圧倒的深み!斉藤和義の「魂が揺さぶられる名曲」10選

日本の人気シンガーソングライターである「斉藤和義」。彼の歌には哀愁やリアリティーが溢れており、独特な世界観が注目を集めていますね。そこで今回は、初心者でも瞬く間にファンになってしまうほどの名曲を10曲厳選してご紹介いたします!日本を代表する歌うたいを見逃すな!

色気溢れる歌唄い「斉藤和義」

#斉藤和義 #nomusicnolife 先月の21日でタワレコアプリが終了。 作り置きしていた、、 せつこさん?

chiba☆Galleryさん(@chiba_channel)がシェアした投稿 –

日本の人気シンガーソングライターである「斉藤和義」。哀愁漂う楽曲の数々や、リアリティーのある歌詞が非常に魅力的なアーティストですね!気だるそうな雰囲気でギターを弾き語る姿には、男性でもうっとりとしてしまうほどの色気があります。まさに「日本の宝」と言っても過言ではないのではないでしょうか?

ここまでの名高い人気を誇る理由は、彼の人柄にもあります。あだ名は「せっちゃん」と呼ばれている斉藤和義ですが、小さい頃からずっと下ネタを連発していたことからこのようなあだ名が付いたそうです(笑)とてもオープンで気さくな人柄にも魅力を感じますね!歌っている時とはまた違った一面を見せているのが、ギャップにもなっているのかもしれません。

斉藤和義の魂が揺さぶられる名曲10選!

そんな大人の魅力溢れる「斉藤和義」ですが、やはり注目しておきたいのはその名曲の数々ですよね!彼の楽曲はあらゆるCMでも使われているため、皆さんも知ってる曲がいくつかあるのではないでしょうか?キャッチーなメロディーやセンス溢れる歌詞には、斉藤和義という人間の深みを味わうことができます。

そこで今回は、ファンなら知っていて当然の名曲を10曲に厳選してご紹介いたします!もちろん初心者の方でも「斉藤和義」の魅力に触れることができる内容となっているので、「斉藤和義」が気になっている方は見逃さずにチェックしておいていただきたいところです。それでは早速、深みのある名曲の数々をご覧ください!

第10位は「ベリーベリーストロング」



一曲目となる第10位は「ベリーベリーストロング」のご紹介です!哀愁の漂う、まさに「せっちゃんワールド」全開の一曲となっています!個人的にはこの哀愁漂う雰囲気がとても好きで、疲れた時になんかは最高の時間を過ごさせてくれます。

歌詞の内容も非常に素敵で、現代社会のリアルな世界観がとても細かく描写されています。歌詞を追っているだけでも、その哀愁漂う世界観に引き込んでくれるのです!なんだか応援したくなるような主人公ですよ。まさに「せっちゃんワールド」全開の一曲!

第9位は「やぁ 無情」



第9位は「やぁ 無情」のご紹介です!片思いの女性に対する一途な想いを、キャッチーなメロディーに乗せて訴えかけています。なかなか女性に対する想いを振り切れずに、自分と戦っているこの歌詞の内容ですが、誰しもが共感できるものがあるのではないでしょうか?彼の弾くギターの音色に、思わずうっとりしてしまうような一曲となっていますよ。

第8位は「攻めていこーぜ!」



第8位は「攻めていこーぜ!」のご紹介です!イントロから軽快なコードが響いており、歌詞の内容なんて関係なしに元気になれそうな「せっちゃん」らしい一曲となっています。なんとなく「ビートルズ」などのようなUKロックの影響が色濃く出ているような気がしますね。筆者は非常に好きな雰囲気です!

もちろん魅力は思わず口ずさんでしまうようなメロディーにもあるのですが、このエネルギッシュな歌詞にも注目しておきたいところです!タイトルにもあるように、とにかく「前を向いて攻めていこうぜ!」といった内容となっており、嫌でも元気が出てしまうような名曲です。人生の壁にぶつかった時にこそ、是非聴いていただきたい一曲です!

第7位は「ワンモアタイム」



第7位は「ワンモアタイム」のご紹介です!軽快なリズムから生み出される独特な雰囲気は、とてもノスタルジックな気分にさせてくれそうですね。なんとなく「斉藤和義」の歌声にも、昔を懐かしむような感情が見え隠れしているような気がしませんか?

この歌詞にある「君」というのは、個人的には男性のような気がしています!小さな頃に友達と一緒に夢を見ていた男性が、「もう一度、一緒に夢を見ようぜ!」という思いを持っているのです。とても素敵な歌詞ですよね。自分もそうありたいと思わせてくれるような、心温まる一曲となっています。

第6位は「月光」



第6位は「月光」のご紹介です!2012年にフジテレビで放送されていた「家族のうた」の主題歌として起用されており、当時とても話題となっていた一曲ですね!切ない雰囲気を醸し出しつつも、なんだか前向きな気持ちにさせてくれる曲の世界観に、筆者は何度も心をうたれました。

届かないものに手を伸ばそうとするのはなかなか大変ですが、この曲は「頑張ろう」と思わせてくれる、まさに男性のための応援歌のようなものなのです。哀愁とポジティブな感情が織りなす、素晴らしい一曲となっていますよ!

第5位は「歩いて帰ろう」



第5位は「歩いて帰ろう」のご紹介です!「斉藤和義」をあまり知らない方でも、このメロディーに聴き覚えがある方は多いのではないでしょうか?耳に残るこのキャッチーなメロディーは、彼の曲の中でも群を抜いて素晴らしい魅力を秘めています。

生き急いでいる街の人々を見て、「たまにはゆっくりと過ごそうぜ」というような心情を歌詞にしており、社会に生きる私たちのリアルな本音をしっかりと踏襲した内容となっています。仕事に疲れたサラリーマンにこそ聴いていただきたい名曲ですね。

第4位は「ウエディング・ソング」



第4位は「ウエディング・ソング」のご紹介です!以前に「ゼクシィ」のCMで起用されていた曲なので、聴いたことがある方も多いかもしれませんね。落ち着きのあるギターの音色と、「斉藤和義」の囁やくような歌声が非常に魅力的な一曲となっています。結婚式でも頻繁に使われているようですね!近々結婚を予定している方は、ぜひチョイスしてみてはいかがでしょうか?

第3位は「歌うたいのバラッド」



第3位は「歌うたいのバラッド」のご紹介です!歌うたいが気持ちを込めて、愛する人へ歌を届けるといった内容になっており、「斉藤和義」らしい純粋で真っ直ぐな一曲となっています。シンガーソングライターの方がカバーをしているのも頻繁に見かけますね。それほど歌い手の気持ちがしっかりとこもった、日本の音楽史に残る名曲となっています。ぜひあなたもギター片手に歌ってみてはいかがでしょうか?

第2位は「やさしくなりたい」



第2位は「やさしくなりたい」のご紹介です!過去には「家政婦のミタ」というドラマで主題歌として起用され、日本中にこの曲を知らしめていましたね。サビに入った途端「知ってる!」となる方は多いのではないでしょうか?哀愁がありながらも、キャッチーなメロディーを奏でている名曲です。

ちなみにPVは「ビートルズ」を完全に意識した内容となっており、彼の「ビートルズ」への愛が十分なほどに伝わってくる描写となっています!なかなかな金額をかけてセットを作り込んだのでしょう。半端な愛ではここまでするはずはないですからね!「斉藤和義」らしいユニークなPVも必見です!

第1位は「ずっと好きだった」

栄えある第1位は「ずっと好きだった」です!これぞまさに「斉藤和義」の代表曲ですね!過去に恋愛感情を持っていた二人の男女が大人になってから再開し、「当時はとても好きだったんだよ!」と互いの関係や当時の想いを懐かしんでいる歌詞となっています。「こんな恋愛してみたかったなー」と思わせてくれるような一曲ですね(笑)まさに不屈の名曲です!

ちなみに、この曲も先ほどの「やさしくなりたい」と同じく、「ビートルズ」を意識したPVとなっています!(笑)彼の楽曲の中には「僕の見たビートルズはTVの中」というタイトルの曲がありますが、よほど「ビートルズ」が好きなんでしょうね。どちらも本当に魅力的なミュージシャンです!

斉藤和義の名曲で人生の深みを味わおう!

いかがだったでしょうか?「斉藤和義」には本当に数多くの名曲があるのですが、この10曲を聴くだけでも彼の魅力に触れることができたと思います!「まだまだ他の曲も気になる!」という方は、是非これらの楽曲を参考に彼のアルバムを掘り下げてみてください。きっと素晴らしいミュージックライフが待っていますよ。これからも「斉藤和義」から目が離せない!

遺伝(初回限定盤)
遺伝(初回限定盤)
posted with amazlet at 17.04.09
斉藤和義
ビクターエンタテインメント (2017-02-22)
売り上げランキング: 1,876

KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016“風の果てまで”Live at 日本武道館 2016.5.22(初回限定盤) [DVD]
ビクターエンタテインメント (2016-09-21)
売り上げランキング: 24,888