【稲本潤一】致命的な怪我から復帰!今後活躍の余地はあるのか?

2016年6月、札幌スタジアムで致命的な怪我を負ってしまった稲本潤一。病名は右膝前十字靭帯断裂で全治8ヶ月であった。2017年2月に沖縄でキャンプ入りした稲本は試合復帰に向けて準備を始めた。しかし怪我を乗り越えてこれから彼はどれだけ活躍をしていけるのだろうか。

靭帯を怪我した稲本潤一。復帰した現在の状況は?

試合中の悪夢



悪夢に襲われたのは2016年6月4日、MF町田に向けられたスライディングタックルが原因だった。運悪くも倒れた町田の体が稲本に重なり、その際もつれた足が絡まり稲本潤一は負傷した。右膝前十字靭帯断裂、8ヶ月の重体だった。

プロ20年目でこれだけ長く怪我をしたのは初めてであった。コンサドーレ札幌との契約が切れなかったことが幸いだったと思う。選手としての生命線である右膝だけに長めの休養を余儀なくされたのだろうが、2017年2月にはようやくキャンプでの練習に参加できた。

グランドでは同じく怪我の克服のため別メニューをこなす小野伸二がいる。戦友の彼と再び同じチームで戦えることが何よりも稲本にとって嬉しいのではないだろうか。

試合に向けて残る不安

2008年と2012年にJ1昇格を果たすもすぐにJ2に降格してしまうという悔しいシーズンを何度も迎えてきたコンサドーレ札幌。2017年再びJ1に昇格することが決定した。稲本自身は3年ぶりのJ1での試合で、黄金時代の仲間と試合ができるのを楽しみにしているのに違いない。

しかし練習に復帰できたが試合に向けてまだやらなければならないことがある。ボール回しやタッチは再び感覚を取り戻したが、対人プレイになるとその恐怖がよみがえる。あれだけ大きな接触をしたのだから仕方のないことだろう。

三月までに復帰できれば稲本潤一は試合に出れることになる。札幌をJ2に落とさないことが今の稲本の目標であるが、その目標を是非黄金コンビ小野伸二とかなえてもらいたい。

嫁田中美保もインスタで夫の怪我を心配し…

嫁田中美保の心配

稲本潤一の奥さんである元モデルの田中美保は、後日心配するファンに向けて現状を報告した。「夫の持ち前のメンタルと愛犬のモフの力で復帰に向けて頑張っています。」ファンの心配にそう答えた妻は応援よろしくお願いしますと丁寧に自身のインスタグラムに書き込んだ。

二人が札幌に移住してきたのは稲本がコンサドーレに移籍した2015年からである。田中美保のインスタグラムにはそんな札幌ライフを満喫する写真がたくさんある。そんな生活を、白い恋人のバナーを胸に乗せたコンサのユニフォームを着てワクワクしていると田中美保はいう。

現在は北海道の番組に出演したり、選手の奥様方と一緒に夫の試合を観戦しに行ったりと楽しそうな毎日を送っている。そんな田中美保と稲本潤一の出会いを皆さんはご存知だろうか。

稲本潤一と田中美保の結婚秘話。出会いは意外なところ?

二人の馴れ初めについて



サッカー界のおしどり夫婦と言ってもいいくらい仲のいい二人は実にお似合いのカップルだ。出会いは二人の共通の知り合いの紹介でした食事会であった。初め一方的な田中美保の稲本潤一へのファンだったという。

しかし1ヶ月後に稲本から付き合ってくださいとの告白があった。結果はすぐにokであったが、田中美保の性格がちょっと変わっていたために、奇妙な条件が提示された。

連絡はマメにとること、メールの返信も欲しい、などというちょっとめんどくさいものだった。束縛型なのか知らないが以前からテレビでも変わった恋愛観を語っていたことを覚えている。しかし稲本は男前にそんなの当たり前だと了解して見せたのだ。かっこいいぞさすが稲本潤一!

目撃情報は既に出ていた



結婚する前になんと意外なところで二人があっていたことがメディアで話題になっていた。それは2011年交際スタートから2年後のこと、ある人物のツイートによってあるホテルの料理屋で二人がデートしているとの書き込みがあった。

場所はなんとウェスティンホテル東京。目黒駅前徒歩五分のこのホテルは家族連れよりやや富裕なカップルが泊まる上質なホテルだ。場所が場所なだけにどう考えたってばれてしまうに決まっているが、早速噂を垂れ流したのはなんとそのホテルの従業員だった。

女子大生のバイトがツイートした張本人。「今夜二人は泊まる予定だって」と流したの新聞にもなってしまった。この女子大生は他にも大沢たかおなどの情報を流したなかなかのパパラッチだったのである。

田中美保は結婚してから太った?



細くて可愛い妹タイプという印象の田中美保だったが、最近結婚してから太ったのではないかという噂があった。写真を見ると確かに太っている。これはきっと妊娠のせいではないだろうか。稲本潤一と田中美保との間にはまだ子供が生まれていない。

そろそろ子供が生まれてもいい頃だろうが、子供が生まれるという報告もない。その真相は本人自身がありありと語っていた。それは北海道へ移住したことにあった。やはり疎遠な土地すぎて友達とも会わず、外へも出ない日が増えてるようで、単に運動不足から太ってしまったようである。

北海道へ行くと太ると北海道出身の友人がかつて言っていたことを思い出したが、炭水化物の多い美味しいものがたくさんあり、寒いので外に出れなくなることが原因なのじゃないかと思う。もうモデル業への復帰はないのかもしれない。

30半ばに札幌で再開した戦友小野伸二への思いとは?

小野伸二とは特別な関係

そもそも札幌に稲本が移籍したのもかつての戦友小野伸二というプレイヤーがいたからである。小野と稲本は同じ年齢で誕生日は同じ月の9月というから特別なつながりを感じるのは当然のことだろう。札幌以外から来ていたオファーを断ってまでこの地に選んだほどなのである。

二人はかつて日本代表黄金世代の中盤を担う最も大事な選手であった。中村俊輔に中田英寿に加え、小野と稲本を四人合わせて「黄金のカルテット」とあだ名されていた頃が実に懐かしい。パスサッカーになってしまうという懸念もあったが、小野と稲本の特別な一体感で産むプレーには目を見張るものがあった。

中田の引退に際してかき寄せの日の丸に自分たちの名前を連ねなかったのも小野と稲本だった。ヒデの孤立についていろいろ意見があったが、小野と稲本がチームの中に溶け込む仲間意識の強い選手たちであることを知っていればなるほどと思える事件だった。

小野と稲本の深いつながり

この二人を目当てに来た人もいたんじゃないかな。小野伸二と稲本潤一 pic.twitter.com/66Twbhq1Oe

— はやし (@consadoudeshou) 2016年5月15日

コンサドーレ札幌に小野と稲本がいるというだけで札幌に見に行く価値はある。二人は中田英寿と同様、2000年代初頭に海外で認められ始めた選手として有名だった。しかし二人がヒデと違うのは楽しみながらサッカーをするというところ。ヒデはどちらかというと目的を達成するために楽しむというタイプだ。

14歳から知り合いだった小野と稲本はお互いのことをこんな風に言い合う。小野は世話好きの学級委員タイプ。なるほどである。稲本は影でそれを支えるタイプだとという。まさに今の二人の関係とそっくりである、昔からその関係は変わっていないのだろう。

稲本は天才小野伸二を尊敬しているのだろう。二人が札幌で再開したのは稲本が小野を追っていったからだ。小野とサッカーをするだけで選手としての価値が上がることはサポーターでも十分納得できる。

怪我からの復帰後、稲本潤一は活躍できるのか?

怪我の大きさはどれくらいなのか?

前十字靭帯損傷とはスポーツ選手に多い怪我である。中田をしのぐと言われたある天才サッカー選手財前宣之という人物は靭帯を三回やって若くしてサッカーの未来を失った。よくある怪我だがそのダメージはかなり大きい。

よく靭帯の損傷というがこれは断裂と同じことであり、膝が伸びたり、ずれたりすることによって弾力性のない膝の繊維が切れてしまう。今回稲本の断裂では膝がガクっとずれてしまったようだ。ズレる時に断裂音というひじょーに嫌な音を聞いたはずだ。想像するだけでも膝が痛くなってくる。

通常2週間で歩行できるようになり、2ヶ月もあれば復帰できるものだが、リハビリを含めて長い治療期間になったのだろう。かつて足を骨折した時は4ヶ月ほどで復帰していた若さはもうないのである。

復帰したのにまた怪我した!?

復帰早々3月11日、稲本潤一は再び致命的な怪我をしてしまった。今度は右膝の半月板と軟骨の損傷。すでに札幌市内の病院で手術を終えて全治5ヶ月と診断が出た。これで三月開幕の試合に復帰することはできなくなった。

半月板の損傷と聞くと、本田圭佑を思い出す。彼はこの怪我のせいで後に膝裏の損傷も起こしてしまった。半月板とは膝裏のクッションのことであるが、これを取り除く医師とそうじゃない人がいて、本田は取り除いたことによって膝に直に負担がかかるようになってしまった。

稲本潤一がどんな半月板治療をしたかわからないが、前回の膝の治療が引き金になったことは間違いない。今後も彼のサッカー人生に関わる致命的な怪我だけはしないように、ぜひ完璧に怪我を克服して欲しい。再び彼の活躍を札幌でみたい!

稲本潤一 足跡
稲本潤一 足跡
posted with amazlet at 17.03.18
アールズ出版
売り上げランキング: 1,588,414