良い印象を持ったのをみたらば、即買ってあげてください。今年は間に合わないかもしれませんが、来年!来年にクリスマスカラーの一端としてプレゼントすると、貴方の株は急騰します!

こちらも、メンテナンスが必要となるプロダクトです。メタルボタンがなかなかセクシーな感じで配されていて、得点が高いですね。女性モノのインナーのー組み合わせは分かりませんが、彼氏である諸兄は彼女が好きなアイテムを持ってきて「コレ、合うかな?」と持ってきたとき、どう受け答えするかは、諸兄にお任せします。そのような甘い気持ちにさせてくれるこちらは、3位にリリースイン!

リーバイスのボアジャケットがイイ理由~TOP10~

2位 モダナイズされたリーバイスのボアジャケットの進化系!

一気に現代に戻ってきた錯覚を覚える一着。スリムな上にセクシーなボアが色気を誘います。メンズ用として、メンズのボディをホールドする優しいボアジャケット。インナーは写真のようにカットソーか、ニットソーがいいでしょう。そして、少し裾からインナーが(約3センチ~7センチ)のぞくようなコーデをすれば、春先は貴方のもの!貴方にあらがう敵はすべてK.O.!でしょう。

実際、セクシーなラインが特徴のボアデニムジャケットですので、10代からでも着られる一品なのが嬉しい限りです。10代の男子諸兄はあまりからだのラインを出したがらない傾向が見受けられますが、余分な肉がつかない、10代、20代の特権ですね、こちらのプロダクト。筆者が着たあかつきには、フロントボタンが留まりませんたぶん。そんなうらやましい諸兄へのオマージュとして第2位にリリースイン!

リーバイスのボアジャケットがイイ理由~TOP10~

1位 80’sはヴィンテージに!不朽の名作登場!

キレッキレのケミカルウォッシュで、ガッチガチのジーンズ感を出すことに成功しているこちら。やはり原点回帰はどのブランドにも言えることですね。リーバイスのボアジャケットですが、これもまた見てきたように様々なプロダクトをリリースしていますが!しているのですが、こちらのアイテムにはやはりかないません。ラスボスです、HPハンパないです、MPも天井知らず。

このようなプロダクトと出会った諸兄は幸せ者!ニクイですね!筆者も探してはいるのですが、見つかっても非常に高かったり、お金に余裕があっても商品がなかったりと、なかなか買い付けることができません。ですので、読者の皆様でリーバイスのヴィンテージ系が好きで、ケミカルウォッシュもアイスウォッシュなど、淡い色になったジージャンが好きなら、是非!見た時に購入してください!そんなアイテムは堂々の1位です!

リーバイス黎明期から現代に至る系図はいかがでしたか?

リーバイスというジーンズブランドは、デニムとは何か?何が出来るか?何をしては駄目か?ということを常に考え、世の中にリリースしてきました。リーバイス独自のセオリーを作り、クラフトマンシップあふれるプロダクトも、有名で著名な作品も、アタリが絶妙なプロダクトも挙げてきましたが、諸兄のハートに引っかかるようなアイテムはございましたか?

こちらの生地が、諸兄がショッピングする際に、何かしらの情報提供が出来れば、これ以上の幸いはございません。自分で勝手にランキングしたプロダクトたちですが、愛情は皆、一緒です。デニム好きで、リーバイス好きの諸兄に認められればなお良いですね。どうぞ、ご参考までに・・・。