【キングダム信】大将軍になり即敗北?妻は陽ちゃん?作中の成長と将来起こる出来事を徹底予想

ヤングジャンプが誇る、人気歴史漫画「キングダム」の主人公、信を徹底的に紹介します。解説内容としては、コミックスを基準として、キャラクター達のそれぞれの魅力的なエピソードと合わせ、今後のコミックス以後の展開も予測紹介していきます。

信(キングダム)とは?

信とは?、週刊ヤングジャンプで現在も連載されている。人気歴史漫画の主人公です。また様々なメディアミックスがなされ、アニメ化ら始まり、ゲーム「キングダム-英雄の系譜-」、そして2017年直近では、実写映画化が決定主演の信を演じる役者は山﨑賢人さんです。

原作ファン特にキャラクターに思入れが強くなるこのキングダムという作品で、とても挑戦的な展開と思いますが、演じられる役者さんや監督さんにはぜひ熱意と愛をもって作って欲しいと願っています。

信の紹介の本題からはずれましたが、信についてですが、この作品の全てといってでしょう。このキングダムという作品は信の立身出世=人生を追っている作品になります。

作品のジャンルとしては、中国の歴史、戦国時代(戦国七雄)の舞台にした伝奇、歴史漫画という事になっており、原作の原泰久先生が、李信将軍をモデルとして創造したのが信です。

孤児で、下僕の産まれだが、己の運命を呪わず、ただ真っ直ぐ全身全霊に天下の大将軍を目指す姿に、男性なら憧れる魅力的なキャラクターです。

成長1.天下の大将軍「王騎」との絆

史実の資料としては、王騎将軍の活躍はしていませんが、キングダム作中では大変魅力的なキャラクターとして、描かれています。まず、特徴的なたらこ唇とお姉系口調だが、戦の実力は「秦の怪鳥」と呼ばれ秦を除く六国恐れられていたと作中では語られています。

信との関係性で一番心に残るエピソードとしては、王騎将軍との別れのシーンだろう。詳細はまだ読んでない人の楽しみを奪わない為にネタバレ致しません。が、僕個人としては、キングダム史上最大の泣き所となっています。コミックスの巻数だけ言うと11~16巻です。

成長2.本能型の極地「ヒョウコウ」との絆

ヒョウコウ将軍については、史実の資料としては二回しか記述されておらず、実際に何時、どこで、亡くなったのすら分かっておりません。

この事からキングダムの漫画では、信が初陣を飾る対魏国戦に置いて、ヒョウコウ将軍の元一兵卒として参戦することになり、連載初期からの本能型の武将としてヒョウコウ将軍は登場しています。

本能型とはキングダムの漫画で語れる武将としての才能の事です。ヒョウコウ将軍と信との関係性としては、

成長3.同世代のライバル蒙恬、王賁、羌瘣、河了貂との切磋琢磨

最初に蒙恬というキャラクターについて取り上げていきます。蒙恬は、蒙家の3代目の嫡男であり、蒙武将軍の息子です。蒙恬の性格としては風来坊で掴み処のないです。が、いざ事が起こると誰よりも冷戦沈着で、対廉頗戦に置いて、信、王賁、蒙恬の3軍にて合同作戦を立案し見事に敵将軍である輪虎を術中に嵌めています。

王賁に関しては、これも蒙恬と同じく、王翦将軍の嫡男になり産まれながらエリートです。こちらは産まれに対しての相当の誇りがありかなりの堅物で頑固な性格をしています。ですが、実力は折り紙付きで、対魏火龍戦に置いて敵将である紫伯を討ち取っています。

羌瘣は史実としては、王翦将軍の副将です。が、キングダム内では性別が女性になりかつては蚩尤という暗殺集団に所属しているという設定で、信と出会い最終的には飛信隊に所属なります。

飛信隊所属以後は巫舞の剣技と頭脳明晰も相まって光速で出世し、コミックス最新刊である45巻までには三千人将まで昇格しています。

最後に河了貂に関しては、史実に登場しないキングダムでのオリジナルキャラクターになっています。物語の初期から鳥のお面を被って登場します。歴史物を扱うという事でどうしても男臭くなるのを避ける意図があるのかは分かりません。

が、黒婢村で信と政に出会ってから行動を共にし、己は戦う能力はないが知略の面で信を支える軍師になる為昌平君の軍師学校に入居し軍師になり飛信隊を知略の面で支えるのが河了貂です。

成長4.強敵李牧、ホウケン、輪虎、廉頗との出会い

Enter your text …

信に起こること1.将来は大将軍になり、秦国六将に名を連ねる?

Enter your text …

信に起きること2.楚を攻めるも大敗北して幹部9名失う?

Enter your text …

信に起こること3.羌瘣ではなく、陽ちゃんを妻に娶る?

Enter your text …

信に起こること4.子供を産み、やがて唐建国の祖「李淵」、詩人「李白」を子孫に持つ?

Enter your text …