名将 アントニオ・コンテ『チェルシーを蘇らせた男』に迫る

低迷したチェルシーを見事に復活させ、プレミアリーグ1年目にしてタイトル奪取待ったなし!名将アントニオ・コンテに迫ります。

・低迷したチェルシー復活を任された理由?

Where in the world will you be watching Chelsea v Arsenal? 🌍 #CFC #Chelsea

Chelsea FC – Officialさん(@chelseafc)がシェアした投稿 –

以前に過去2シーズン連続で7位に低迷していた古巣のイタリアセリエAのユヴェントスの監督に大抜擢されました。ハッキリ言って周囲からは期待されてはいませんでした。が!まさかの優勝。

そこからアントニオ・コンテ監督のユベントスはセリエAでは圧倒的な強さでリーグ3連覇を達成し。さらに勝点102という欧州記録も達成しました監督交代や選手の補強をしてもなかなか歯車が嚙み合わず低迷していたチェルシーは、過去のユヴェントスとチェルシーを重ねてクラブチームの復活をアントニオ・コンテ監督に託したんだと思います!

順調なユヴェントスの監督を辞めた理由は、「このままユベントスの監督を続けてモチベーションを保つのが難しい」などの理由から辞任しました。その後、母国イタリア代表の監督に就任。イタリア代表をEURO2016ベスト8に導きました。大会終了後の代表監督辞任を発表。アントニオ・コンテ監督にはクラブチームで特にチャンピオンズリーグで挑戦したいという気持ちが強いようで、チェルシーからのオファーは「待ってました!」と望んでいたものだと思います。

Antonio Conte at Stamford Bridge! #CFC #Chelsea #Conte

Chelsea FC – Officialさん(@chelseafc)がシェアした投稿 –

チェルシーは、世界のトップチーム、トッププレイヤーになれる選手を備えている。それらの選手は、努力をすることによって、まだ多くの進歩が可能だ。 なぜなら、今我々が持っている選手たちは、素晴らしいプレイヤーだからだ。偉大なタレントを持っている。 けどまだワールドクラスでは無い。しかし。このメンバーは努力をすればそのレベルに達することができる。それを確信している」監督就任時のコメントです。この強気なコメントだけで、選手、チームスタッフ、ファンのハートをガッツリ掴んだと思います。

アントニオ・コンテ流!?そのプレースタイルとは?

ここ近年のサッカーを観てる人なら、ボールを自分のチームが長い時間持つ「ポゼッションサッカー」が主流なのは知ってますよね?ですが、「ポゼッション志向とは対極にあるモダンな堅守速攻スタイル」がアントニオ・コンテ監督のサッカーのスタイルだと思います。

チーム練習の時からフィジカル的にもメンタル的にも、選手をギリギリまで追いつめる。アントニオ・コンテ監督の言う「乾いた雑巾をさらに絞る」というコメントで厳しさが十分伝わります。ですが、チームがそのテンションをキープし続けるためには「勝利」が絶対的に必要になります。モチベーションを保つため。

そしてチェルシーの選手達がどう反応するかは、プレミアリーグ初挑戦のアントニオ・コンテ監督には難しい事になると思われていましたが、今の所かなり好調です。アントニオ・コンテ監督のスタイルとは『選手には「頭を使って状況を解決する」よりも「決まったタスクやパターンを遂行する」ことを要求する。』あー。イタリア人らしいなと思います。

・プレミアリーグでは通用しないと言われた戦術?

Just one more day to wait until we're back in action! #CFC

Chelsea FC – Officialさん(@chelseafc)がシェアした投稿 –

セリエAユヴェントス時代に3連覇をしたひとつの理由にアントニオ・コンテ監督の独特な「フォーメーション」があります。「3-4-3」や「3-5-2」そのユヴェントスでの「フォーメーション」はそのままイタリア代表に引き継がれ、今でもその「カタチ」はユヴェントスでもイタリア代表でも続いています。

プレミアリーグ初挑戦のアントニオ・コンテ監督のその「3-4-3」や「3-5-2」の柔軟なフォーメーションはチームにフィットするのが時間がかかる、しかも今季のプレミアリーグの新監督の顔ぶれにも理由がありました。マンチェスター・Cにペップグアルディオラ、マンチェスター・Uにジョゼ・モウリーニョの監督就任にファンもメディアもそちらに期待があったと思います。

Next up for the Blues it's Wolves away in the FA Cup on Saturday (17.30 UK). #CFC #Chelsea

Chelsea FC – Officialさん(@chelseafc)がシェアした投稿 –

それに、イングランドプレミアリーグでDFを3枚並べる「3バック」を採用するチームは全くと言っていい程見た事がありません。プレミアリーグと言えば「4バック」がスタンダードなので、アントニオ・コンテ監督の得意な「3バック」は難しい。戦術の取り組みに時間がかかると言われてました。チームがスタートの時は「4バック」を採用してましたが。途中から得意の「3-4-3」に思い切ってシフトチェンジ!

新加入選手のエンゴロ・カンテ、マルコス・アロンソや戻ってきたダビド・ルイス、レンタル復帰のビクター・モーゼスがこのプレミアリーグでは見慣れない「3-4-3」に抜群にハマった事でそこから首位をキープしてます。

今では、このチェルシーと対戦するチームがあえて同じフォーメーションをする「ミラーゲーム」をするチームが増えここ最近「3バック」のチームが増えているのは、プレミアリーグの『ひとつの進化』だと思います!※同じフォーメーションだとマークに付く選手が分かりやすい為

現役時代闘将と呼ばれ、名将と呼ばれるアントニオ・コンテの『名言』

現役選手の時は『闘将』と呼ばれていました。10年以上もの間セリエAユヴェントスに在籍し、ムードメーカーとしてベンチを引っ張りチームのキャプテンを務め、試合中に選手を鼓舞する姿は見る者を圧倒する程のかなり熱い!選手でした。名選手だったからか、選手の気持ちがわかってくれる監督のイメージです。

「大事なのは、選手たちが努力を見せるという重要性を理解することだ。『自分は今トッププレイヤーだ。しかし、さらなる高みに登りたい。そしてそこに留まりたい』と。メンタリティは重要だ。忍耐、そして成長できると信じることがとても重要だ。そしてこの場合、監督にとっては、最高の選手を使い、彼らを成長させようとすることが重要なのだ」

「昨季はみんな悪かった。チェルシーが10位でフィニッシュしたことは信じられない。このクラブチームは最後までプレミアリーグ、そしてチャンピオンズリーグでタイトルを争わなければならないチームだ。そして、昨季は信じられないものだった。それはアザールだけではなく、他の選手もだ。アザールらのような素晴らしい選手と練習できることは嬉しい。大切なのは、今季チームに正しい魂をもたらし、素晴らしい組織を作り出し、いいフィジカルコンディションを持つこと。そうすれば、我々はいいシーズンを送れる」

We're on our way to Wembley! 🏆🙌 #CFC #Chelsea

Chelsea FC – Officialさん(@chelseafc)がシェアした投稿 –

私は、選手たちに対して常に適切な緊張感を与えたいんだ。 いい勝利の後は、人はリラックスしようとするものだ。しかし、私はこれを避けたい。 私は選手とともに働いている。試合の前に緊張感を高めるため、その方策を探るためにだ。練習の間にね。それは、勝利のメンタリティを成長させることに繋がる。」

「他の方法も知っている。時にはいい形で進むし、その逆のときもある。 私のサッカー選手としての経験が、それを見極めるにあたって非常に重要になる。雰囲気を変えるためにはね。ここには素晴らしい集中力がある。もし弛緩を感じれば、私は正しい解決策を見つけ出そうとするよ。 私がサッカー選手だった時、コーチが警告することを聞くのはとても重要だった。戦う準備をすることは大切だよ。もし少しでもリラックスしていれば、負けてしまうだろう

『闘将』と現役時代に呼ばれたからには、チームメイトにももちろん自分自身にも厳しかったのだと思います。だからこそ、このアントニオ・コンテ監督のこのコメントで『選手への愛』を感じます。厳しいコメント!ではなく、『名言』と呼ばれる理由がわかります。

今季優勝待ったなし!?来季こそ手腕の見せ所!

The road to Cardiff continues. 🐉 Introducing the official match ball of the #UCL knock-out phase. #NeverFollow

adidas Football (Soccer)さん(@adidasfootball)がシェアした投稿 –

今季のチェルシーのプレミアリーグ優勝はほとんど決まったものだと思います。FAカップのベスト4も決まり、リーグとカップの2冠も見えてきました。アントニオ・コンテ監督も言ってますが、チャンピオンズリーグに出てからが本番です!今季はチャンピオンズリーグ日程が無かったので他のチームより余裕があったので、コンディション調整も上手くいったのだと思います。

来季のプレミアリーグの活躍はもちろんですが、名将アントニオ・コンテのチェルシーがチャンピオンズリーグでの暴れっぷりを楽しみにしています!