【キングダム】唸る猛将!張唐の生き様に涙せよ!これぞ天下の大将軍!!

めちゃくちゃパワフルなおじいちゃん張唐将軍!蒙驁将軍とはおじいちゃんコンビで若干和ませてくれました(笑)しかし、張唐将軍なんと15歳で初陣を飾り以後50年以上も第一線で活躍する大将軍!そんな張唐将軍の壮絶な最期について語りたいと思います。

史実を見れば分かる!張唐は秦になくてはならない人

秦国の中でも昭王の頃から活躍していた張唐の熱い男の生き様について今回は紹介したいと思います。張唐将軍が活躍するのは巻数にして27巻~28巻になりますが、張唐と言えば武将の中でも、かなりの戦歴と経験を持つ老将で信頼も厚い人物。

白老こと蒙驁将軍とは旧知の仲という事もあり、韓軍との戦の前には蒙驁から『老将には老将にしか務まらない役目がある』言われ諭されていた一面も。2人は国門・函谷関を守る為に何が必要であるかを相談しあっていましたが、辿りついた答えは『重み』

そして若輩者には任せておけないと歴史に名を残すべく秦存亡をかけた戦いへとおもむきますが、おじいちゃん2人組本当に渋い!重みの意味が分かりますね!

張唐がいれば100人力!信頼の高さの理由は最長の経歴


しかし秦の存亡をかけた戦いに、あえて老将である張唐を派遣したのはなぜか?そう思う方も多いと思います、絶対に守らないといけない場面を、おじいちゃん×2と元野盗の桓騎に任せていいのかどうか…。

めちゃくちゃ不安ですよね、でも心配は無用!それは張唐の経歴・戦歴全てにおいて信頼できる厚さがあるからなんです!なんと張唐が初陣を飾ったのは15歳の時!15歳といったら今の世では中学3年生ですからね!?

その時はじめて矛を振りそこから月日は流れ50年…未だに現役、秦の将軍の中でも最長の歴史をもつ名将!ちょっとの事じゃ怯みませんし風貌からも分かるように、頑固おやじそのもの(笑)

どうして張唐は六大将軍にならなかったのか?


そこで読者が気になったのは、なぜそんな経歴を持つ名将が六大将軍にならなかったのか?という部分。張唐は昭王の頃から矛を奮いもちろん実力もかなりのもの。そんな人物がなぜ一将軍としてくすぶっていたのか?

そして同じく老将の蒙驁も、同じ次期に活躍していた割には…2人にとって六大将軍の存在は憧れというよりも、その逆の感情を抱いていた様子…しかしその六大将軍も全員亡くなり残ったおじいちゃん2人組…。

張唐や蒙驁も十分すぎる程に強いですが、それを大きく上回る存在の六大将軍…若き張唐には彼らの存在は大きすぎる壁に感じたという事でしょうか。実力があるのに日の目を見ることがなかった張唐…そしてやっと出番がきた!と思ったらそれは遅すぎる大役…。

六大将軍が嫌いだったと漏らす気持ちも分からなくはないですが、それはきっと張唐たちの本心ではなかったのでしょう。

反則レベルの毒兵器部隊の登場!どうなる張唐!

老体にムチを打って大役を引き受けた張唐の前に立ちはだかるのは、ちょっと不気味な風貌をした男…成恢。彼は、ありとあらゆる毒を知りつくした毒使い。彼の事を見ると【秘密結社鷹の爪】のキャラクター菩薩峠くんを思い出すのは筆者だけではないはず。

成恢の戦闘スタイルは遠くから弓矢などをちょいちょい飛ばしてくるもの。う~ん明らかに張唐の美学に反する戦い方!そしてとっても相性が悪い。そして、成恢の使う弓矢はただの弓矢ではありません。かすったら即死亡レベルの恐ろしい毒矢。

一体何を使ったらそんな毒矢が作れるのか気になるし矢を打つ人も相当気合入ってますね。

毒に蝕まれる前の成恢…

そんな成恢は実はとっても美形!毒使いは自身の身体も毒に冒されながら戦術を学ぶスタイルなので、成恢だけではなく成恢が率いる軍も健常者は一人もいないアンデッド軍だと勘違いされてもおかしくない不気味なもの…。

そんな不気味な敵を前にした張唐の様子はというと、めちゃくちゃ落ち着いてました(笑)そして解毒剤も一通り揃えているという万能っぷり!張唐が戦ってきた相手の中には同じように毒使いがいたのかもしれませんが、成恢の真の恐ろしさは毒矢ではないんです。

余裕の雰囲気すら感じる張唐の目の前に打ち込まれたのは、まるで花火玉のような黒い玉の塊…。この玉は張唐の前に打ち込まれド派手に煙をあげましたがその後何事もなかったかのように煙は消えました。

この玉の名前は『黒玉』煙を浴びたら8日間で死に至る猛毒をまく兵器だったのです!

桓騎と張唐、相性悪すぎなのに協力プレイ?

成恢の黒玉を食らった張唐…じわじわと身体を毒に蝕まれる形になります…。そして馬があわない桓騎へ自身の死期を悟ったのか頑固おやじ風に檄を飛ばしますが軽くあしらわれる始末。桓騎も空気読めよ…マジでさ…と一体何人の読者がキレそうになったのか計り知れません。

そんなこんなで毒に冒され血管を浮き立たせながら必死で守備につく張唐にも限界が…。一体どうなる?蒙驁が助けにくるのか?それしかない!それしかいないだろ!と、思ったら散々クソみたいな事言っていた桓騎が手だれをつれて張唐の元へ!

人に土下座をさせるのが大好きな桓騎
ですが、ここでも空気を読まず張唐に助けて欲しかったら土下座を求める鬼畜の所業…もうやめて張唐のライフはゼロよ!!!!

死を目前にしてまさかのツッコミが炸裂(笑)

いきなりやってきて土下座を要求する桓騎に助けられながら、張唐は最期の戦いへ向かうため全身を奮い立たせ戦場に向かいます…桓騎の事嫌いじゃないけど2ミリでいいから空気読んでくれ…そう思わずにはいられない程の土下座おじさんに一番キレていたのは張唐本人でしょう。

しかし、張唐は分かっていました…桓騎は確かに野蛮で土下座大好きな鬼畜ですが、これからの秦にいなくてはならない勇敢な将軍の一人だという事を。そんなこんなで桓騎の奇策で、本陣でくつろいでいた菩薩峠くん(成恢)を見つけた張唐!

自分なりの将軍としての花道を考えていたであろう張唐…それも毒によって全て奪われてしまって思わず出た言葉が「毒は…ない。毒は…なかろうが。こんなもの武将の死に方ではないわァ」(溜め)\何をさらしてくれとんじゃ このゲス共がァ/

張唐の長い戦の歴史に幕が下りる…―秦軍将軍 張唐 戦死―

『え!?今更!?!?』と思わずにはいられない張唐のいきなりのツッコミにも驚きましたが、最後の力を振り絞って敵将の首をとった張唐の前に、奴がやってくる…。???『まだ死ぬなよ、オッサン。約束の土下座が残ってんだろうが』

またお前か桓騎。とキレそうになりましたが、怒号する気力もない張唐が桓騎に遺言にも近い言葉を託します。それは秦で一番の将軍になってほしいという事…それに対する桓騎の答えが気になる方はコミック27巻をご覧ください。

そして長かった、実に長かった張唐の戦いが終わりました。最期は苦しむ前に意識を失い戦死した張唐…そんな彼の身体を支えながら撤収の号令を出したのは桓騎。生まれる時代がもう少し早ければ、もしかしたら六大将軍になっていたかもしれない猛将、張唐の生き様は涙なしでは見ることはできませんでした。

キングダム 45 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2017-02-17)
売り上げランキング: 51
キングダム 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-06-22)
売り上げランキング: 778
キングダム 27 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2013-02-19)
売り上げランキング: 470
キングダム(46): ヤングジャンプコミックス
原泰久
集英社 (2017-04-19)
売り上げランキング: 40