【内海哲也】完全復活!巨人のレジェンドに最も近い男を知る

2年連続リーグ優勝を逃したジャイアンツ。フロントが仕掛けた大型補強は、蓋をあけて見ればほとんど機能していません。投手陣の柱として、内海哲也の完全復活を信じるファンは、まだまだたくさんいます。大勢のファンに愛される内海哲也という男を、皆さんもっと知ってください!

内海哲也のプロフィール

内海哲也の2017年は?

2017年、開幕から5連勝と快調なスタートを切り、「おっ、今年はいけるか?」とファンを喜ばせたジャイアンツは、16年のリーグ覇者広島に3タテをくらう連敗で、瞬く間に貯金を吐き出す不安定な戦いっぷりです。

大金を叩いて大型補強したものの、その戦力となっているハズの選手達の相次ぐ故障、WBCで燃え尽き・・・別人か?と思える小林の不振、そして何より投手陣の不安定さが、素人目から見ても浮き彫りになっています。

この不安定な投手陣を救えるピッチャーは誰でしょうか?そう考えた時、筆者の頭の中に真っ先に浮かぶのが【内海哲也】の名前です。2017年現在、巨人のエースは間違いなく菅野智之でしょう。

でも、かつてのエース内海の復活こそが、2017年のジャイアンツに何より必要なピースではないかと筆者は思うのです。

内海哲也の経歴を簡単にご紹介!

1982年4月29日生まれの内海は今シーズンで35歳を迎え、ジャイアンツの現役投手陣の中では杉内に次ぐ年長者となります。京都府出身で、敦賀気比高等学校時代はエース左腕として活躍し、田中良平・森大輔とともに「北陸三羽ガラス」と呼ばれていました。

高校3年生の時には、阪神のスカウトに絶賛された落差の大きなカーブと、長身から投げる角度のついた最速144km/hの速球とで緩急を使い、1試合平均14個を超える奪三振率を誇り、「北陸のドクターK」の異名を取っていたほどです。

当然、2000年のドラフト会議では複数球団での争奪戦が確実視されていましたが、祖父の内海五十雄が巨人の野手だったこともあり、巨人以外からの指名は拒否することを表明していました。

内海が巨人軍に入団するまで

内海さんのファンサはほんとすごい。ベテランで、こんなにサービスする選手は多くないのにすごい #ごく稀 #26 #今季こそぜひ2ケタ #内海哲也

えすえいち(仮)野球専用アカウントさん(@saaaaaaaho_kari)がシェアした投稿 –

この年のドラフトで巨人軍は、逆指名により1位・阿部慎之助、2位・上野裕平が既に決まっていた為、内海の事は3位以降で単独指名する予定でした。ところが、オリックス・ブルーウエーブが内海を1巡目に指名したのです。

仰木監督から直接電話で説得を受けた内海は、一時はオリックス入団へと気持ちが傾きかけたと言います。それでも、結局は巨人軍への想いを捨て切れずに東京ガスへ入社することを選択、社会人野球の道へと進んだのです。

社会人時代は、香月良太・森大輔とともに、ここでも「三羽ガラス」と呼ばれる活躍を見せると、2003年のドラフト会議において巨人が自由獲得枠で交渉権を獲得、念願の巨人軍入りが確定しました。

入団した内海の背番号は【26番】、祖父が付けていた背番号を受け継ぐ形となったのです。

プロ入り前は涙の甲子園辞退?

突然の知らせ・・・

高校時代、全国的に名を馳せた内海ですが、実は甲子園の出場経験がありません。内海の母は、女手一つで3人の子供を育て、苦しい家計の中から内海を福井県の強豪・敦賀気比へと進学させ見守ってくれました。

そんな内海の目標はプロに入って母親に楽をさせること。練習に明けくれた内海は2年の頃から頭角を現すと、エースとして順調に実績を積み、第30回神宮大会で準優勝し第72回選抜高等学校野球大会への出場を決めたのです。

ところが、選抜開催の数日前、寮の自室で甲子園への準備をしていた内海に、とんでもない知らせが届きました。チームメイトの仲澤忠厚が飲酒運転と無免許運転で交通事故を起こしたというのです。

これにより、敦賀気比高校は甲子園出場を辞退、小さな頃から夢見ていた内海の甲子園は、目の前から儚く消えてしまったのです。

プロとなり憧れの甲子園へ!

甲子園への最後のチャンスとなった高3夏の予選でも、福井大会決勝戦で山岸穣・天谷宗一郎を擁する福井県立福井商業高等学校に、延長10回の末に2-3で敗れ、あと一歩及ばず、ついに甲子園出場は果たせませんでした

甲子園に出場すれば、より自分の名をスカウトに轟かせ、高い評価を得てプロ入り出来る、そして何より応援してくれる母親に甲子園での雄姿をを見せ喜ばせたい!その想いで懸命に練習に打ち込んできた家族思いの内海は、さぞや悔しかった事でしょう。

甲子園出場は叶いませんでしたが、その後プロ入りを果たした誰よりも練習熱心な男は、やがてエースとなり甲子園球場のマウンドに立つ事となるのです。

内海哲也 プロ入り後の活躍

入団~1軍定着まで

入団1年目の04年はイースタンリーグで9勝を挙げ最優秀防御率のタイトルを獲得、一軍初先発も果たすと、翌05年には開幕1軍を勝ち取ります。しかし、4月こそ初勝利を含む3勝を挙げ順調なスタートを切りましたが、その後打ち込まれ終わってみれば4勝9負と結果を残せませんでした。

04、05年の巨人軍監督は堀内恒夫。正直、ファンにも人気が無く、チーム成績も奮わなかったことから、この2年間は『暗黒時代』と呼ばれています。そんな中、内海の素質に目を付け、勝てなくても辛抱強く一軍で投げさせたのが堀内監督でした。

内海は「今の自分があるのは勝てなくても堀内さんが使ってくれたおかげ」と感謝の念を述べ、堀内が辞任した翌06年に高橋尚成の怪我により昇格すると、中継ぎとして結果を残し、そのまま先発として定着したのです。

投手陣のリーダーへと成長

予告先発!!最高です、、早く見たいです、、 #内海哲也 #巨人 #がんばれ!!

おはみさん(@bf9507)がシェアした投稿 –

2007年、内海は初の開幕投手を任されると、その後も順調に勝ち星を重ね自己最多の13勝を挙げます。シーズン終了後には自身初タイトルとなる最多奪三振も獲得し、飛躍の年としました。

ただ、オフシーズンに球団の相次ぐ補強に苦言を呈した為、球団側とちょっとしたイザコザがあったんです。内海はとっても正義感の強い人なので、皆の想いを代弁したのでしょうが、こっぴどく怒られたんでしょうね・・・、二度と球団批判はしないと誓いました。(誓わされた・・が正解ですかね・・・)

その後は、好不調の波はありながらも、毎シーズン先発ローテを守る投手に成長していきます。年々、その投球スタイルも、三振を取りに行くものから打たせて取るピッチングにシフトチェンジし、粘りのピッチングが信条となっていきました。

偽サムライは真のエースへ!

一番好きな2人が1軍と2軍で先発😆😆😆 #G党#巨人#ジャイアンツ#内海哲也#宮國椋丞#最高#な二人#0405#fff#f4f

Moka-.-野球アカさん(@baseball_gi)がシェアした投稿 –

2009年は開幕前に第2回WBCの日本代表に選出されますが、思うような活躍は出来ず、シーズンに入ってからも調子が上がらなかった内海は、原監督から『偽サムライ』と呼ばれます。(酷い・・)

その悔しさをバネに、9月には1完封勝利を含む4勝0敗、防御率1.16で自身初の月間MVPを受賞します。10年からは巨人選手会長に就任し(13年まで)、この年2年ぶりに二ケタ勝利を挙げますが、防御率は自身過去最低の4点台と精彩を欠きました。

それでも翌11年には18勝を挙げ巨人の左腕投手としては1969年の高橋一三以来42年ぶりとなる最多勝を獲得します。12年は交流戦で4勝0敗と活躍し、MVPを獲得。7月の阪神戦からシーズン最終戦までに8連勝し、巨人の左腕投手では史上初となる2年連続最多勝を獲得しました。

腐ってもエース!



これらの実績から、メディアでは「エース内海」と呼ばれ、ファンも違和感なくずっとそれを受け入れてきました。しかし、その成績に目を向けると、13年にはなんとか13勝を挙げますが、14年が7勝、15年は怪我にも見舞われわずか2勝に終わり、「内海はもう終わった」と囁かれるようになってしまいます。

16年の前半戦は不振や故障で1軍で投げることすら出来なかったものの、中盤に復帰すると持ち前の粘りのピッチングで9勝を挙げ、復活の兆しを感じさせてくれました。内海がファームで投げた試合を何度か見に行きましたが、打たせて取るスタイルの内海にとって、2軍の守備は内海の足を引っ張ることが多々あります。

それでも若い選手たちのエラーに、気にするなと声を掛け投げ続ける内海は、他のピッチャーとは明らかに違う風格がありました

チームメイトは大事な家族

筆者が思う内海の素晴らしさは、プレーの部分だけではありません。内海がいるだけで、その場はパッと明るくなるんです!ベテランとなってもチーム一の練習量を誇り、背中で後輩たちを引っ張っていくタイプでありながら、持ち前のおバカキャラで、周りを和ませます!

現に坂本には「あ、パーがいる!」と言わせちゃうくらい、上下関係がゆる~いんです。(笑)内海自身、新人の頃に先輩と若手との壁を感じ萎縮してしまった経験から、自分が先輩になったら後輩には伸び伸びと野球をやれる環境にしたかったんだとか。

その成果がありすぎて、坂本選手とは『パーコンビ』、山口投手とは『ニコイチ』(2人で1人)、とファンから呼ばれるほど仲が良く、休日には選手を自宅に呼んではバーベキューをするなど、チームの輪をとても大事にしています。

妻や子供にも注目

内海のグローブには“家族”という刺繍がしてあります。仲間思いの内海は、当然のごとく家族思いでもあります。歯科助手をしていた奥様の聡子さんとは、知人の紹介で知り合い、内海の一目惚れで、ストーカー並みの猛烈なアタックを繰り返したそうです。(笑)

奥様は内海が野球選手だと言う事も知らなかったそうですが、やがて二人は付き合うようになり、めでたく出来ちゃった婚となりました。現在子供は4人。男、男、男と恵まれ、4人目にようやく姫を授かりました。

オフの自主トレ時には、ジャイアンツ球場に子供たちを連れて来たりと、傍から見ていても本当に良いお父さんといった感じでした。17年の登場曲は、“幼稚園のパパ友”が作曲した曲を使い、曲の最後には子供たちの「パパ頑張れ~」の大合唱が入っているんですよ。(ほっこりしますね)

内海哲也の年俸推移を調査!

まずは年俸推移を見てみる

さて、ここで内海の年俸推移を見てみましょう。1年目の2004年と05年は1,500万円。その後は1軍での活躍するにつれ、1,800万、3,600万、8,400万円と上昇し、09年に大台突破し1億2,000万円になりました。

翌、10年には1億4,000万円としましたが、11年に一度ダウンして1億2,000万円。しかし翌12年は最多勝獲得を評価され1億円アップの2億2,000万円、翌13年は2年連続最多勝から1億8,000万円アップの4億円でサインしました。

その後は4年間4億円で契約更改をしていましたが、15、16年の不振から野球協約の減額制限(1億円超は40%)を超える2億円減の年俸2億円を提示されると、「仕方がない成績しか残せなかった。申し訳ない気持ちが強い」とサインしています。

自身の左腕で稼ぎだしたお金は・・



2億円ダウンと言うと、税金大変なんだろうなぁ~と余計な心配をしつつも、これまでにこれだけの年俸を稼ぎ出したとなれば、一般庶民の筆者などからしたら、もの凄く羨ましく思ってしまうわけで・・。

内海はプロ入り後は実家の為に家を建て、給料の半分は仕送りに充て、一番下の弟の大学の費用も負担していました。08年には「内海哲也ランドセル基金」を立ち上げ、児童養護施設で暮らす子供たちにランドセルを寄付する活動を行うなど、社会貢献にも熱心なのです!

内海哲也よ!ジャイアンツのレジェンドとなれ!

そんな内海ですが、16年オフに受けた人間ドックで、縦隔腫瘍が見つかり摘出手術を受けることになりました。腫瘍と言っても陽性の腫瘍で、術後はきっちり回復させ開幕にも間に合ったのですが、多くのファンが心配し、一報を聞いたときは気が気じゃありませんでした。

若手の台頭はチーム力アップに欠かせないものですが、内海には一年でも長くチームにいて欲しいと願っているのは筆者だけでは無い筈です。若手投手たちにとっても、内海は兄の様な先輩で頼れる存在なのです。

チームの誰かが落ち込んでいるとみれば、必ず声を掛け励ましてくれる。いつも自分の事より周りに気を配る、そんな人間なのです。

#巨人 #ジャイアンツ #内海哲也 #ジャイアンツ球場 #秋季練習 #明日 は休養日です #口あいてますよ

読売ジャイアンツさん(@yomiuri.giants)がシェアした投稿 –

開幕5戦目の横浜戦で見事勝ち投手となった内海でしたが、次の広島戦でコテンパンに打たれ、今はファームにいます。その後、吉川も抹消され未だ先発ローテは確定しておらず、すぐ次のチャンスは巡ってくると思います。

打撃の面では、坂本や阿部が本来の力を発揮していますし、投手力さえ噛み合えば、チームはまた上昇していけるはずです。実際、若手投手の頑張りで、チームはまた連勝しています。

それでも、多くのファンは内海を待っています。何故なら内海の復活は何よりチームの活力となるからです。内海にはそれだけの影響力があるんです。レジェンドとなれ内海哲也!17年、あなたの復活を筆者は誰よりも信じているから。