【うらら迷路帖】可愛い野生児・千矢の正体は?行動習性や性格を紹介!

「まんがタイムきららミラク」に連載されている、はりかも原作による「うらら迷路帖」。今回は、山育ちの可愛い主人公・千矢を紹介します!行動習性や性格から、母親や正体不明のお化け「くろう」の話もしますよ!ネタバレ名言・名シーンや、声優情報もお見逃しなく!

うらら迷路帖の舞台となる迷路町とは

占いの町・迷路町は、15歳になった少女が「うらら」と呼ばれる占師として、夢を掴むために訪れる町。まずは、十番占という位からスタートし、最高位の一番占まで存在します。昇級試験を受けて、位がステップアップする制度です。

また、十番地から一番地まであり、自分の位と同じ番地までしか出入りができません。十番占からスタートする千矢は、まだ九番地から一番地には出入りができないのです。十番地では、棗屋(なつめや)という茶屋で、占いの勉強をしていきます。

そんな迷路町に、15歳でやって来た千矢は、同じ見習いうららの紺、小梅、ノノと共に成長していきます。少女の日常や青春だけではなく、「うらら」としてステップアップしていく成長ストーリーにもなっているところが面白いですね!

山犬系女子・千矢が可愛い!

野生児・千矢

千矢は15歳で迷路町にやって来るまでは、山育ちでした。そのため、自然を目の前にすると木登りをしたり、遠吠えをしたりと、野生の習性が出ます。また、人の顔に頬ずりをして舐め人懐っこく抱きつき匂いで人を嗅ぎ分けたりします。そんな千矢には動物達がいつも寄ってきます

当然ながら、動物の扱いはお手の物です。動物を撫でるポイントも頭に入っており、慣れた手つきで可愛がる光景もしばしば。また、屋根に飛び乗る行動も目撃されております(笑)。そんなところも、千矢の魅力の1つですね!ペットにしたいほど可愛いです!

町での生活は初めてのことばかり!

人間生活を知らないため、迷路町での生活は初めてのことばかり。カレーやあんみつなどの食べ物、占い、友達の温かさ、お手伝いなども、もちろん初めて。「私こんなのはじめて食べた!」「すごーい!変なものがいっぱい!」といった具合に、初めてのものを見るたびに興味津々で、目をキラキラと輝かせています

「千矢、授業が終わったら、俺とご飯行こうぜ!知らない食べ物をお腹いっぱい食べさせてあげるから!そしてそのキラキラした目を俺にも目の前で見せてくれ!」と、思わず口にしたくなりました(笑)。

また、千矢は下着の存在も知らないので、いつも下着を身につけていません(笑)。痴女だと言われますが、山育ちであるため、千矢にとっては普通なのです。今までとは生活が変わって、ワクワクする日々を楽しんでいます。純粋すぎるところも可愛い!

髪が長い!でも絶対に切りたくない理由とは?

元気で天真爛漫な千矢ですが、銀色の長い髪も特徴的です。髪が長すぎて、同じ見習いうららである小梅の洋服のボタンに絡まることも。提灯の火を使った占い授業の時には、髪に火がついてしまうこともありました。

それでも長い髪を絶対に切りたくない理由は、15歳になるまで千矢を育てたセツが、千矢の肩に乗っていた蛇をハサミで切ったことがトラウマになっているから。それ以来、髪を切ると血が出る気がして怖いそうです。自分の肩で蛇が切られる……確かに想像しただけでゾッとしますね。

そんな長い髪は、時に役に立つこともありました。同じ見習いうららである紺が寒がっていると、まるでマフラーをかけるように紺の肩に回し、冷えた体を温めました。「紺、ちょっとそこ代わってくれ!」と私は思いましたが、本当に千矢は優しいですよね!

「ごめんなさい」のお腹出し!

千矢が迷路町にやってきた初日、動物達が食べ物を屋台店から持ってきてしまい、千矢にあげようとします。屋台泥棒の親玉は千矢だと勘違いされ、千矢はお腹を出して謝罪しました。

でもこれって、動物の完全服従のポーズですよね(笑)。敵意がないことを示して、仲良くしたいという意思表示でしょうかね?毎日楽しく生きている千矢なりの知恵かもしれませんね!

謝るときはお腹を出す」と記憶しているため、友達が「ごめんなさい」と言うと、お腹を出させようとします。待ってました!とばかりに目を光らせている姿は、獲物を狩る猟師のようです(笑)。

千矢に勇気をもらえる!名言・名シーン3選!【ネタバレ注意】

その①目的意識がしっかりしている千矢

千矢達はおつかいを頼まれ、占い道具が揃う店に行ったとき、貴重な水晶を割ってしまいます。店主はこの店で1年働くように脅しますが、千矢は「でも、私たち、うららの修業が大事なの」と言います。すると、店主はサイコロ勝負に勝てば許すと、賭けを提案してきました。

この賭けに千矢は即決!「やってみなきゃわかんないよ。うららだって先が読めるわけじゃないもん。勝つか負けるか今はわからない。でも、だから修業して視えない未来に立ち向かうんだよ」と、千矢は言い、見事に勝利。 ちなみに、店主は素質を見るために少し脅かしただけだったそうです。

千矢は勝負から逃げず、度胸がありますよね!目的意識をしっかりと持っています。目的達成の為なら、どんな困難な状況になっても果敢に挑戦して乗り越えようとする姿勢に、私は勇気をもらいました!

その②友達想いな千矢

ある日、同じ見習いうららであるノノが、「明るくて人気者で、将来優秀なうららになる」と言われていた姉を見てきて、人見知りの自分もしっかりしたいと思うようになっていました。

姉は、背中に「ほくろ」があり、占いでの意味は「積極的で果敢な証」。しかし、ノノの背中には「ほくろ」はありません。そこで、千矢はノノの背中に筆で「ほくろ」を書きます。そして「ノノがこれから変わりたいなら、ノノがなりたいノノになれるように」と言い、おまじないをします

「ほくろ」がないのなら書いてしまおう!という発想も素晴らしいですよね!普段の千矢は天真爛漫ですが、友達が悩んでいることに気づくと、すぐに励ますという優しい性格の持ち主です。この友達想いな千矢に、私は胸を打たれました!

その③前向きな千矢

紺が分からないことがあるので頭を悩ませていると、千矢は「分かんないことがあったほうが多分楽しいよ。だって明日には分かるかもしれないもん。」と、励まします。とても前向きですよね!

さらに、「開けてない宝箱を持って歩くみたい。それなら明日も明後日も全部楽しみになっちゃうでしょ?」とも言います。むしろ、分からない方がワクワクしていられるという発想ですね!これも毎日どうなるか分からない山で培った精神なのでしょうか。

「事実はただの事実で、それに意味付けをするのは自分次第」ということを、私は再確認させられました。千矢ありがとう!「分からない」という事実を、悩みにするのも、楽しみにするのも自分次第。だったら楽しみにして、毎日笑顔で過ごそうという発想ですね!前向きな千矢と一緒にいたら毎日楽しいでしょうね!

千矢の目的は母親探し!母親の名前も判明!

一番占を目指す千矢

ここで、千矢が迷路町にやってきた目的を再確認しておきましょう。まず、千矢は母親を探すためだけに迷路町にやってきます。千矢は、生まれてすぐ母親の友人セツに預けられたため、母親の顔や名前も知りません。千矢は時間を見つけては母親を探していました。

ある日、伝説の一番占なら占えないものはない事を知ります。そこで伝説の一番占が住んでいるであろう一番地に向けて、まずは出入りできないはずの九番地へ乗り込もうとします。そこへ警ら隊の佐久が登場し、制止しつつ一番占になれば自由に出入りできると伝えます。

こうして千矢は母親を探すために、一番占になることを決意します。伝説の一番占に、母親の居場所を占ってもらいたいのですね!私はこの場面を見て益々応援したくなりました!

やっとわかった!母親の名前とは?

十番占の千矢が、いよいよ上位階級の九番占本試験に挑んだ時のことでした。壁から触手が伸びてきて千矢を攻撃します。謎の声により、千矢の母親は「全てを視通す赤い瞳で、罪深き裏切りうららであること」、そして、「千矢の母親の名前は矢見」だと判明します。

千矢は、罪深き裏切りうららの娘ということで、触手に攻撃を受けたのですね。死ぬ寸前まで追い詰められていた千矢は、紺に占ってもらっていた言葉「くろう」を口にします。すると、黒くて赤い瞳のお化けが出現!千矢は以前、原っぱで寝転んでいた時に一度見たことがありました。

正体不明のお化け「くろう」を通して視えた千矢の母親とは?

「くろう」が出現すると、触手は攻撃を一旦止め、その隙に「くろう」は千矢を呑み込みます。これは千矢を守るためでした。攻撃を受けても「くろう」が盾となり千矢を守ります。

すると千矢の目が熱くなり、赤く光り始めます。その瞳には「千矢の母親らしき人物が、甘味処の前で話す姿」、「一番占を表す”一”という文字」、「千矢の母親らしき人物が赤ん坊を抱えた姿」が映ります。千矢と同じ、銀色で長い髪

千矢の母親は一番占?まさか伝説の一番占?赤ん坊は千矢?このシーンについては、うらら迷路帖ファンの間で、色々な考察が展開されています。走馬灯のように各光景が数秒映るので、まだ見られていない方は、一時停止ボタンを押しながら、11話(十一占)を是非ご覧下さい!

千矢の声優は原田彩楓さん!

出典:http://clare-voice.co.jp

原田彩楓さんは、千葉県出身で,12月23日生まれ。事務所は、小倉唯さんらが所属するクレアボイスに準所属しています。代表作に「月曜日のたわわ」のアイちゃん役、「アイドルマスターシンデレラガールズ」の三船美優役があります。

声質は高めのトーン。幼い声や妹系の声が似合いそうで、聞いていて心地良いです。趣味の1つとして、朗読があるそうです!こんな可愛い声で朗読されたら、心臓が1つでは足りませんよ!胸キュンが止まらないはずです!

新人声優さんのようですが、既にそのポテンシャルの高さを感じました。もっと聞いていたい!いつまでも聞いていたい!その可愛くて清らかな声を!今後の活躍が期待されますね!

千矢の成長ストーリーはまだまだ続く

千矢は明るくて純粋で、見ていて癒されます。これからも泣いたり笑ったりしながら、成長していくのでしょうね!ギャグやシリアスシーンをテンポよく入れて、ストーリーが進んでいくところも好きです。

原作では九番占に昇格し、母親探しを続けています。まだ母親や「くろう」の事など、謎が明かされていない事も多くありますね。一番占になる頃にはどんな成長した姿を私達に見せてくれるのでしょうか?今後も千矢の成長を見守りたいですね!

『うらら迷路帖』 千矢 1/8スケール 塗装済完成品フィギュア
東京フィギュア (2017-12-31)
売り上げランキング: 288
うらら迷路帖 千矢ごめんなさい Tシャツ サンドカーキ Mサイズ
コスパ (2017-05-31)
売り上げランキング: 202,169