糸井嘉男の阪神との契約金は?球界の天才バッターの伝説集!

打って守って走る。野球選手の中でも一級品と呼ばれる走攻守三拍子揃った男、糸井嘉男選手。2016年11月からは阪神タイガースへ移籍しました。そんな球界を代表する糸井選手についての情報をまとめました!

球界が誇る天才バッター【糸井嘉男】の伝説集

昔からの数々の伝説!



糸井嘉男選手は1981年に京都府で生まれ、プロ野球選手としては珍しく、中学時代は3年間野球部に所属し軟式野球でプレーしていました。実は当時から注目されていた選手…ではなく、なんと無名の選手だったというから驚きです。

その後強豪校からの誘いを受けられず、地元の府立高校に進学。入学してすぐに膝の怪我をし、完治した直後に肩を負傷。高校時代は3年生の4ヶ月間しかプレー出来ませんでした。プロ野球選手になるような人は早くから注目、活躍することが多いのでこれは本当に驚きですよね。

高校を卒業し近畿大学へ進学した糸井選手は、ここでメキメキとその才能を開花させ、エースピッチャーとして大活躍しプロからの注目を受けます。その後2013年のドラフト会議で日本ハムファイターズに入団したという、現在活躍している野球選手には珍しい異色の経歴からプロの世界に入ってきました。

学生時代の伝説!



プロに入るまで数々の苦労をしてきた糸井選手。そんな遅咲きの糸井選手ですが、まだ無名の学生時代から大物感漂う伝説エピソードがあるんです!軟式野球部に所属していた中学時代の話ですが、大事な試合の直前の練習中にも関わらず、糸井選手はベンチに座り込んでいました。

それを見た監督に「帰れ」と怒鳴られた糸井選手はなんと本当に帰ってしまい、その大事な試合に出場しなかったという、中学生では考えられないような度胸のある仰天エピソードを起こしています。やはり後のプロ野球になるような人は人の言うことをただ聞くようなタイプではなく、自分を持ったマイペースタイプの人間なのかもしれませんね。

プロ野球選手としても面白いエピソードが多数!



糸井選手は「打って良し、守って良し、走って良し」の、野球選手として最高級の選手の一人といっても良いと思います。また、Theアスリートのような肉体や、先ほどご紹介した学生時代のエピソードからちょっととっつきにくそうなイメージを持たれることもあるでしょう。

しかし、糸井選手はそんなイメージとは違い、とっても天然で面白い人なんです!インタビューやその言動からわかる、もはや伝説と言って良い数々のエピソードをいくつかご紹介します!そのエピソードから、男性ファンだけでなく女性ファンも虜にしてしまう糸井選手の魅力を皆さんにもぜひ知ってもらいたいです!

入団時からすごかった!

2003年に今で言う「ドラフト1位」で入団した糸井選手。普通、学生からプロに指名され入団するときって、とっても嬉しいですが、同じくらい緊張するものですよね?数々の記者が駆け寄ってきて話を聞いてきたり、無数の写真を撮られたり。でも糸井選手はそんな緊張をまったく見せない伝説エピソードを、入団時から残していました!

入団後に行われる球団との食事会の後でのこと。詰め寄ってきた記者からの「どうでしたか?」の質問に糸井選手、なんと「エビフライ!」と解答。…??? ですよね?糸井選手、「どうでしたか?」の質問に対し会食で食べた物を答えるという超天然エピソードを披露したんです!学生時代のエピソードといい、なんともマイペースで大器をにおわせる存在ですよね!

投手時代に…

ヤフドに阪神戦を観に来てます( ˙◊˙ ) よしおさん元気そう!! #阪神タイガース #糸井嘉男

ⓂⒶⓀⒾさん(@riche222)がシェアした投稿 –

これは糸井選手がまだ外野手としての才能が開花する前の、投手時代のエピソードです。プロ野球界の仕組みや練習法の知識もあまりない方にも、投手は主に何の練習をするのか?と聞かれたら、さすがに分かりますよね?そうです、投球練習です。その投球練習中に伝説は起こりました!

当時入団1.2年の投手時代。まわりには先輩だらけで何かと肩身の狭い思いもしていたでしょう。そんな時代の投球練習で糸井選手、キャッチャーに「カーブ」を投げる!と宣言していたのにも関わらず、ロージンを触っているうちにその事を忘れ、なんと豪速球を投げてしまいます!そしてキャッチャーに大激怒されたという、若手時代では考えられない相変わらずのマイペースエピソードは、ファンの間では伝説になっています!

代打、三球三振…

野球を観ている時に盛り上がる所といえば、「代打」が告げられる所ですよね!注目の新人選手が出場したり、怪我明けの選手や代打の神様と言われるベテラン選手が、チャンスの時に出場することもあり、筆者は代打の場面が大好きです!

このエピソードは、糸井選手がそんな「代打」として出場した際のエピソード。チャンスで打席に立った糸井選手。結果は三球三振という、期待に添えないものに…。試合後、報道陣や記者に「なんの球種を待っていたの?」というインタビューに真顔で「ストライクです」と解答。周囲に沈黙が訪れました。確かにボール球は振っちゃダメだけど…。一般の常識からはかけ離れた天才のエピソードという感じが伝わってきますよね!

オリックス退団!阪神と糸井嘉男はいつ契約したの?

2003年に日本ハムに入団しプロ野球選手としてのキャリアをスタートさせた糸井選手。当初は投手として二軍の試合に出場しており、一軍の試合に出場する機会はありませんでした。今の活躍からはとても想像できないキャリアのスタートだったんです。

その後、当時の日本ハムのコーチに外野手としての適正を見出され外野手にコンバート。それからすぐに二軍の試合で月間MVPを獲得し、持って生まれた肩の強さや守備センスを活かし、日本を代表する外野手として不動の地位を築くことになります。

2013年からオリックスで活躍していた糸井選手。そんなオリックスの中心選手として活躍していた糸井選手ですが、2016年のシーズンオフにFA宣言、巨人を始め強豪球団が多数獲得に乗り出していたことから糸井選手の動向に注目が集まっておりましたが2016年の11月に阪神タイガースと契約したことを正式に発表しました。

糸井嘉男の気になる契約金は?

オリックス時代は最高年俸「3億5000万円プラス出来高払い」という、一般の方からはまさに宝くじに当たらないと手に入れられないような年俸を貰い、WBCの日本代表へも選出される活躍をみせていた糸井選手。そんな糸井選手の阪神タイガースへの移籍ということでその契約金に注目が集まりました

阪神タイガースとの契約期間は4年間。その4年間での年俸総額は18億円以上(推定)という、単純計算で1年間4億円以上貰える計算となります。2016年で35歳となり、プロ野球選手としてはベテランの域に達している糸井選手ですが、やはりまだまだ現役選手としての期待は高いということが、この破格な年俸総額からもわかると思います!

阪神【糸井嘉男】のグッズ情報

日本を代表するプロ野球選手。そんな糸井選手が移籍してくるということだけあって、阪神タイガースのファンの方や、昔からの糸井選手のファンは今後の糸井選手の活躍に注目しているでしょう!また、ファンの方が気になる情報は、野球ファンには欠かせないグッズ情報ではないでしょうか?

新しい球団に入団するということだけに、当然糸井選手の新しいグッズがたくさん出てくるでしょう。そんな糸井選手の阪神タイガースとしてのグッズですが、現在はまだそれほど多く発売されておりません。タオルやレプリカユニフォームは2017年のキャンプインに合わせて発売されましたので今後更なるグッズの考案や企画が進められることでしょう!ファンの皆さんは期待して待ちましょう!

怪我からはいつ復帰する?糸井嘉男の今後

2016年の11月に阪神タイガースに入団した糸井選手。入団当時から阪神の金本監督からの期待が高く、外野手としてのレギュラーを確約されていました。しかしその後にアクシデントが発生。学生時代から度々痛めていた膝の古傷が再発。キャンプへは参加したものの、試合への出場ではなくリハビリを優先したメニューをこなしていました。

2017年の3月現在、その膝の怪我もかなり回復しつつあり、現在はDHとしてオープン戦へ出場して活躍しています!オープン戦では現在9試合に出場し順調に安打を重ね、本塁打も一本放つなど、徐々に糸井選手本来の姿が戻りつつあります!古傷の怪我とのことでまだ万全の状態ではないでしょうが、天才バッター糸井嘉男選手の新天地での今後の活躍が楽しみですね!

阪神タイガース「糸井」イラストフェイスタオル
Tigers
売り上げランキング: 67,870