【SAO】アリスの可愛さは神器級!キリトの新たなヒロインが持つ秘密とは?

SAOアンダーワールド編を象徴するヒロイン、アリス。記憶を失う前と後では大きな性格の違いが見られますが、その二面性すらも彼女の存在感を引き立てるスパイスです。今回はそんなアリスの秘密と魅力に迫ります!

新ヒロイン・アリスとは

金髪碧眼の幼馴染

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

アンダーワールド人界領域の最北に位置する村ルーリッド。アリスは村の村長ガスフトの娘として産まれました。

彼女は村の子供たちの中でも飛びぬけた美貌と神聖術の才能を持ち、それを鼻にかけない元気な少女です。普段は大人の仕事を手伝い、おりを見てはキリトユージオとはしゃいで遊ぶという微笑ましい日々を過ごしていました。

しかし、彼女の運命は大きく変わってしまいます。いつもの三人で、村のさらに北側にある氷の洞窟へ探検しに行った時のこと。その帰り道、道を間違えた三人はダークテリトリーと人界の境界線となる場所に迷い込んでしまいます。

丁度その時彼らの遥か頭上では、整合騎士と暗黒騎士が死闘を演じている最中でした。

彼女との別れ

出典:https://cdn.pixabay.com

結果は整合騎士が勝利し、敗れた暗黒騎士は乗っていた飛竜ごと地面に叩きつけられました。

すぐ目の前に落下して力尽きた暗黒騎士に対し、アリスは思わず近づこうとします。が、  人界禁忌目録という掟ではダークテリトリーの領域に人が進入することは禁忌とされています。

それに気づいたキリトは彼女を押しとどめますが、時すでに遅し。よろめいて倒れた彼女の指先はダークテリトリーの領域に触れてしまいました。

それにしても、指先一つで進入扱いってどれだけ融通の利かない掟なのでしょう。一発アウトってのにも程があります。

翌日、その罪を元にアリスは整合騎士によって央都へ連行されてしまいます。自分を助けようともがくキリトとユージオに微笑みを残して。

少女アリスと騎士アリス。性格の違いを比較!

お転婆幼馴染と滅殺仕置き人

出典:https://cdn.pixabay.com

後輩を守るため外道貴族をコテンパンにし、それすらも罪として認定されてしまったキリトとユージオ。彼らを連行するために現れたのは、なんと成長して騎士となったアリスでした。驚きのあまり彼女へ近づくユージオ。

しかし、彼を待っていたのは幼馴染と笑顔で再会というイベントではなく、頬に鞘での打突という制裁でした。

ユージオ茫然。昔のアリスを知っている彼からすれば、自分に対するリアクションと彼女の立ち振る舞いは信じられなかったのでしょう。 後にアリスは記憶を失っているという事実を知り、ユージオは動揺しつつも彼女を取り戻すという決意を固めます。 

実際の所、騎士アリスってどんな人なの?

出典:https://cdn.pixabay.com

このように鮮烈なデビューを飾った騎士アリスですが性格は至って真面目で職務に忠実。お転婆で、二人に手料理も振る舞ってくれた少女アリスとは正反対の人格と言えるでしょう。言葉遣いも変わっていますし…。

性格だけでなく纏う雰囲気も変化してます。少女アリスは親しみやすく温かな物腰でしたが、騎士アリスはいかにも武人といったオーラを放っています。実力も凄まじく、セントラル・カセドラル80階の戦いでは武装完全支配術を振るい、キリトとユージオを大いに苦しめました。

しかし消耗していたとはいえあの二人を同時に相手取るとは、騎士アリス恐るべし…。

意外とお茶目?騎士アリスの可愛い一面とは?

実は女性らしい一面もある

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

お堅いイメージを受ける騎士アリスですが、キリトと行動を共にしていく内に態度を軟化させていきます。13巻中盤以降ではキリトの軽口にいちいち反応したり、キリトにハンカチを貸してあげたりと当初からしてみればかなりの変化が生じています。

アドミニストレーターとの激闘後ではさらに彼女が活発的になります。一例を挙げると、動けなくなったキリトへ料理を作ろうとし火力を間違えて食材を消し炭に変える。アンダーワールドにダイブしてきたアスナとキリト絡みのことでチャンバラ

そして、意識喪失状態のキリトを囲みアスナやソルティリーナ、ロニエといった面々と一緒にパジャマパーティ開始。

…言動が活発化というかコミカル化しているような気もしますが、アリスが昔のように(記憶は失ったままですが)イキイキとしているのはやはりキリトに影響されてのことでしょう。

【ネタバレ注意】アリスとキリトを待つ壮絶な結末!

騎士はただ待つ。少年が再び目を覚ますのを

出典:https://www.amazon.co.jp

アンダーワールド人に施された、思考や行動の幅を大きく制限する右目の封印。アリスはそれを自らの意思で破り、冷酷なる支配者アドミニストレーターにキリト、ユージオの三人で立ち向かいます。

ですがアドミニストレーターの脅威、としか言いようの力を前に一行は打ちのめされます。激闘の末、生き残ったのはアリスとキリトだけ。しかもキリトは現実世界からの外部ダメージとユージオを失ったショックで、心身喪失状態に。

この状況で自分は何をすればいいのか分からずアリスは思い悩みます。しかし、キリトは心を失ってもを失った訳じゃないことにアリスは気付き、彼が再び目覚める時を待つことに決めます。SAO15巻ではアンダーワールド大戦の足音が着実に近づいてきています。

戦場に赴くアリスの胸には戦いに挑む確固とした決意と、キリトに目を覚まして欲しいという大きな祈りが秘められていました。

大戦でアリスがどんな活躍をし、キリトがどの様に復活を遂げるのか是非自分の目で確かめてください。

喋れて剣道もできる!ロボット化しても高性能!

ロボット騎士様の日常

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

18巻、大戦終結後。現実世界にやってきたアリスは自身のフラクトライト(魂の器)を、オーシャン・タートルが英知を結集させて作り上げた人型ロボットに格納。

そのロボットの見た目はアンダーワ―ルドの騎士アリスそのもの。手足の各関節も滑らかに動き表情も豊か。はっきりいって、ロボットと言われなければ気付かない程人間の姿と似ています。

そもそもアリスをはじめとするアンダーワールド人は、本質的に私達と同じ人間であるのでAIと呼ぶのに語弊があるのですが…。

しかし、SAO現実世界では全く新しいAIとして、アリスは大きな注目を浴び各方面からの見えないプレッシャーによって疲れてしまいます。いきなり知らない世界に飛び込んで、新種の動物のような扱いをされるのだから彼女の疲弊は中々のものでしょう。

ロボット騎士様の家出

出典:https://cdn.pixabay.com

そんな日常に疲れた彼女は、ある手段を用いてセキュリティを突破しキリトの家に転がり込んできます。その手段とは、大きなダンボール箱の中に身体を折りたたんで入り内側からテープで蓋を閉め、荷物と誤認した宅配業者にキリト宅まで移送してもらうという手法です。

ロボット状態だからこそできた作戦ですが、その発想に辿りつくアリスの知恵も中々のものです。

まんまとキリト宅訪問を成し遂げたアリスは、家の敷地内にある道場にてキリトに試合を申し込みます。そして慣れないロボットの身体にも関わらず、キリトが驚くほどの体さばきを見せ互角の戦いを進めます。

結果として勝負は引き分けに近い形だったのですが、彼女はとても清々しい微笑みをキリトに向けていました。

ここまでくると当初のトゲトゲしい印象は払拭されており、彼女のデレ具合…もとい好感度はかなり高くなっているようですね!

大発表!アリスの担当声優はあの方!

近年大注目!その人の名は茅野愛衣!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

アリス、ユージオ、カーディナル、アドミニストレーターとそれぞれ違う魅力を持つキャラクターが登場するアリシゼーション編。アニメ化された場合、どのようなキャスティングになるかとても気になります。

メインヒロインを務めるアリスのCVは一体どなたが務めるのか…。と、たった今速報が入りました!(笑) 

アリスの担当声優は茅野愛衣さんに決定です! 茅野愛衣さんといえば『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』のヒロイン、めんまを務めた実力若手声優です。

この情報はSAOゲームシリーズの緊急特報で大々的に告知され、現在もツイッターを筆頭に各地で驚きの声が上がっているようです。となると、アンダーワールド編がアニメ化するのは時間の問題…。よおっしゃあああああ!

失礼、取り乱しました。何はともあれ、ワクワクしながら続報を待ちましょう!

アンダーワールドでの激闘に期待!

終わらぬ戦

出典:https://cdn.pixabay.com

人界VSダークテリトリーの戦いは確かに終わりました。しかし、アンダーワールドの情勢は未だに不安定で、真の平和を掴んだとはまだ言えません。早速19巻では、アンダーワールドの秩序を揺るがしかねない大事件が発生しています。

さらに敵はアンダーワ―ルド内だけでなく現実世界にもたくさんいます。一例をあげれば、アンダーワールド人をコスト効率のいいAI兵器に仕立て上げようとしている某国の軍事系企業や、日本内部に潜むAIに敵意を抱く者達、さらにアンダーワールド人に理解を示さず隷属を迫る世間など、脅威となる相手は山ほどいます。 

…こうしてみると我々人類は暗黒人以上に業が深い種族のようです。キリト、アスナ、そしてアリスとアンダーワールド人達がこの障害にどう立ち向かっていくのか。そして、影で活躍する雰囲気を残しているユージオヒースクリフの動向は。これからもSAOの展開に目が離せませんね!