デブライネはマンチェスター・シティの心臓!進化し続けるアタッカーの魅力とは?

速攻を得意としているベルギー代表デブライネのペップグアルディオラ監督の元で新たな才能を開花させた?少し怪我しがちなガラスの少年について迫ります。

デブライネの私服は結構いつもラフ!理由は子育てため?

Where life begins and love never ends🙏🏼👪❤️ so lucky to have these 2 in my life👶👱 #lovelovelove #family #home #allthatmatters

Michèle Lacroixさん(@lacroixmichele)がシェアした投稿 –

※メイソン君を肩車しているパパデブライネ。デブライネが24歳の時、自身より3歳下のミシェル・ラクロアさんとの間に誕生したメイソン・ミリアン君。InstagramやTwitterでデブライネがメイソン君を抱っこしている姿をよく見る事があります。いわゆる育メンてやつですね。それでいつも服装がカジュアル、良く言えばカジュアルいや、これはラフです。愛するわが子のメイソン君と遊びやすいように動きやすいようにいっつもラフ!それにしても、デブライネ自身が童顔なので子供が子供抱っこしてるようにも見えます。笑

そんな幸せなデブライネには昔ツライ過去がありました。前の彼女が同じベルギー代表でチェルシーのGKクルトワと浮気していた(されていた)なんともツライ過去があったのです。しかもこの彼女には、「寂しい思いさせたアナタが悪い!」と逆切れされたんです。なんて女だコイツ!と私と同じように思った人は多いでしょう。

Our first Christmas together. Want to wish all you guys a happy Christmas 👪@lacroixmichele

Kevin De Bruyneさん(@kevindebruyne)がシェアした投稿 –

※写真でも奥さんのドレスアップ姿に比べてデブライネのカジュアルな服装GパンにロンTこれはラフ。笑ツライ過去を乗り越えて、出会ったミシェル・ラクロアさん。デブライネは意外にもロマンティックなんです!プロポーズの場所はパリのエッフェル塔の前でのプロポーズ。凄い素敵な場所でそんな簡単に出来る事じゃありません。男としてカッコよ過ぎます。まぁーぶっちゃけ前の彼女より断然ラクロアさんの方が綺麗だし。こっちで間違いないよデブライネって感じです。

最近1歳の誕生日を迎えたメイソン君、1歳にしては結構身体が大きいと思います。これからも2人の愛を受けながらすくすく育ちお父さんと同じサッカー選手になるのかな?とあまりにも早いですが、今からメイソン君の未来に期待してしまいます。

デブライネのお気に入りのスパイクはこれだ!

Elite by name, elite by nature. Inspired by the world’s best, get the Elite Pack on August 14 in the Nike Football App. — #Magista #Nike #Training

Nike Football (Soccer)さん(@nikefootball)がシェアした投稿 –

※NIKE マジスタ オブラ II AG-PROこのスパイクはNIKEの「エリートパック」とゆうモノでNIKEに一流と認められた選手に与えられたスパイクです。その中でもデブライネが履くこのモデルは素早い回転動作などの小回りが利きやすい、ドリブルの得意なデブライネにぴったりのモデルだと思います。昔から、デブライネはくるぶし部分まで隠れるタイプのスパイクが好きなようで、写真からもわかるように今でもくるぶし部分まで隠れるNIKEのスパイクを愛用してます。

エリートプレイヤーにとって、トップレベルに到達することは始まりに過ぎない。常に進歩し、常に勝利することを貪欲に追い求め、だれよりもトレーニングに打ち込み、だれよりも速くプレーすることに執着する。どんな相手にも勝利する彼らのために誕生したのが「エリートパック」だ。

 FWクリスティアーノ・ロナウドやFWネイマール、FWロベルト・レワンドフスキ、MFマリオ・ゲッツェ、MFケビン・デ・ブルイネらピッチの上で輝くエリートプレイヤーたちが着用する「エリートパック」をキミも手に入れろ――。彼らのマインドを感じ、エリートたちの仲間に加わることで、ピッチの支配者となれ。

出典:http://web.gekisaka.jp

このNIKEの「エリートパック」に選ばれなかった選手が、自分が選ばれなかったのはおかしい!とNIKEとのスポンサー契約を延長しなかった話もあるぐらいなので、この「エリートパック」に選出されたデブライネは簡単に言えばNIKE選抜みたいな感じです。同じベルギー代表からはチェルシーのエデン・アザールも選出されていて。2人ともワールドクラスのプレーヤーなのは間違いないですし、選出された事でデブライネ自身もワールドクラスの選手なんだと自信を持ったのではないでしょうか?

デブライネは移籍金の100億円に見合う活躍はできている?



2015年8月30日移籍金はイングランドプレミアリーグマンチェスター・シティのクラブの歴代最高額となる5500万ポンド (約100億円) 背番号は17番。マンチェスター・シティ加入後、すぐにベルギー代表代に合流してEURO2016予選へ出場しました。そこからの近々の試合でベルギー代表、マンチェスター・シティでのリーグ、カップ戦合わせて14試合で9得点7アシストと16ゴールに絡む大活躍!ベルギー代表にもマンチェスター・シティにも欠かせない選手だと結果で見せました。

マンチェスター・シティ加入後はチーム戦術もしっかり把握してスタメンに定着しました。これほどの移籍金であればもの凄い期待されるプレッシャーの中で、チームにフィットするまでに多少時間がかかったりすることが多いのですが、デブライネは移籍後順調にチームに馴染む事が出来ました。その理由のひとつにベルギー代表のキャプテンでもありマンチェスター・シティのキャプテンでもあるDFリーダーのコンパニの存在は大きかったのだろうと感じました。

We did it!!!

Kevin De Bruyneさん(@kevindebruyne)がシェアした投稿 –

ここまで読んで頂いてるとデブライネの凄さが伝わっていると思います。振り返って簡単に言うとサッカー界のNIKE選抜に選ばれ移籍金は約100億円間違いなく今現在でもスター選手のひとりですし、これからのサッカー界の中心になるひとりだと思っています。

実力もお金もあるスター選手のひとりですが、このデブライネはもの凄い謙虚なんです!謙虚という言葉しか見つからないぐらい、しつこいようですが本当謙虚なんです!想像を遥かに超えた大きな移籍金でマンチェスター・シティに移籍してきました。このような大きなクラブチームにはスター選手は沢山居るし、その中で結果を出し続けないといけないですよね?ですが

『僕はスターになりたいわけじゃない。ただ上手くプレーしていたい。ただピッチの上で自分のすべきことをして、チームを助ける。』このコメント、謙虚すぎませんか?ビッグなサッカー選手のひとりなのに、全然オレオレしていない。(笑)顔からもにじみ出ている良い人な雰囲気。これもデブライネを愛する理由のひとつでしょう。

デブライネの過去と今!同じ青いユニフォームでも違うのだ!

デブライネのプロ生活は2008年に母国ベルギーのKRCヘンクからスタートします。母親の生まれ故郷であるロンドンの強豪プレミアリーグのチェルシーに2012年移籍。5年半の契約だが、最初の半年は引き続きレンタルという形で元のチームKRCヘンクに所属する事に。その後もドイツブンデスリーガのブレーメンにレンタル移籍。レンタル先で得点アシストを量産し活躍!1日でも早くプレミアリーグでの活躍をデブライネ自身も楽しみにしていたと思います。

レンタル先での活躍が認められ2013年チェルシーにやっと復帰することが決まりました!ですが、たったの3試合しか出場してないのです。チェルシーはポジション争いにおけるプレッシャーに対処できなかった。と説明しました。

チェルシー時代とマンチェスター・シティでの今。

Can't wait till new season @kalle14 #chelsea #chelseafc #goals

Kevin De Bruyneさん(@kevindebruyne14)がシェアした投稿 –

「僕は出て行きたいと言ったんだ。例えトレーニングでよくなっても、全くプレーさせてもらえなかったからね。だから、僕個人にとっては、出るほうがよかった」とその当時チェルシーの監督だったモウリーニョの戦術と合わなかったんだろう、しかもこの時のチェルシーが何をしても全く上手く行かない状態だったのも理由のひとつ。逆にデブライネに期待し過ぎていたんじゃないかと感じました。

今現在のデブライネはやっぱり最高にサッカーを楽しんでる(観てるコッチも楽しませてくれる)選手です。マンチェスター・シティでは、チェルシーで上手くいかなかった過去を忘れさせてくれるような活躍です。特にチェルシー戦はいつもより気合が入ってる印象もありますので、マンチェスター・シティVSチェルシーの試合の観方をデブライネ目線で楽しんでみるのも面白いです!

怪我からの復活!相棒シルバとデブライネの阿吽のコンビネーション。

What a feeling, great to be back!

Kevin De Bruyneさん(@kevindebruyne)がシェアした投稿 –

デブライネの相棒はスペイン代表のシルバです。この2人のパス交換は練習中でも試合中でも本当に楽しそうで。2人しかわからないパスのタイミング。天才同士のリズムみたいなモノがあるんだろうと感じます。この2人のワンツーは『セクシー』と言われるぐらいです。マンチェスター・シティの攻撃パターンで、ボールを奪って攻撃の時速攻ならデブライネ。遅攻ならシルバ。

2人だけでどうにかする訳ではなく、チームメイトを活かしながら時にはお互いがゴールを狙うフィニシャーにも。速攻をさらに加速させるデブライネ、遅攻でもチームを活性化するシルバ、この対照的な2つの攻撃がマンチェスター・シティの心臓なんです!

ペップグアルディオラ監督の元で新たに開花させた才能とは?

The Boss.

Manchester Cityさん(@mancity)がシェアした投稿 –

デブライネの魅力は、左右どちらからでも強烈なシュート。パスも短長関係なく性格に出せますし、なんと言っても力強いドリブルは間違いなくワールドクラスです!なので今までベルギー代表やクラブチームでのポジションはトップ下かサイドハーフでデブライネの得意な攻撃的な部分を全面に出してきました。

名将ペップグアルディオラの元デブライネがやった事ない新しいポジション『インサイドハーフ』にチャレンジした事で、今までよりさらにチームの状態を把握し。今何するべきか?がわかる選手になってきたと感じます。それにいつも隣に相棒のシルバが居る事でペップグアルディオラの得意のポゼッションサッカーでも輝ける選手になりました。

これからも名将ペップグアルディオラの元で、デブライネの新しい才能が沢山引き出される瞬間があると思うと楽しみです!

WCCF/16-17 / WOM2/ケビン・デ・ブライネ
セガ
売り上げランキング: 12,919