CV上坂すみれの魅力を120%味わえるキャラTOP5!年別に演じたキャラも紹介

上坂すみれさんが演じる可愛らしいキャラクターをピックアップ!!すべて御紹介することはできませんが、それぞれにいろいろな可愛さがあると思うので少しですが御紹介させていただきます。

魅惑の声優・上坂すみれ

近年、さまざまなキャラクターを演じている上坂すみれさんを御存知の方は多いのではないだろうか。今回は彼女が演じるキャラクターにスポットを当てて、どんな方なのか彼女の魅力に迫りたいと思います。ですがその前に、彼女について少しプロフィールを御紹介させていただきます。

プロフィール



上坂すみれさんは1991年12月19日生まれの神奈川県出身。スペースクラフト・エンタテインメントに所属しています。上智大学外国語学部ロシア語学科を卒業とのことです。

きっかけは当時9歳のときにスペースクラフトにスカウトされ、ヴィダルサスーンのCMに出演したことみたいですね。興味が御有りの方はCMを探してみるのも楽しいと思いますので一度探してみはいかがでしょうか?

その後2009年にはWebラジオ『うぇぶらじ@電撃文庫』にて自身初のラジオレギュラー出演を果たし、2011年からはアニメでの活躍をしており翌年2012年からはメインキャラクターを任されることもあり、ファンからは「すみぺ」と呼ばれ親しみを感じられます。

また自身のミリタリー趣味にちなんで、一部のファン(同志諸君)からは「師団長」「軍団長」などとも呼ばれており、上坂すみれさんのtwitterフォロワー数が1万人・3万人フォロワーを突破するごとに特進(特別昇進)してます。1万人時には「師団長」に昇進、3万人からは「軍団長」への昇進を果たした!!

上坂すみれが演じる可愛すぎるキャラを年代別に御紹介!!

2011年、出演数全1本。


2011年、4月から放送された「プリティーリズム・オーロラドリーム」にて「お嬢様C」役として出演されています。このときはメインキャストではなかったので、「お嬢様C」と言われても思い出せない方がほとんどだと思いますが、それも仕方ないですよね。



2012年、出演数全6本。

『中二病でも恋がしたい!』では「凸守早苗」役として出演されています。その長いツインテールと語尾が特徴的なところが魅力的ですが、髪をおろしている姿も可愛いです。ちなみにアニメ版のオリジナルキャラクターですがしっかりとメインキャラとして活躍?してます(笑)


『パパのいうことを聞きなさい!』こと『パパ聞き!』にはメインヒロインとして小鳥遊三姉妹の長女「空」として出演されています。人見知りで照れ屋の性格で長女として頑張ろうとしているので、最初は主人公にやや当たりが強くみえる場面もありますが根は素直でかわいらしい女の子です。

2013年、出演数全8本。


『アウトブレイク・カンパニー』では亜人であるウェアウルフの少女役にて出演されています。褐色で健康的な肌と、活発で元気な言動がとてもワンコっぽくてモフモフしたくなったのはアニメの主人公だけではなく、視聴者の皆さんもそうだったのではないでしょうか!!


『波打際のむろみさん』ではメインヒロインの「むろみさん」の友人?友達の「隅田さん(すみださん)」役で出演。たまにひどい二日酔いで半死状態となって「むろみさん」と一緒に浜辺に打ち上げられているのが印象的な少し残念なキャラクターです(笑)

ちなみに主題歌の「七つの海よりキミの海」を歌っており、、上坂すみれさんの歌手活動におけるデビューシングルでもあります。

2014年、出演数全11本。

『俺、ツインテールになります。』こと『俺ツイ』ではメインヒロイン!?の「テイルレッド」役として出演しています。主人公の「観束 総二(みつか そうじ)CV.島﨑信長さん」が変身した際、「テイルレッド」として上坂すみれさんが声を当てています。

設定も面白いのですがテンポの良い掛け合いなどもあり、徐々に「男の娘」「ツインテール」の良さを知り「ツインテール」が好きになっているかもしれませんね。照れている「テイルレッド」などおススメですよ!!

『鬼灯の冷徹』では「ピーチ・マキ」を演じており、地獄で新人アイドルとして活動しています。普段のアイドルとしての振る舞いだけでなく、万引き犯を前にした時の豹変ぶりなどお楽しみください。

また、こちらの作品でもキャラクターの声だけではなく、エンディング曲「パララックス・ビュー」を担当されており、上坂すみれさんの3枚目のシングルです。

2015年、出演数全11本。

『SHOW BY ROCK!!』ではガールズバンド、『Plasmagica(プラズマジカ)』のリーダ的存在である「うさぎ族」の女の子「チュチュ」を担当してます。

音楽に対して真剣に取り組み、見た目の可愛さからは想像できませんが誰に対しても物怖じせずにものを言う面があります。しかし勢いで言っているわけではなく、思慮深いため思い悩む姿もあります。そんなところが「チュチュ」の良さだと思います。


『プラスティック・メモリーズ』こと『プラメモ』ではSAI社、ターミナルサービス専属エンジニアの女性、海松エル(みる える)を演じてます。とても明るく活発的で親しみやすい裏表の無い性格です。

ヒロインの「アイラ」に自作のメイド服を着てもらおうと何度もお願いしている姿や、気にいった相手に対してやや過剰なスキンシップを取ったりするなど、明るく積極的な場面が多いですが、彼女がメインとなる第8話以降では葛藤したり傷つく姿は切なかったですね。

2016年、出演数全13本。

『無彩限のファントム・ワールド』ではメインヒロインの「川神舞」役で出演されています。主人公が所属するホセア学院高等部の2年生で、脳機能エラー対策室、チームEのリーダーとして戦闘では前衛で奮闘しています。

戦闘では高い身体能力を生かして、徒手空拳を使ってファントム相手に闘います。 特殊能力で相手の弱点に合わせて自身の属性を変化させる「五行の氣」を使います。持ち前のポテンシャルの高さゆえか口より先に手が出るところがあり、戦闘時がきりっとしてる分、失敗などするところが余計に可愛いですね。


『ラクエンロジック』ではメインヒロインの「知恵と戦略」を司る女神「アテナ」役として登場します。神話の世界テトラヘヴンの女神である「アテナ」は主人公と盟約を交わし、多くの使者を退けていきます。

心優しく正義感の塊の様な彼女は、尊い命が失われることを悲しむ姿が見受けられます。次第に主人公に魅かれていくなか、自身の役目が終われば元の世界に戻らなくてはならない運命に葛藤します。最後の戦いでは主人公と互いに自身のすべてを預けあいたたく姿や、最後に涙を流し主人公に誓うシーンはとても魅力的な表情でした。

上坂すみれが演じる魅力的すぎるキャラ5選

ここからは最近の作品から上坂すみれさんが演じるキャラの中から、個人的に魅力的だと思うキャラクターをランキング方式で御紹介させていただきます。

第五位 尾上 世莉架(おのえ せりか)

『CHAOS;CHILD』から「尾上 世莉架」(ファンの間では「おっけいさん」の愛称で親しまれている)を御紹介させていただきます。やや天然で抜けている所があるが明るくムードメイカー的な雰囲気があり主人公の助けとなっている。

主人公が事件に巻き込まれてからもそばに居て、時に主人公を励ましたり、時に主人公から守られていますが、普段の天然のような印象からは考え付かないほどの機転の良さや行動力で主人公を助けることもあります。そういう普段とのギャップもいいのですが、ストーリーに大きくかかわっており先に進むにつれて彼女の変化や事件の全容に触れることで、彼女の魅力が深まっていくと思います。

ネタばれになってしまうのでここで止めておきますが、一度御視聴いただけたらと思います。

第四位 シャルティア・ブラッドフォールン



『オーバーロード』からは「シャルティア・ブラッドフォールン」を御紹介します。 見た目はお人形のように可愛らしい容姿なのですが真祖の吸血鬼であり、ナザリック地下大墳墓の第1~3階層「墳墓」の守護を任されている階層守護者です。その可憐な容姿とは裏腹に戦闘力が高く、一対一の戦いでは圧倒的な強さを見せる。しかし、血を浴びることで発動する「血の狂乱」により暴走状態となり恐ろしい姿にもなる。

ちょこちょこ一部の階層守護者と揉めており、そういう姿は見た目の年相応にも見えて好きな人も多いのではないだろうか。すでに後編の 『劇場版総集編オーバーロード漆黒の英雄』も三月に公開され、更には二期の制作も決定されている作品なのでその人気の高さが窺えます。

第三位 ノンナ

『ガルパン』こと『ガールズ&パンツァー』は御存じの方も多いかと思います。その『ガルパン』にて「ノンナ」の声を担当されてます。「カチューシャ」との絡みがとても微笑ましくていいですよね!!劇場版で「カチューシャ」の分からないロシア語で会話するなどちょっと意地悪している所や、「カチューシャ」を諭すシーンが印象的でした。やはり上坂すみれさんのロシア後はすごいですね!!

他にも「ぴよたん」としても出演されています。アリクイさんチームの砲撃担当の子ですね。

華奢で大人しい雰囲気でしたが劇場版では前半に筋トレをし、後半で戦車の弾を片手で受け取り装填するというすさまじいシーンが見れますので驚きですよ!!

第二位 吹雪

お馴染み『艦隊これくしょん』こと 『艦これ』「吹雪」です。ブラウザゲームに始まりアニメ・アーケードゲーム・映画・同人など幅広く展開しており、その人気の高さはすさまじい勢いです。アニメ・映画の主人公である「吹雪」は始めは航行することも上手くできず、いろいろな艦むすの協力を経て大きく成長します。

その直向きに努力する姿や持ち前の明るさには、一時期くらい気持ちになった「睦月」も助けられたと思います。最後の戦いではみんなを鼓舞し、敵を退けるなど序盤の頼りない雰囲気はなくなりアニメを通して成長を感じられました。戦闘以外ではちょこちょ「赤城さん」のことで蕩ける「吹雪」は可愛くてブラウザ版からの付き合いである提督さん方は新たな一面に惚れ直した方も多かったのではないでしょうか!!

劇場でも大活躍していますので、まだ見てない方はぜひ御視聴ください。また、他にも「蒼龍」「飛龍」の声も担当されているのでそちらもよろしくお願いします。

第一位 アナスタシア 

『アイドルマスター シンデレラガールズ』からは「アナスタシア」こと「アーニャ」を御紹介!!ロシア人と日本人のハーフという設定で会話にはロシア語がちょこちょこ混ざってくるという個性的なキャラクターです。もはや上坂すみれさんのためのキャラクターといっても過言ではないかも?(笑)

アニメでは出番が多くはなかったですが存在感があり、どこか脆く儚い雰囲気がミステリアスでライブのシーンなどが魅力的でした。その前後の美人さんの片言がギャップになっているので、その魅力に嵌まってしまうのかもしれません。また、アニメ以外にもアプリ・ゲーム・ラジオなどで彼女の良さを楽しめるのでそちらもよろしくお願いいします。

まだまだ上坂すみれは止まらない!

これからもアニメやライブなどさまざまな活動をしていく上坂すみれさんには目が離せません。今年もすでに多くの活動をされており、美しい映像の『ハンドシェイカー』や次の展開に息をのむ『CHAOS;CHILD』など多くの方が注目していたのではないでしょうか。

また、これから放送となるアニメにも期待が高まります。個人的には『バトルガール ハイスクール』が気になってます。アプリを当初からしていたので、待ちに待ったアニメがようやく来たと、楽しみにしています。通称『バトガ』では「火向井ゆり」というどこがとは言いませんがちっちゃめな女の子で熱血系の頑張り屋さんなので、皆さんも応援をよろしくお願いしますね。

キャラクタースリーブマット 中二病でも恋がしたい!戀 凸守早苗 (ENM-004)
エンスカイ (2015-04-17)
売り上げランキング: 216,458