【Fate/go】アンデルセンとはどんなキャラ?童話作家は強いのか?

fgoのアンデルセンをわかりやすく紹介! 能力からキャラクターについてまで、色んな一面をのぞき見しちゃおう! どう使うかは、あなた次第かも?

FGOのキャスター!アンデルセンってどんなキャラ?

その名も、ハンス・クリスチャン・アンデルセン。現実世界では、マッチ売りの少女、みにくいアヒルの子、人魚姫……などなど誰でも知っている童話を執筆した童話作家。めちゃめちゃかわいいショタサーヴァント! では、ありません。あくまで見た目がショタなだけで、召喚時のせりふの通り、中身はひねくれたおっさんなのです。

ですが、史実のアンデルセンはここまでひねくれてはいない、はず。

噂話に本気になっておびえたり生涯失恋続きで独身を貫いたり、まあちょっと変わってはいたんでしょうけどね。

挫折と苦悩に満ちた半生だったと紹介されるアンデルセン。その彼が、どうして毒舌マシンガンを常に撃ちまくってるかのようなひねくれまくった少年になってしまったんでしょうか?

彼に何があったのか?



その正体は、スキル「無辜の怪物」です。彼の場合、「読者の呪い」ともいえるかもしれません。あんな悲劇的でつらい物語を書く人は、きっとこんな人なんだろうという気持ちが実際に姿を変えてしまうんです。彼の場合、「バッドエンドを好む悪魔に浸食されている」らしいですよ。

因みに、体にもその影響は出ていて、彼が綴った悲劇の物語の主人公達と同じ傷跡が浮き出ています。喉もしゃべる度に痛みが走っているんですって。しかし、それでもまだあれだけ喋り続けるとは。

ここまで書いといてなんですが、彼はひとにひどい事を喋っている時が一番輝いているようにも見えますし、この世界では元々あんな感じだったのかも……なんて気もしてきちゃうんですけどね。もっとアンデルセン節を堪能したい方には、彼の初登場作品Fate/EXTRA-CCCのプレイをおすすめします!