リーガルのオススメ革靴TOP5!この流行を見逃すな!

皆さん革靴はどこのブランドのものをつかていますでしょうか?特に深いこだわりがないという方にはリーガルの革靴を強くお勧めします!

リーガルは今キテるブランドって本当?

リーガル(REGAL)というブランドをご存知でしょうか?紳士靴のブランドとして今では広い世代から支持を集める注目のブランドです。決して安くはありませんが、確かな品質とこだわった作りは日本の中でもトップレベルです。

今回はリーガルの革靴を紹介していくのですが、その中でも特にお勧めのウイングチップというモデルについて紹介していきます。そもそもウイングチップとは革靴の中でもトゥ(つま先)の部分にウイングのような羽の装飾がついたモデルのことを指します。

主にメダリオンという穴飾りを配したものが多いです。又の名をブルブローグと言います。もともとはカントリー向けのデザインなので、一般のデザインの革靴よりもカジュアル向きなものも多いですが、内羽根のモデルはビジネスでも応用がききます。

リーガルのオススメ革靴ランキングTOP5!

第5位 03DRCD

まず最初に紹介するのはこちらのベーシックとも言えるモデル。内羽根なのでスーツと合わせても違和感なく合います。また作りもリーガルの革靴の中では細めで、ヒールカップも小さめになっています。

革はフランスのアノネイ社の「ベガノカーフ」を使用しているのが特徴。ケアをしながら長く履きたくなるような一品に仕上がっています。繊細かつシャープな見栄えに拘り底の周りの角を丸く削った「ヤハズコバ」や、甲革に施された細かな番手のステッチングが特徴のグッドイヤーウエルト製法のシューズです。

また、踵がしっかりホールドされるようくるぶし高さも内側と外側で変化をもたせています。オンラインショップでは35,000円前後で販売されています。

第4位 09HRBF

続いて紹介するのはこちらのショートノーズが特徴のウイングチップです。だいぶカジュアルよりでカントリーを意識したモデルで、どこかトリッカーズを彷彿とさせるようなデザインですね。

抑揚のあるラウンドラストと小指側が張り出した安心感のあるフィッティングトラディショナルなREGALを表現した商品に仕上がっています。ブラウンカラーのウエルト部分は生地色にし、軽快で存在感のある印象になっています。

カラーバリエーションはブラウンとブラックの2色展開でオンラインショップでは25,000円前後で販売されています。

第3位 07JRBG

続いて紹介するのはこちらの、2015年秋冬の新作モデルです。内羽根でトゥの形状はソフトスクウェアになっています。手作業によるソフトアンティーク仕上げをしたこだわりのあるモデルとなっています。つま先にエッジを効かせ、実用性を考慮した合成底のグッドイヤーウエルト式のビジネスシューズです。

職人の手塗りによるハンドアンティークで仕上げ、クラフトマンシップが感じられる表情が特徴です。プライベートで活躍してくれるのはもちろんのこと、ビジネスの場でも活躍してくれることでしょう

一足持っておくだけで様々な場面で活躍してくれるのはありがたいですね。カラーバリエーションはブラン、ネイビー、ブラックの3色で、オンラインショップでは25,000円前後で販売されています。

第2位 05DRCB

続いて紹介するのはこちらのモデルは、アッパーには「GORE-TEX」、ソールにはダイナイトソールを採用しています。雨の日に頼れるモデルとなっています。

リーガルの新たなスタンダートになるモデルと期待されていましたが、現在の在庫は残り少なくなってきていますゴアテックスファブリクスを使用したブリティッシュテイストのビジネス・トラッドシューズです。防水靴にありがちな野暮ったさは全く無く、一般的な本格的なドレスシューズの見栄えに仕上がっています。

オンラインショップでは33,000円前後で販売されています。

第1位 2235NA

そして栄えあるリーガルの革靴ランキング第1位に輝いたのはこちらのシューズです。ウイングチップのみならず、リーガルと言えばと言うほどに有名なモデルです。ロングウイングチップ(Mの部分が後ろまで長く伸びている)革にはシボ感が特徴のスコッチグレインという素材を使用しています。

アメリカンテイストなのでアメトラにもバッチリとハマります。ジャケパンはもちろん、ジーンズやチノパンと合わせるのもありでしょう。特にジーンズとの相性は良いと思います。革底(レザーソール)はなんと言ってもその履き心地の良さが人気の理由です。ソフトなクッションと適度な通気性が得られます。

こちらのシューズはブラウンとブラックの2色展開で、オンラインショップでは30,000円前後で販売されています。

リーガルは絶対抑えておくべきブランド!

今回はリーガルのオススメ革靴を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?お気に入りの一足は見つかりましたか?「リーガル」というブランドを初めて耳にした時は横文字なので外資系かと思うかもしれませんが、実はれっきとした日系企業です。

日系というだけあって靴のクオリティは高く確かな品質に定評があります。リーガルの企業理念に「靴を通して、お客さまに、足元から美と健康を提供する」というスローガンがありますが、その理念にかなった功績を残していると言えます。

グッドイヤー製法という足の健康に良い靴の生産に従事してきたその企業姿勢を物語る企業理念になっています。

一昔前のリーガルは「足にいい」、「疲れない」といった健康の評価が高かった靴ですが、昨今では「REGAL TOKYO」や「シェットランド・フォックス」などといったおしゃれを追求した靴造りへのシフトを増やしています。

名実ともに日本人の足元を支えてきた同ブランドですが、今後はさらに日本人の足元を美しくするという企業ミッションを掲げている目が離せないせないブランドです。