【ワンピース】ブルックは骸骨で音楽家で剣士?魅力や複線を紹介!

麦わらの一味、ブルックが好きな人必見!ワンピース、麦わらの一味の音楽家、骸骨のブルックの魅力をご紹介します!

麦わらの一味の音楽家・ブルック

麦わらの一味の音楽家と言えば皆様ご存じのブルック。骸骨で、剣士で、ちょっぴりお茶目。ブルックといえば、やはりその骸骨の見た目から麦わらの一味の中でインパクトがありますよね。

そのインパクトはサイボーグフランキーと並ぶほど!ヨホホホホと笑いながらも繰り広げられる剣術は一級品で、かつてはルンバー海賊団の船長代理を行うなどその腕は普段のブルックからは想像が出来ないほどです。

出典:https://www.amazon.co.jp

また、骨なので牛乳を飲めばすぐにヒビや骨折が治ってしまうという超回復の持ち主ですが、髪の毛だけは新陳代謝が止まっているためにもう生えてこないので、無くなってしまってはラブーンに逢った時に分かってもらえないと、とても大切にしています。

アニメ版、ブルックの声優 チョーさん

そんなブルックのアニメ版の声優を務めるのは、NHK「いないいないばぁ」でお馴染みのチョー。彼はブルックについて「自分自身の一部になっているので、演じていても凄く楽しいんです!」と語っています。(2016/07/26 アニメタイムズ 【ONE PIEE FILM GOLD】 キャストインタビュー より) 

チョーによると、ブルックの声優オーディションの際、原作者の尾田から「「【自主規制】見せてもらってもよろしいですか?」だけは超二枚目で言ってください」というお願い以外はとても自由に演じているそうです。

動く骸骨になった原因!”ヨミヨミの実”の能力とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

ヨミヨミの実、それは死亡しても一度だけ蘇生が出来るという能力で、その実のおかげでブルックは一度死亡した後に肉が朽ち果てて白骨化した状態で蘇りました。パラミシア系の悪魔の実の中でも異質な能力を持つこの実は、生前は泳げなくなった以外はまったくもって無意味な能力だったそう。

特に驚くべき能力には、鏡に映らなかったり、海の上を走れてしまったり、魂だけを外に出す事が出来たり剣に黄泉の冷気と纏ったりと盛沢山で、まだまだ謎だらけです。 また、ソウルキングとしての能力やまだ情報自体があまり明かされていない悪魔の実の”覚醒”についても大いに期待が持てます。

音楽と剣技の見事な組み合わせ技の数々

音楽家であり剣士でもあるブルックの武器は仕込み杖です。剣技のモデルはフェンシングになっており、技名も音楽の種類の用語+フェンシング用語(例:鎮魂歌ラバンドゥロル)となっています。

また、音楽家ならではの音楽を使った催眠系の技や、ヨミヨミの実の能力を取り入れた「魂の裏剣(ソウルソリッド)」も今後どう組み合わせて発展していくかとても楽しみですね!


ルンバー海賊団の前はとある王国の奇襲部隊にいたというブルック。彼の剣技の早業はそこからきているものが多く、最も得意とするのが鎮魂歌ラバンドゥロル(別名:鼻歌三丁矢筈斬り)で、切られてからも相手はしばらく気が付かないという恐るべき早業。

今後、過去に出てきたルンバー海賊団以前に所属していた”とある王国”の話が出てくるかはわかりませんが、ブルックの剣技と能力は心強いものがあります。

その強さを披露!ビックマムとの激闘がかっこいい!?

ビックマムVSブルック、とーってもかっこよかったですね!流石はソウルキングの異名を持つだけあって、ブルックにはチェス兵たちはまったくもって歯が立ちませんでした。

ビックマムに対してもしっかりと対峙し、ロードポーネグリフ を奪う意味とルフィーとサンジの結末を見守る覚悟を語ります。果てには一味全員の死亡の可能性をいうビックマムに対し「死ぬことを計画に入れる馬鹿がどこにいますか、お嬢さん」と切り替えしています。

啖呵を切るってこういう事なんですね、いやぁブルックがとてもかっこよかったです。 しかしさすがは四皇ビックマムですね、プロメテウスもゼウスはビックマムの魂を入れられているためチェス兵たちの様にはいかず死闘の末ブルックは負けてしまいました

骸骨だけど…ブルックの名言集

出典:http://item.rakuten.co.jp

麦わらの一味の骸骨と言えばブルック。実は一味の中で最も年上で90歳を超えていると言われています。(享年が30代、骨になって50年以上経過)。その為かはわかりませんが、名言が多いと言われているワンピースの作品の中でも一際骨身に染みる名言が多くあります、骨だけに

彼の言うスカルジョークは原作者の尾田がまだ和月伸宏のアシスタント時代に出来たものが多いとか。ヨホホホホホと笑う笑顔をはぎ取った時のブルックの骸骨なだけに気骨のある名言をご紹介します。

男の絆。涙なしには語れないラブーンとの約束

ブルックの話をする時に一番出てくるのは、ルフィー達がグランドラインに入った時に出会ったクジラのラブーンの話です。ラブーンはルンバー海賊団の団員たちが生前とても仲良くしていたクジラの赤ちゃんで、その中でも最もブルックに懐いていました。

どこまでもついてこようとするラブーンにルンバー海賊団のクルー達は”必ず帰る”と約束してラブーンと別れます。ラブーンはその言葉を信じ、今もグランドラインの入り口にそびえる壁に向かって帰ってくる日を待ち続けています。

ルフィーとの会話で、ラブーンがまだ生きていて自分たちを待ち続けていることを知ります。ここでブルックのこの先の生きる道が決まったとも言えますね(一度死んで骨ですが)。

セリフの全文は『身勝手な約束をして、声も届かぬ遠い空から死んでごめんじゃないでしょうに....!!!男が一度…!!!必ず帰ると言ったんだから!!!』双子岬の壁に向かって待ち続けるラブーンと正面から再開するために、ブルックは麦わらの一味に入りグランドラインを一周する覚悟を決めました。

生物皆!!死んだら骨だけ

魚人島編でのブルックのセリフです。死んで恨みを残せというゼオの仲間に対して一喝しました。流石はブルック、一度死を経験して骨になっているだけに説得力が違います。

でも、やっぱりブルックというと・・・

数々のかっこいいセリフが多い中、原作者の尾田も言い方にこだわるほどの迷言はやはり『【自主規制】見せてもらってもよろしいですか?』ですよね。

ブルックはとても強いし年の功もあって(実際は生前と合わせると90歳くらいになります。)かっこいいセリフが多いのですが、このセリフが一番ブルックの印象を決めており、ギャグ要素の強い独特のキャラクターとして描かれています。

ブルックの活躍に期待

出典:https://www.amazon.co.jp

麦わらの一味、ブルックの魅力は存分に感じていただけたでしょうか?まだまだブルックのヨミヨミの実の能力や過去の”とある王国”については語られていないことが多いので、今後どう物語にそれが関わってくるか非常に楽しみです。

出典:http://item.rakuten.co.jp

必ず伏線をきちんと回収してくれるONE PIECEですから、途中下船したルンバー海賊団の船長の話やラブーンとの再会、、”とある王国”の話やパラミシア系のヨミヨミの実の”覚醒”した能力など、まだまだブルックについての話は広がっていきそうです。

周囲に影響を与える悪魔の実の”覚醒”は実はソウルキングとしての活動でも伺える”魂の叫び”に繋がっているのではと推測できますが、謎が多いために解明が出来ていないというのがとても気にかかるところです。今後のブルックの活躍に期待ですね!