【ワンピース】ゴールドだらけの最新作!フィルムゴールドを解説!

ワンピース13作目の劇場版「FILM GOLD」はタイトル通り、内容もゲストも全てがゴージャス!「FILM GOLD」のゴージャスっぷりを解説します!

13作目の映画は全てがゴールド仕様!


2016年7月に公開された劇場版ワンピースの13作目「フィルム・ゴールド」その中身はゴールド!ゴールド!ゴールド!だらけでゴージャス!パンフレットも内表紙が全面ゴールド仕様!そしてゲスト声優陣も超豪華メンバー!

宣伝だってゴージャスですよ!コンビニエンスストアの企画、各メーカーとのコラボ商品の販売、ラッピングバスも走行しましたね。読売新聞では9種類の大判パノラマの折り込み広告が話題になりました。


公開45日で興行収入50億越えという数字もゴージャスですよね!ナミの元ライバルとの再会や革命軍のメンバーが新たに発覚したり、カーチェイスに思わず唸るトラップの数々、と内容もファンの期待を裏切りません!

もちろん、戦闘シーンも迫力爽快!かっこいい麦わらの一味が観れます!とにかく月並みですが、最初から最後まで目が離せないんです!一瞬でもよそ見するのがもったいないです!そんなゴージャスなゴールドだらけのFILM GOLDを一挙解説しちゃいます!

FILM GOLDのゲスト声優はこの人たち!

ワンピースの劇場版には毎作品、人気の大物俳優がゲスト声優として参加していますよね。今作品は一体どんな俳優さんが参加したのでしょうか? 早速ご紹介します!

カリーナ役/満島ひかり

満島さんは実はワンピースTVシリーズの二代目のオープニング曲を歌っていたFolder5のメンバーの一人だったんです。ということでワンピースに関わるのは今回で二度目なんですね。今回も泥棒兼歌姫ということで可愛らしい歌声を披露してくれていますね。

タナカさん役/濱田岳

濱田さんが演じたのはタナカさん。顔がちょっと濱田さんに似てなくもないような‥。そしてタナカさんと言えば「するるる」というあの独特な笑い声ですよね。収録一発目の「するるる」は流石にちょっと恥ずかしかったらしいですよ。

バカラ役/菜々緒

菜々緒さんは声のお仕事は2年振り、アニメでは初めてだったそうです。緊張しすぎて疲れたそうですよ。でもバカラの色っぽさや「ラキラキの実」でいつでも幸運になれるという自信過剰な感じがよく出ていましたよね!

レイズ・マックス役/北大路欣也

こんな大御所が!という配役ですよね。北大路さん、前日から気合を入れて参加したそうです。アフレコには服装からレイズ・マックスを意識して、昔購入したサングラスも出してきて挑んだそうですよ。

ホワイトジャック役・店主役/竹中直人

竹中さんは10作目の劇場版で金獅子のシキ役をされてましたよね。ワンピースは結構重要キャラをやっても別のキャラで二役三役される事が度々あるんですよね。特徴のある声なのにシキを感じさせないのは流石です。

ダイス役/ケンドーコバヤシ

ダイスはすごく怪力で男臭いのにマゾヒスト。キャラ作りとして今までにないようなねっとりとしたイヤらしさを監督から求められたのだとか。見事に憎めないキモさを演じてらっしゃいましたよね。

ケントビーフジュニア役・相棒ポーク役/古田新太

古田さんも実はワンピースに関わるのは二度目です。前回は2014年のTVスペシャル「ONE PIECE “3D2Y”エースの死を越えて!ルフィ仲間との誓い」に出演されていたんですよ。当時その実力を田中真弓さんが絶賛していました。

ジミー・マイヤーズ役・赤目フクロウ(16匹)役/コロッケ

劇中に出てくる金庫への道を守る赤目フクロウ。実は16匹もいたんですねぇ。しかもコロッケさん、あの16匹全て声を分けているそうですよ。同じに聞こえるそこのあなた!何度も見返してみましょう!

他にも三村マサカズ、オカリナ、ナダル、三宅正治アナ、小栗旬、佐藤ありさ、武田玲奈、成田凌、西野七瀬、三吉菜花と人気の俳優やアイドルが参加しています!脇役まで手を抜かないのがワンピースですよね!https://youtu.be/bZAhpI01dKU

大ヒットした主題歌「怒りをくれよ」をご紹介

「怒りをもっとくれぇ〜!」のフレーズが印象的な主題歌「怒りをくれよ」を歌っているのはGLIM SPANKY!女性Vo&Gtの松尾レミと男性Gt亀本寛貴からなる新世代ロックユニットです!

今回GLIM SPANKYが抜擢されたのは尾田先生がラジオで聞いた歌声に「瞬間から惚れた!」ことがきっかけ。確かにあの声、スパンッ!と耳に入ってくるかっこ良くて魅力的な歌声です!

映画の主題歌「怒りをくれよ」のコンセプトは「ジェットコースターや嵐のように、パッと聴いて衝撃の与えるもの」確かに颯爽としていてテンションの上がる曲ですよね!止まらない勢いでどんどん盛り上がっていく映画の内容にピッタリです!

みんなもう観たよね?FILM GOLDのネタバレをしちゃいますよ

今回の敵はお金に取り憑かれた悲しい悪人ギルド・テゾーロ

元海賊で黄金を自在に操るゴルゴルの実の能力者とにかくお金が全てという考えの持ち主で桁違いの大金持ち。そして自分より先に笑ったという理由だけで命を奪うような冷徹非道な男です。

しかし、こうなるには悲しい訳があったんですね。お金がないせいで病気の父親を救えず、母からも愛されない子供時代。家を飛び出せば友達に裏切られ、ようやく見つけた愛する人もお金が足りず救えなかった。

本当はその愛する人にもっと別な大切なことを教えられていたのに、それに気づくことができず、どんどんと「金さえあれば」と歪んだ人格になっていったんですね。悪いやつなんですけど、悲しいやつなんです。

ナミの泥棒時代のライバル、カリーナが可愛い!

今作にはナミ泥棒時代のライバルだったカリーナという女性が登場します!すごくキュートな女の子ですね。グランテゾーロに歌姫として潜入し「テゾーロ・マネー」を狙っている大泥棒です!

さすがはナミのライバル!優しい一面も持ち合わせながらきっちりと頂くものは頂く。「やられた!」と感じてもどこか憎めない、そんな女の子でしたね。ワンピースはほんとにキャラ作りがうまいですよね。

敵の幹部が個性的過ぎて憎めない

毎度個性的な敵キャラが登場するワンピースですが、FILM GOLDの敵キャラもインパクトの強いキャラが勢ぞろいでしたね。タナカさんなんてもう見た目から凄いですよね。あの顔のデカさ!

「するるる」という笑い方もついモノマネしてしまいそうです。バカラは絶世の美女だし、ダイスはあの外見で、ゾロも思わず引くほどのドM!最後は声も出ないくらい気持ちよくしてもらってましたね(笑)

今回も一味のお着替えが楽しい!

劇場版の楽しみの一つ劇場版オリジナル衣装!今回も船上服、カジノ服、戦闘服、変装服、と盛りだくさんです!カジノ服はゴールドが引き立つホワイトを基調にしたデザインで、みんなゴージャスになってましたよね!

戦闘服はカジノ服とは対照的に引き締まったブラック。気分も引き締まる感じですよね。ゾロのカジノ服は戦闘服の上にベストとジャケットを羽織ったスタイルでした。あ、そういえば今回は腹巻見なかったなぁ‥。なぜか物足りなさを感じてしまうから不思議ですね(笑)

そして変装服はサンジ、ナミ、ウソップ、ロビン、ブルック、チョッパーでしたね。清掃員と天竜人のコスでしたが、清掃員と言うより家政婦さんって感じで可愛かったです。天竜人のブルックは怖すぎでしょう!(笑)

今回ゾロは‥でもやっぱり良いとこ持ってくよね

今回はゾロ救出という珍しい展開になっています。ゾロが捕まって動けない、という状況は今までに殆どなかったんじゃないでしょうか?映画の初頭から後半までゴールド漬けにされて動けない状態なので、総合すると出番は少なかったかもしれません。

でも復活してからの爆発したかのような存在感はすごいですよ。一挙一動がカッコイイ!たとえ出番が少なくてもやっぱりゾロはゾロですね。あの戦闘シーンでファンを一気に満足させてくれたのではないでしょうか?

隠れキャラを探せ!!意外なキャラが出演してるらしいですよ!

実はこのFILM GOLDにはワンピース本編でお馴染みのキャラが隠れ出演しているんです!観た方、もう気付いたでしょうか?そのキャラとはヘラクレス、ワンゼ、アブサロム、ゲダツ、パッパグ!など7人!全員見つかりましたか?

「やっぱり一味勢揃いが1番良い」を実感!

この映画が上映される前のドレスローザ編から麦わらの一味は全員が揃っていない状態になっていますね。2年前にクマによってバラバラに飛ばされて以来、こんなにバラバラになるのは初めてのことです。

そんな中、映画で久々に一味が揃って会話して、共闘して、という状況はファンにも感慨深いものがありましたよね。もちろん麦わら声優陣も久々に現場に9人が揃った事には色んな想いがあったようですよ。

「やっと揃った!」という安心感や誇らしさ、お互いの存在の大きさを改めて感じたようです。こんな裏エピソードもファンにとってはとても嬉しいものですよね!ワンピースは表も裏も絆があって良いですね!

それにしても改めて画面で一味が揃って戦う姿はやっぱり嬉しいものです!ファンが語る映画の感想の中には、一味が揃っていることに感激したという声も多かったですね!早く本編の方でも一味全員が揃って欲しいですね!