【筒香嘉智】三冠王に最も近い男がもたらす・横浜DeNAベイスターズ優勝への道!

2016年本塁打と打点の二冠王に輝いた筒香嘉智。ベイスターズを18年ぶり、親会社がDeNAになってからは初めての優勝に向かって筒香嘉智は2017年シーズンも球界最強バットマンとしてベイスターズの4番に座る。そして2004年松中信彦(当時ダイエーホークス)以来の三冠王に向けて筒香嘉智が始動する。

筒香嘉智!2009年ドラ1の魅力に迫る

ハマの「ゴジラ」というよりハマの「筒香」といった表現の方が彼にとってふさわしいのではないだろうか。筒香嘉智は誰もが認める日本プロ野球を代表する4番打者へと成長を遂げた。ゴジラの異名は元巨人でアメリカ・メジャーリーグでも活躍した松井秀喜2世的な表現だった。

しかし筒香嘉智はもう誰かに比喩されるような選手ではなく、誰かが比喩される側の選手になったのだ。数字上で筒香嘉智は松井秀喜を超えたのかというと、プロ7年の記録を比較した上では松井秀喜に軍配があがる。

筒香嘉智はプロ7年で110本の本塁打に対し、松井秀喜はプロ7年目終了時点で204本の本塁打を放っている。しかし日本を代表する4番打者といった観点で見ると多くの人々は筒香嘉智をプッシュするのではないだろうか。

松井秀喜は確かに凄い、もしアメリカに行かなければ通算本塁打数において王貞治(868本)にもっと近づいていたに違いない。2017年、筒香嘉智は一体、何本の本塁打を放つのだろう?今日本人打者で王貞治、松井秀喜を超える次なる若者として世界中から注目されている筒香嘉智に迫る!

ホームランアーティスト筒香嘉智が熱い!



横浜の街のビルにデカデカと立つ筒香嘉智。横浜スタジアムに足を運ぶお客さんの多数は筒香嘉智のホームランを観るために関内駅を下車する。今横浜の街ではホームランアーティスト筒香嘉智が熱いのだ!

2016年シーズン44本塁打を放ち、110打点を挙げ、2冠王、打率も3位と三冠王まであとわずかだった筒香嘉智。2015年シーズンは24本だった本塁打数に対し筒香嘉智は約2倍の本塁打を量産した。

野球の花形といえばホームラン。筒香嘉智が打席に入ると何かが起きそうな予感がする、きっと筒香嘉智なら打ってくれる、それが4番打者だ。2017年、世界を相手に行われたWBCにおいても日本代表の4番を任された筒香嘉智。

日本代表の試合においても筒香嘉智は、臆することなく3本の本塁打を放ち、世界中に日本の4番に筒香嘉智あり!を大いに見せ付けた。兎にも角にもプロ野球は今、筒香嘉智がリアルに熱いのだ!

進化する筒香嘉智のバッティングとは?

世界一奪還。 #WBC #日本代表 #筒香嘉智 #世界一奪還

今井悠貴さん(@yuuki011225)がシェアした投稿 –



筒香嘉智の打撃はまだ進化の途中である。プロ1年目は1本、2年目は8本、3年目が10本、4年目が1本、5年目が22本、6年目が24本、そして一昨年が44本のホームランを放った筒香嘉智

4年目は怪我により出場試合数23試合としたが、着実にホームランを増やしつつある筒香嘉智。2015年の24本から2016年の44本へとホームランが増えた理由の一つに逆方向への当たりが増えたことにある。

筒香嘉智は左打者なので逆方向とは左翼方向。2016年は左翼方向へのホームランが11本(44本塁打中)と2015年の0本を大きく上回った。逆方向への強い当たりを打てることによって筒香嘉智の打撃は大きく進化した。

進化の途中とは?



筒香嘉智は打率も残すことができる打者だ。だからもしかするとホームランを意識しなければもっと率を残せる器用な打者なのかもしれない。2015年24本放った本塁打の内、左方向はゼロ。右方向が21本、中堅方向が3本であった。

筒香嘉智は逆方向に逆らわずにボールをミートする技術はもともと持っていたという。しかしその打球を強く遠くへ飛ばす力は備わっていなかった。筒香嘉智は逆方向へのホームランを意識し何年も取り組んだ。

2016年開幕直後の4月1日の阪神戦、投手はエース能見篤史。筒香嘉智は左中間スタンドに3号ソロを放った。松井秀喜よりも器用さがあると評価される筒香嘉智はまだ進化の途中。昨年魅せたものを継続してこそ本当に進化したと言える。

球場に響く筒香嘉智の登場曲と応援歌

どんな状況でも筒香嘉智が打席に立つと球場に一体感が増す。それはテレビで観戦していたとしても同じように球場のファンの歌声に引き込まれ自然と筒香嘉智を見入ってしまう。

「横浜の空高く ホームランかっ飛ばせ 筒香」と野球場の日本代表を応援するファン、または横浜DeNAベイスターズファンは声を揃えてこの歌を歌う。この筒香嘉智の応援歌を歌うだけでもだいぶ楽しく野球観戦ができる。

「さぁ打て筒香 飛ばせ空の彼方 横浜に輝く大砲 かっ飛ばせホームラン」上記のインスタグラムをクリックしていただければ、筒香嘉智の応援歌を楽しむことができるので是非試してみては。

ちなみに筒香嘉智が打席に入る前の登場曲はダディーヤンキーの「Limbo」や50centの「In Da Club」、ナオトインティライミの「Brave」などを使用している。

筒香嘉智の年俸を調べてみた



筒香嘉智は、高校通算69本塁打を提げ、神奈川県の強豪横浜高校から2009年ドラフト1位指名を受け、契約金9000万円、年俸800万円(金額は全て推定)で契約した。ちなみに入団当初筒香嘉智は右投げ両打で登録されていた。現在は左打ち。

背番号「55」、1年目の筒香嘉智はファームでの起用が多くなった。しかし高卒新人ながらファームで4番を任され本塁打と打点の二冠を獲得。一軍ではシーズン後半に初安打となるソロ本塁打を放った。100万円アップの900万円で契約を更改した。

2年目の筒香嘉智は、背番号を「8」としていた。シーズン40試合出場8本塁打を放った。オフの村田修一のFA移籍に伴い背番号は「25」年俸は400万円アップの1300万円となった。

徐々にチームの顔へと邁進する。中日のベテラン山本昌から二打席連続弾を放つなど自身初の二桁本塁打。108試合に出場しオフには日本代表にも選出された。650万円アップの1950万円

筒香嘉智・最強打者の称号!

プロ野球選手のバロメーターとも言える年俸。筒香嘉智は25歳という若さにして3億円の年俸を手にしている。まさに最強打者の称号を手にする賢者である。2013年オープン戦で左足首をひねり負傷、筒香嘉智のバットはシーズン終了まで復活せず打率.216 1本塁打、年俸は350万円ダウンの1600万円となった。

2014年の筒香嘉智は4番を任されることが多くなり、111試合、打率.300、22本塁打、77打点、3000万円アップの4600万円で契約更改した。2015年はチームのキャプテンとなった筒香嘉智。

シーズンでは4番に定着し、打率.317、24本塁打、93打点、第一回WBSCプレミア12の日本代表にも選ばれ打率.385、5打点の活躍、5400万円アップの1億円で契約を更改した。

そして2016年シーズン不動の4番打者へと成長した筒香嘉智は、ラミレス監督をも「間違いなく、日本一の4番」と言わしめ自身初の打撃タイトル本塁打と、打点の二冠に輝き、2億円アップの3億円で契約を更改した。筒香嘉智は名実ともに最強打者となった。

強打者筒香嘉智の気になる彼女って!?

誰もが4番と認め、球場の雰囲気を一つにしてしまう、日本プロ野球最強打者、筒香嘉智の気になる彼女の方、こちらは噂は色々とあるようだが、明らかになっていないようだ。

一説によると、筒香嘉智には一般人の彼女がいて、半同棲生活を送っているようだあくまでも説なので、そこら辺はよろしく頼みたい。何よりも筒香嘉智は野球以外に女性に対しても真面目な性格で、一途な性格の持ち主なんだとか。

筒香嘉智によれば、同棲生活はしていないとのことだが、お相手の女性は20代半ばでモデルさんのような美しさを放っているのだとか。いつか結婚するようなことがあれば、お目見えする機会もあるかもしれない。

目指せ三冠王!2017年筒香嘉智の成績予想

頼れる日本の4番打者。#WBC#侍JAPAN#筒香嘉智

カエリさん(@kaeri4strings)がシェアした投稿 –



さて2017年シーズンの筒香嘉智はどんだけかっ飛ばしてくれるのか!?大胆に予想していきたいと思う!まず打順の方は間違いなく4番を任されるだろう。ポジションは左翼手。

2016年シーズンは44本塁打、110打点で二冠に輝いている。打率の方も.322と1位だった坂本勇人(巨人)と2分2厘差で三冠王まであと少しといったところだった。

しかし面白いもので、この後少しがものすごく遠いのがプロ野球の最大の魅力。三冠王を取ることってとても難しい。しかし筒香嘉智を応援する気持ちはこのような数字を叩き出す。

それはズバリ打率.352、50本塁打、121打点。相手球団からのマークも激しくなると予想されるが、WBCでさらにパワーアップし、進化の途中である逆方向打ちを極めつつある筒香嘉智は2017年三冠王を獲得だ!

Number/筒香嘉智 フルコンプ66種(BOX/SP/レギュラー) 横浜
ヒッツ
売り上げランキング: 222,042