【リゼロ】魔女教大罪司教と魔女達の謎についてまとめてみた【ネタバレ有り】

『Re:ゼロから始める異世界生活』に登場する魔女教大罪司教と魔女達。同じく7つの大罪を名前に冠する彼らに共通点はあるのか?web版の原作で後悔されているネタバレ情報も含めて今判明している情報をまとめていきます。

4章で勢揃い!400年前に活躍していた魔女達



アニメ版では3章まで放映された『Re:ゼロから始める異世界生活』ですが、その多くの謎は解明されないままとなっています。他の魔女教大罪司教はどこにいるの?嫉妬の魔女の正体は?などなど、未解明の謎が多いリゼロですが、webで更新されている原作では既に6章までのストーリーが更新されており、少しずつその謎が明らかになっている物もあります。

その一つとして、嫉妬の魔女以外の魔女の登場があります。また、強欲以外の魔女教大罪司教も全員原作の5章で登場します。魔女達と魔女教大罪司教は同じ人間の7つの大罪を冠していますが関連はあるのでしょうか?

まず魔女達は4章でスバルの夢の中、エキドナの茶会という場所でスバルと顔を合わせます。彼女らが生きたのは400年前であり、現在はみんな亡くなっているのでこの先現在のストーリーに敵として立ちふさがる事は無いと思われます。(エキドナ除く)今回はそんな魔女達と魔女教大罪司教について現存する情報をまとめてみました。

魔女と魔女教大罪司教は同じ呼び名でも関係ない?



まず、4章で魔女達が嫉妬を含め7人勢揃いして全員スバルと顔を合わせます。『嫉妬の魔女』=サテラ、『強欲の魔女』=エキドナ、『憤怒の魔女』=ミネルヴァ、『怠惰の魔女』=セクメト、『暴食の魔女』=ダフネ、『傲慢の魔女』=テュフォン、『色欲の魔女』=カーミラ、です。

他にも4章ではエキドナの過去とエミリアの過去に2人の魔女が出てきます。『虚飾の魔女』 =パンドラ、『憂鬱の魔人』 =ヘクトール、です。ヘクトールだけ男性なので魔人となっていますね。この2人についてはまだ何も語られていないので詳細はわかりませんが、虚飾と憂鬱というのは7つの大罪から省かれただけであって、元々人間の罪として挙げられていた物です。

一方魔女教大罪司教ですが、3章で撃破された怠惰以外の4人は5章で全員登場します。しかも、街丸ごと乗っ取って大暴れという迷惑千万な事をしでかします。しかし、魔女達は既に亡くなっており現世に現れる事はできません。魔女教は福音書の記載に忠実という描写もあるので、魔女と魔女教大罪司教が直接コンタクトを取っているという線は薄そうです。

魔女教大罪司教が勢揃いするのは5章!

5章で全員揃う魔女教大罪司教もご紹介しておきます。まずは3章でスバルに撃破された『怠惰』=ペテルギウス・ロマネコンティ。彼は本当にいなくなったようでその後は現世に登場することはありません。5章でスバル達を襲撃するのは、怠惰、嫉妬、強欲を除いた4人です。

『強欲』= レグルス・コルニアス 、『憤怒』 シリウス・ロマネコンティ、『色欲』 カペラ・エメラダ・ルグニカ、そして『暴食』ですが実は暴食は3人いる事が判明しました。このうち強欲はスバルによって撃破され、憤怒はプリシラによって捕縛、色欲と暴食は逃亡したようです。

大罪司教達のキャラは相変わらず強烈ですが、例えば『強欲』のレグルスと『強欲の魔女』エキドナ、エキドナは本当に切れ者ですがレグルスの方はちょっと切れ者とは言い難い性格です。この2人が何らかの関連性を持っているか?と考えるとその可能性はやっぱり薄いように思えます。魔女達亡きあとに魔女教が大罪の名を勝手に冠し始めたという所でしょうか?

スバルは大罪司教を倒すたびに魔女因子を取り込む

出典:http://re-zero-anime.jp

スバルが3章でペテルギウスを撃破した後、4章からスバルはペテルギウスの権能であった『見えざる手』を使用できるようになっています。威力はまだ小さく、使用による代償は大きいようですが切り札として更新中の6章までかなり使用されています。

更に5章でスバルは『強欲』のレグルスを撃破します。レグルスの権能は今の所スバルが使えたような描写はありませんが、6章でスバルは夢の中でレグルスとペテルギウスが自身の中にいるのを感じています。そしてもう一人スバルの夢の中にいたのは嫉妬の魔女サテラです。

6章でスバルに会った賢人シャウラは、スバルを見て「三つ」とこぼしています。つまり元々1つはスバルの中に魔女因子があり、強欲と怠惰を取り込んだ事によって今現在スバルの中にある魔女因子は3つ、という事なのではないでしょうか?

サテラと他の魔女達の関係は?4章の会話から推察

4章のエキドナの茶会で、スバルがエキドナと契約しそうになった時、茶会にサテラが現れました。サテラが現れた瞬間、エキドナは嫌悪感を隠そうともせず「どこまでも自分本位なものだね」と彼女を評し、睨みつけています

しかし、『憤怒の魔女』ミネルヴァは「あなたは嫉妬の魔女?サテラ?どっち?」と質問を投げかけています。その後エキドナ以外の魔女達は『嫉妬の魔女』は許さない、けれどサテラなら恨みはしないと言っています。身体に合わない魔女因子を取り込むと別の魔女人格が現れるとも説明してくれています。つまりサテラに対しては彼女らは友好的なようです。

しかし、彼女らの言葉によると世界を半分飲み込んだのも、魔女達を飲み込んだのも全てはサテラによるものだそうです。それでも恨まないという事は、サテラが世界の半分を飲み込んだ事には致し方なかった事情があり、彼女らもその事情を知った上で納得しているものという推察ができます。

スバルの魔女の残り香がわかる人とわからない人

出典:http://re-zero-anime.jp

スバルは死に戻りをする度に『魔女の残り香』と呼ばれる魔女の瘴気を身に濃く纏うことになります。今のところ、その『魔女の残り香』をかぎ分ける事ができるのはレム、ベアトリス、ペテルギウス、リューズ、魔獣たち、のみです。6章ではシャウラもスバルの事を臭いで判別していると発言していますが、この臭いが魔女の残り香の事を指しているのかは不明です。

この中で、注目すべきはレムではないでしょうか?同じ双子で鬼であるラムはスバルの臭いには気づきません。更にベアトリスとリューズはエキドナの手によって産みだされた者であり、ペテルギウスは邪精霊です。魔獣達に関しても6章のプレアデス監視塔の書庫によって、暴食の魔女から産みだされた物だという事が判明しました。

つまり、レム以外は自然にこの世に産まれたものではなく、何者かによって産みだされた可能性があります。とすると、レムはどうなのでしょうか?アニメ版に描かれなかったセリフとして、アルデバランが3章でレムとラム両方存在しているのをおかしいと表現する描写がありました。レムの存在もまた、誰かの手によって産みだされた存在という可能性もあります。

アニメ版で流れる『魔女の呼び声』

出典:http://re-zero-anime.jp

アニメ版のリゼロでスバルが死に戻りしたり、死に戻りを口にしようとする時流れるBGMは「魔女の呼び声」というタイトルです。2016年10月26日に発売されたサウンドトラックの15曲目に収録されています。魔女の怪しげな雰囲気が漂っていて雰囲気抜群ですね。

アニメ版ではいつも黒い手が伸びてきてスバルの心臓を撫でたりしていて、一切声などが発せられるシーンはなかったのですが、一番最後ペテルギウスにスバルが乗っ取られるシーンでは初めて魔女が言葉を発します。その声がエミリア役の声優さんにとても似ているという事で話題になりました。

4章で嫉妬の魔女が聖域に現れた時も、嫉妬の魔女はエミリアの身体を乗っ取って暴れていたと、魔女の顔が見えた際にスバルは解釈していますが本当の所はどうでしょうか?嫉妬の魔女の顔は黒い霧で隠れて見えないとの事ですがエミリアと同じ顔をしているのではないでしょうか?

魔女達のキャラデザを徹底予想&まとめ

出典:https://www.amazon.co.jp

ここまで様々な考察をご紹介してきましたが、魔女達は現在刊行されている小説版『Re:ゼロから始める異世界生活』でもうすぐ出番が来ます。順次公開されているキャラデザをご紹介&まだ出てないキャラのデザイン予想をしていきたいと思います。

『強欲の魔女』 エキドナ

出典:http://re-zero.com

まずはもう小説版では大活躍中エキドナです。10巻の表紙にもなっているのでご存じの方は多いはず。描写されている通り、黒と白に彩られた美人さんですね。この見た目であんなに意地が悪いのは詐欺としか言いようがありません。

『憤怒の魔女』 ミネルヴァ



サイドポニーの金髪で、衣装もかなり可愛いですね!殴ると袖が花みたいに開くってどんな仕組みなんでしょうか…?でも彼女の拳は殴ったもの全て癒すので、ぴったりかもしれません。かなりキレやすい&手が早いのでこんなミニスカートで大丈夫なのかちょっと心配になります。

『暴食の魔女』 ダフネ



全身拘束された状態でいるって描写されていたので、どんなのが来るかと思いきや…意外と可愛い見た目でした。拘束されているくせに一番衣装がエロいです。それに、この黒い棺足が生えて自立歩行するんですよね…。是非とも動いている所を見たいものです。

『傲慢の魔女』 テュフォン



テュフォンは見た目幼い緑のショートカットという所までは描写されていましたが、まさか褐色肌で来るとは思いませんでした。こんな清楚なワンピースを着ていながら彼女は他人の身体の一部を切り離したり砕いたり出来てしまうので末恐ろしい幼女です。

『色欲の魔女』 カーミラ

先日公開されたばかりのカーミラのキャラデザです。彼女を見ていると呼吸さえ忘れてしまうというからには見た目から色気が漂っているのかと思いきやそんな事はありませんでした。魔女の中で一番可愛いのはそうかもしれませんが露出は一番少な目です。露出なんてしまくても彼女自身の魅力で充分という事なのでしょうか?

残すはセクメトとサテラ

以上が現在公開されている魔女達のキャラデザです。セクメトはストーリー上でも割と喋る方なのでどんな見た目をしているのか気になりますね。赤く長い髪を毛玉のようにして体にまとっていると描写されていますが、実際絵にするとどのような感じになるのでしょうか?

また、サテラのキャラデザですが、これは中々難しいかもしれません。茶会でスバルと会った時も顔から上は見えなくなっていましたし、彼女の顔含めた全身のデザインが拝めるのは最終巻を向かえないと無理かもしれませんね。

しかし全身黒いドレスという事と、銀髪なので見た目はエキドナに近い形になるかもしれません。サテラの顔と全身が見られる日が待ち遠しいですね。今後発売される小説版の挿絵で登場するのかどうかも気になるところです。

Re:ゼロから始める異世界生活10 (MF文庫J)
長月 達平
KADOKAWA (2016-10-25)
売り上げランキング: 4,566
Re:ゼロから始める異世界生活12 (MF文庫J)
長月 達平
KADOKAWA (2017-03-25)
売り上げランキング: 107