【とらドラ!】櫛枝実乃里は本当に太陽で女神?彼女の真っ黒な本性とは…

「高須君はさ、幽霊って信じる?」。櫛枝実乃里。高須竜児が憧れ、恋して、自作のラブソングまで作った少女である。いつだってフルスイング、元気と勇気、スポーツ力で全開に生きている彼女は、本当にいつまでも綺麗なままでいるのだろうか?

かつて、高須竜児にとっての太陽だったみのりん

竜児が憧れていた存在--櫛枝実乃里

櫛枝実乃里ことみのりんですね。いやあ、みのりんもみのりんで良いキャラですよね。とらドラ!の原作を読んだとき、一番好きだったのがみのりんでした。みのりん、輝いているじゃないですか。竜児にとっての太陽で、誰に対しても明るい存在、ですね。

すごく良い子だと思います。大抵の時は。ただ、とらドラ!全体を通してみれば「やっぱりとらドラ!のメインキャラの一人だなあ」と思わされます。メインの五人で一番メンドクサイのは間違いなく亜美ちゃんでしょうけど、みのりんもなかなかに面倒です。

とらドラ!の原作は女の子の描写量が凄まじいことで有名ですが、みのりんの初登場シーンはなかなか凄かったです。女神とか太陽とか、キラキラしてるとか。「どれだけべた褒めするの!?」ってくらい、褒めまくってました。

可愛いとか、そんなんじゃない

竜児が自作のポエムを作ってしまうくらいに魅力的だった櫛枝実乃里嬢。彼女は、確かに可愛いと思います。素直そうで、優しそうですしね。ただ、やっぱりどんな時でも元気印なところが一番魅力的だと思います。

ただ、最初に私がみのりんを好きになった理由は、「竜児がみのりんのことを好きだから」という訳の分からない理由でした。もしかしたら、「他人の彼女は素敵に見える」的な心理なのかもしれません(笑)。読めば読むほど、みのりんのことが好きになったのを今でも覚えています。

とらドラ!はやっぱり竜児と大河の物語なんです。彼らが主人公ですから。しかし、それでもみのりんの存在は余りにも大きいんだと思います。九巻で二人が付き合うまで、みのりんという壁はとても大きく感じていました。北村のように、なんとなくでは終われません。

しっかりとぶつかって、傷つかないと終われない。そんな、強敵以上に厄介な親友でした。

本職は熱血スポーツマン。バイトも掛け持ちで休む暇なんて無いぜ!

みのりんはソフトボール部の部長!

カッコいいですよね。ソフトボール部の部長ですよ。カッコいい。でも、可愛さもあるとか、そんなの卑怯でしょ……。現実のソフトボール部なんて、カッコよさを通り越してゴツさしか残ってないですのに。みのりんはすごいってばよ……。

ソフトボール部の部長を務めているため、同じく男子の部長を務めている北村とは行動を共にしているようです。お昼休みで竜児&大河、みのりん&北村の四人で食べた時もミーティングがあるからということで二人は途中で抜け出した時もありましたからね。忙しい身のようです。

クリスマスパーティの時は、みのりんの打った場外ホームランが体育館に入ってきて、てっぺんにあった星を粉々にしたことも序盤にあの事故が起こっていれば、ただのギャグだったんでしょうけどね。なかなか辛い思い出として、個人的には記憶しています。

バイトもやってます!盛るぜ~超盛るぜ~

みのりんはソフトボール部もやっていますが、いくつか掛け持ちでバイトもしています。部活もバイトもほとんどしていない竜児と大河と比べると、普段から大忙しな日々を送っているのです。デキる女っていうより、とにかくアクティブな変人って感じなんですけどね。

奇天烈な行動ばかりが目に付くみのりんが、しっかりと接客業ができているのか、ちょっと不安です。接客業経験者としては、セクハラ染みた男性客の対応をしているみのりんを想像するだけで冷や汗が出ます。大河に連れられていったファミレスで、竜児はバイト中のみのりんと遭遇しました。

竜児は毎日通おうかなとか言っていましたが、こういうストーカー客が他にもいるかもしれないんですよね……。頑張れみのりん。他には、竜児と一緒に他のバイトをしたこともありましたね。弟に負けないため、みのりんの努力は半端ないです。

大河とは親友同士!高須きゅんとの恋はオレに任せな大河!

みのりんは大河の親友です。なんで大河と親友なんだろう、って感じではあるんですけどね。はみ出し者だから?でしょうか。まあ、その疑問は置いといて。竜児と大河の恋を、みのりんは積極的に応援しています。少なくとも第一巻ではそういう立場を取っていました。

ジャンピング土下座をしてまで、大河のことをよろしく頼むとまで言いました。そんなところで男気を出さなくても……って感じたのですが、とにかく一々カッコいいのが櫛枝実乃里という少女。まあ、結果的には勘違いということが分かるのですが、親友思いなんです。

ただまあ、そんな簡単に終わらせてくれないのがとらドラ!なんですよね。親友に対する思い、応援したいという気持ちは一直線、情熱的、そして本物。でも、もう一つの気持ちも、相反してしまうような気持ちも本物だったら、どうなんでしょう。親友の願いが叶ったら、自分の願いがか叶わない。そんな願いだったら。

惨めさ。罪悪感。自分らしさ。そして見えない物。

みのりんは結構、意味深な言葉をつぶやくことが多いキャラです。その中でも、夏休みに亜美の別荘で呟いた「高須君はさ、幽霊って信じる?」という発言は本格的に意味不明でした。UFOなどの発言も出てきて、本当に電波キャラに転向したのかと思ってしまいました。

ここで、恋って面倒臭いなあと思いました。多分、竜児本人はもっと痛感していたと思います。誰かを好きになることって、本当に大変なことなんだと。みのりんは多分、本音では語っていません。キャラソンの『Silky heart』にもあるように、キャラとか傷付きたくない弱さとかが、本音を隠しているようですから。

みのりんは自らを「汚い」と言います。竜児が思うほど、キレイではないと。多分それは、大河のことを応援しているくせに応援したくない、相反した気持ちを抱えながら過ごしていることが原因だと思います。嘘をついて、ごまかして、生きているんです。その嘘がいつしか「自分らしさ」になっていくんです。

あーみんとマジ喧嘩!かわいい女の子同士の喧嘩に定評があるとらドラ!

あーみんとのマジ喧嘩は本当にビビりました。ラノベ版で見た時よりも、アニメ版の方が怖かったです。大河VS生徒会長の時も怖かったですが、二人とも超人染みていたので、どちらかというとバトル漫画っぽく楽しめた感じはあったんですよね。アニメっぽいというか。

ただ、この二人の喧嘩は、派手さが全然ないんですよね。普通。普通すぎるからこそ、むしろリアルで怖かったんです。現実では、女の子同士の喧嘩、殴り合いなんて見たくないじゃないですか……。前日にも相当火花バチバチでしたが、翌日はついに殴り合いに。

亜美ちゃんが顔を殴られて、「顔を殴るんじゃねえよ!」という辺りがモデルの女の子らしさが出てますよね。男同士の戦いではなかなか出て来ません。まあ、大河と生徒会長は顔もボロボロにやられてたんですけどねお互い。と、いうわけで女の子同士の喧嘩が有名なとらドラ!です。

みのりんを演じる声優はこの人!

みのりんを演じるのは、超・有名声優の堀江由衣さんです。化物語の羽川翼なども有名ですが、とらドラ!次回作のゴールデンタイムの主役でも活躍されていますね。超束縛系ヤンデレの素晴らし過ぎるヒロインですね……。

堀江由衣さんが演じているだけあって、みのりんの魅力が数倍増したように思います。特にギャグパートは光っていました。みのりんは結構ぶっ飛んだ発言もするキャラですが、真面目に怒ったりすることもあれば、泣くことも落ち込むこともあり、なかなか難しいキャラだったと思います。

特にとらドラ!はキャラが少ない分、一人一人の心理描写にめちゃくちゃ力を入れている作品なので、声優さんの力量によってかなり作品の出来が変わる作品です。メインのヒロイン三人全員を、実力派の声優さんが演じてくれてよかったと心から嬉しく思います。

結局、みのりんってヤンデレなの?

たまに言われますけど、みのりんってヤンデレなんですかねえ……?個人的にはヤンデレとは違うと思っています。みのりんは確かに変な人で、普段が陽気な振る舞いばかりしているので、ちょっと真面目になったら「豹変した!」って思われるだけだと思うんですよ。

ただのギャップだと思います。普段が明る過ぎるだけです。どちらかというと、ヤンデレは亜美ちゃんじゃないかなぁと。みのりんは普段が明るいキャラというのもあって、真剣に悩んだりする姿とか、誰かを好きになったりする姿はあまり見せません。

その明るさの中に、そういう姿を隠しているんです。それを、みのりんは嘘とか偽善とか汚いとか思っています。でも、それって多かれ少なかれ、皆やっていることなんじゃないでしょうか。って、僕は思うんですけどね。みのりんは別に、悪くもないし汚くもないと思っています。

きっと彼女は純粋過ぎて、ちょっとしたことに過剰反応しているだけです。

嫌いって人が多いけど、私はみのりん派ですよ。熱血フルスイングだぜ!

みのりんは一期のEDに起用されたり、二期のOPに起用されたりと、アニメではかなり優遇されているように思います。しかし、実は一部では「くずりん」と呼ばれるなど、みのりんを批判する声は少なくありません。しかしまあ、仕方ないとは思います。

とらドラ!って、非常に高い読解力が必要ですから(笑)。原作を読んだ人であっても、解釈にけっこう違いが出る作品なので。竜児を除くと、三人のメインヒロイン全員が頭がおかしいと言われています。個人的には、大河が一番頭おかしいと思っていますけどwww

私は、みのりん好きですよ。底抜けの明るさしか見えない、ただの太陽だった時も好きでしたが、妙に人間らしいところとか、年相応に悩んでしまう所とかも、好きですよ。亜美ちゃんのような不思議な魅力ではなく、大河のような愛おしさではなく。みのりんの純粋さが、私は好きです。

ちなみに一番好きなみのりんのキャラソンは「フルスイング」です。

とらドラ! Blu-ray BOX
とらドラ! Blu-ray BOX
posted with amazlet at 17.04.06
キングレコード (2011-12-21)
売り上げランキング: 5,728
「とらドラ!」BEST ALBUM「√HAPPYEND」
TVサントラ
キングレコード (2012-02-08)
売り上げランキング: 38,540
とらドラ・ポータブル!(通常版)
バンダイ (2009-04-30)
売り上げランキング: 15,775