ドクター マーチンのお手入れ!知っておきたい4つのポイント

ロック・パンクな雰囲気のシューズといえば、ドクター マーチン(Dr.Martens)。ツヤ感があり、ロックの本場イギリスの佇まいが感じされるレザーシューズです。かっこいい靴だからこそ、ずっと履き続けたいですよね。長く愛用するためには、定期的なお手入れはマストなんです。ドクターマーチンの靴に必要なお手入れについてご紹介いたします。

ドクターマーチンのシューズは手入れがいらない?

パンク・ロックな雰囲気が漂うドクターマーチン(Dr.Martens)のシューズ。スキニーパンツにドクターマーチンの靴であっという間にオシャレコーデが完成するので、1足は持っていて損はない靴ですよね。

丈夫なレザーだから、お手入れなんていらないのでは?と思っている人も多いはず。その考え、実は誤っています!レザーの靴やブーツは一定のスパンできちんとお手入れしてあげることで、長持ちするといわれています。

ドクターマーチンも例外ではありません。定期的なお手入れをすることで、格好良く履くことができますし、靴の品質をキープすることができます。せっかく買った靴だから、長く愛用したいですよね?

ドクターマーチンの靴の良さをキープするために、必要なお手入れのポイントをご紹介いたします。

ポイント① ドクターマーチンのシューズは最初に手入れをしよう!

レザーシューズ全般に言えることですが、購入して初めて履く前に一度手入れが必要です。なぜなら工場から店頭で販売されるまでに一定の時間が経過しているため、靴の痛みや傷をつけることを予防するためにも、最初の手入れが必要なのです!

方法は通常のお手入れと同じ。靴ひもを外し、汚れを落としてから、レザークリームを塗り込みます。最後は防水スプレーで仕上げて、水分の対策もしてあげましょう。面倒かもしれませんが、長く愛用するためには最初の手入れが重要です。

ポイント② ドクターマーチンの手入れに必要な道具

ブラシ

出典:http://item.rakuten.co.jp

汚れ落としに欠かすことのできないブラシ。お手入れの最初に使い、シューズの汚れホコリをきちんと落としてあげましょう。ブラシで最初に汚れを落としてあげることで、レザークリームの効果をより高めることができます。

クリーナーがあるからブラシはいらないと思われがちですが、実は重要な道具の一つ。必ず用意しましょう。柔らかな馬毛がおすすめです。力を入れず、サッと払うようにブラッシングすることがポイントです。

スムースレザーの場合、最後の磨きにも使います。できれば用途で分けて揃えてあげるとよいでしょう。

レザーローション

出典:http://item.rakuten.co.jp

ブラッシングの後に使うのがレザーローション。ブラッシングだけで落とすことのできない汚れをクリーナーで落としてあげます。

柔らかい布に適量のローションをつけて、靴の汚れをとっていきます。また前の手入れで残ったレザークリームも落として、キレイにします。強く拭かず、靴への感謝を込めて、丹念に拭いてあげるのがポイントです。

レザーの素材によって、対応できるクリーナーは異なりますので、素材にあったものを選択しましょう!

クロス

出典:https://www.amazon.co.jp

上記で挙げたレザーローションやクリーナーを塗るのに必要なクロス柔らかい布はお手入れに欠かすことのできないアイテムです。

汚れ落とし、艶出しなど用途によって、クロスを使い分けるとよいでしょう。使わない下着で代用してもOKです。また汚れたクロスは定期的に交換して、しっかりとお手入れをしてあげましょう。

ポリッシュ

出典:http://item.rakuten.co.jp

汚れを落とした後には、レザークリームを使い、レザーに栄養を与えます。ドクターマーチン(Dr.Martens)の艶出し、レザーの保護ポリッシュは役立ちます。

市販のレザークリームでも問題はありませんが、ドクターマーチンの靴の特性を理解している純正品のほうが、より靴をきれいに見せてくれることでしょう。

レザーの品質をキープするだけではなく、補色の効果もあるポリッシュ。赤や白の場合、色の近いレザークリームはなかなか売られていません。純正品の場合、ドクターマーチンの靴に適応した色が展開されているので、補色もばっちりできます。

また防水の効果も期待できるので、防水スプレーと併用して使うとよいでしょう。

ワンダーバルサム

出典:http://item.rakuten.co.jp

補色の効果のあるポリッシュとは異なり、無色のレザークリーム。ワンダーバルサム(wonder balsam)というドクターマーチン(Dr.Martens)から販売されている純正品です。

天然由来のココナッツオイル蜜蝋で作られているレザークリームは、艶出しに効果的。ポリッシュよりも艶出しには強い道具ともいわれています。ドクターマーチンの靴だけではなく、通常のビジネスシューズのお手入れにも活躍すること間違いないでしょう。

お手入れの際は、ポリッシュかワンダーバルサムのいずれかのレザークリームを用意しておくとよいでしょう。黒のレザーシューズをピカピカに仕上げたい人にはこちらがおすすめです。スポンジ付きなので、靴への塗布も簡単に行うことができます。

デリケートクリーム

出典:http://item.rakuten.co.jp

乳化性のソフトなレザークリーム。ポリッシュやワンダーバルサムと異なり、艶出しの効果は期待できないものの、レザーにたっぷりと栄養を与える効果があります。

ソフトレザーの素材に適しており、レザーのひび割れ、乾燥への効果が期待できます。ドクターマーチンの靴はレザーが丈夫なので、余裕があれば用意しておくとよいでしょう。

防水スプレー

出典:http://item.rakuten.co.jp

お手入れの仕上げには防水スプレーが必要です。先述で挙げたポリッシュやワンダーバルサムでも防水の効果が期待できますが、防水スプレーをかけてあげることで、相乗効果を期待できます。

使い方は簡単。靴から20cm~25cm程度離して、靴全体にまんべんなくスプレーをかけるだけでOKです。防水スプレーをかけた後は、風通しの良いところで20分くらい放置しておいて出来上がりです。皮の表面にうっすらと軽くかけるのがポイントに。

火の気のある屋内で使用は厳禁。必ず屋外で使いましょう。

ポイント③ 100円均一で道具を揃えるのはアリ?

靴のメンテナンスにお金をかけたくない。なるべく安く済ませたいから100均で道具を揃えたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

確かに靴の手入れにお金をかけたくないという気持ちもわかります。しかし、

100均で売られているレザークリームやクリーナー、ブラシなどのクオリティは決して良好とは言えません。品質の良いレザーを早い段階で痛めてしまうおそれも考えられるため、100均の製品を使うことはあまりオススメしません。

しかし、クロスは100均でも十分です。消耗品は汚れるたびに交換が必要となりますので、100均で枚数をそろえてもよいでしょう。

ポイント④ ドクターマーチンのシューズ、どのくらいの頻度で手入れすべき?

道具をそろえて、いつでもお手入れの準備はOK。でもどのくらいの頻度で、お手入れをやったらいいの?と疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

履く頻度にも異なりますが、2ヶ月~3ヶ月のスパンでお手入れをするのが理想的です。次のお手入れまでの間で、汚れが気になった場合は都度お手入れをしてもよいでしょう。日頃のお手入れとしては、履いた後はブラッシングをしてあげるとベターです。

面倒なイメージの強い靴のお手入れですが、2~3ヶ月に1回であれば続けることができそうですよね!お手入れにかかる所要時間も1足につき40分程度なので、お休みの日に時間をとってお手入れしてあげるとよいでしょう。

定期的なメンテナンスで格好よさをキープしよう!

どれからお手入れしよーかなー #ドクターマーチン#靴磨き#Dr.Martin

Miyo Fujimotoさん(@miyo1979)がシェアした投稿 –

ドクターマーチン(Dr.Martens)のレザーシューズ・ブーツのお手入れの方法についてご紹介いたしました。丈夫なレザーで作られるドクターマーチンの靴ですが、定期的なお手入れは必要なんですね。

良質な素材で作られるドクターマーチンの靴は定期的にお手入れをしてあげることで、他のレザーシューズと同様に長い期間愛用することができます。お手入れにより靴への愛着も湧いてくるので、この機会に靴への愛情をこめてお手入れをしてみてはいかがでしょうか?

Enter your text …

Enter your text …