名作アニメ『AIR』知っていれば100倍泣ける4つのポイント

今でも根強いファンを持つ感動傑作「AIR」。でも、どんな作品なの?今見ても泣けるの?そんなあなたのために、名作「AIR」の魅力を4つのポイントで紹介します!

AIRってどんな作品?あらすじ紹介



主人公は旅をしていました。

その目的は、亡き母から聞かされた「空のどこかにいる翼を持つ少女」を捜すためです。母から受け継いだ、念を込めると物を動かせる「法術」を使って人形劇をして旅をしていました。
 
それは夏の思い出、偶然停まったバス停で物語は起こってしますのです。周りには子供だらけで、当然のごとく人形劇を行います。しかし、子供たちは立ち去り、稼ぐことはできませんでした。

空腹のあまり、堤防で行き倒れていた主人公の前に、 一人の少女と出会うのでした・・・。

point① AIRには2種類のアニメーション作品がある

『AIR』には2種類のアニメがあります。一つ目はTVで放送されたTV版AIRもう一つは映画で上映された劇場版AIRこの2種類のアニメもまた内容が異なっており、違った楽しみがあります。

まずは、TV版AIRTV版AIRは原作と同じ内容です。ただ一つ問題なことがあります。それは・・・主人公の声が違っています。本来の主人公は”緑川 光”が担当していまが、小野 大輔”が担当しています。

しかし、違和感が最初はありつつも、内容がしっかりしてるだけに違和感も徐々になくなり、まとまったアニメとなっています。

次に、劇場版AIRTV版AIRで主人公の声が”緑川 光”に戻っています。絵が違うのと、観鈴との出会いがちょっと違っており、かなりのリジナル要素があります。
話が”神奈備命(かんなびのみこと)”通称”神奈(かんな)”と並行しており、よく話がでてきます。

ストーリーがオリジナルなので微妙・・・と思う方もいますが、 これはこれで違ったAIRの楽しみがあります。

家族は義母の晴子と二人暮らしをしています。
恐竜が大好きでいつも笑っている女の子で、小さい頃はひよこが大きくなると恐竜になると信じていました。

好きな飲み物はドロリ濃厚ピーチでよく飲んでいます。自転車にも乗ることができず、よくこけています。口癖は『が、がお・・・』、『にはは』、『どうしてそういうことするのかなぁ』です。

point② 魅力的なキャラクターたち

国崎 往人(くにさき ゆきと)

母親から受け継いだ法術で手を使わずに人形をで動かす主人公です。小さなときから母親とよく旅にでていました。目つきは悪いが思いやりのある優しい男です。

ラーメンセットがとにかく好きで食べ物の執着がすごいです。年齢はわからないが晴子と晩酌をしてる所を見る限り、二十歳を超えています。

神尾 観鈴(かみお みすず)

家族は義母の晴子と二人暮らしをしています。
恐竜が大好きでいつも笑っている女の子で、小さい頃はひよこが大きくなると恐竜になると信じていました。

好きな飲み物はドロリ濃厚ピーチでよく飲んでいます。自転車にも乗ることができず、よくこけています。口癖は『が、がお・・・』、『にはは』、『どうしてそういうことするのかなぁ』です。

霧島 佳乃(きりしま かの)

地裁ころに両親を亡くし、家族は姉と二人で暮らしています。特徴は、大人になって魔法を使えるようになるために、右手のバンダナを外さないことです。

社交的で動物好きで飼育委員をしています。友達も多いのですが、すぐにあだ名(~1号)とつけたがるのが特徴です。

遠野 美凪(とおの みなぎ)

神尾観鈴とはクラスメートです。母親と二人暮らしをしています。料理と裁縫が得意で往人の人形を直します。

表情を顔に出さないポーカーフェイスだが成績は優秀です。おっとりとしてマイペースで、何かあるとすぐお米券を進呈してくれます。

神尾 晴子(かみお はるこ)

観鈴の母親で観鈴と二人暮らしをしています。毎回納屋につっこんでは元気あふれる母親です。酒が大好きで毎晩晩酌をしています。

昼間は働いており、バイクで出勤する。そして帰宅時は納屋につっこんでいます。
最終話で見せる晴子さんのシーンには感動ものです。

霧島 聖(きりしま ひじり)

佳乃の姉で診療所の医師です。佳乃のことになると居ても立っても居られないほどの妹思いの姉で、往人と佳乃の絡むシーンで聖がメスを構える姿はまさに父親的存在です。

こんな姉がいたら怖いと思うが、本当に妹思いの姉で尊敬します。(多少過保護ですが・・・)

ポテト

佳乃の犬?とっても佳乃と仲良しです。不思議な存在ですが、とても可愛いです。返事なのかよくうなずく時に、『ぴっこり』がとても癒されます。

人形のマネをするシーンでは動きが非常にかわいいです。もし、実在するならペットにしたい動物(?)No.1間違いないです。

みちる

美凪の親友で元気いっぱいの女の子です。みちると美凪の関係は、アニメを見るとわかります。

シャボン玉が大好きでよく美凪と一緒にシャボン玉をするが、成功はしないです。美凪と一緒にいるのが大好きで美凪がいないと悲しそうな顔をしています。

柳也(りゅうや)

神奈を守るための武士でとてもかっこ良いです。元浪人で、子供のころから剣を鍛錬していた為、その実力はすごいの一言です。

その実力もあり、社殿の警備隊長で、神奈の護衛となりました。 神奈の姿にも動じることはなく、からかってばかりです。

神奈備命(かんなびのみこと)

通称”神奈(かんな)”と呼ばれており、社殿で暮らしています。しかし、実は背中に大きな羽を宿している俗にいう『翼人』です。1000年前の正歴5年に生きる最後の翼人であり、神の使いとして崇められながらも囚われの身です。周囲からは怖がられ社殿にひっそりと暮らしています。

裏葉(うらは)

神奈のお世話係ですが、たまに神奈をからかう時もあります。優しい口調で汗一つかかない実はすごい人ですが、非常にマイペースです。おっとりとしてはいますが、気配がないので柳也もびっくりしています。

名前に『裏』がついていて、いろいろなこと(野営の見張りや夜社殿から神奈を連れて抜け出す等)ができるので一部ではくノ一ではないだろうか・・・と思えるほどです。

そら

カラスの子で、ゲームでは第三部にでてくる謎のカラスです。でも、観鈴拾われてからは観鈴に懐き、観鈴と晴子に可愛がられています。しかし、なぜか往人のことは嫌っています。

後半では成長した姿で晴子と再会するそのシーンがすごすぎて見ないと損します。

point③ AIRシリーズ共通のOPテーマ『鳥の詩』


&t=68s

一度は聞いたことあるかもしれないOPテーマ『鳥の詩』ですが、実は歌詞には複雑な内容が隠されていると思います。そう考えると『鳥の詩』アニメで流れてくるとじわっときます・・・。
消える飛行機雲 僕たちは見送ったという歌詞に注目してそれぞれのキャラクターで考えていきます。

国崎 往人
空にいる少女を探しています。
観鈴を助けるために法術を使い、観鈴を助ける代わりに自分が消えます。

神尾 観鈴
空にはもう一人の自分がいる。同じ運命を辿ります。

霧島 佳乃
空にいる母親を探して魔法使いを夢見ています。一度死にかけるが、戻ってきます。

みちる
空にいる少女の羽で現世にいます。空に思い出を持ち帰るために、姿を消します。

神奈
翼人として空に舞い上がります。呪いによって、姿が消えます。

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

この意味を考えてみると、上記の歌詞には複雑な内容が隠されていると思います。消える紙飛行機は”ヒロイン達”と考えてみると、僕たちはその家族や関係者にならないだろうか。もしくは僕たちを”神奈”として考えてみても良いと思います。

こうして、登場するキャラクターに合わせて考えてみると、この歌詞を聞いただけで泣けてきます。歌詞もシナリオと割り当ててみると本当に『鳥の詩』は良い歌だと思います。

point④ AIRの『聖地』はどこ?

和歌山県 日高郡 美浜町が『AIR』の聖地として有名だと思います。

ここでアニメで使用した風景を確認できると思います。
アニメで1話や2話そして6話等で使用した背景が確認できます。

一度は行ってみるのも良いのではないでしょうか。

【ネタバレ考察】アニメAIRはハッピーエンドだったのか?それとも……

TV版AIRでは、ゲーム本編同様のストーリーですので内容はゲームそのままとなっています。
ただしそこにはいないはずのヒロインもいたりしますが、内容がキレイにまとまっていますので違和感はありません。

次に、うれしいことにTV版のAIRでは”key”の前作である”kanon“のキャラクターが登場します。
kanonとのコラボレーションで、出てくるキャラクターの制服がAIRの制服なのもあり、とてもファンの間では鳥肌ものとなっています。

1話から見ていくと観鈴が変化するにつれて佳乃の話になります。少し変化が見られたところで今度は美凪の話になります。観鈴が寝たきりになると観鈴の話になり、観鈴を生き返らす代わりに今度は往人が消えます。

そしてAIRの話の元である神奈の話になります。神奈が姿を消し、柳也裏葉神奈を見つけるため、来世に繋げるために法術を学びます。

そして再び観鈴の話になりますが、今度は”カラス(ソラ)”が登場します。こうやって考えていくと、TV版AIRではストーリー的にはハッピーエンドと思う方もいると思います。

劇場版AIRでは、オリジナルストーリーではありましたが最後まで往人が生きています。ゲーム本編のAIRの3つ目の話に往人が生きてる感じと考えていただければ大丈夫です。内容も神尾 観鈴の話なので、霧島佳乃やみちるの話はでてこなく、一部の風景としてでてきます。

両方ともに、ゲーム内容と同じく観鈴の名セリフ「もうゴールしていいよね?」この一言と同時に歌の『青空』が流れます。この瞬間の演出こそがヤバイほど泣けてきます。

最終的には観鈴は死にますが、両作共に感動します。オリジナルはーと思う方もいますが、劇場版AIRはAIRをプレイしたことない方が見るとじわっと来るかもしれません。
プレイをしてる方にはTV版AIRがピッタリ来ると思います。

結論をまとめると、観鈴が死ぬという視点から考えるとバッドエンドだと思う方もいます。しかし、ストーリー全体で考えるとそらが神奈に会えるのでハッピーエンドととらえる方もいると思います。
見れば見るほどドツボにハマり、違った解釈もでてくるので本当にテレビ版AIRは感動的なアニメです。