『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』参戦メンバーが続々決定!

マーベルコミックのキャラクターたちが集う人気シリーズの最新作『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』が公開を控えています。ファンが知りたい新情報がたくさんです。そんな中でも特に気になる参戦キャラクターの情報が公開されました。

公開を来年に控えたニュー『アベンジャーズ』!

#infinitywarmovie #infinitywar #avengers #avengers3 #ironman #robertdowneyjr #captainamerica #civilwar #marvel #comics #comic #comiccon

Avengers: infinity war 1 & 2さん(@infinitywarmovie)がシェアした投稿 –

マーベルの人気キャラクターたちが集って世界平和を守るチームを結成した「アベンジャーズ」シリーズ。そんな人気シリーズの最新作が『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』として2018年に公開を控え、ファンたちを賑わせています。それに伴い、新情報も続々登場しています。

アベンジャーズの歴史は1963年に始まりました。異なる能力を有したヒーローたちによるチームをコンセプトに出版された漫画は多くのアーティストたちの手によって、時にはメンバーを交代しながら活躍しています。そして2012年には映画化もされ、こちらも人気シリーズとなり、現在も企画は進行中です。

これまでの『アベンジャーズ』をおさらい

@marvelstudios #Avengers 👊

Mwiraro Blessingさん(@tiegan_62)がシェアした投稿 –

2012年に公開された『アベンジャーズ』はアイアンマンの加入と共にそのシリーズの歴史を始動させました。宇宙から地球制服を企む種族チタウリたちとアベンジャーズの死闘を描いています。アベンジャーズの最初の活躍が描かれた映画です。

次回作の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は2015年に公開されました。アイアンマンの中身であるトニー・スタークが開発した人工知能ウルトロンが暴走し、人類を滅ぼそうとする衝撃的な内容でした。

その1年後を描いた『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ではアベンジャーズ内での意見の対立による内乱が描かれました。厳密には「キャプテン・アメリカ」シリーズに位置づけられていますが、アベンジャーズの軌跡を知るのに重要な映画です。

今回の『アベンジャーズ』はマーベリック総出演!?

これまでのメンバーたち

#Avengers2012#4dias#Avengers2015#IronMan

Raul Torresさん(@raul_torress.ce)がシェアした投稿 –

2012年から始まった「アベンジャーズ」シリーズでこれまで世界平和のために戦ってきたメンバーたちの続投が決まっています。いままで絆を深めてきたオリジナルメンバーたちです。

アイアンマン/トニー・スターク

アイアンマンは単独で映画シリーズが作られるほどの人気キャラクターです。アイアンマンの正体であるトニー・スタークは知的でセクシーで、それでいておちゃめというモテ要素満載の男。アベンジャーズの看板キャラクターです。

キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース

キャプテン・アメリカアベンジャーズの理性といえます。行動的なアイアンマンに対して、一歩うしろに退いて物事を見ようとする性格です。ゆえにアイアンマン意見の対立が絶えません。誰よりも正義を重んじる存在です。

ハルク/ブルース・バナー

アベンジャーズ暴走機関車です。ブルース・バナーの時は自分の力に畏怖していますが、プッツンしてハルクになると自身の行動を制御できなくなります。ゆえにアイアンマン以上のトラブルメーカーです。

ソー

#Thor #MarvelSuperHeroes #MarvelArt #MarvelComics #MarvelStudios

Themba Kaebisさん(@themba_kaebis)がシェアした投稿 –

北欧神話に出てくる神のひとり。でもひといちばい人間的なところがあります。一般的に日本ではトールという発音で知られていますが、マーベリック映画では英語発音のソーで訳されています。

ホーク・アイ/クリント・バートン

弓の名手。他のメンバーに比べて身体能力は人間の域を越えていませんが、ホーク・アイの異名に恥じぬ命中率を誇ります。また洞察眼も鋭いです。真実を見通す力があります。映画『アベンジャーズ』では後半まで敵役としてメンバーを翻弄していました。

ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ

元アスリートでスパイとして活動していました。アベンジャーズ結成にも尽力しており、『アイアンマン2』にも登場し、トニー・スタークをスカウトしています。スーパー能力は持たないですが、戦闘にも参加しており、ただの紅一点のお飾りではない存在です。

新規参入メンバー



本作『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』最大の魅力は、信じられないほど多くのキャラクターの参戦情報が流れたことです。これまでに絆を深めてきた仲間たちだけでなく、根強いファンの多いマーベル・キャラクターたちの活躍が見られるのは嬉しいです。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

Hi guys everyone please don't unfollow cause I will be posting good pics of this awesome movie sooo please don't in follow btw this is @itsadribruh

Gardians Of The Galexyさん(@gardians.of.the.galexy)がシェアした投稿 –

宇宙の盗賊、好戦的なアライグマ、木、怪力宇宙人など一風変わったヒーロー像で話題になった映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』からメンバーの参入が決まりました。正義の見方とは程遠いアウトローな存在ですが、しぶとさと根性だけは宇宙一の面白い集団です。

バッキー

The Asset #marvelmonday #wintersoldier #bucky #russia #captainamerica

@marvelmovienowがシェアした投稿 –

キャプテン・アメリカの相棒として知られるバッキー高い身体能力とあらゆる武器に精通した知識、そして複数の言語を操る能力を持っています。常にキャプテン・アメリカの隣でサポートしてきた相棒が堂々の参戦です。

ドクター・ストレンジ

#freeposter #drstrange #marvel #marvelcomics #newdvd #benedictcumberbatch💋 #bestactor #sherlockforever

Kaye Mareeさん(@kiwi_kaye)がシェアした投稿 –

ドクター・ストレンジアベンジャーズ参戦前にベネディクト・カンバーバッチ主演で単独映画『ドクター・ストレンジ』で登場しました。神の腕を持つ医者が事故で再起不能のなりますが、魔術の力を得て活躍します。

キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベル

#captainmarvel #caroldanvers

Eduardo Riveraさん(@batman_3020)がシェアした投稿 –

キャプテン・マーベルマーベル初の女性ヒロインです。元は男性でしたが、キャプテン・マーベルは殺されてしまい、恋人だったキャロル・ダンバースがその使命を引き継いで襲名しました。

アントマンとワスプ

Director Peyton Reed To Return For Marvel's Ant-Man And The Wasp #talkingcomicon #antman #antmanandthewasp #marvel #marvelcomics

Talking Comiconさん(@talkingcomicon)がシェアした投稿 –

小さくなるヒーローというちょっと変わった設定で話題になった『アントマン』から主人公アントマンとヒロインのワスプが参戦することになりました。本編ではまだ活躍していないワスプですが続編の『アントマン&ワスプ』が予定されているなど、今後の活躍が期待されます。

新旧入り乱れる主要キャラクターたち!

出典:https://www.amazon.co.jp

その他にもまだまだ多くの新メンバー情報が出ています。その総数はなんと22名! しかし監督はこの情報がまだ3分の1でしかないと言っています。単純計算でも66名が参加することになります。これまでに活躍してきたメンバーだけでなく、新たなメンバーが入り乱れて戦う様子は想像するだけで面白そうです!

たびたびの顔見せに成功していたサノスが仇敵に!

コミック版でも40年近くもの歴史を見せてきた最強のヴィランである、サノスが登場することがわかっています。2012年公開の『アベンジャーズ』のエンドクレジットに登場して話題になったサノス。続編の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』では最後の最後で顔見せをしており、「次からは自分の出番だ」と宣言しています。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でもサノスは登場し、物語の主軸に関わっていました。そんなサノスがメインのヴィランあとなる『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』では彼と最強の力をもつインフィティ・ガントレットを巡る壮絶な物語になるということで、期待は高まっています。

公開前に抑えておきたい別組織たち!

出典:https://www.amazon.co.jp

映画『アベンジャーズ』のスピンオフ作品として『エージェント・オブ・シールド』がテレビドラマ化されています。『アベンジャーズ』に登場したシールドという組織が特殊能力を持ったメンバーを集め、少数精鋭で活躍する様子が描かれました。

またシールドの延長線として『インヒューマンズ』という企画も進行しています。インヒューマンズの存在は『エージェント・オブ・シールド』でも語られており、マーベル・ヒーローたちのルーツが描かれる予定です。

情報が続々登場し期待が高まる『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』

出典:https://www.amazon.co.jp

マーベルの世界観を映画でひとつにまとめようという企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』は2008年に『アイアンマン』から始まり、『キャプテン・アメリカ』、『インクレディブル・ハルク』、『マイティ・ソー』など多くの作品で世界観を共有してきました。

その集大成となる『アベンジャーズ』の新たなるシーズンが始動しようとしています。それが『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』です。2018年と2019年にそれぞれ前・後編の公開が予定されています。新メンバーが続々参戦予定である最新作の新情報にまだまだ目が離せません

アベンジャーズ (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 3,521
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (字幕版)
(2016-09-07)
売り上げランキング: 10,167