米津玄師のアルバムを一挙レビュー!至極の名曲に陶酔する

今注目を浴びている多才アーティスト米津玄師がリリースしているアルバムを一挙レビューしちゃいます。みんなが知る名曲からファンが推す名曲まで盛りだくさんなので米津玄師を聴き始めたい!と思っている方是非参考にしてみてください!

「天才」米津玄師

出典:http://reissuerecords.net

Perfumeや、きゃりーぱみゅぱみゅをプロデュースする中田ヤスタカとのコラボ曲を作ったり、手がけた楽曲がアニメ・映画の主題歌として起用されたりと、今ますます注目が集まっている米津玄師

1度聞いたら耳から離れない、いろんな方向から飛んでくる音の世界と、心をぎゅっと掴まれるような深い歌詞が、聴く人を虜にさせています。歌声も柔らかく優しく歌い上げていて聞いていて落ち着く曲もあれば、楽曲によってはとりつかれてしまいそうな不思議な歌い方をすることもあります。聴く人を飽きさせないそんな曲を手がけているアーティストです。

また、イラストライターとしても人気があり、自身のCDのジャケットを手がけたりイラスト本やグッズ、ミュージックビデオを手がけることもあります。

曲と同じく、繊細な線で書き込まれた独特の世界観たっぷりのイラストについ目がいってしまいます。

さらに、「LOSER」のミュージックビデオではダンスも披露しており、いろんな方面から才能を発揮させる”天才アーティスト”として世間を騒がせています。

米津玄師のアルバム徹底レビュー

diorama

出典:https://www.amazon.co.jp

米津玄師名義として1枚目のオリジナルアルバムです。インディーズ盤として発売されていますが、オリコン週間、月刊アルバムチャートではトップ10にランクインしたことで注目を集めました。

「街」に関する物語を1曲1曲表現していて、米津玄師の世界を味わえるアルバムになっています。中でも自身がイラストを手がけている「vivi」や「ゴーゴー幽霊船」は、評価が高くファンに好きな曲は?と聴かれると最初に上がってくることが多い楽曲です。

個人としては、「乾涸びたバスひとつ」や「心臓放映」の世界がとても好きで、聴いていて世界がトリップしたような不思議な感覚になります。

全14曲入りで、激しい曲からしっとりしたバラードまでバラエティあふれる作品になっています。ハチ時代の曲が好きな方も楽しめる1枚です。

YANKEE

出典:https://www.amazon.co.jp

iTunesの年間ランキングにて、ベストアルバム受賞を得た2枚目のアルバムです。

中でも東京メトロソングとして起用された「アイネクライネ」は米津玄師自身がミュージックビデオのアニメーションを手がけておりクオリティの高さも注目されました。優しい気持ちになれる「眼福」不思議な音の組み合わせがクセになる「ポッピンアパシー」などが個人的に好きな楽曲です。

また、シングルとして出していた「サンタマリア」もボーカルのみ再録。

全15曲でハチ名義で投稿したVOCALOID楽曲をセルフカバーした「ドーナツホール」も収録されています。

こちらVOCALIDバージョンは、youtubeやニコニコ動画にて視聴することができます。ミュージックビデオも自身が手がけているので魅力的なイラストにも注目して欲しいです。

Bremen

出典:https://www.amazon.co.jp

ブレーメンの音楽隊」をイメージした楽曲「ウィルオウィスプ」はアルバムの要。音が入り混じる派手な楽曲というよりは、米津玄師のいいところだけと引き抜いて作ったシンプルな楽曲が多いです。

メトロノーム」では、自身のイラストでアニメーションを作成しており「アイネクライネ」同様米津玄師ファンには堪らない作品になっています。

個人的には、聴いていて心地のよいリズムの「ミラージュソング」やつい口ずさんでしまう「フローライト」が好きです。

全14曲入りで、シングルとして発売された「Flowerwall」や「アンビリーバーズ」が収録されています。初回限定盤には、ミュージックビデオがついている映像盤。ブックレットがついていて飾っておきたくなる紙ジャケットが魅力的な画集盤があります。

花束と水葬

出典:https://www.amazon.co.jp

ハチ名義としてリリースされている1stアルバムです。初音ミクなどのVOCALOID楽曲が収録されていて、米津玄師の原点を楽しむことができます。VOCALOIDに馴染みがない方も、米津玄師の世界と一緒に堪能できるので是非聞いて欲しい1枚。

アルバムのタイトルにもなっている「花束と水葬」や「clock lock works」など、おとぎ話の中にいるような感覚になる曲が魅力的です。全9曲入りです。

クロスフェード動画がニコニコ動画にて閲覧できます。

OFFICIAL ORANGE

出典:https://www.amazon.co.jp

ハチ名義としてリリースされている2ndアルバムです。ニコニコ動画にて、圧倒的な人気を集めた「マトリョシカ」や「パンダヒーロー」が収録されています。

全12曲入りですが12曲目の「遊園市街」はVOCALIDを使用せず米津玄師自身が歌唱したものが収録されているので是非注目して欲しいです。

ジャケットや、歌詞カードのイラストともに本人が手がけていて不思議なイラストの世界観を楽しむことができます。また、復刻リイシューとして発売されているものと音源は変わりません。

使用VOCALOIDは、「初音ミク」「巡音ルカ」「Megpoid」の3種類です。個人的には、歩きながら聴きたい「ワンダーランドと羊の歌」や「リンネ」など対のある世界を詰め込んだ曲が並んでいるところがとてもアツイです。

いろんなところから音がなる米津玄師ならではの魅力をたっぷり詰め込んでいるアルバムになっています。

サンタマリア

出典:https://www.amazon.co.jp

米津玄師名義として初のメジャーシングルとしてリリースされた楽曲です。歌詞カードや、ミュージックビデオのイラストも米津玄師自身が手がけています。バンド体制での楽曲になっていて、少し違った米津玄師の楽曲が楽しむことができます。

タイトルの「サンタマリア」の他に「百鬼夜行」「笛吹けども踊らず」が収録されていて、いろんな方向から飛んでくる音や歌詞が心地よいです。

サンタマリア」は、ファンの間でもかなり反響を呼んでいてカラオケで歌う方もかなり多いです。落ち着いて歌っているのに、集中して聴いてしまうそんな楽曲です。

MAD HEAD LOVE / ポッピンアパシー

出典:https://www.amazon.co.jp

MAD HEAD LOVE」は、ポップチューンになっていて明るい気持ちになれる曲です。2人きりの世界で愛情の殴り合いを表現していて、愛の価値観を考えさせられます。明るく歌い上げていますが、歌詞が深く歌詞カードと一緒に聴きたい楽曲です。こちらは、バンドサウンドでの制作になっていて「サンタマリア」と同じ雰囲気を感じます。

また「ポッピンアパシー」は、電子音や人の声、楽器の音など頭の中をごちゃごちゃと駆け巡るジェットコースターのような楽曲で聴いていてとても楽しい気分になるので好きです。

ミュージックビデオでも、曲の雰囲気を表現していて目と耳で楽しむことができます。3曲目の「鳥にでもなりたい」は、連れてって。って部分の歌い方がとても気持ち良いです。

大切な人の故郷を知ってみたいなという気持ちになります。素敵な楽曲です。

Flowerwall

出典:https://www.amazon.co.jp

Flowerwall」「懺悔の街」「ペトリコール」の3曲入りシングル。一眼レフ「ニコン D5500」のCMとして起用されたことでも注目を浴びていました。

いろんなカラーの花が咲いている綺麗なミュージックビデオも素敵です。聞いているだけで情景が浮かんでくる3曲が収録されていて濃厚な1枚です。

アンビリーバーズ

出典:https://www.amazon.co.jp

夜の中で旅をする様子を描いた楽曲です。ミュージックビデオには、不思議な生き物が出てきて奇妙なダンスをするところが魅力的です。MIZUNOの「WAVE ENIGMA 5」のCM曲としてタイアップがついています。

旅人電燈」「こころにくだもの」が収録されています。「こころにくだもの」は、子供心をくすぐるような歌詞に注目して欲しいです。

LOSER / ナンバーナイン

出典:https://www.amazon.co.jp

全3曲入りの5枚目に発売されたシングルです。ダンスに挑戦して話題になったミュージックビデオの「LOSER」も収録されています。「ナンバーナイン」「amen」ともに、どこか夜の中に光るクールが楽曲になっています。

アルバムの中にあるようないろんな音がする曲とは正反対で、落ち着いた米津玄師の世界を堪能することができるシングルになっています。

orion

出典:https://www.amazon.co.jp

TVアニメ「3月のライオン」のエンディングテーマとしてリリースされた楽曲です。全3曲入りで、「orion」の他に「ララバイさよなら」「翡翠の狼」が収録されています。

orion」は、タイトル通り星にちなんだ曲になっていてアニメの中の物語とマッチする歌詞が特徴的です。難しい言葉を並べているわけではないのに、すっと物語が入ってくる楽曲になっていて今まで米津玄師を聴いたことがない方も聴きやすい楽曲になっています。

米津玄師ワールドは終わらない!

出典:http://reissuerecords.net

新しい楽曲をリリースする度にどんどん進化していく米津玄師。次々にタイアップやリリース予定も追加されていっています。あっと驚くような音の組み合わせや、しっとり優しい気持ちになれるバラードまで1人の楽曲でここまで魅了してくれるアーティストはなかなかいません。

今後も、広がり続ける米津玄師ワールドに注目していきたいです。

YANKEE (通常盤)
YANKEE (通常盤)
posted with amazlet at 17.03.25
米津玄師
ユニバーサル・シグマ (2014-04-23)
売り上げランキング: 275