【Fate/GO】ジークフリートの格好良すぎる8つの魅力!もう「すまないさん」とは呼ばせない!

ジークフリートはその謙虚な姿から「すまないさん」として人気のサーヴァントです。しかし、ジークフリートと言えば誰もが知る大英雄。今回はそんなジークフリートのカッコいい魅力を紹介します。もう「すまないさん」とは呼ばせません!

『Fate/Apocrypha』ジークフリートとは?



ジークフリートは『Fate/Apocrypha』に登場したサーヴァントです。最優と評されるセイバーのクラスとして現界し、最強の竜殺しとして活躍しました。FGOでも「すまないさん」として大人気。その謙虚でどことなく情けない様子からファンの間でよくネタにされています。

しかし、情けないのはあくまでFGO内での話。その微妙な性能から、しばしばネタにされる彼ですが、本当のジークフリートはすっごいカッコいいんです!ぼくのセイバーは最強なんだ!――ということで、今回はジークフリートのカッコいい魅力を紹介します。

FGOで大活躍!みんな大好き「すまないさん」の魅力

「すまないさん」と呼ばれるようになった経緯について



そもそも、なぜここまでジークフリートはすまないさんとして有名になってしまったのか。魅力の前にすまないさんと呼ばれるようになった経緯から紹介します。そのきっかけは1章オルレアン。ジャンヌオルタを倒すべく竜殺しを探していた一行は、そこでジークフリートと出会います。

しかし、出会ったときにはすでに彼は呪いを受けており、とても戦闘をできる状態ではありませんでした。そんな役に立てない自分を憂いてか、ことあるごとに彼が「すまない」と詫びる謙虚な様子が描かれていました。そのとにかく謙虚な姿勢と「本当にすまない」というセリフから人気が爆発。今では「すまないさん」として多くのファンから愛されています

【魅力1】とっても謙虚

そんなすまないさん……もとい、ジークフリートは「本当にすまない」というセリフからも分かる通りとっても謙虚。どれくらい謙虚かというと、敵の接近を知らせるためにマスターたちの会話に割って入った際「すまない……空気が読めない男で、本当にすまない」と、わざわざ謝ったほど。

しかし、ジークフリートと言えば誰もが知る大英雄です。なんせあのファヴニールを倒した伝説の持ち主なのですから。ゲームなどで少しでも英雄等の知識がある方ならば、彼と「バルムンク」の名前を知らない人はいないでしょう。なのに、そんな大英雄であるにも関わらず、彼は決して偉ぶることはありません。そういう実績と性格のギャップが彼最大の魅力です。

【魅力2】誰かのために活躍し続けた悲劇の英雄

ところで、彼が謙虚なのにはわけがあります。というのも、彼の生前の信条によるもの。FGO内でとても謙虚な彼ですが、生前も同じく謙虚でした。生前の彼は「英雄とは誰かにその力を求められるからこそ活躍するもの。その圧倒的な力で、自分の願いを叶えるために自分勝手な行動をしてはならない」と、自らに縛りを与えていました

そうして、誰かに請われるまま活躍していた彼ですが、その行動はすべて裏目に出てしまいます。結局、彼の行いは更なる悲劇を引き起こしただけでした。自分のせいで多くの人を不幸にしまったため、彼の自己評価は常にマイナスです。そんな生前を思い、彼はことあるごとに「すまない」と口にしているそうです。そんな優しさが彼の魅力の1つです。

【魅力3】正義の味方に憧れる気高い騎士

また、そんな彼が憧れるのは「正義の味方」。先ほど紹介した通り、彼は生前自ら決して動かず、常に他人に請われるままに活躍してきました。しかし、その結果は悲惨なもの。結局何1つ守ることができませんでした

そんな彼は死ぬ間際、ささやかな願いを胸に抱きます。もしも次があるならば、今度は誰の願いのためでもなく、ただ己の信じる者のために戦いたい。己の正義のために戦いたい、と。だから、彼の願いは正義の味方になること。自らの信じるものの為に戦う者正義の味方になりたいと願う、尊い騎士です。

あのカルナとも互角!?知られざるジークフリートの真の実力!

【魅力4】トップサーバントとも互角の実力

謙虚で優しい彼ですが、その実力は確かなものです。彼の性能が微妙なのはFGO限定の話であって、型月ワールドにおける彼は正真正銘の大英雄。その実力は、なんとサーヴァント界最強クラスと名高いカルナに対し、互角の勝負を繰り広げるほどです。なのでここからは、そんなジークフリートの知られざる実力について紹介します。

【魅力5】最硬クラスの宝具『悪竜の血鎧(アーマー・オブ・ファヴニール)』



まず、特筆すべきはその硬さ。硬い。固い。堅い。とにかく堅い。『悪竜の血鎧(アーマー・オブ・ファヴニール)』通常攻撃はBまで無効。宝具もB+まで無効。更にそれ以上の攻撃もB分軽減するという破格の性能です。つまり、Aの通常攻撃も彼にはE分しか利きません。これはチートスキルと名高いヘラクレスの「十二の試練」よりも高い防御性能です。

ヘラクレスを一殺できる火力でもかすり傷程度、と言えばそのチートっぷりが分かると思います。ここから更にバルムンクでの相殺。技量による回避も加われば、正に鉄壁。正攻法で彼を傷つけるのはほぼ不可能と言えるでしょう。唯一の弱点は背中のみと、正真正銘無敵の英霊です。――なお、この宝具はFGOに実装されていません。……すまない、本当にすまない。

【魅力6】竜殺しの剣『幻想大剣・天魔失墜(バルムンク)』

また、硬さがよくピックアップされる彼ですが、火力も申し分ありません。彼の主力宝具『幻想大剣・天魔失墜(バルムンク)』は数多ある対軍宝具の中でも屈指の連発性能を誇ります。広範囲に拡散する斬撃のため、瞬間火力こそクラレントほどではありませんが、連続して宝具を放つことが可能です。

更に、竜殺しの伝説が有名なこの剣は竜種に対して追加ダメージを与える効果も持っています。柄につけられた宝石には神代の魔力が貯蔵されているため燃費も良く、マスターにも優しいとても優秀なサーヴァントです。こんなセイバーを聖杯戦争で引いたら、もう勝利は約束されたようなもの――この戦い、我々の勝利だ!

【魅力7】FGOでだって竜相手なら大活躍!

微妙だ微妙だ、と言われるFGO内でだって、噂ほど弱くはありません!『悪竜の血鎧』こそ実装されていないものの、FGOにおける彼のHPは最高クラス。スキル強化を貰ってからは微妙だった火力の問題も解消され、竜属性相手なら竜殺しという異名に恥じない働きをしてくれます

特に活躍するのが曜日クエスト。竜属性でランサーなエリちゃんと相性が良いため、槍の修練場の周回におすすめです。――ドラゴンステーキになっちゃう~!またストーリー7章には待望の竜属性持ちのランサーエネミー「ムシュフシュ」が登場し、大活躍しました。

ジークフリートは最終再臨イラストもカッコいい!

【魅力8】近衛乙嗣さんのイラストがカッコよすぎる!



そんなジークフリートはFGOのイラストだってカッコいい!性格通り寡黙そうな表情の憂い顔が溜まりません。特に最終再臨イラストがカッコ良くて最高です。その最終再臨イラストが上記のこちら。

バルムンクを構えながら不敵に笑う姿が大変クール!

FGOでイラストを務めるのはアポクリファも手掛けた本家の近衛乙嗣さんということもあり、とてもカッコよく仕上がっています。また、再臨を重ねるとドラゴンの角と翼が生えた姿になり、こちらもとても魅力的です。

最強の竜殺しジークフリートを使ってみよう!

そんな最強の竜殺しであるジークフリートを皆さんぜひ使ってみてください。スキル強化を貰ってから本当に見違えるように強くなりました。ざったざったと竜をなぎ倒すその様子は正に最強の竜殺しです。

また、2017年7月にアニメ放送予定の『Fate/Apocrypha』でもジークフリートが大活躍!?FGOでは見れない彼のカッコいい姿を見ることができるため、ぜひ、お楽しみください。以上、ジークフリートのカッコいい魅力でした。

Fate/Grand Order 電撃コミックアンソロジー4<Fate/Grand Order 電撃コミックアンソロジー> (電撃コミックスNEXT)” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2016-10-27)
売り上げランキング: 9,398