【片岡治大】ジャイアンツのナンバー8!足のスペシャリストの実力とは?

2017年優勝必須の巨人軍。しかし巨人軍にはこの男がいる!その男の名前は片岡治大。西武ライオンズ時代は4年連続盗塁王を獲得した片岡治大だが、巨人に来てからまだ本領を発揮していないようだ。片岡治大の走塁が再び目を覚ました時、巨人に奇跡が起きる!?

巨人のイケメン片岡治大って!?

片岡治大は1983年2月17日生まれ読売ジャイアンツに所属しているプロ野球選手です。片岡治大はジャイアンツの内野手で主に二塁手で、背番号「8」を着けています。ジャイアンツの背番号「8」といえば原辰徳や仁志敏久といった日本を代表するプレーヤーでした。

2013年FA宣言してジャイアンツにやってきた片岡治大は2014年、2015年と2年連続20盗塁以上を記録しました。しかし2016年はクルーズの加入や自身の故障もあり試合出場は激減しました。

西部ライオンズ時代の片岡治大は3年連続50盗塁以上を記録したこともある、盗塁のスペシャリストでもあります。長年レギュラーが決まらないジャイアンツの二塁手

ジャイアンツきってのイケメン内野手片岡治大がレギュラー二塁手に固定される、またはベンチに置いて代走の切り札的な働きを見せてくれるとジャイアンツファンとしてはかなり心強いはずです。片岡治大に迫ります。

片岡治大ってどんな性格なの?

#repost @beach.house.five via @PhotoAroundApp 野球、サッカー、ビーチバレー合同ビーチトレーニング。 ジャイアンツの片岡治大選手とFC東京の石川直宏選手。 ビーチバレー西村晃一選手。 全員日本代表経験をお持ちで、身長が175cm! ジムにいい刺激を与えていただきました。 皆さまありがとうございます。またのお越しをお待ちしてます。 #beachhousefive #bodymente5 #beach #beachtraining #野球 #サッカー #ビーチバレー #wbc野球日本代表 #サッカー日本代表 #ビーチバレー日本代表 #アスリート合同ビーチトレーニング #西麻布にオーストラリアの砂 #片岡治大 #石川直宏 #西村晃一 #森実利 #ジャイアンツ #FC東京

Koichi Nishimuraさん(@koichi.nishimura)がシェアした投稿 –



片岡治大は闘志あふれるプレーやファンが熱狂するようなアクションが多い選手です。片岡治大は熱い性格の持ち主なのではないでしょうか。若手の頃から自分に厳しいと言われている片岡治大。西部ライオンズ時代は4年連続盗塁王を獲得しています。

片岡治大の血液型はO型で後輩の面倒見が良い兄貴肌。凹んでいる後輩を見つけると片岡治大は積極的に話しかけて、話を聞いて後輩に元気をあげているようです。片岡治大は多くの後輩からリスペクトされているようです。

西武時代の片岡治大は、4年連続盗塁王、3年連続50盗塁以上と波に乗ったら誰にも止められないスピードスターとなります。熱い性格の持ち主で人情深い片岡治大はジャイアンツの優勝に不可欠な選手なのです。

西武時代の脚力が蘇るのか!

この見出し通り、片岡治大に西武ライオンズ時代の脚力が蘇るのならば、ジャイアンツにとってこれほど大きな武器はありません。ジャイアンツからの盗塁王は2011年の藤村大介以来現れていません。

ジャイアンツの野球のイメージは打って勝つ野球ですが、近年の野球は山田哲人(ヤクルト)や柳田悠岐(ソフトバンクホークス)のトリプルスリーなどの影響もあり、走れる選手の価値は上がっています。

2014年、片岡治大はジャイアンツ初年度チームトップの24盗塁を記録しました。この年の盗塁王は梶谷隆幸(DeNAベイスターズ)の39盗塁でした。2015年は21盗塁で2年連続チームトップです。この年の盗塁王はトリプルスリーを決めた山田哲人の34盗塁でした。

ライオンズとジャイアンツでは野球の質が違うのかもしれませんが、片岡治大は決して走っていない訳ではありません。2017年4月3日現在、開幕したジャイアンツのベンチに片岡治大の姿はありません。片岡治大がベンチにいるだけでも相手チームは警戒心が高まります。

片岡治大の年俸をチェックして見た!



2004年秋のドラフト会議で、西武ライオンズから3位指名された片岡治大は、契約金1億円、年俸1500万円で契約し、ライオンズに入団しました。2012年までの片岡治大は下がることなく年俸を上げ続けます。

1年目からレギュラーとなった片岡治大は2年目レギュラーとして打率.292、28盗塁、33犠打と活躍、3600万円で2007年を契約しました。2007年シーズンの片岡治大は打撃に苦しむも打率.256、38盗塁で初の盗塁王5700万円で2008年の契約を更改しました。

2008年は開幕から1番打者として167安打でリーグトップ、50盗塁を記録し盗塁王、打率は.287とチームの日本一とアジアシリーズ制覇に貢献しました。片岡治大の年俸は1億円となりました。

2009年はWBC日本代表に選ばれるなど、日本の世界一に貢献。シーズンは自己最多51盗塁で3年連続盗塁王、年俸は1億1000万円、2010年はオールスターのMVPに選ばれ、打撃も復調、自己最多打率.295、59盗塁で4年連続盗塁王、片岡治大は年俸を1億7000万円としました。(金額は全て推定)

ジャイアンツへの移籍と年俸推移



2011年シーズンの片岡治大は怪我により86試合出場の打率.230、22盗塁に留まり、年俸を7500万円下げの9500万円とします。2012年シーズンも怪我に悩まされた片岡治大は52試合、7盗塁で年俸は現状維持の9500万円としました。

2013年怪我から復帰した片岡治大は72試合に出場し打率.290、9盗塁を記録します。シーズン終了後、FA宣言をし読売ジャイアンツに移籍し、年俸を1億5000万としました。

2014年の片岡治大はチームトップの24盗塁を記録するも打撃面で振るわず、年俸を9500万円と5500万円ダウン2015年もチームトップの21盗塁、打撃面では5年ぶりの10本塁打を記録するも113試合で規定打席には達しず打率は.244 、900万円ダウンの8600万円とします。

2016年の片岡治大は同じ二塁手のルイス・クルーズの加入と故障もあり、32試合の出場で4盗塁とプロ11年でワーストとなりました。片岡治大は2600万円ダウンの6000万円で契約を更改しました。

片岡治大が巨人のキーマンって本当?

読売ジャイアンツは3年ぶりの優勝を目指して2017年日々奮闘している模様です。90年台後半から00年前半にかけてジャイアンツの二塁手は仁志敏久で固定されていましたが、近年のジャイアンツの二塁手は日替わりまでは言いませんが、なかなか固定されません

2017年の開幕セカンドは長距離も打てる中井大介が起用されました。候補者は豊富にいて熾烈な二塁手争い。片岡治大は経験も豊富なベテランです。若手が必死になってポジションを奪いにくるなか、片岡治大がどのような姿勢を見せてくるのか注目です。

夏場になれば疲れも見えてくるチームですが、その辺りで片岡治大の力が必要になってくるのではないでしょうか。もちろんもっと早まる可能性もあります。脇谷亮太や寺内崇幸といった実力あるベテランも控えています。ジャイアンツの二塁手争いは熾烈です。片岡治大の存在はチームにとって大きなものとなってくるでしょう。

2017年片岡治大野成績を大胆予想!

#G球場 #片岡治大 #陽岱鋼

☆みぃちゃん☆さん(@miichan_22_6)がシェアした投稿 –



ジャイアンツのイケメン「8マン」こと片岡治大の成績を大胆予想していきたいと思います。片岡治大が本来の力を出しジャイアンツを盛り上げるようなことがあれば、ぶっちぎり優勝の可能性があります。

ジャイアンツのクリーンアップは2016年首位打者・坂本勇人、復活の大砲阿部慎之助、元メジャーリーガー、マギーなど強力な顔ぶれです。その強力な中軸につなぐ役割として期待される片岡治大の2017年を大胆に予想していきます。

片岡治大は、ゴールデンウィーク頃、またはオールスター前後に一軍に上がってくるのではないでしょうか。守備力は安定していて、チームが最も期待したい部分は出塁率と盗塁数です。

打撃面で苦しむこともある片岡治大ですが、2017年は90試合出場で、打率.280、出塁率.315、20盗塁、ほどの活躍をしてくれます。徐々に復活し、ゆくゆくは足のスペシャリストとして、代走の切り札、鈴木尚典のような選手になってくれれば頼もしいです。巨人ファンとしてはもう一度50盗塁する片岡治大の姿も見てみたいところではないでしょうか!