アニメ2期決定!ワンパンマンの原作を100倍楽しめる4つのポイント

大絶賛された第1期に引き続き、ワンパンマンアニメ第2期制作が決定!!!

それに備え、原作をより楽しめる4つのポイントをご紹介していきたいと思います!

世界的人気漫画『ワンパンマン』とは?

ワンパンマン」は、2009年~2011年までWebサイト新都社にて連載され、現在ではONE先生のホームページで連載をされている1000万以上のアクセス数を誇る人大気Web漫画です。

2012年からは集英社のWebサイト『となりのヤングジャンプ』にて、リメイク版「ONE PUNCH-MAN」が商業連載、コミックスも続々と発売されています。リメイク版の作画は「アイシールド21」を描いた漫画家、村田雄介先生が担当しています。

2015年には、第1期アニメが放送されるという大人気の漫画です。そして、第2期も制作が決定されています!

あらすじ

出典:http://onepunchman-anime.net

趣味でヒーローを始めた男、サイタマ。彼は3年間の特訓により無敵のパワーを手に入れた。

だが、あまりに強くなりすぎてしまったゆえに、どんな強敵が相手でもワンパンチで決着がついてしまう。

「圧倒的な力ってのは、つまらないもんだ」

そんな平熱系最強ヒーローの前に、今日も新たな敵が現れる。

今日こそ本気が出せるのか!?

出典:http://onepunchman-anime.net

ワンパンマンは(主人公がつよすぎるために)ギャグ描写が強い漫画ですが、シリアスな場面や白熱する場面もあります。ここでは簡単なあらすじを紹介します。

というあらすじ通り、強くなり過ぎた主人公のサイタマが怪人を倒すというストーリーです。他のヒーローがどうにもできない最悪な事態をサイタマが拳一つで解決していく爽快な物語です。

強くなりすぎた主人公サイタマ

出典:http://onepunchman-anime.net

主人公「サイタマ」は趣味でヒーロー活動をする男で、ツルツルの頭とコスプレのような格好で、パッと見て強そうには見えません。しかし、実際はどんな怪人でもワンパンで葬り、いかなる強力な攻撃を受けてもノーダメージというシャレにならない強さを持っています。そして、その隔絶した強さのせいで戦いに対して退屈を覚えている孤高の最強でもあります。

サイタマは、ヒーロー活動を趣味と公言し、他人の評価を気にせずに自分の思うように行動したりとヒーローらしくない面が目立ちます。ですが、時おり語られる彼の抱くヒーロー像は、サイタマがヒーローなんだなと思わせてくれる名言ばかりですし、貧乏なためにスーパーの特売に必死になったり、ハゲてることを気にしているなど人間らしい一面も魅力的です。

本人はどこ吹く風ですが、始めはインチキだと疑われていた実力が、物語が進展していく中で本物だと認めてくれる人たちが増えていきます。そのことに純粋に嬉しさを覚えます。そして、彼が本気になる日が訪れるのかどうかがとても楽しみです!!

第2の主人公、ジェノス

出典:http://onepunchman-anime.net

ワンパンマンにおいて主人公はサイタマですが、もう1人の主人公と言える存在が全身機械のサイボーグの青年、ジェノスです。彼はサイタマに助けられたことを機に弟子入り、同居までして一緒に行動していくことになります。

彼がサイタマに弟子入りしたのは、仇である狂サイボーグを破壊するために強さを欲しているからです。もちろん、サイタマのヒーローとしての姿に尊敬もしています。少々、敬いすぎていますが。彼はとても強いのですが、若さゆえの油断や精神面の未熟さから敵にやられたりしています。サイタマとは違う人間らしいキャラクターこそが彼の魅力でもあります。

point① ワンパンマンの原作者といえばONE先生!

出典:http://galaxyheavyblow.web.fc2.com

ワンパンマンの生みの親であるONE先生は、主にWebサイトで活動している日本の漫画家です。現在はワンパンマンとモブサイコ100の二つの連載を持ち、どちらもアニメ化されているほどのスゴイ人です。

 代表的な作品は1000万以上のアクセス数を叩き出し、となりのヤングジャンプにて、リメイク版の連載から単行本化、そしてアニメ化と人気大爆発の「ワンパンマン」裏サンデーにて連載中、去年アニメ化をした「モブサイコ100」ワンパンマンと同じとなりのヤングジャンプにて連載されていた「魔界のオッサン」があります。

上手い、下手では言い表せない独特のタッチと読者を引き付けて放さないストーリー、個性的で魅力的なキャラクターを描いています。

ONE先生の来歴

出典:http://galaxyheavyblow.web.fc2.com

大学時代から個人サイトでWeb漫画を公開(当時はアナログで描いた漫画を携帯で撮影し、掲載していました)。一度だけギャグマンガを『週刊少年ジャンプ』編集部に持ち込んだことがあるそうです。

2009年に漫画原稿制作ソフトの練習のために投稿サイト『新都社』にて「ワンパンマン」の読み切りを下記、ヒットしたために連載を開始しました。その後、活動方針の違いによって個人サイトでの掲載に変更。1日10万回を超えるアクセスになるほどの人気を見せます。

2012年、小学館の『裏サンデー』にて「モブサイコ100」を連載開始し、正式な漫画家デビューを果しました。同年には集英社の『となりのヤングジャンプ』にて「魔界のオッサン」と村田雄介の作画によるワンパンマンのリメイク版「ONE PUNCH-MAN」も連載開始となります。

2015年、「ワンパンマン」と「モブサイコ100」がそれぞれアニメ化されました。

point② 超絶クオリティ!ワンパンマンのリメイク版!

ONE先生が描く個性豊かなキャラクターやストーリーは素晴らしいものですよね!  その素晴らしさに磨きをかけているのは、村田雄介先生の超絶クオリティを誇る作画です!  私も一目見て圧倒された記憶が今も残っています。

村田雄介先生が描いているリメイク版「ONE PUNCH-MAN」はアニメにも引けを取らない躍動感、大迫力が1番の見所です!  さらに、ところどころにONE先生のタッチを再現し、原作ならではの味わいとコミカルさ、緊張感のないサイタマらしさが損なわれずに描かれているんです。

村田雄介とは?

「ONE PUNCH-MAN」の作画担当である村田雄介先生は、ジャンプで名を馳せたアメフト漫画「アイシールド21」(原作は稲垣理一郎)を代表作とする日本の漫画家です。その圧倒的な画力と魅せる構図からファンも多いんです。

ワンパンマンのリメイクは、村田雄介先生が原作ワンパンマンに惚れ込んでONE先生に掛け合ったことがキッカケであり、現在のワンパンマンをONE先生共に築き上げた人でもあります。

大迫力! ダイナミックな戦闘シーン!

リメイク版での1番の見所は、何と言っても大迫力のバトルシーン!!  躍動感溢れる画とダイナミックな構図から描かれるヒーローたちと怪人たちとの死闘は、手に汗握ること間違いなしです!  とは言ってもサイタマのバトルはワンパンで終わってしまいますが(笑)

私はサイタマとジェノスの手合わせ、サイタマとボロスの戦いが好きですね。対戦相手が強いほど、サイタマの圧倒的な強さが感じられますからね。敵が強いほど、サイタマ期待してしますから、これからどんな強敵が出てくるか楽しみですね。

ONE先生のタッチを再現!

リメイク版としての見所は、各所に散りばめられた精巧に描き上げられた村田雄介先生の超絶クオリティな作画と原作を忠実に再現したONE先生タッチの画とのギャップです。このギャップによって、強すぎるために戦いに対して緊張感を持てないサイタマを原作通りに再現しています。

見るからに強そうに描かれた敵と手抜きかと思わせるように描かれたサイタマとの対比は作中でよく出てきます。もちろん、カッコイイ顔のサイタマも出てきますから!

point③ 原作とリメイク版、どっちがお好み?

原作であるONE先生の「ワンパンマン」とリメイク版である村田雄介先生が描く「ONE PUNCH-MAN」、あなたはどちらが好みでしょうか?  どちらにも甲乙つけ難い良さがあると思います。私はどちらも好きです!  と言い張らさせてもらいますよ!

ONE先生の原作ではワンパンマンの原点を感じることができますし、リメイク版では味わえない物語に引き込まれることを感じられます。そして、リメイク版でもまだ連載されていない物語の先を知ることができます。最新のワンパンマンをぜひ見たい人はONE先生のホームページへダッシュ!

リメイク版では、原作にない演出や追加シーンがあります。バトルもそうですが、その他のシーンでもより白熱する展開がリメイク版では味わえます。コミックスではサイタマたちの日常が描かれていますので、気になる人はチェックしてみてください。

point④ ワンパンマン 原作だと物語に違いはあるの?

ワンパンマンは原作、リメイク版の両方がそれぞれのWebサイトで無料公開されていて、読み比べたりした人は少なくないんじゃないでしょうか?  私もその1人です。読み比べて見ると、物語としての大きな流れは変わりませんが、リメイク版では原作にない演出やシーンが描き加えられています。細かいことを言うと、コミックスとWebサイトでも描き直されているシーンがいくつかありますよ。

アニメと原作(リメイク版も含む)では、物語に違いはないと思います。ですが、ワンパンマンのアニメはよく出来ていますから原作を読んだ人も楽しめますし、アニメしか見ていない方でも原作の魅せ方は素晴らしいです。アニメ第1期の続きも見れますしね。

リメイク版と原作の違い

出典:http://onepunchman-anime.net

村田雄介先生が描くリメイク版ワンパンマンには、ONE先生のホームページで公開されている原作ワンパンマンにないシーンが加えられています。特に最近では、原作にないような展開が多いです。

この追加シーン、ちゃんとONE先生がネームを描き、それを元に村田雄介先生が作画をしています。リメイク版でのネームはONE先生のTwitterで見ることが出来ますので、見比べてみるのもオススメですよ。

ワンパンマン原作、読むなら今!

出典:http://onepunchman-anime.net

アニメ2期まで時間がある今こそ、ワンパンマンの原作を見ることをオススメします! 今まで知らなかったという人には損はさせない面白さ を。アニメ第1期からという人には、アニメとは違う原作ならではのこれまでとアニメ化されるこれからを。

原作から読み続けている人には、 アニメ第2期に備えての振り返りとしてワンパンマンを一気読みしてください!

ワンパンマン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-06-03)
売り上げランキング: 1,160
ワンパンマン 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-12-31)
売り上げランキング: 521

ワンパンマン 1 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2015-12-24)
売り上げランキング: 13,927