【小林さんちのメイドラゴン】トールをもっと好きになる4つのポイント

メイドでドラゴン娘!!ファンタジー好きに堪らない要素の詰まったトールだが、その魅力は容姿だけでは無い。小林さん対する偏愛やドラゴンらしさ等、彼女の魅力を語っていこうと思う。

メイドラゴン・トールがどうしようもなくかわいい

出典:http://maidragon.jp

『小林さんちのメイドラゴン』(こばやしさんちのメイドラゴン、Miss Kobayashi’s Dragon Maid)は、クール教信者による日本の漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメ。『月刊アクション』(双葉社)において、2013年7月号(創刊号)から連載中。

あらすじ

朧塚(アニメ版では埼玉県越谷市の風景を使用)[1]という街に住むOLの小林さんは、酔った勢いから異世界のドラゴン・トールを助けた。トールは理由があって故郷に戻れないこともあり、人間のメイドに姿を変えて、小林さんの自宅に住み込んでお世話を始める。そして、小林さんの許にはトールを初めとした様々なドラゴンが集まるようになっていくのだった。

出典:https://ja.wikipedia.org

金髪とピンクのグラデーションの髪。大きな角と尻尾。そしてDragonのD-Cup(Dよりあるだろう 小林さん談)と容姿から、かわいさが溢れているトールだが、その魅力は元いた世界と今いる世界の常識の違いからくるポンコツメイドっぷりや小林さんの一言で一喜一憂してしまうチョロゴンぷり、そして何よりも小林さんLoveなところだ!

小林さんが好きすぎて小林さんに自分の尻尾を食べさせようとしたり、小林さんの洗濯物の老廃物を舐めたり匂いを嗅いだりと、現実でやられたら相当サイコな行動だが、そこはメイドラゴンの彼女だからこそ許されるかわいさだ!

そんなコミカルで楽しく可愛い彼女をもっと好きになれる4つのポイントを紹介する。

トールの正体!名前元ネタは……

出典:http://maidragon.jp

多くのアニメや漫画などでトールといえば、北欧神話の雷を司る神であることが多く、正直な話、筆者も思っていた。
しかし劇中でこっちの世界の作家からとったという事から「ホビットの冒険」「指輪物語」等の作者ジョン・ロナウド・ロウエル・トールキンが元ネタだと思われる。トールキン著のドラゴンは原点とも言えるドラゴンなので作者のファンタジー好きが垣間見えるネーミングだ。
スタンダードな竜の本体は男の子が一度は憧れる竜の姿。別の大陸にもひとっ飛びと、かわいさだけでなくカッコいいのが彼女の魅力の一つだ。

トールの過去には何があった?

あfだg

出典:http://maidragon.jp

小林さんの元で平和に暮らしているトールだが、その過去は荒んだものだった・・・。 元の世界では人間は敵・滅ぼす対象でしかなかった。戦い傷つき、遂には人間に剣を突き刺され重傷を負ってしまい小林さんのいる世界に逃れてきた。そんな時に酔っぱらった小林さんに助けられ心身共に疲れ果てていた時に「ウチ来る?」と声をかけられ小林さんを偏愛してしまったのも納得できる。

そして小林さんのもとで戦わなくていい世界で暮らしている彼女は存分に小林さんLoveっぷりを発揮している。そんな姿が堪らなく可愛い。

空想科学で実証?トールの強さは……

出典:http://maidragon.jp

トールの強さは正確にどれくらい強いと描写されたことは無いが、雨雲をブレスで吹き飛ばしたり、壊したものを復元したり、認識阻害等の魔法も使える等、単純に破壊力があるとは違うようだ。

TVアニメ第2話では、普通の人間からしたら殺し合いにしか見えないカンナとのじゃれあいやTVアニメ第44話のドラゴン同士のドッジボールでの大惨事等、小林さんの世界の人間がどうにかできる存在ではないようだ。だかファフニールやルコアに勝ったことが無いと最強では無く、二人に勝ちたいという気持ちもあるようで、そんな可愛いい一面もある。

トールを演じる声優さんは?

出典:https://pbs.twimg.com

桑原 由気(くわはら ゆうき、1991年[4]6月24日 – )は、日本の女性声優。マウスプロモーション所属。旭プロダクションプロデュースによる声優ユニット「あいまいみーまいん」のメンバーであった。

趣味・特技は茶道・お笑い。お笑いにおいては高校時代にお笑いライブにてコントをやった経験があり、芸人のサインを集める手帳を作ったり、芸人が店主を務めるラーメン屋に行くほどの趣味としている。また、芸人のNON STYLEが好きである。

『NARUTO -ナルト-』などの『週刊少年ジャンプ』作品が好き[7]。また、恋に落ちたキャラクターに『NARUTO -ナルト-』のうちはサスケを挙げている。憧れの声優には、沢城みゆきを挙げている。

自分を一言で表すと、「小さいおじさん」だと語っている。今までにいなかった、そしてこれからも現れないような声優を目指したいとしている。

事務所の同期には高野麻里佳、高井舞香、水間友美がいる。声優の小野早稀と仲が良い。

出典:https://ja.wikipedia.org

桑原 由気さんはトールの小林さんに対するLoveっぷりを見事に演じている。声を聴いているだけでも小林さんへの思いが伝わってくる。明るく感情豊かにトールを演じてくださっている御蔭でトールの魅力は何倍にもなっている。

2016年では灼熱の卓球娘の出雲ホクト役や魔法少女?なりあ☆がーるずのいなほ役でメインキャラクターを演じている。その他にもラジオやゲーム、TV番組などマルチに活躍している。また、TVアニメ・化ゲーム化を目指した温泉むすめで有馬楓花役も演じており。今後が楽しみな声優さんだ。

ちょろゴン トールから目が離せない!

出典:http://maidragon.jp

メイドラゴン・トールだがその魅力は留まることを知らない。劇中でのコスプレやDVD映像特典の様々な○○ドラゴンになる!?、その他にもキャラクターソング等TVアニメだけ以外でも彼女の新たな魅力が溢れてくる。そんなトールからまだまだ目が離せない様だ。