阿部 真央 歌詞

阿部 真央の大人気ヒットソングの歌詞の意味について迫る

阿部真央 歌詞

Enter your text …阿部真央は

2008年にメジャーデビューしたシンガーソングライターです。ストレートな歌詞と共感できる部分が多くの話題を呼びました。女子高生や大学生に多くのファンを抱えていますね。そんな阿部真央さんの素晴らしすぎる楽曲と歌詞の意味について迫っていきたいと思います。

阿部真央 歌詞 ロンリー


この曲は大切な人のことをストレートな思いで歌った歌です。そのため、女性の純粋な寂しい気持ちや楽しい気持ちがあらわされています。

サビ部分にもあある「真夏の夜のロンリー」という歌いだしは、純粋に寂しくてたまらない女性の気持ちを表しています。そのまま、「狂いだしそうな」とうたわれているので、相当寂しい様子が分かります。そのまま、「アナタのキスに泣きたい」と言っているので、大切な人がすぐそばにいないことが分かります。

このことから、何らかの理由により、大切な人と距離が離れていて、どうしても会えないこと等身大の気持ちで表しています。それだけストレートなラブソングになっているといえます。

また、最後の方になると、「電話じゃ足りない アナタに会いたい今すぐ」という歌詞が出てきますが、このことから、毎晩電話で聞く声よりもやはり直接会いに行きたいという気持ちをうたっている。純粋な気もちと捉えられるほかに、遠距離恋愛の恋だったり、なかなか叶わない恋とも捉えられる。

純粋な女の子のピュアな気持ちが良く読み取れる歌詞といえるだろう

阿部真央 歌詞 ふりぃ

Enter your text …

この曲は、2008年にリリースされた阿部真央の代表曲ともいえる曲だ。これは、少女から大人になる葛藤を描いた歌詞である。曲の始まりである、「終電が行くよ、そんなこと知らない」というのは、親や周りへのちょっとした反抗にも捉えられる。

その反対に恋人と離れたくないというラブソングにも捉えられる一文だ。タイトルにもある「ふりぃ」というから「フリー」に自由にとらえられる。そのままサビに入ると、「譲れない、今を、このときを」という、大人になっていく過程を見事にわかりやすい表現にしている。

また、同様に恋人と離れたくない。今を一生懸命生きろ。というメッセージソングの様なものにもとらえることができる。十人十色の答えが思い浮かぶことができるのがこの曲の魅力なのだろう。

そのまま、「逃がすなよ今を」「感じろよ今を」と、阿部真央自身が自分自身に語るように、心の中でとらえるような強い言葉になっていく。

この曲が多くの若者の心をとらえ出世作になったのも納得のいく歌詞となっている。

阿部真央 歌詞 boyfriend

Enter your text …

2013年に発売された「boyfriend」です。これは、「アナタの恋人になりたいのです」と、両A面シングルとしてリリースされました。発売されて以来、多くの女性の心をグッと握りしめて離さない曲となっています。LIVEでも鉄板の1曲ですね。この曲をカラオケで歌えば、部屋の中はしっとりと仕上がるムードになること間違いなし。

そんな阿部真央渾身のラブソングともいえるのですが、一度聞くと、どんな人の心も打つと言って話題です。なぜなら、サビにある歌詞の部分に胸キュンしてしまう人が続出だからです。「思っても仕方ないのに」「望んではいけないのに」「だけどアナタにとっての特別は」「私だけであってほしい」という、ピュアな女性の心の心情が描かれています。歌詞の意味を訳すまでもありませんね。『いつまでもアナタの特別な存在でありたい。』という、女性の心をストレートでわかりやすい歌詞で歌っています。大切な人を思う強さが描かれています。

その言葉をゆったりとしたメロディーに乗せながら、阿部真央が歌っているのが人気の秘密なのではないでしょうか。阿部真央を代表するラブソングといえるでしょう。

阿部真央 歌詞 19歳の唄

Enter your text …

19歳というタイトルから分かるように思春期の葛藤をリアルに描いた楽曲になっている。少女が女性へと変わっていくこと、好きな人への思い、何かを探している自分がいることなど、阿部真央の心の中を壮大に冒険をしているようだ。

歌詞の冒頭にもあったように「息をしているのか否かもわからぬ日々に」「手に入れた自由を持て余し流されている」と綴られていますが、この世界で生きる目的を探している、あるいは、自分は何なのかという葛藤をうたっているようにも見える。

そのまま「幾度も夢を見ていた世界で歌うのは」「おそらくこんな僕ではなかった」とあります。これは、理想と現実が全く違う自分に苛立ちを覚えていることをうたっているのだろう。あるいは、落胆している、疲れ切っている様子とも捉えることができます、

そのままサビになると、「終わったりしない衝動」「止まったりしない衝動」と、心が爆発したかのように歌いだす。ストレスを発散しているようだ。ココから感じ取れるのは、まだまだ私は頑張れると言い聞かせているようにも聞こえる。そんな力強いナンバーになっているのだ。

阿部真央/母である為に


この曲の「母である為に」は、7thアルバムである「Babe.」に収録された一曲だ。阿部真央自身が結婚して、子供が生まれる直前に作られた一曲だ。ラブソングともいえ、阿部真央自身の子供に語り掛ける曲とも捉えられる。暖かい一曲で、子供が生まれてくる人は、ぜひ聞きたい曲だろう。

特に出だしの、「私があなたの母であるために」という始まりは、じんわりと締め付けられる思いがにじみ出てくる。そのまま、「アナタが寂しいとき」「側にいてあげられないかもしれない」と、優しく語り掛けるように歌いだしている。

しかし、サビになると、「だけど、母は幸せです」「アナタがいてくれて」と優しい言葉で話しかけている。これだけだと、阿部真央の優しいお母さん像にしか映らないが、「母はアナタの母になるためにまじめに貯金もします」と、どこにでもあるお母さん像をうたうことで、共感できる部分を作っています。

どんなお母さんにもあてはなる言葉がずらっと並んでいるのではないでしょうか。また、実家のお母さんを思い出してしまう。そんな心温まる一曲に仕上がっています。

阿部真央 歌詞 なめとんか

阿部真央の独り言のような歌詞が特徴の曲です。愚痴にも聞こえ、1回聞いたら頭から離れないメロディーが特徴的です。誰にでもあてはなりそうで、あるあるネタが詰まっている。

曲の初めの「別にどうでもいいよ、あんたなんて」と言い出しているが、「ごめんなさい」「許して」だなんてとうたっていることで2人の会話と読み取れる。そのまま、サビに入ると、「だって あんた捨てたんでしょ」「都合良いのね」「なめとんのか」と言っているところから、2人の会話が想像できる。

ラブソングにも聞こえ、阿部真央自身の体験談にもとらえることができる不思議な歌詞だ。また、強気に出ている「なめとんのか」なので、阿部真央自身の性格も読み取ることができるだろう。こんな風に阿部真央は怒るのかな?なんて想像力を書きたてることができるので、ファンの人は楽しむことができるのではないだろうか。

そのまま、その怒りは曲の終わりまで続いていく。そのため、怒り具合がよく伝わり、なおかつ盛り上がりを与えてくれるといった歌詞い仕上がっているのだ。

しあkし、謎なのが、「ハリケーンウォッシュ」。この単語がスッと頭に入りやすくなっているので、サビのメロディーも耳に残りやすくなっている。