ルイ・ヴィトンの手帳TOP5!ハイクラスの手帳は仕事を呼びこむ!

見るものを魅了するルイ・ヴィトンから、手帳がリリースされています。お持ちの方もいらっしゃるでしょう。「まだ持っていない」、「もう少しいい手帳が欲しい」というビジネスマンは必見です!TOP5ランキングでコンパクトにまとめておりますので、ぜひご参考になさってください。

分刻みの仕事を処理するビジネスマン必帯!ハイブランド手帳

重厚感とラグジュアリーな雰囲気を纏う手帳、ルイ・ヴィトンから。手帳としての機能性はもとより、ルイ・ヴィトンというハイブランドだということは、周りに「デキるな!」と思わせたり、コスメ系営業マンであれば「おしゃれ」と評されないと、ショップに行ってもまともに取り合ってくれません。

おしゃれ=高級品ではないですが、高級品=ステータスにはなります。自分の分身である手帳は、5,000円以内の手帳だとどうしても「チープさ」が出てきます。使えても3~4年ですし、そのつどあたらしい手帳に慣れねばなりません。コスパは非常に悪くなっています。

ルイ・ヴィトンの手帳はブランドインパクトもさることながら、ブリーフケースから初めて買ったヴィトンの手帳を出した瞬間にリスペクトの目が注がれるというルイ・ヴィトンの完成度、20代が持っていても全然イヤミにならない手帳。むしろ「おしゃれさん」と評されるヴィトンプロダクトです。

【第5位】ルイヴィトンの手帳、人気デザイン別TOP5選!

抜群の存在感!ルイヴィトン手帳”LV”スタンダードタイプ

一見してルイ・ヴィトンだと分かる、パーソナリティが力を発揮する手帳!スナップタイプの手帳で、ジップアップタイプ、マジックテープタイプ、ストラップタイプと比べると、開閉時にストレスがすくなく長い期間使えるでしょう。ただ、状況に応じてセレクトしないと成金主義っぽくなるリスクもあります。

そのリスクを最低限に抑えるには、手帳よりも所有者に目を向けさせましょう、「ヴィトンの手帳が買えるほど経済的余裕がある」ということは、ビジネスやプライベートで成功している、という見方を持ってもらう必要があります。そうであれば、成功者の仲間入りを果たすことが出来るでハズ!

20代の血気盛んな時期に、会議の要点をメモる習慣をつけたり、スケジュール調整を行なったりすることで手帳独自の”自由度”をコントロールすることが出来るのです。時間との勝負の中で勝利したものがルイ・ヴィトンの手帳所有権が与えられます。

【第4位】ルイヴィトンの手帳、人気デザイン別TOP5選!

ヴィトンの手帳は芸能人のマネージャーなど多忙な人向け!



黒子的な活躍しておられるマネージャーと呼ばれる人たち、彼らは頭の先からつま先まで手を抜きません。時流に敏感で”貪欲に”情報収集を行います。そのように様々な仕事を抱えているマネージャーは、手帳にも気を抜きません。

かといって、ケバケバしい手帳はNGだということを完全に理解しています。そこで考慮されるのが「ハイブランドでイヤミじゃない商品」、つまりルイ・ヴィトンブランドです。こちらのようにチェック柄に、ワンポイントでヴィトンを主張している手帳がマストではないでしょうか。

打ち合わせや、スケジュール管理、日々のメモなどで使用します。テレビ局などからオファーが来て、担当の芸能人の属性を鑑みながらスケジュールを練る。ルイ・ヴィトンの手帳であれば会議室で行なわれる”密閉された空間”で異彩を放つことができます。

【第3位】ルイヴィトンの手帳、人気デザイン別TOP5選!

ヴィトンらしくないギャップを愉しむ!日々を刻む一冊!



普通の手帳・・・。ぱっと見はそう感じられるかたもいらっしゃるでしょう。しかしこの手帳はルイ・ヴィトンのもの、ブランド品=派手ではありません、これが最たる例でしょう。大人しさのなかに燃え上がるパッションを封じ込めた手帳で、ブランドらしくないというギャップが人気の理由。

日本人は慎み深く、目立つことを嫌う民族です。その民族の属性に沿ったのがこちらの商品です、黒トーンのチェックがインパクト大!よく見ればルイ・ヴィトンと表記されているアイコンを見受けられるでしょう。フロービジネスで業務集約型のような業種に向いている、ストイックな黒です。

目立たず、なおかつ個性豊かな手帳。月曜日に部署会などが有る場合などや、営業ファームだと巡回先の戦略を練る上で必要なスペックは完備!こちらもスナップボタンなのでストレスフリーで開閉が可能です。タクシーの中、電車の中でスケジュールを確認するときに周りと差別化を図れる逸品!

【第2位】ルイヴィトンの手帳、人気デザイン別TOP5選!

ひっそりと強調するLVロゴがビジネスチャンスを呼び込む!

ビビッドなブルーが魅力で、右下に配されたロゴが秀逸!サイズも手のひらで開閉し、記入できるジャストサイズ。ルイ・ヴィトンの手帳を持つ、それだけでステータスなのですが、そのステータスを当然と見るようなことはないでしょう。こちらの手帳によってクライアントが「成功者」と見てくれるではずです。

クライアントに見初められるというのは、それでビジネスが成立するということです。手帳1つで良くも悪くもビジネスの成功は左右します!あまりハイグレードモデルだとビジネスというよりは、アイテムであってプロダクトではないでしょう。使えるプロダクト、それをビジネスマンは好んで使用します。

諸兄がビジネスマンで、「なにか革新的なことを行いたい」とか「マンネリから抜け出したい」という時に、こちらのルイ・ヴィトンを記憶の中に収めておいてください。貴方にパッションを与えてくれる手帳です、ルーティーンを苦ではなく、作業を仕事としない新たなスタイルで活動できるかもしれませんよ!

【第1位】ルイヴィトンの手帳、人気デザイン別TOP5選!

ヴィトンの自信作、上品な光沢の手帳で分刻みのタスク管理!



艶やかなプロダクトの手帳、下品にならずブラック基調なのが良質の証ですね。ルイ・ヴィトンのブラウン基調からはなれ、モノトーンのこちら、分刻みで活動しているビジネスマン、キャリアウーマン諸氏にオススメの手帳です。こちらは男女兼用です、女史が持っても違和感なく収まります。

メンズラインで作成されたこちらの手帳、その汎用性たるは一言では言い表せません。「手帳って年末年始でセール中に買えばいい」と思っているなら、それは間違いです。シューズ、スーツ、ペン、手帳はビジネスマンの武器です。上司からの指示をまとめたり、部下への指示を箇条書きでまとめたり・・・。

使うシーンは数多あります、ビジネスだけではなく、プライベートでも使えるのがヴィトンの魅力。ブラックですから、世代を選びませんし、男女関係なく使えます。こちらのような秀逸な手帳を持つようにしましょう!

仕事ツールを最高級品にするという愉しみ方



仕事は日々の積み重ねで成長していく”生き物”です、そのような”生き物”を繋ぎとめておくとしたら、それ相応の魅力がユーザー側に求められることでしょう。つまり、ルイ・ヴィトンは高価であると同時にその卓抜したプロダクトコンセプトでユーザーを選んでいます。諸兄は選んでもらってますか?

もし諸兄が、ルイ・ヴィトンの手帳を活用しているビジネスマンなら、将来展望は明るいはずです。次から次へと入り込んでくるスケジュール、分単位で動いているエース、タフネスなメンタルを持っているプレゼンター、顧客を次から次へと発掘し、自身の成績をあげるやり手営業マンなどでしょうから。

ルイ・ヴィトンは誰でも持てるアイテムではありません、ある程度の経済的な余裕がないなら購入はキツいでしょうし、だからと言って分割払いなどで無理して買う必要はありません。購入できるようになるということは、ルイ・ヴィトンから熱烈な愛情を感じることでしょう。「俺もそろそろヴィトンでも・・・」と思われた時が購入時期かもしれません。ぜひ!購入を検討されてください。