ワンピースの都市伝説TOP8!あの秘密結社とも繋がっていた!?

ワンピースにまつわる都市伝説をランキング形式でまとめてみました。ワンピースラストへ向けて今回紹介する都市伝説が解決していくと思いますが、この記事を読んでワンピースをさらに楽しんで読んだり見たりしていきましょう。

奥が深いワンピースの秘密



ワンピースにまつわる都市伝説を個人的に興味深い順のランキング形式で紹介していきたいと思います。ワンピースの中では数多くの伏線があり、それを考察したり予想したりする記事が多くあります。

たしかに、ワンピースはただ読んだり、見たりするだけでも十分面白い作品といえます。しかし、この記事を読んでワンピースという作品を別の角度から見れるようになれば別の楽しみ方が出てくると思います。

そんな感じで読むこともできるワンピースは非常に奥が深い作品ですのでせっかくこの記事を読んだからにはぜひ伏線の数々に注目しながら原作を読み返してみたり、アニメを見返してみたりしてみませんか、そうすればみんなが気づいていない新しい発見もあるかもしれません。

ワンピース都市伝説 第8位:ミステリアスプリンスサンジ



今までサンジには数多くの都市伝説がありましたが、ヴィンスモーク家の登場によって出生の秘密が明らかになりサンジは王子(プリンス)ということが分かりました。アラバスタ編の時にサンジが自分のことをMr.プリンスといっていたのが伏線だったのです、伏線が壮大過ぎてただただ尾田先生すごいの一言でした。

あとはサンジに残されたものとしてあるのは悪魔の実を食べるかどうかという説になります。話として上がっているのはロギアの氷系の実を食べるのではという説がありますが、これに関する伏線は現在報告されていないのと、個人的にサンジには実を食べてもらいたくないのでハズレてほしい説です。やはりワンピースの面白さの一つはジャイアントキリングだと思うのでロギアだけは一味全員食べてほしくないものです。

ワンピース都市伝説 第7位:謎多き美女ロビン



ロビンは物語においてちょいちょい登場していますが、直接的なストーリーでも活躍らしい活躍をしているキャラでもありません。そのためいろいろと謎が多いキャラです。そんなロビンにまつわる都市伝説といえばテキーラウルフからの2年間ではないでしょうか。

テキーラウルフに飛ばされてからの2年間はおそらく革命軍と行動を共にして何をしていたのかという都市伝説があります。ドレスローザ編でのサボとコアラとの会話からも革命軍にいたことは確実といえると思います。

ロビンのキャラとしての役割は世界の謎を解明していくことだと思いますので、個人的にはロビンと革命軍の間で何か重要な情報の交換や契約がなされているという伏線だったら面白くなっていくだろうなと思います。

ワンピース都市伝説 第6位:全ての始まりロジャー



ロジャーの都市伝説といえばゴムゴムの実の能力者だったのではないかということでしょう。この根拠は物語の最初でシャンクスがゴムゴムの実についてなぜか知っていたということです。

個人的にはロジャーゴムゴムの実の能力者だったらいいなと思いますが、もしロジャーがゴムゴムの実の能力者だったとしたら、今までロジャーと面識のあったキャラの誰かがそのことに触れてもいいのではないのかな思うのでただの都市伝説だったのかなとも思います。

でもだからこそロジャーとルフィが同じ実を食べたのではないかという都市伝説が本当だったらと思うとワクワクしませんか。皆さんも今後もこんな妄想を膨らませながらワンピースを楽しんでみてはどうでしょうか。

ワンピース都市伝説 第5位:ゾロにまつわる実現してほしくない怖い都市伝説



ゾロにまつわる都市伝説は大体が「片腕を失う」「死亡」といった結構悲惨なものになります。これに関しては尾田先生が丹下左膳のファンだからゾロも片腕を失うやゾロがもっている鬼徹の呪いで死亡するとかです。しかしこの都市伝説の実現は難しいと思います。

まずは片腕を失う説なのですが、もしゾロが片腕を失ってしまうとミホークが戦ってくれなくなる可能性が出てくるからです。ミホークとシャンクスの会話から判断すれば物語上ゾロが片腕を失う可能性はないと言えます。

次は死亡説に関しては尾田先生の作風からいって低いと思います。頂上戦争の話を出されると何も言えないのが難点な考察です。なので個人的には鬼徹が早く折れて別の刀になって欲しいところです。そうすれば都市伝説の根拠がなくなります。

ワンピース都市伝説 第4位:思わず話したくなるワンピース最新都市伝説



最新の都市伝説といえばナミに関する都市伝説だと思いましたのでここではナミに関する都市伝説を紹介したいと思います。都市伝説といわれるまでには時間がかかってしまうため最新なのかと疑問を感じた方には微妙な内容かもしれません。

さて、ナミの都市伝説といえば人魚説ウラヌス説の2つといえます。人魚説に関してはシラホシのセリフで「ほっと致しますね」や物語初期のルフィとサンジのやり取りの中で魚人のナミが描かれていた部分になり、ウラヌス説ではナミが天候を操るという部分で誕生した都市伝説といえます。

個人的にナミに関する都市伝説としてはもう少し決定打となる部分が欲しいかなと思う内容です。しかし、今後の展開次第でただの都市伝説となるか本物になるか楽しみな都市伝説とも言えます。

ワンピース都市伝説 第3位:ワンピースラストはハッピーエンド!?



さすがとしか言えませんが、ワンピースのラストにまつわる部分の都市伝説に関しては数多くのものが存在します。その都市伝説を調べると若干悲しいものもあれば王道といえるラストも存在します。

個人的にはやはり麦わらの一味の夢をかなえてハッピーエンドというのが一番好みのラストになるのですが、そのほかのラストもかなり魅力的な内容になっていると同時にどれもありえそうなものに見えてくる不思議な感覚になりました。

なので、ワンピースのラストに関して、この記事を読んだ方はぜひ自分自身で調べてみてください。そこで自分自身でワンピースはどのようなものになるのか予想してみてください、そうすれば今後のワンピースという物語をより一層楽しめると思います。

ワンピース都市伝説 第2位:「D」とは何か



物語の中でも謎の部分が多い「D」というフレーズはキャラの名前に「D」があったり「Dの意思」といった感じで記載されていたりします。そこで興味深い都市伝説というのが「D」いうのはを意味しており、特に半月の事をさしているのではないかという説です。

どういうことかというと月にいた人間(の一族)とルフィ達がいる世界の人間のハーフが「D」の一族(「半月」の一族)になり、このの一族半月の一族が空白の100年の歴史という壮大な都市伝説になります。

こういう今まで考えてきた物語の世界から一段階物語の世界観を広げる展開はかなり好きです。「D」に関して明確な記述がほとんどありませんが、本当だったらいろいろとすごいことになりそうな気がします。

ワンピース都市伝説 第1位:実は秘密結社フリーメイソンと関係している!?共通点まとめ



ワンピースの特徴として都市伝説が多いことでも有名です。そんな都市伝説の中で一番注目されていると思われるのがフリーメイソンと関係性です。尾田先生は実世界でも謎とされているフリーメイソンの要素を作品に取り入れることで、物語に深みを増すように作っているのではないでしょうか。

関係性は何かというとタイトルがフリーメーソンの教義と同じ意味を持っていたり、フリーメイソンがよく使う数字を使っていたり(麦わらの一味(13))、テンプル騎士団歴代総長の名前の真ん中に「D」が入っていたりダヴィンチコードポーネグリフの存在が類似していたりします。

他にもフリーメイソンと関係性のある部分があります。フリーメイソンとの共通点を見つけていけばワンピースのに迫っていけるかもしれない鍵となる要素の一つかもしれません。

ワンピースのラストへ向けて全て明らかになる謎



ワンピースの都市伝説に関してランキング形式でまとめてみました。あくまでも都市伝説なので明確に記述された部分はありませんが、どれも物語にちりばめられた要素から出てきたので完全に否定できるものでもありません。

自分で新しい謎を見つけて楽しむのもよし、自分以外の誰かが考えたを読んで楽しむのもよし、ワンピースは一見単純なように見えて実は楽しみ方がいろいろあります。これは物語が完結していない今だからこその楽しみ方といえます。

これまで紹介した都市伝説が私たち読者の深読みなのか尾田先生が仕掛けた伏線なのかはワンピースのラストへ向けて明らかになっていくことは確実です。今しかできないやり方で今後もワンピースを読んだり見たりしてはいかがでしょうか。

ONE PIECE モノクロ版 84 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2017-03-03)
売り上げランキング: 28
ワンピース 失われたDの真実
(2017-03-05)
売り上げランキング: 1,093