【岡本和真】栄光の巨人軍・新4番候補をチェック!巨人の4番は日本の4番だ!

巨人の4番は日本の4番、つまりプロ野球の顔といっても過言ではない、世代交代が進む中、新4番候補として期待されている若き侍、岡本和真に巨人軍の4番を任せることができるのか!?ジャイアンツファンは待ち望んでいる岡本和真の飛翔を!

岡本和真ってどんな選手?

岡本和真は読売ジャイアンツに所属し将来の4番打者を期待されている選手です。1996年6月30日奈良県五條市出身の右投げ右打ちの内野手。岡本和真は3歳の頃から野球に携わっています。それは8歳年上の兄の影響によるものです。

2014年、高校通算73本塁打の(歴代9位)実績を引っさげドラフト1位でジャイアンツに入団した岡本和真は背番号を「38」としています。当時一軍の監督だった原辰徳氏と、ミスタージャイアンツこと長嶋茂雄氏の現役時代の背番号を合わせた数字です。原氏の提案によるものです。

背番号からも期待の高さを伺える岡本和真。2017年現在、阿部慎之助の次の不動の4番打者は未だ決定していないジャイアンツは現在生まれ変わろうとしています。脱皮したヤングジャイアンツを背負うのは岡本和真。岡本和真に迫ります!

巨人歴代4番との比較でわかる事実



ジャイアンツの4番は日本の4番日本の4番は世界の4番真のスーパースターの証。近年300試合以上巨人の4番であり続けたスターは2017年現在アレックス・ラミラス(511)、阿部慎之助(384)、松井秀喜(470)、落合博満(331)、原辰徳(1066)、王貞治(1231)、長嶋茂雄(1460)試合です。

錚々たるメンツです。このスター選手の中に岡本和真が新顔として2017年以降、新ジャイアンツの4番として君臨する可能性があるのです。高校通算本塁打数だけで比べると岡本和真はおそらくトップとなります。

スポーツ有料チャンネルなどの普及により、昔のように巨人だけがプロ野球の時代はもう終わりました。「ON」時代や、原、落合、松井時代とは全く異なる巨人の4番感。メディアなどから受ける強烈な重圧は幾分和らいでいるのでしょうか。

しかし筒香嘉智(横浜DeNA)、中田翔(日本ハム)、山田哲人(ヤクルト)などの強打者に代表されるように人気だけではなく実力こそ物を言う時代に切り替わりました。実力がなければ人気は出ない、岡本和真が生きる世代はそんな時代のようです。

本塁打王を取れ!

めぐさんに今年の絵馬の写真頂きました(^-^) ありがとうございます🙇😄 #岡本和真#絵馬

佳さん(@samuraig38)がシェアした投稿 –

多くのジャイアンツファンが巨人の4番に臨む姿はトリプルスリーよりも本塁打王や三冠王ではないでしょうか。一発で相手チームを黙らせ一発でファンを興奮の渦に巻き込む打者。ファンが描く巨人の4番像とは本塁打が打てて、チャンスで打てる打者です。

松井秀喜は何度となくテレビの前の我々を救い、球場にいる巨人ファンをまるで絶叫アトラクションに乗っているかのごとく、興奮させるプレーを連発してきました。「真のジャイアンツの4番」です。

岡本和真に多くを望まない、ただ本塁打王を取っていただきたい。2−1でチームが負けていれば逆転2ランを放ち、3−2で勝っていれば、ソロアーチで突き放し、とにかく誰にも手のつけようがない史上最強の本塁打アーティストになってもらいたいです!

柔の落合博満、剛の松井秀喜、本塁打アーティストは打球を広角に打ち分ける。岡本和真はどのような打者になっていくのでしょうか。まだ多くの人々は岡本和真の実力を知らないのです。2017年見せつけて欲しい。

岡本和真は結婚してる?嫁はだれ?

いよいよオープン戦が始める(^-^) 今日はしっかりテレビ応援(^-^) #岡本和真#ジャイアンツ

佳さん(@samuraig38)がシェアした投稿 –



2017年岡本和真が活躍する予感があります。その理由は人生最大で最愛のパートナーをゲットしたことにあります!岡本和真は2017年、新年早々結婚したことが報道されました。

2016年のクリスマスに婚姻届を提出し、神奈川県出身の化粧品会社に勤める一般女性とめでたくゴールインした岡本和真は「より野球に集中できる環境になり、責任感も出てきました。しっかり結果を出せるようガムシャラにやっていきたい」と語りました。

智弁学園の4番打者として夏の甲子園に出場。偶然試合を観戦していた一般女性と縁あって顔を合わせることになった岡本和真、プロ入団後、都内の化粧品店で再開した二人、岡本和真の同店通い詰めアタックで彼女のハートを射止めたのだとか!お二人ともお幸せに!

岡本和真の年俸推移をチェック!

それでは将来のジャイアンツの4番を期待されている和製大砲・岡本和真の年俸推移を見ていきましょう。岡本和真は高校野球の名門奈良県智弁学園高校から2014年ドラフト1位でジャイアンツに入団しました。

契約金は8000万円年俸は1000万円でした。高校通算73本塁打を放った岡本和真は2015年二軍での出場が多くなりました。岡本和真の一軍デビューは同年8月28日対中日ドラゴンズ戦、代打での出場でした。

プロ初本塁打は同年9月5日の横浜戦でした。巨人の高卒新人が本塁打を記録したのは1993年の松井秀喜以来22年ぶり、1年目通算打率.214、1本塁打、4打点年俸は1400万円となりました。

プロ2年目は二軍で4番に固定され、18本塁打を放ち、74打点で打点王を獲得するも、一軍戦はわずかに3試合のみの出場となった岡本和真は200万円減俸の1200万円で契約を更改しました。

岡本和真2017年成績予想!



最後に岡本和真の2017年を予想していきたいと思います。レギュラー争いが熾烈なジャイアンツなだけに、誰もが黙って試合に出られる訳ではありません。特に若手の岡本和真はアピールが必要です。

岡本和真のポジションはどこになっていくのかまだ定まっていないようです。キャンプなどでは左翼手や、一塁手、三塁手を練習していたようですが、とにかく岡本和真は与えられた機械に結果を残していくしかないようです。

最初は代打での出場が多くなると思われる岡本和真は、シーズン途中レギュラーを勝ち取り100試合を出場し、打率.258、18本塁打、56打点という成績を残してくれそうです。あくまでも最低基準ですのでもっと良い成績を残してくれることを期待したいです!岡本和真選手には真のジャイアンツの4番を目指して頑張ってもらいたいです〜!