綾瀬はるか出演のおすすめ映画TOP7!天然女優の魅力が爆裂!

次々と映画に出演する綾瀬はるか。若いころの綾瀬はるかは、もっとかよわき乙女っぽいイメージだったのに、一体いつからバラエティで天然ぶりを披露するようになったのでしょうか?綾瀬はるかの人気の根底は何か?それが分かるおすすめ映画をご紹介します。

綾瀬はるか出演の映画はなぜ面白い?

#綾瀬はるか #harukaayase #ayaseharuka

@ayshrklvがシェアした投稿 –

綾瀬はるかさんの人気、衰えませんね~。10代の頃からドラマやCMに出演していましたが、今のような大人気女優になったのはある程度の年齢になってからですよね。やっぱり転機は「ホタルノヒカリ」だと思うんです。

共演した藤木直人さんも言っていましたが、それまでの綾瀬さんのイメージって「世界の中心で、愛をさけぶ」のような女の子っぽい感じでした。「こんな干物女の役できるのかなぁ?」って思ったそうですよ。

「ホタルノヒカリ」以来、イメージが変わって面白いストーリーに出演するようになりました。幅広い役をこなせるようになって、出演作が増えた綾瀬はるかさんの映画を勝手にランキングしました。

第7位 綾瀬はるかが宇宙人に!異色のコメディ映画「ギャラクシー街道」

三谷幸喜さんの映画で、香取慎吾さん主演。その他の出演者もご覧のとおり、そうそうたるメンバーです。舞台は2265年、地球人は宇宙人と交信でき、住む場所も好きな星を選べるようになっています。

宇宙で香取さんと綾瀬さんはハンバーガー店を営む夫婦です。ストーリーはごく単純なんですが、笑える場面が多数あるのでストレス発散にはもってこいの映画です。それにしても綾瀬さんの髪型凄いですよね。

こんな髪型をしてもかわいいってなかなかいないですよね。怒ったりする場面ではかなりの変顔を披露していますが、こういうのをみると綾瀬はるかさんの人気がある理由ってこれなんだろなぁととつくづく感じますね。

第6位 新任教師の綾瀬はるかが生徒との約束で絶体絶命「おっぱいバレー」

強烈なタイトルですよね。さすがに「えッ!」って思いましたよ。この映画のころビートたけしさんが、綾瀬さんを”【自主規制】姉ちゃん”なんて呼んでましたから、インパクトがあったのは確かです。

なぜこんなタイトルがついたのかというと、新任教師の綾瀬さんがバレー部の顧問になるのですが、部員は全くやる気がありません。そこで綾瀬さんは”試合に勝ったら私の【自主規制】見せてあげる!”と約束してしまうのです。

結論から言うと、部員は綾瀬さんの胸を見ることはできません。まぁ、巨乳だった綾瀬さんにしかできない役ですよね(最近は痩せてしまって巨乳ではありませんが・・・)。つい、生徒に約束してしまってどうしようか?と困ってしまう綾瀬さんがとっても可愛いです。

第5位 綾瀬はるかの映画で飛行機のトリビアがわかる「ハッピーフライト」

綾瀬はるかさんが新人の客室乗務員になり、トラブルを乗り切るコメディ映画。予告編で、飛行機内で眠ってしまっている笹野高史さんのカツラがずれてしまい、そーっと直しているシーンがあり、この映画を見たらハッピーな気持ちになりそうだなぁと思いました。

ドジな新人客室乗務員って綾瀬さんにピッタリですよね。確かに文句なく面白いのですが、この映画はそれだけじゃないんです。飛行機や空港に関するトリビアがたくさん出てくるので、「へ~!」と単純に知識がえられる部分があるんです。

例えば、「操縦士は二人の内一人がコックピットを離れたら、残された一人は必ず酸素マスクを着用する」など、あまり一般には知られていないことがところどころに盛り込まれていて、ただのコメディじゃないですよ。

第4位 綾瀬はるかが信長と会う?流行りのタイプスリップ映画「本能寺ホテル」



またタイムスリップ?そう思いました。今あまりにもタイプスリップの話が多いので、本当にどこかに入口があるんじゃないかと思うほどです。でも「本能寺の変」というたった1日に焦点を絞ったことで、他のタイプスリップものとちょっと違う映画になっていました。

京都の街を駆け回る綾瀬はるかさんは文句なく可愛かったです。「本能寺の変」という重いテーマなのですが、綾瀬はるかさんの”お茶目ぶり本領発揮”のちょっと笑える場面のもあって、思ったより楽しめました。

信長はこれから起こることを知ってしまっても、潔く受け入れるところがカッコ良かったですね。実際にもこんな風に潔い人だというイメージがあります。信長役は堤真一さんですが、流石に迫力があって上手いです。

第3位 綾瀬はるかがロボットに!ナイスバディが凄い「僕の彼女はサイボーグ」


綾瀬はるかさんの巨乳ぶりを確認できる映画のNO.1です。ものすごく可愛いのですが、心を持たないサイボーグに恋してしまい、気持ちが一方通行で辛い小出恵介さんも魅力的。そうはいっても次第にサイボーグの綾瀬さんも、小出さんが好きになっていくんですね。

ここまでは、誰でも想像できるところです。しかし、このあとが泣けてくるんです。東京大震災が起こり、小出さんを助けたためサイボーグ綾瀬はるかは再起不能に・・・小出さんは62年後に、瓦礫の中から集めた彼女の完全復活に成功します。

この間彼女をずーっと想い続けてるわけです。結局、その後小出さんが死んでしまうんですが、それを綾瀬さんが看取るんですね。未来と現在が何度も交錯するので、よくみていないと分からなくなってしまうのですが、かなり感動するんですよ

第2位 綾瀬はるかのカンが炸裂!大阪が舞台の映画「プリンセストヨトミ」

綾瀬さんは少し頼りない会計監査員の調査官役なのですが、時にするどいカンで大きな仕事を成し遂げてしまい”ミラクル鳥居”といわれるんですよ。あまりにもはまり役なので、綾瀬さんのために作った役なのかと思いました。

しかし、原作は万城目学さんで、「プリンセストヨトミ」は直木賞候補になっている由緒正しい作品です。ですが、鳥居は原作では男。やはりこの役は綾瀬さんしかいないということで、男⇒女に変更になったとしか考えられません。

ストーリーは日本政府から多額の援助を受け、大阪の地下に巨大な「大阪国」が建設されているという話。建国されたのは豊臣家が滅んだ時で、明治維新の時に国が正式に存在を認めているという、タイトルから想像する以上に壮大な内容です。

第1位 綾瀬はるかはしっかり者の長女にもなれる!「海街diary」


売れ始めた広瀬すずちゃんを起用していたりするので、アイドルっぽい内容なのかと思っていたのですが、すっごいいい話なんですよ。綾瀬はるかさんの可愛さを確認するとしたら、別の映画の方がいいと思いますが、ストーリー・演技はこれが一番ですね。

四姉妹のしっかり者の長女役ですよ。そんな感じ全くないタイプなのに、映画の中ではなりきってましたね。売れる理由って、見た目だけじゃないんだなぁと実感しました。綾瀬さん以外の3人も、この中で一人でも下手な人がいたら鼻についていたのでしょうが、全員いい味出してるんですよ。

ものすごい盛り上がりがあるというより静かな毎日を描いていて、なんとなく見ているうちに、ぐいぐい引き込まれてしまいました。それに何と言っても鎌倉の海の、リゾート地と違う美しさが最高ですね。

第39回日本アカデミー賞で、最多の4冠

2016年3月に行われた、日本アカデミー賞で最多の4冠を獲得しました。4人の女優陣も喜んでましたね。綾瀬さんのこの衣装は印象的でした。髪型、ドレス、アクセサリー、すべてとてもシンプルです。

最近バラエティなどでもこういった衣装の時が多いですが、みんなが着飾るシーンでも引き算のおしゃれってなかなか出来るものじゃないと思います。肌の美しい綾瀬さんの美しさがよく分かるファッションです。

未だ衰えない綾瀬はるかの人気とは?

最近、綾瀬さんは「コメディアンヌ」なんて呼ばれているようです。可愛いし、化粧品のCMなどを見ていると綺麗だし、あの透明感のある素肌は憧れますね。でも、ちょっと面白い。

そこが一番の魅力でしょうか?よく言う”ギャップ”というヤツでしょう。コメディにも出演するし、海街diaryやNHKで放送されている「精霊の守り人」などのシリアスなものもOKという、幅広い演技力が根底にあっての人気ともいえます。

また、綺麗に映らない汚れた役でもこなすので、まだまだこの人気は衰えそうにありません。

海街diary Blu-rayスタンダード・エディション
ポニーキャニオン (2015-12-16)
売り上げランキング: 6,804
プリンセス トヨトミ
プリンセス トヨトミ
posted with amazlet at 17.03.27
(2013-11-26)
売り上げランキング: 20,670