【リゼロ&このすば】異世界転生ラノベで大人気の二作品!両者の魅力や共通点とは?

人気の異世界転生ライトノベルである『Re:ゼロから始める異世界生活』と『この素晴らしい世界に祝福を!』の二作品。今回は何かと比較されているこの両作品の魅力や共通点を紹介していきます!

世界観は似ているのに全く異なる物語?両作品のあらすじを紹介!


『リゼロ』と『このすば』がよく比較される原因はその世界観が似ていることが一つの要因になっています。どちらの物語もさえない平凡な一人の男の子が魔法やモンスターが存在する異世界に転生するのが始まりで、いわゆる異世界転生ファンタジーになっています。

しかし、そこから展開されるストーリーは全く異なっており、両極端ともいえるものになっています。そんな両作品のあらすじを少し紹介していきたいと思います。

「死に戻り」という過酷な運命に立ち向かう『Re:ゼロから始まる異世界生活』

出典:http://re-zero-anime.jp

深夜のコンビニからの帰り道、突然異世界へ召喚されてしまった少年・菜月昴。頼れるものは何もなく、持ち物も携帯と財布とコンビニで買った食べ物のみ。そんな彼に唯一現れた能力は、死んだ時に時間が巻き戻る「死に戻り」という能力だった。

異世界に来て初めて会った謎の美少女・エミリアを助けるために何度も「死に戻り」を繰り返しながら過酷な運命に立ち向かう異世界転生ダークファンタジーです。

こんなの異世界生活じゃない!『この素晴らしい世界に祝福を!』

出典:http://konosuba.com

ひきこもりの少年・佐藤和真は、久しぶりに外出した帰りに交通事故に遭いあっけなく死んでしまう。そんな彼の前に現れた女神と名乗る美少女・アクアに言われ魔王を倒す為、異世界転生をすることに。ここから憧れの異世界での大冒険が始まる!

・・・と思われたのだが、カズマが直面したのは自身の平凡なステータス、能力は高いのにクセの強いパーティメンバー、衣食住を得るため大冒険とは程遠い労働の日々、こんなの考えてた異世界での暮らしと違う!そんな異世界転生ドタバタコメディです。

作者が仲良し?両作品が誕生した「小説家になろう」とは?

『Re:ゼロから始める異世界生活』の作者・長月達平先生、『この素晴らしい世界に祝福を!』の作者・暁なつめ先生はゲームをしたり一緒に出掛ける程の仲だそうです。そんな彼らが出会ったのはなんとデビュー前、小説投稿サイト「小説家になろう」でのことでした。

「小説家になろう」とは、2004年から運営されていて登録すれば誰でも投稿できる無料小説投稿サイトで、他にも『ログ・ホライズン』の橙乃ままれ先生や『魔法科高校の劣等生』の佐島勤先生が同サイト出身で、サイトから書籍化された作品が「なろう系」と呼ばれるようになるなど一つのデビューのルートになりつつあります。

そんなサイト内で上位にある作品の作者同士でチャットをする機会があり、そこでお二人は出会い、お互いがお互いの作品のファンであったこともあり意気投合したそうです。やはり同じ世界観の中で全く異なるストリーを展開する作品ということで意識するところもあったのではないでしょうか。

豪華声優陣集結!『リゼロ』と『このすば』の主要キャラ紹介!

【リゼロ】主人公・菜月昴(ナツキスバル)cv小林裕介

出典:http://re-zero-anime.jp

コンビニ帰りに突然異世界へ召喚される主人公・菜月昴。現実世界にいた時はひきこもりでイカつい顔とウザいテンション、「空気を読んだうえで空気を読まない」という主人公とは思えない性格。なぜ自分が異世界へ呼ばれたのか、誰に呼ばれたのかも分からず、たった一つ死ぬと時間が巻き戻る「死に戻り」の能力で過酷な運命に立ち向かっていきます。

演じるのは、『アルスラーン戦記』のアルスラーン、『この美術部には問題がある!』の内巻すばるなどの小林裕介さん。デビューが28歳と声優としては遅咲きながら、コミカルからシリアスまでこなす演技力で徐々に頭角を現し、今作では迫真の演技で過酷な運命に立ち向かう主役を務めました。

【リゼロ】銀髪のハーフエルフ・エミリアcv高橋李依

出典:http://re-zero-anime.jp

銀髪のハーフエルフという伝説の魔女として恐れられているサテラと同じ特徴を持つ美少女・エミリア。世間知らずでかなりのお人好しな性格だが素直に認めないツンデレ気味なヒロイン。精霊使いで微精霊を操り、猫の姿の大精霊パックを常にそばに連れている。実は王が不在のルグニカ王国の王選候補の一人である目的のため王を目指している。

エミリア役は『これが声優!』の一ノ瀬双葉、『乱歩奇譚 Game of Laplace』のコバヤシの高橋李依さん。2013年にデビューし、2015年の『これが声優!』の作中に生まれた声優ユニット「イヤホンズ」のメンバーで歌手活動も行っています。今作では世間知らずで純粋なエミリアを透明感のある演技で見事に演じていました。

【リゼロ】可愛いだけじゃない!大精霊・パックcv内山夕実

出典:http://re-zero-anime.jp

おっとりとしたマイペースな精霊・パック。灰色の可愛らしい猫の姿をしているが強い力を持った大精霊。常にエミリアと共に行動していてお互いに家族のように思っている。実体化していられるのは9時から17時までという公務員のような勤務体制をしている。

パック役は『ニセコイ』の宮本るり、『魔法科高校の劣等生』の千葉エリカなどの内山夕実さん。2005年にデビューし、20歳の時に一度引退、2010年に再度デビューという異色の経歴を持っています。今作においては可愛い見た目でありながら強大な力を持ついわゆる位の高い大精霊という難しい役どころを見事に演じていました。

【リゼロ】鬼がかった可愛さ・レムcv水瀬いのり

出典:http://re-zero-anime.jp

今作のヒロインの一人で、ロズワール邸の双子メイドの妹・レム。鬼族の生き残りであり高い戦闘能力を持ちながら家事、雑務全般をこなす万能メイド。姉のラムに対して敬愛するあまり自己評価が低い。献身的な性格で身内や心を許した相手には独占欲や依存心を見せる。圧倒的な正妻感で彼女とスバルが他の地で結婚しているifルートの番外編もファンの間では人気が高い。

レム役は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のヘスティア、『心が叫びたがってるんだ。』の成瀬順などの水瀬いのりさん。2010年にデビューし、多くの作品に出演、歌手活動もこなし、『あまちゃん』で女優デビューも果たしています。今作では感情をあまり出さない序盤から鬼化し、感情が暴走する様を見事に演じ切りました。

【このすば】クズマさん?いいえカズマです。佐藤和真cv福島潤

出典:http://konosuba.com

元ひきこもりのゲーマー、佐藤和真。女神アクアを道連れに異世界に転生した少年で、幸運以外全てのステータスが平均の基本職である冒険者。基本的に常識人だが楽して稼いで退廃的な暮らしがしたい、真の男女平等主義で女の子相手でもドロップキックを食らわせられるといった性格から彼を知るものからクズマやカスマと揶揄されている。その一方で個性的すぎるパーティーメンバーに振り回される苦労人

演じるのは『琴浦さん』の真鍋義久、『弱虫ペダル』の鳴子章吉などの福島潤さん。1998年にデビューし、今作が初の主演でアニメ二期が決定した時は感極まるほど熱い気持ちを持っています。アドリブが持ち味で会話で一人が喋っている時に全員黙っているのも不自然と、演じるキャラの性格を的確につかみつつ絶妙な合いの手を入れる演技は秀逸。またラジオなどでの高いテンションもキャラのイメージなどを大切にした結果という非常に真面目な性格で好感が持てます。

【このすば】宴会の女神?いいえ水の女神です。アクアcv雨宮天

出典:http://konosuba.com

カズマを異世界に導くつもりが道連れにされた水の女神・アクア。知力以外高いステータスを誇り、回復魔法や蘇生魔法を操る上級職アークプリースト。ただし知力が低いため後先を考えない、持っているお金を全部飲食に使ってしまう、空気が読めない事からカズマから駄女神呼ばわりされてしまう。宴会芸が得意。

アクア役は『一週間フレンズ。』の藤宮香織、『七つの大罪』のエリザベスなどの雨宮天さん。2012年デビューし、多くの作品でメインキャラクターを務めています。また麻倉もも、夏川椎菜と共に「TrySail」という声優ユニットを組んでおり歌手活動も行っています。今作では自身としては初めてのコメディに振り切った役柄で新たな魅力を発揮しています。

【このすば】あだ名?いいえ本名です。めぐみんcv高橋李依

出典:http://konosuba.com

高い魔力を持つといわれる紅魔族の女の子・めぐみん。紅魔族の中でも随一の魔法の使い手で爆裂魔法を操る上級職アークウィザード。しかし爆裂魔法は魔力消費が激しく一日一発しか使えず、しかも爆裂魔法以外使えないという非常にピーキーな魔法使い。また紅魔族とはいわゆる中二病集団で、彼女もかっこいいからという理由のみで眼帯を着用しているちょっとイタイ女の子

めぐみん役は『Re:ゼロから始める異世界生活』のエミリア役の高橋李依さん。両作品でメインキャラクターを演じているのは彼女だけで、またトーク力も評価されており『Re:ゼロから始める異世界ラジオ生活』では単独パーソナリティを務め、『この素晴らしいラジオに祝福を!』でも福島潤さんとパーソナリティを務めるなど両作品に深く関わっています。特に潤さんとわちゃわちゃしたトークは必聴です!

【このすば】ララティーナ?いいえダクネスです。ダクネスcv茅野愛衣

出典:http://konosuba.com

正義感の強い女騎士・ダクネス。非常に高い防御力を持つパーティー唯一の前衛職であり上級職クルセイダー。しかし不器用すぎるため攻撃が全く当たらないのに両手剣スキルなど攻撃系のスキルを取る気はなく、必死で頑張っているのに圧倒されるのが気持ちいいというドMクルセイダー。実は実家は大貴族で本名はダスティネス・フォード・ララティーナ

ダクネス役は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の本間芽衣子、『ノーゲーム・ノーライフ』の白などの茅野愛衣さん。2010年にデビューし、数多くの作品でメインキャラクターを務めました。また自身が声優を目指したきっかけである『ARIA』の最新作にも出演を果たしています。今作ではド変態でありながら貴族としての上品さを持ち正義感の強い頑固者という色んな属性を詰め込んだ役柄を見事に表現していました。

ギリギリを攻めた?両作品に出演の高橋李依による次回予告とは?


&feature=youtu.be
キャラ紹介の項目でご紹介した通り、高橋李依さんは『リゼロ』エミリア役と『このすば』めぐみん役と両作品のメインキャラクターを務めています。そんな彼女にしか出来ない次回予告が放送されました。問題の予告は『リゼロ』第18話「ゼロから」の次回予告で、なんとエミリアがめぐみんのセリフを話すというかなりトリッキーなものになっています。

というのも実はこちらのナレーション原稿は『このすば』の暁なつめ先生が書き下ろしていて、視聴者の間では大きな話題となりファンにとっては、さすが『このすば』の作者はやる事が違うというまさかのコラボになりました。実際、両作者が仲がいいからか両作品のファンは多く、このコラボは非常に好印象だったようです。

まさかのコラボ!両作品の魅力を詰め込んだ公式ファンブック!

出典:http://konosuba.com

そんな両作品のファンにとって夢のコラボが実現しました。2016年12月31日に発売されたファンブック『Re:ゼロから始めるこのすば生活』です。内容は暁なつめ先生と長月達平先生の対談に、両作品の主人公である『リゼロ』スバル役の小林裕介さんと『このすば』カズマ役の福島潤さんの対談、両作品に出演している高橋李依さんのロングインタビューなどファン必見の一冊です。

また、「メインキャラクターがお互いの世界観に行ったら」というifストーリーをコミカライズを担当している先生方が描き下しているなど盛り沢山の内容になっています。

このファンブックから両作者がお互いをリスペクトしていることやお互いの仲の良さ、出演陣の作品にかける熱い想いなどが感じる事ができ、どちらかだけのファンも両作品とも好きになる事間違いなしの内容になっていて必見です。個人的には両作者の性格がそのまま作品に出ているようで非常に面白かったです。

選べないからどちらも人気!『リゼロ』『このすば』の魅力!

さてここまで『リゼロ』と『このすば』の魅力を紹介してきました。ここまで世界観が似ている両作品、普通ならどちらか一方のみ人気が出るものですが、同じ題材でありながら『リゼロ』はシリアスでありながら要所要所で「息抜き回」のようなコメディがあり、『このすば』はコメディでありながら時々真面目に冒険をするというここまで作風が正反対であることが人気の秘密なのかもしれません。

『リゼロ』は2クールアニメ化され、『このすば』は1クール二期までアニメ化されました。どちらの作品も続編を期待されていますが、個人的には『リゼロ』には『ワンピース』のように丁寧にストーリーを追って頂き、『このすば』には『銀魂』のようにギリギリを攻めつつ長く愛される作品になってほしいと思います。アニメをアニメで例えるという邪道ではありますが今回両作品を紹介しそんな印象を受けました。

ぜひまだ読んだ事のない方、観た事のない方はどちらかではなく両作品とも手に取って頂きたいと思います。そうすればより一層それぞれの世界観が際立つこと間違いなしです!

Re:ゼロから始める異世界生活12 (MF文庫J)
長月 達平
KADOKAWA (2017-03-25)
売り上げランキング: 80
この素晴らしい世界に祝福を!12 オリジナルアニメブルーレイ付き同梱版
暁 なつめ
KADOKAWA (2017-07-24)
売り上げランキング: 37