【SAO】アスナは新時代の戦うヒロイン!キリトと歩み続ける正妻の軌跡!

『ソードアート・オンライン』を代表するヒロイン、結城明日奈。ゲーム内ではアスナと名乗り、類まれな実力を誇る戦うヒロインです。今回は現実世界と仮想世界の間で幾つもの表情を見せるアスナの魅力に迫ってみたいと思います。

SAOの女性プレイヤー「結城明日奈」とは?

結城明日奈は『ソードアート・オンライン』(通称『SAO』)のメインヒロインです。彼女はハーフアップに纏めた栗色のロングヘアが特徴の美人で、その美貌は作中でも5指に入ると評されています。

彼女の家は一家全員が社会的地位を重んじる、いわゆる「エリート一家」です。デスゲーム「ソードアート・オンライン」に関わる事件の影響で現実世界での生活に大きな爪痕が残り、明日奈は家族との間に小さからぬトラブルを抱えたこともありましたが後に和解。現在では良好な関係を保っています。

桐ヶ谷和人との関係

明日奈は『SAO』の最初を飾る『アインクラッド編』の舞台となったゲーム「ソードアート・オンライン」内でキリト=桐ヶ谷和人と出会います。だんだんと惹かれ合った二人は、キリトが命の危機に瀕した際に想いを打ち明けあい、結婚します。

あくまでもこの婚姻はゲーム上のものではありますが、二人は現実世界でも恋人同士です。彼女の和人への想いは一途にして本物で、彼に好意を抱いた女性たちを早々に諦めさせるほど。将来はゲーム内と同様に和人と結婚することを目標にしています。

特に『アリシゼーション編』での明日奈は仮想世界内で永遠の時を過ごさねばならない和人を支えるため、彼とともに仮想世界に残るという重大かつ危険な決断を下します。この一件だけを見ても、彼女がどれだけ和人のことを想っているかが如実に感じられますね。

女騎士と女の子、結城明日奈の性格に見る二面性

結城明日奈は気が強く、ゲームの中で女騎士として戦う姿は「狂戦士」の異名まで持っていました。しかし、彼女は決してただただ戦いだけを求める本物の狂戦士ではありません。デスゲームから一刻も早く脱出したい一心が戦いに駆り立ててたいだけなのです。

彼女は本当はやさしく、気立ての良い普通の女の子です。キリトが他の女性に興味を示した際には焼き餅をやいたこともあります。その気の強さと優しさから、多くのキャラクターとの間で友情を育んでいます。

バトルの際の凛々しい姿と、普段の女の子らしい姿。どちらも美しく、結城明日奈の魅力となっています。そして、両者が生み出すギャップもまた彼女を人間らしく、立体的に見せる魅力の根源となっています。この厚みは、個人的にも是非実際に作品を見て体感してほしい部分です。

結城明日奈の誕生日は9月30日!誕生日には生誕祭も

結城明日奈の誕生日は9月30日です。これは作品の中で触れられたわけではなく、原作者・川原礫がTwitterで海外ファンの質問に答える形で呟いた情報でした。この情報は瞬く間に拡散され、現在では公式設定となり、2015年には公式にバースデープレートが発売されました。

誕生日発表以来、結城明日奈の誕生日にはTwitter上で「生誕祭」が催されるようになりました。先述の質問を行った海外ファンが2013年9月30日に「アスナ生誕祭2013」というハッシュタグを用いたのがきっかけとなり、徐々に拡散。毎年の恒例行事となりました。

結城明日奈を演じる声優は戸松遥

結城明日奈の声優は戸松遥。声優ユニット「スフィア」のメンバーで、愛称は「とまっちゃん」。2007年にデビューし、同年の『神曲奏界ポリフォニカ』コーティカルテ・アパ・ラグランジェス役で自身初のヒロイン役を努めました。

彼女は数多くの作品で主役やメインヒロインを演じていますが、『SAO』の結城明日奈役は押しも押されぬ彼女の代表作です。2013年に第七回声優アワード助演女優賞を受賞した際には、本作の出演が選考理由の一つとしてあげられました。

戸松遥の柔らかい声から鋭い声まで演じ分ける演技の幅は、女戦士と女の子を兼ね備える明日奈の魅力を存分に引き出しています。声優アワード受賞も納得の名演はファンならずとも必聴ものです!

SAOのアスナの衣装に秘められた決意とは?

『アインクラッド編』のアスナは白と赤で染められた騎士服にマントという出で立ちをしています。この衣装はゲーム「ソードアート・オンライン」内で結成された最強のギルド「血盟騎士団」のユニフォームであり、所属の証です。しかし、私はこの衣装に、単にギルドの一員であること以上の強い決意があらわれていると思っています。

彼女は決してゲーマーではありませんでした。「ソードアート・オンライン」を購入した兄が海外出張に出かけたため、一日きりの約束で同作を借りたのです。ただの気まぐれで、本格的に打ち込もうという気は全くありませんでした。当然、通常であれば最強のギルドに縁もゆかりもないプレイヤーに収まっていたでしょう。

極限状態が産んだ「閃光」

しかし、「ソードアート・オンライン」はサービス開始直後にデスゲームと化します。ログアウトはできず、ゲームでの死が現実の死となる極限状態。アスナは半狂乱の中で、この世界からの脱出を決めます。

睡眠時間も最低限に、戦い続けてレベルアップとスキル強化に費やす様は、『狂戦士』と呼ばれるほど苛烈でした。キリトからの「ギルドに入ったほうが良い」との助言もあり、彼女は最前線で活躍する「攻略組」の中でも一番の力を持つ「血盟騎士団」に入団し、赤と白の騎士服を身にまとうことを決めたのです。

一度前線を離れた際にはラフな格好に装いを変えましたが、意を決して戦線に戻った際にまとった防具はこの赤と白の騎士服でした。アスナの衣装には、彼女のアインクラッド脱出への強い決意が刻まれていると思えてならないのです。

戦うだけじゃない!アスナのかわいいエピソード

アインクラッドの「一日」

原作8巻及びアニメ第1期5話「圏内事件」での一幕。ある春の日、快晴に恵まれたアインクラッドにて。アスナは往来で昼寝を決め込むキリトに出くわします。不真面目だというアスナにキリトは、事もあろうに「今日はいい天気なんだから昼寝でもしろ」と言ってのけたのです。

アスナはキリトの的を射た言葉にハッとしました。「ソードアート・オンライン」の中のプレイヤー達は確かに生きて、一日一日を積み重ねているのです。一日一日を失っているだけだと思い、一年以上に渡り気を張り続けていたアスナはこの事実に気付かされ、キリトの隣に腰を下ろします。

「ゴハン、何でも幾らでも一回奢る。それでチャラ。どう」

うららかな天気に、眠気を覚えたアスナはキリトと同じように寝入ってしまいます。今までの緊張が一気に解けた彼女は、無防備な寝顔を見せて、今度は入れ違いで目覚めたキリトを驚かせました。実のところ、命をかけたゲームである「ソードアート・オンライン」で、往来での睡眠というのはかなりのリスクが伴うのです。

昼寝から覚めたアスナは、キリトに自分の恥ずかしい姿を見られたことに狼狽しましたが、彼が自分を守るために隣にいてくれた事に気づき、矛を収めるためにいったのがこの一言です。

キリトに対する想いと恥ずかしさ、いらだちと安心感、両天秤にかかる複雑な気持ちを貸しにも借りにもしたくない、そんな思いが見え隠れする多面性に私はズキュンときました。

「……間に合った……間に合ったよ……神様……間に合った……」

絶対的な実力を誇る血盟騎士団団長・ヒースクリフに破れ、血盟騎士団に入団することとなったキリト。かつてアスナに関して一悶着を起こした団員・クラディールとの和解も兼ね、共に訓練に出向いた彼は、クラディールの罠に嵌り、麻痺毒を盛られ命を奪われかけます。

そこに駆けつけたのがアスナでした。閃光の速さでクラディールを突き飛ばし、瀕死のキリトを回復させて抱き上げたアスナが零したのがこの一言です。彼女のキリトへの想いと、彼を失うかもしれないという恐怖が垣間見えます。特にアニメ版の演技が心に響きます。

システムを超えた「愛のなせるわざ」

このシーンで神に感謝したアスナ。彼女の言葉通り、間に合ったのは本当の奇跡でした。アスナが事件を察知してから、キリトのもとにたどり着くまでにかかった時間は5分。アスナのいた市街区から現場までは5キロ。アスナはこの距離を一気に駆け抜けたのですが、これは現実以上の動きができるVRMMO上でもありえない速度です。

これをキリトに指摘されたアスナは一言「愛のなせるわざ」と評します。この一言はあまりにもさっぱり流されているため見落とされがちですが、SAO全体を貫くメインテーマを言い表しています。

人の心がシステムを超える。この現象はシリーズで折に触れて描かれる他、同作者・川原礫の書く『アクセル・ワールド』でも描かれます。SAOファンのみならず、川原礫作品が好きなすべての方に見ていただきたい名シーンです。

SAOの「アスナ」がALOに?囚われの姫アスナ

出典:http://www.swordart-online.net

ゲーム「ソードアート・オンライン」は、キリトの手によってクリアされました。その時点で生存していた6147人は即座に解放され、アスナも結城明日奈に戻れる……はずでした

しかし、生存者中約300人が目を覚まさず、VRの世界から帰還できないままになってしまいました。そのうちの一人が結城明日奈。ベッドに横たわったまま意識を取り戻さない明日奈を救いたい桐ヶ谷和人は、VRMMO「アルヴヘイム・オンライン」(通称「ALO」)の中でアスナらしきキャラクターが目撃されたという情報を得ます。

ALOに秘められた陰謀

その情報は本物でした。明日奈を含む目を覚まさなかった生存者は「アルヴヘイム・オンライン」のサーバーに拉致されていたのです。「アルヴヘイム・オンライン」の管理者である須郷伸之が、「ソードアート・オンライン」のサーバーの管理を任されたことを利用し、彼らを人体実験に使おうとしての行動でした。

須郷は、特に明日奈に入れ込んでいました。明日奈の父に気に入られていた彼は、この事件を利用して明日奈を我が物にしてしまおうと企んでいたのです。「アルヴヘイム・オンライン」のグランドクエストの舞台とされる世界樹の上に、籠の鳥として囚われたアスナ。その姿がシステム上の弱点を突かれ目撃されたのです。

戦うヒロインの本領発揮!

身動きができないアスナは、須郷からキリトが現実に生還したと聞き、奮い立ちます。虎視眈々と須郷の慢心を突き、脱出を図ったアスナは須郷の謀略を暴きます。須郷配下の研究員に囚われながらもIDカードを盗み出し、世界樹の元へたどり着いたキリトに託します

IDカードを受け取ったキリトはアスナが待っていると確信し、グランドクエストに挑みます。「アルヴヘイム・オンライン」で出会った仲間たちの力を借りて世界樹を登り、アスナを囚えなおした須郷と対峙、彼を倒します

「終わったんだね……ようやく……ようやく……きみに、会えた」

ついに現実世界に生還した結城明日奈の元を、桐ヶ谷和人が訪れます。期間直後の明日奈は、まだ五感が正常に働きません。和人の声は聞こえない。しかし、彼女にはすべてが終わったことがわかっていました。

涙する和人をやさしく抱きしめ、こう呟いた明日奈。出会ってから2年以上の時を経て、ようやく現実世界で出会い直した2人。2人は、互いに本名を名乗り、プレイヤーネームで呼び合います。彼女たちは、仮想世界でも確かに生きて、出会っていたのです。

SAOサバイバーの受難・アスナと母の関係

ついに現実世界に帰ってきた結城明日奈は、再建された「アルヴヘイム・オンライン」でVRMMOを再開します。「ソードアート・オンライン」で出会った仲間たちとも再会し、SAO生還者と呼ばれる「ソードアート・オンライン」事件に巻き込まれた若者たちのための学校に通いはじめました。

しかし、この状況を快く思わない人物がいました。明日奈の母親です。エリート一家を取り仕切る責任のある彼女は、明日奈に転校手続きを取るように指示します。事件のアフターケアのために、悪く言えば無理やり作られた学校に通っていれば、経歴に大きな禍根を残すというのです。

「マザーズ・ロザリオ」がつなぐユウキとアスナの友情

今の生活と母との板挟みに揺れる明日奈は、「アルヴヘイム・オンライン」上で「絶剣」と呼ばれるプレイヤー・ユウキと出会います。彼女は誰も敵わない程の腕を持ち、自らが作り上げたオリジナルソードスキル「マザーズ・ロザリオ」を賭けて辻試合を繰り返していました。

手合わせし、その異常とも言える技を目の当たりにしたアスナ。ユウキはアスナに頼み事をします。ユウキの所属するギルド「スリーピング・ナイツ」は「剣士の碑」に全員の名前を遺すため、腕の立つプレイヤーを探していたのです。

アスナはこの提案を受けます。「スリーピング・ナイツ」の面々と、きっと友情が結べるだろうと思えたからです。見事ボスを仕留めた「スリーピング・ナイツ」に、アスナは入団を希望します。しかし、ユウキ達は申し訳なさそうにしながらもこれを断りました

ユウキが残したもの

ユウキが突然ログアウトを起こし、明日奈はユウキの強さの秘密を知ります。彼女は重い病に冒され、死期が迫っていました。体も動かなくなり、もうVR上でしか活動できなくなっていたのです。彼女の実力は、常にVR上にいたからこそ実現できたものだったのです。

仮想世界も「現実」なのだとユウキに教えてもらった明日奈は母と向き合うと決め「アルヴヘイム・オンライン」上で話し合うことを持ちかけます。今まで知らなかった仮想世界に触れ、本音をぶつけられた母親は、明日奈に少しだけ理解を示すようになります。

ユウキは命を落とす直前、アスナに自身のオリジナルソードスキル「マザーズ・ロザリオ」を託しました。ユウキにとって唯一残った「現実」である「アルヴヘイム・オンライン」に、自分の生きた証、生み出した剣技と、友情の証を遺すために……。

結城明日奈の魅力は「戦う」ことにあり!

以上、駆け足ではありますが、アスナこと結城明日奈の足跡を辿り、その魅力を纏めてみました。彼女は『SAO』のメインヒロインとして、キリトの隣に立ち続けています。その姿は、公式に「正妻」とネタにされたほどです。

彼女は仮想世界で戦うことで、現実世界でも仮想世界でも人が人とつながっていることを強く実感していきます。「マザーズ・ロザリオ編」はこのつながりを感じさせる戦いの様子が非情に素晴らしく描かれており、ファンの中でも人気が高く、私もおすすめの1編です。

彼女の魅力は、ズバリ「戦う」ことにあると私は思います。女の子らしい表情も、女戦士としての凛々しさと共にあることでより引き立ちつのです。キリトの隣で、最前線を駆け抜けていく「閃光」アスナ。戦うヒロインならではの魅力を、是非原作やアニメで感じてみてください。

Catch the Moment(期間生産限定アニメ盤)
LiSA
アニプレックス (2017-02-15)
売り上げランキング: 140