【ゴンサロ・イグアイン】ユベントスに移籍したゴール量産マシンの5つの噂

ゴンサロ・イグアイン!王者ユベントスでもゴールを量産し続けるアルゼンチンのゴールゲッターに迫ります。

ゴンサロ・イグアインとは

Flying the flag for a new breed of attack, Gonzalo Higuain reveals his customised #Hypervenom.

Nike Football (Soccer)さん(@nikefootball)がシェアした投稿 –

ゴンサロ・イグアインの簡単なプロフィールを紹介します。出身はアルゼンチンで、お父さんも元サッカー選手で、お兄さんは今もサッカー選手として活躍しているサッカー一家で育ちました。

1987年12月10日(29歳)87年生まれのアルゼンチン人といえば、アンヘル・ディ・マリア、リオネル・メッシなどの豪華なメンバーで“黄金世代”と言われてます。ゴンサロ・イグアインもそのひとりです。

得意なポジションはFWで、最近の活躍からは“生粋のストライカー”のイメージですが。昔は今とは違いアシストの方が多い選手で、チームでもフリーキックを任されたりと足元は元から上手い選手なのです。なので年齢を重ねると共にFWとしてのゴールへの嗅覚を磨き続けてきたと感じます。



ゴンサロ・イグアインのこれまで所属したクラブチームを紹介します!05-07母国アルゼンチンのリーベル・プレートでプロデビュー。リーベル・プレートから1200万ユーロ(約20億円)で、スペインリーガエスパニョーラのレアルマドリードに移籍しました。

07-13の6シーズン活躍しましたが、レアルマドリードではフランス代表のカリム・ベンゼマとのポジション争いに敗れ3700万ユーロ(約48億円)でイタリアセリエAのナポリに移籍。13-16ナポリ在籍時にはセリエAのシーズン得点記録を66年ぶりの更新となる、圧巻のシーズン36ゴールを見せつけました。

この活躍が認められ、セリエA5年連続優勝中の王者ユベントスにセリエA過去最高額の9000万ユーロ(約108億円)で移籍。

噂①イグアイン、まさかのユベントス移籍

@ghiguain20_9 settles in to his new home! #BienvenidoPipita #PipitaLive #FinoAllaFine #ForzaJuve #InstaJuve

Juventus Football Clubさん(@juventus)がシェアした投稿 –



ゴンサロ・イグアインのナポリからユベントスへの移籍に驚いたのは私だけではないでしょう?レアルマドリードからは戦力外とされたゴンサロ・イグアインですが、ナポリに移籍してからは13-14シーズンは“17ゴール”14-15シーズンは“18ゴール”とセリエAでの環境に完全に慣れたと感じました。

それも15-16シーズンは開幕戦からゴールを量産し続け、最終的には2位に終わりましたが、最後の最後までナポリの優勝争いのキーマンのひとりでした。シーズン“36ゴール”で得点王!セリエAの得点記録も更新!

それにセリエAナポリでアルゼンチン人のプレーヤーといえば『マラドーナ』ですよね?それにナポリサポータはゴンサロ・イグアインの事を『マラドーナの再来』と喜んでいました!

#Napoli azarkeşlərinin #Higuain'ə qarşı kini bitmək bilmir

● Avropadan Futbol ●さん(@avropadan_futbol_)がシェアした投稿 –



その期待も、まさか同じイタリアセリエAの宿敵のユベントスに移籍とは(笑)イタリア人の中でも人懐っこいとも言われるナポリの人達は、ゴンサロ・イグアインと一緒にスクデット(優勝)を祝えると夢みていたに違いありません。

凄い昔(1960年代)のイタリア南北の貧富の差も理由のひとつだと言われています。ユベントス(トリノ)は首都で、ナポリの南側は貧しかった為。サッカーだけではなくこれまでの歴史も含めナポリサポーターは激怒しました。

特に15-16シーズンは素晴らしい活躍をしていたので色々なクラブチームへの移籍のウワサはありましたが、誰もユベントスへ移籍するとは思ってなかったと思います。

噂②イグアイン移籍の影には衝撃の理由が!?

当たり前の事ですが、所属する選手が活躍するとクラブチームは移籍金をグンと値上げします。選手の売り買いで利益を上げる事もクラブチームとしては必要なのです。そして、ゴンサロ・イグアインの15-16シーズンの大活躍は、世界のビッククラブに欲しいと思わせる理由のひとつでした。

ナポリがゴンサロ・イグアインにかけた移籍金は9000万ユーロ(約108億円)。言い方を変えれば、9000万ユーロ払えるならゴンサロ・イグアインを手放してもいい。という事になりませんか?その9000万ユーロ払ってゴンサロ・イグアインが欲しいと手を挙げたのがユベントスだったのです。

優勝争いをしていたチームのエースストライカーを獲得する。別に最近では珍しい話ではないでしょう?(笑)

「セリエAの6連覇は前代未聞の快挙だし、コッパ・イタリア3連覇もまだ誰も成し遂げたことがない。もちろん、CL優勝は実現させたい夢だけど、あとの2つ(のタイトル)もおろそかにはできないよ」

ナポリでは叶わなかった、スクデット(優勝)それに6連覇が出来る、チャンピオンズリーグ優勝もセリエA王者ユベントスだと可能なクラブチーム。これが移籍の大きな理由のひとつでしょう。もう若いとはいえない年齢のゴンサロ・イグアインの最後のチャレンジだと感じます!

噂③ゴール量産機!イグアインの成績が凄い?

そうなんです!ゴンサロ・イグアインの成績が凄いんです!アルゼンチン(南米)の選手なのに、欧州リーグ通算200ゴールを達成したのです。レアルマドリードで6シーズンで107ゴール。ナポリで3シーズンで71ゴール。今季ユベントスで22ゴールで合計200ゴール。それから、プラスもう1得点してますので通算201ゴール。

レアルマドリード時代の若い時から観ていますが、ここまでゴールを量産する選手になるとは思っていませんでした。年齢と共に身体が大きくなってるゴンサロ・イグアインですが(笑)増えてるのは体重だけじゃなく、しっかりゴール数も増えてます。個人的には体重は少し減らしてほしいですが、これからもゴール数はバンバン増やして欲しいです。

そして、欧州リーグのゴールランキングです。ゴンサロ・イグアインは今の所8位。上位の3人(ロナウド、メッシ、イブラヒモビッチ)は笑っちゃうぐらいズバ抜けてますけど、しかもまだ現役選手です(笑)

もう201ゴールのゴンサロ・イグアインは4位までは間違いなくいけるでしょう!ですが、他の上位7選手はプロデビューから欧州リーグなんですが、ゴンサロ・イグアインだけはデビューは母国アルゼンチンなので2シーズンの遅れはあるにも関わらずこの結果は本当に素晴らしいと思います。

噂④ユベントスでのイグアインは不安要素?

上写真『ユベントスに移籍してから、メディアもみんなうるさいよー』て言ってるように見えます(笑)確かにゴンサロ・イグアインがユベントスへ移籍時のコンディション調整があまり上手くいってませんでした。そして、ナポリでは“王様”のように結構好きにプレーし、得点する事に専念できました。

ですが、王者ユベントスではチームとしての役割があります。前線からの守備、周囲を生かすプレー、そうする事でスペースが空き自分もより生きる事、なによりセンターフォワードとしてのポジションが約束された訳ではないんです!

不安要素と言われたのは、本当に最初だけでした。センターフォワードのポジション争いにも勝ち、チームメイトも同郷のディバラとのアルゼンチンコンビはセリエAでも最強コンビです。

Divertirsi insieme è il primo passo per costruire le vittorie ! 🇦🇷

Paulo Dybalaさん(@paulodybala)がシェアした投稿 –

16-17シーズンもユベントスのスクデット(優勝)は間違いないでしょう。そしてチャンピオンズリーグリーグでも順調に勝ち進んでいるのは、不安要素と言われたが、チーム最多得点のゴンサロ・イグアインのお陰なのではないでしょうか?

そしてディバラの今季の急成長はゴンサロ・イグアインとの相性の良さが大きな理由のひとつだと思います。チャンピオンズリーグ、バルセロナとの1stレグは、“メッシからディバラへの世代交代”のようにも見えましたし、そう感じた人も多いと思います。

噂⑤イグアインは移籍したくなかった?

ゴンサロ・イグアインが“王様”でいられる(得点する事だけに専念できるナポリ)環境は心地良い場所だったでしょう。そして、最高の誉め言葉『マラドーナの再来』とまで呼ばれ、ナポリに骨を埋める覚悟だったと思います。ユベントスへの移籍はゴンサロ・イグアイン自身が望んでの移籍ではありません。

ゴンサロ・イグアインは移籍した事によって、「金の亡者」や、「裏切り者」などメディアやサポーターからバッシングされ傷付いたと思います。本当に可哀想だと感じました。9000万ユーロが懐に入ったのはゴンサロ・イグアインですか?いいえ、違います。

ナポリです。その莫大な移籍金で補強もできましたし、年棒の上がった選手もいるでしょう。それもゴンサロ・イグアインのお陰なんじゃないですかー?(笑)

イグアインのこれからの野望とは?



ゴンサロ・イグアインのユベントスへの移籍は誰がどう見ても成功です。ユベントスの中心選手だった、マンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFポグバ、レアルマドリードに移籍したFWモラタこの2人の放出を忘れさせてくれるのは、ゴンサロ・イグアインの活躍と相棒ディバラの成長ではないでしょうか?

アントニオ・コンテ前監督で復活したユベントスは、アッレグリ監督によってより磨かれたチームに成長したと感じます。絶対的な堅守が武器のユベントスだからこそゴンサロ・イグアインの“生粋のストライカー”の部分が絶対的に必要になりました。

Another magical night at #CampNou? 🔵🔴 #Barcelona #UCL ⚽️ #Barca

#UCLさん(@uefachampionsleague)がシェアした投稿 –

前人未踏のスクデット6連覇!そしてチャンピオンズリーグの優勝!このゴンサロ・イグアインの野望は、もうすぐ手が届きそうです!

今季のスクデットは間違いないと思います。それにチャンピオンズリーグ2stレグのバルセロナ戦でも私の期待通り、ユベントスの得意の堅守でしっかり守り切り勝ち進んでくれました。

もうこれは、そのままの勢いでユベントス3回目のチャンピオンズリーグ優勝!そして、ゴンサロ・イグアインが笑顔でビッグイヤー(チャンピオンズリーグ優勝チームに授与されるトロフィー)を獲得するのを楽しみにします!

WCCF/16-17 / WCF3/ゴンサロ・イグアイン
セガ
売り上げランキング: 38,159