【大谷翔平】進化し続ける二刀流2017年を解く!あるかメジャー行き!?

この男に限界はあるのかプロ野球史上類を見ない投手と野手を両立する「二刀流」大谷翔平。2017年シーズン終了後メジャー行きも噂されている国宝級プレーヤーに焦点を当てた。

大谷翔平をもっと知りたい!

日本全国の野球ファンの方お待ちどうさまです!今回書かせていただくのは大谷翔平です。今日本球界一のスーパースターといえばー!?そうです打者と投手の二刀流、大谷翔平です。今回はそんな野球ファンの方やスポーツ好きの方々に送る大谷翔平スペシャルです!

大谷翔平は1994年7月5日生まれ、岩手県奥州市出身の右投げ左打ちの選手です。大谷翔平は2012年ドラフト一位で北海道日本ハムファイターズに入団しました。花巻東高校時代、大谷翔平はアマチュア野球史上初となる最速160km/hを記録しました!(プロ入り後2016年に165km/hを計測し日本記録更新) 大谷翔平はプロ入り前から、日本のみならずアメリカメジャーリーグの複数球団からも注目されていて、概ねメジャーリーグへ行くものと思われていました。日ハム球団関係者の「三顧の礼」ならぬ「四顧の礼」を持って大谷翔平のご両親も納得した上で日本球界入りが決まりました。

今では日本人で、その名を知らぬ人はいない位、時の人となっている大谷翔平ですが、2017年シーズン終了後にアメリカメジャーリーグ挑戦をするのではないかと噂されています。今年の年末から2018年にかけて日米をひっくるめて、凄いことになりそうな予感がします。大谷翔平を今のうちにもっと知っておきましょう!

進化する二刀流・大谷翔平

もしも大谷翔平が投手一本だったら、もし大谷翔平が打者一本だったら、今現在残している成績よりも上回っていたのでしょうか。大谷翔平のことを探れば探るほど、探究心と想像は止まりません。

大谷翔平は投手としてはここまで通算4年で39勝13敗、防御率2.492015年に限っては22試合5完投(リーグトップ)3完封(リーグトップ)、15勝(リーグトップ)5敗、防御率2.24(リーグトップ)と大活躍。二刀流でこの成績を残してしまう大谷翔平は凄いの一言です

一方の打撃の方は通算4年で338試合、40本塁打、135打点、打率.275という数字を残しています。2016年大谷翔平は投手で10勝(4敗)して、自身最高の22本塁打を放つなど大谷翔平は投打に渡りチームの大黒柱となりました。

進化し続ける大谷翔平の二刀流。どこまで行くのか、数字をどこまで伸ばすのか、興味は尽きません。人類がたどり着いた最高のアスリート大谷翔平はこの先もファンの目線を釘付けにするスーパープレーヤーでいてくれるでしょう!

大谷翔平初めての日本シリーズ

シリーズでも頑張って欲しいな☺️ #北海道日本ハムファイターズ #大谷翔平 さん

あぁーこぉさん(@aakoo4768)がシェアした投稿 –

大谷翔平は2013年の入団以来初めての体験となった2016年の日本シリーズ。対戦相手はセリーグの覇者広島東洋カープ。敵地広島で「8番・投手」で先発した大谷翔平は雨でコンディションの悪いグラウンドでのプレー。

7回表の第3打席で内野安打を放った際に右足を捻挫、結局6回3失点で降板となりチームも敗退。第2戦は9回1死一、二塁から代打で登場したが、広島の守護神・中崎翔太の前に空振りの三振日ハムは連敗スタートとなりました。

第3戦は「3番DH」でスタメン、尊敬する黒田博樹との対決で二本の二塁打を放っています。大谷翔平はプロ20年のベテラン黒田博樹の最後に対戦した打者となりました。

なお第3戦にて大谷翔平は迎えた延長10回裏二死一塁で打席に立つとランナーの西川遥輝が盗塁を決める。カウント1-2から勝負に出た広島バッテリー、大谷翔平は投手大瀬良大地の投じた内角の直球を叩き、打球は一二塁間を抜ける。二塁走者の西川がホームに帰り、日ハムは見事サヨナラ勝ちを収めました。

大谷翔平の日本シリーズ2016



第4戦も「3番DH」で先発した大谷翔平ですが、広島先発・岡田明丈の前に2三振を奪われます。8回の第4打席で遊ゴロに倒れた際には一塁ベースでまたも右足を捻挫します。大谷翔平は試合後に分厚いアイシングをしていました。チームは逆転勝利し2勝2敗のタイとします。

第5戦、足の怪我が心配されたが「3番DH」で先発出場。この日の大谷翔平は4打数1安打、打得点には絡まず。チームは西川遥輝等の活躍によりサヨナラ勝利、日ハムはシリーズ王手を決めました。

第6戦はベンチスタートとなった大谷翔平の出番は4対4で迎えた同点の8回二死満塁の場面でした。打席に4番中田翔が立つ中、ネクストバッターズサークルに大谷翔平が登場しました。球場がざわつきます。広島抑えのジャクソンは大谷圧に押されたのか中田翔に押し出しの四球を与えてしまいます。

その瞬間です栗山監督は大谷翔平を下げました。大谷翔平2016年シリーズの最後はネクストバッターズサークルでした。チームはバース、レアードなどの駄目押し打などがあり勝利。日本一に輝きました

2017年末あるかメジャー移籍!?

大谷翔平は世界中が注目しているスーパースターであることは間違いありません。日本ハムは大谷翔平の2018年メジャーリーグ移籍を容認したことが明らかになり、いよいよメジャーリーガー大谷翔平誕生間近と噂されていますが、どうやらはそう簡単にいかない模様です。

アメリカメジャーリーグは新労使協定なるもので米国外の国際選手と契約する際の契約金の上限規制適用年齢が25歳に引き上げられました。25歳未満のメジャー移籍は契約金は最大600万ドル、6年間はFA権を得られないということになりました。

大谷翔平の移籍金は2億ドルとも3億ドルとも言われていますので、2019年まで待たなければ良い条件でのメジャー移籍はできないということなのです。お金ではなく、あくまでもアメリカで野球をするという「夢」を先行するのであれば2017年オフに移籍の動きがあるかもしれません。

大谷翔平自身は「個人的にはそういったルールが僕の米国行きを止めることはない」と語っているようですので2018年のメジャー移籍の可能性は低いとは言えません。しかも最近、この新協定の報道には誤報説も浮上していてポスティンングシステムがある日本は関係ないとの話もあるようです。大谷翔平の米移籍についてはシーズン後を見守るのが賢明のようです。

大谷翔平の限界なき挑戦

札駅には 大谷くん盛りだくさん🖖🏾 ・ #大谷翔平 #大谷くん #11 #l4l #instagood

minさん(@ohtani_____mmm)がシェアした投稿 –

まるで大谷翔平はただ野球を楽しんでいる野球少年の様です。投手をやって、打者をやって走って。高校生や大学生でも投手で4番なんてのはさほど珍しくもない訳で、プロ野球の常識が投手と打者と分業されているような感じで。

セントラルリーグに至ってはDHはない訳ですから投手は必ず打席に立ちますし、元巨人の桑田真澄氏などは投手なのによくタイムリーとか打っていた記憶があります。ただ大人のいろいろな事情、体力やらなんやらあるから二刀流がすごい訳で

大谷翔平ってどんな選手になってしまうんでしょう。でもアメリカメジャーリーグは投手大谷翔平をものすごく買っているようですので、メディカルチェックに特に慎重なアメリカで日本のように二刀流ができるのでしょうか。

 可能性は薄いですがこのまま大谷翔平が日本で最後までプレーするとするならば、どれだけの数字を残すのでしょうか。いずれにせよ、とにかく限界なき挑戦としか言いようがありません。現時点で大谷翔平のことを考えることはピラミッドの謎より深いかもしれません。

2017年大谷翔平の成績を大予想!​

2017WBC直前に右足を痛め、日本代表入りを逃した大谷翔平ですが、シーズン開幕へはなんとか間に合っているようです。国宝級のプレーヤー且つチームの要ですので怪我だけには本当に気をつけて頂きたい思うのですが2017年の大谷翔平を大胆予想していきたいと思います。

まずは打者の成績から予想していきたいと思います。2017年の大谷翔平は右足の関係もあり、100試合の出場で15本塁打、55打点、打率.325と2016年よりやや控えめの数字とさせて頂きました。

一方の投手の方は、こちらも痛めている右足の関係もあり、2016年より試合数は減。19試合で10勝3敗、防御率2.30といった感じで2016年とほぼ同じ数字となってくるのではないでしょうか。

初めは試合数の増を考えましたが、やはり怪我を考慮し2016年より減としました。ただでさえ「二刀流」の選手なので、無理をすれば選手生命に関わってしまいます。メジャー挑戦をするにしても万全の体調で臨んでもらいたいです!