上白石萌音が声優アワード受賞で炎上!過大評価と言われる実力に6つのギモン!

2016年の声優アワードの最優秀男優賞・女優賞ともに「君の名は。」の主人公を演じた、神木隆之介さんと上白石萌音さんが選ばれた。しかし、その結果に声優ファンからは異論噴出!本業の声優を選ばないのはおかしいとやり玉に挙げられることに、特に女優賞に選ばれた上白石さんに対しては厳しい声も、流行ったことでの過大評価とされているが・・・。では、その過大評価はホンモノなのか?6つの疑問から上白石萌音という人物を徹底調査!!!

「君の名は」主演女優、上白石萌音が炎上!

「君の名は。」が映画界のみならず、声優界も席巻!声優アワードの主演賞を独占!!!

2016年No.1ヒット作の「君の名は。」についてはこれまで、日本アカデミー賞でアニメ作品としては初めて「最優秀脚本賞」を受賞したりと、国内、海外問わず評判が高い。その中で主演した2人の俳優・女優が、2016年の第11回声優アワードで揃って主演男優・女優賞を獲得した。更に、作品として声優の魅力を最大限に発揮したシナジー賞まで受賞するなど勢いに乗っていますね。

過去の記事にも書いているが、私自身も「君の名は。」の大ファンであり、この2人の声の役は非常に素晴らしいと思っている。主演の2人については、この人でなければこの作品にならない!と絶賛しています。

なのに炎上?三葉の声は非常に評価が高かったはず・・・なぜ?

そんな中、この受賞については異論が噴出!Twitterやネット掲示板などで様々な声優ファンから批判が相次ぎました。えっ?アニメファンからも評価が高かったのいきなりの手のひら返し?実はもともとはそう思っていなかった中の過大評価だったの???正直、疑問符が取れない私?いったいなぜ???

この件について、私は調査を進めていくと・・・あ、そうゆうことだったのね。と合点がいく結論に。

ん?これって、上白石さんの批判じゃないよね?この件でTwitterで「声優アワード 上白石」で検索をかけてみた。すると、検索結果に出てきた記事の内容を見ると、上白石さんを批判するのではなく、今回の声優アワードの選出方法への批判が多かった。

他のコメントもそうなんだが、上白石さんの声の評価をしながらも、声優でない女優や俳優に賞をあげたという事実が気に食わないだとか、それでは声優の賞じゃないでしょうが!という声が実はほとんどなのだ。

意見をまとめると、声優のための賞なんだからプロの声優に1番になってほしい!という意見がほとんどなのだ。まあ、確かにその意見はわかる。日本プロ野球賞なのに、NPBの選手じゃなくて、メジャーリーガーが選ばれたらええっ!と思いますしね。

Twitterだけでなく、Googleでも検索してみると、「俳優と声優を一緒にしないでほしいし、俳優をアニメに使う事自体どーかしてる。声優タレントに失礼何ですよね。」とか、声優としての技量の評価に対しての批判は少なかったんですね。

だから、今回の炎上は「上白石萌音=声優として下手だから選ぶな!!!」ではなくて、「上白石萌音=プロの声優じゃなくて女優(声はよかったけど)なんだから選ぶな!!!」だった訳です。実際に他にもこんな意見もありました。

このように作品の話題性を十分に加味すれば、この受賞は評価に値するとの声もあります。しかし、まだまだ声優ファンからは声優としての技能についてはもっと高めてほしいとの厳しい意見もありました。

そもそも声優アワードの投票方法ってどうなっているの?

ここまで批判されている声優アワードの運営委員会。でも、そもそもこの声優アワードの受賞までの経緯って、一体どうなっているのか?それを調べてみないと何でここまで批判されているかがわかりません。実際に調べてみました。

アワードのHPを見ると、”一般投票での得票を各媒体ごとに集計し、その結果を基に最終選考へのノミネート者を決定いたしました。その後、選考委員会による二次選考とその結果を精査する中央選考委員会を経て受賞者が選出されました”とある。



一般投票でしぼられるらしく、運営側が押したい声優や俳優を無理やり受賞させることは厳しい制度です。この一般投票の集計があるとなると、今回の主演女優賞は、アニメファン並びに声優ファンの総意ということになります。

その後の2次選考は選考委員による選出なので、その部分で運営の意向が入るというのはあります。だが、さすがに大きく一般投票の意見を変えることはないと思います。もし、本当にみんなが選んだ作品と逆行したら、それこそ今回の比にならないほど大炎上です!!!

それなりに「君の名は。」は評価されているので、賛否両論になり。更に上白石さんの演技もとても良かったけど、声優を選べよ!!!というまでの批判だったのでしょう。

ただ、こんなに声優アワードが炎上したのは、最多得票賞の廃止(神谷浩史の連続受賞が途切れる)と、声優ファンが常日頃思う、一般向けのアニメ作品は声優を主役に据えてくれないこともあるからでしょうね。

上白石萌音の実力①芸能界入は東宝シンデレラオーディションだが…

そもそも、東宝シンデレラオーディションって何???

 

東宝シンデレラオークションとは、東宝と東宝芸能が主催する、未来の映画スターを探すための女優向けオーディションです。このオーディションからは、上白石さんを含め数々の有名な女優が誕生しています。

特に有名なのは、2000年の第5回でグランプリを獲得した、「君の名は。」でも奥寺ミキ役で上白石さんと共演した長澤まさみさんです。当時最年少の12歳で栄冠をつかみ、その後の活躍は知るところです。まさにスター、シンデレラストーリーをつかんでますね。自分もファンで、エプソンのCMで見せた笑顔が今でも忘れられません。

また、第1回では、あの科捜研の女シリーズで有名な沢口靖子さんがグランプリになってます。そして、第2回は初代「きれいなおねいさん」で様々なドラマやCMで活躍する正統派女優の水野真紀さんが審査員特別賞を頂いている、まさに一流女優を生み出すオーディションなんです。

なんと、姉妹で本戦に出場!!!



上白石萌音さんがこのオーディションに挑んだのは、2011年の第7回大会です。当時12歳の萌音さん、ここでグランプリに輝けば長澤まさみさんと同じく12歳でのグランプリ獲得です。しかし、そのグランプリを妨げる最大のライバルがこの大会には出ていました・・・それは!?

自分の妹、2歳年下の上白石萌歌(かみしらいし もか)さんでした。何と、このとき姉妹で同時にファイナリストとして本選に出場!!!自分の妹と闘わなければならない・・・やはり芸能界は一筋縄にはいかない厳しいところです。

栄えあるグランプリはいったい・・・誰!!!

ではこのオーデションの結果は如何に!?44,120人の中からグランプリをつかんだのは・・・妹の萌歌さんでした!!!萌歌さんは最年少グランプリ記録を2歳更新した、10歳でのグランプリに輝きました。

当時の記事には、”最終審査では審査員が満場一致で、東宝シンデレラが持っていて欲しいものを、すべて持っていた”とありましたし、その時に審査を見ていた長澤まさみさんや水野真紀さんからも大絶賛だったらしく、萌音さんはこのような強力な存在が身内にいる中でのオーディションでした。

ちなみに、萌音さんもグランプリにはならなかったもの、審査員特別賞を受賞。このオーディションで姉妹揃って賞を獲得するのは初めての快挙でした。

その後の活躍は?



その後萌音さんは、HOME MADE 家族「スターとライン」のプロモーションビデオに妹の萌歌さんとともに映像作品に初出演を果たします。

そして、2014年に周防正行監督による映画、「舞子はレディ」に舞子見習いの春子役で主演としては初出演。シンゴジラの主演の長谷川博己さんや、名優、名女優の富司純子さん、岸部一徳さん、竹中直人さん、小日向文世さんなどの面々との共演を果たし、その年の日本アカデミー賞新人俳優賞などに選ばれました。

その時には周防監督に「日本のオードリーヘップバーンだ!」と称賛されるなど、非常に高い評価を受けました。その後も数々の映画、ドラマ、舞台、ミュージカルに主演、出演。最近では声を生かしてのナレーションにも引っ張りだこ。今後も活躍が期待されますね。私も、舞子はレディのときは凄い演技派の新人が現れたな!と大興奮。

そう考えると、現状としては姉の萌音さんの方が、女優としては一歩、いや結構なリードをしていますね。これからも姉妹仲良く切磋琢磨していただきたいところです。

上白石萌音の実力②「君の名は」での演技は実際上手い?

いや、断言します上手いです。三葉役はこの人しかいなかった。

声優アワードの炎上から実力に疑問符がついているらしいですが、実際に「君の名は。」での評価はどうだったのか?言われもがな、声を務めたのはヒロインの「宮水 三葉」役です。正直なところ、Twitterでもネットでも声の演技を「下手」だとか、「作品の印象を壊した」とかの情報はほぼありません。

むしろ、称賛の声があちらこちらにあります。先ほど書いたように、炎上はこの人が声優でないのに受賞されているのが問題なのです。実際に自分ももう何回も「君の名は。」を見ていますが、断言します!三葉役はこの人しかいない!!!

そもそも、三葉役はこの人しかいないと判断したのは、何を隠そう新海監督恩自らですからね。様々なインタビューや、映画パンフレットにも「この人しかいない」「最初のアフレコから欲しい声が来た!」とありますから、もう上白石さんしかいなかったのです。大合唱上映会(私も行きましたが)でも言っていましたね。

ちなみにこんな声も

個人的に実写化はどうなのかな?と思っていますが、このような声が出るというのはそれだけ、上白石萌音という人物が三葉と投影したときにしっかりと被る、そして、しっくりくるキャラクターどということです。やはり、上白石さんの声なしでは、「君の名は。」はありえなかったみたいですね。

上白石萌音の実力③声優は二度目!初挑戦はあの作品!?

今まで出演の劇場アニメは新巨匠らの作品だった!!!

何と、初アニメーション声優主演作品はあの「時をかける少女」や「サマーウォーズ」、「バケモノの子」を手掛けた新進気鋭のアニメーション監督の細田守さんの作品、「おおかみこどもの雨と雪」でした。 主演ではないですし、そもそもこの映画の公開が2012年ですから、オーデションからわずか1年、まだ全くの無名新人です。実際に、公式サイトのキャストページには名前はなし。

デビューからわずか1年でこのような作品に出演できたのは、所属事務所の親会社の東宝が配給先ということもあるのでしょうが、声の素質は素晴らしいとの評価があるので、有名監督の劇場新作ですが、期待されての出演ということなんでしょうね。

ちなみに冒頭にもありますが、新アニメーション巨匠の細田守新海誠というように上白石さんがでるアニメは非常に有名な監督のアニメーション。今後はあのスタジオジブリ作品の主演というのもあるかもしれないですね!期待が膨らみます。

上白石萌音の実力④『江〜姫たちの戦国〜』に出演していた!

大河ドラマ初出演作は、作品の評価は低い作品だったが・・・

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

NHKの大河ドラマは名だたる名俳優や名女優が出演するドラマとして有名ですが、上白石さんはデビューから僅か半年で何と大河ドラマに初出演、しかもこの作品が初のドラマ出演でもありました。

初のドラマとなったのは、『江〜姫たちの戦国〜』という上野樹里さんが江役で主演を果たした作品です。ただ、この作品、大河ファンからはことごとく評判が悪い作品として有名で、この10年間の大河ドラマの中で最低だという人もいます。こんないわくつきの作品に最終回で出演いったいどうなってしまうのか~!?



当時のチーフ・プロデューサーからは、「ドラマ初出演とは思えない度胸の持ち主。落ち着きのある気品のある演技をしてくれた」と大絶賛されるなど、演技の評価は非常に高かったようです。初めてのドラマが大河の最終回、普通ならば圧倒されてしまうところをやりきったということは、女優としては天性の”モノ”を持っていたに違いないです。

実際にこの時に上白石さん自身は、撮影に向けて、社会科教員の父と時代背景などを勉強したとのことで、初出演のドラマのための役作りもしっかりと準備する、

そして、これで満足せずに更に上を目指そうという気持ちも持っていたので、 当時からプロ意識の芽生えや高さも感じられます。そりゃ活躍しますね。

上白石萌音の実力⑤上白石萌音の歌唱力はホンモノか?

歌唱力は母親譲り?幼いころの体験がスゴイ!!!

* 映画への感想、沢山ありがとうございます!わたしの大好きな映画が皆さんに届いて本当に幸せです!! さてさて、デビューミニアルバム「chouchou」のジャケットと収録曲が発表されました!「君の名は。」主題歌のひとつ、RADWIMPSの「なんでもないや」もカバーさせていただいています。未だに夢じゃないかと思うほど、幸せです。詳しくはプロフィールのリンクから是非! 大好きな曲ばかりです。名曲ばかり。 それぞれの歌への想い、沢山ありますが、それはこれから少しずつお伝えさせてください! お楽しみに☺︎ #君の名は。 #chouchou #RADWIMPS

上白石 萌音さん(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿 –

もともと音楽には幼少期から触れており、ピアノを3歳から小学1年生まで習っていました。ただ、ピアノは練習が厳しく、小1で辞めてしまったそうです。ただ、趣味は「音楽を聴くこと、歌うこと」とあるように、歌は昔から好きであったと思われます。

それもそのはず、萌音という名前は音楽が好きになってほしいと、両親からつけられた名前であります。それは特に上白石さんの母親が元音楽の教師で、ピアノの先生であったことが基になっているんでしょうね。

 あるインタビューでは、「母は、私がお腹にいる時からずっと歌を聴かせてくれたり、ピアノを弾いてくれたりしていたらしいです。」 このようなエピソードがあるということも、歌手になるというのは本人としても希望していたことでもありますし、お母様としても大変喜ばしいことであったんではないでしょうか。

更に上白石さんは言葉を覚えるのが早く、2歳になる前にペラペラ話しだし、そのときには歌も歌っていたとのことなので、ここからも女優、声優、歌手としての素質が垣間見られていたんですね。

声を絶賛されての歌手デビュー、過去の作品でも名監督に大絶賛!!!

https://www.youtube.com/watch?v=7LBfQxE8YD0
その後、2014年にオーディションで800人の中から選ばれ、「舞子はレディ」に主演する。その際のミュージカル演技は、「Shall we ダンス?」をはじめ大ヒット映画の監督となる周防正行監督に大絶賛され、その歌唱力も注目されます。

その後から、様々なジャンルの歌のレコーディングをしていき、2015年から自身のお気に入りの作品をワンカットかつアカペラで歌った作品をYou tubeに公開しました。実際に公開されると、現在までに50万以上の視聴回数を記録し、世間に歌唱力の高さをアピールしていきます。

そして、ついにあの「なんでもないや」のカバーを含めた初のミニアルバム作品「chouchou」を昨年10月5日にリリースし、歌手デビューを果たします。

「なんでもないや」については、「君の名は。」の大ヒット御礼舞台挨拶において、サプライズ出演のRADWIPSの野田洋次郎さんに提案され、観客の前で野田さんがギター伴奏を行って披露。これによってメディアやネットニュースが取り上げて、その歌唱力が皆に知られることになりました。

そして、このアルバムの前日には、池袋サンシャインシティで発売記念イベントでフリーライブを行いました。その後も、「君の名は。」で一躍有名となったことによって、ミュージックステーションのライブSPや、FNS歌謡祭では新海誠監督ともに出演し、その歌唱力を存分に披露しました。

また、オリジナル作品となる「告白」は4月から「めざましテレビアクア」の主題歌になっています。

歌唱力については、名監督にも絶賛され、これらの音楽番組の出演による好評も含めると、その歌唱力はホンモノ!であることが間違いないです。

上白石萌音の実力⑥歌だけでなく語学まで!多才すぎる才能とは!

歌もうまいし、なんと外国語もしゃべれるんだって!?

現在、上白石さんは大学2年生。どこの大学に通っているかはネット上でも諸説ありますが、れっきとした大学生。君の名はのインタビューでも、大ヒットしたことで、友達から「三葉やって」とよくせがまれたらしく、それについての苦悩も語っていました。

進路ナビのインタビューでは、語学関係の学部に通っているとありました。週8コマが英語の授業なので英語漬けの生活を送っているそうです。高校も若い女優には珍しく普通科の高校に通って大学受験にも挑みました。

それもそのはず、東宝の公式プロフィールを見ると、特技に実用英語検定2級、スペイン語検定6級とあります。なんと!上白石さんは語学も堪能な方なんですね。しかし、英語はわかりますが、なぜスペイン語なのか?

なんと、上白石さんは帰国子女だったのだ!!!

実は、小学生時代にお父様の転勤でメキシコに住んでいたことがあります。メキシコはスペイン語が公用語の国ですので、スペイン語をしゃべることが必要だったのですね。よって、小学生の頃から外国語と接する環境があり、語学が堪能なんですね。この経験は、おそらく女優としての演技の経験でも役に立ったに違いありません。

また、13歳ということで、中1で英検3級を取っているのは非常に早いですね。英検3級は中学校修了レベルなので、中1で中3までの範囲が終わっているのは、前々から語学を習っていた証拠です。私自身も中学生になってから英語を始めて、中2で3級を取りましたが、中1で取っている人は、もともと英語を習っている人だけでした。

更に、先ほど紹介しましたが、上白石さんは言葉を覚えるのが早いので、語学を習得する際も非常に効率よく覚えられたのでしょう。う~ん!単語の暗記が嫌いだった私からするとうらやましい!!!

生まれながらのザ・女優が見つめる先には!!!

声も演技も歌、更に語学も才能があるということは・・・!?

今年も、萌音さんは連続ドラマ初主演となる、「ホクサイと飯さえあれば」に山田文子役で出演。また、昨年は「君の名は。」を含めても、「ちはやふる」の上の句、下の句、「溺れるナイフ」の4作品で映画に出演するなど、大活躍な1年でした。

たくさんの才能を持ち、女優としての魅力にあふれる上白石萌音さん。これだけのものを持っているということは、本当に生まれながらの女優なんですね。演技を磨き、数々の映画やドラマに出演。「赤毛のアン」に代表されるミュージカル作品、「君の名は。」の声優、そして歌手デビュー。様々な体験から更なる広がりや幅を持って、この先に行きつく所はどこなんでしょう?

しかも語学が堪能で、今もレベルを上げているということは・・・最終的にはハリウッドに進出というのを見据えているのでしょうか???もし、「君の名は。」がアカデミー賞のノミネート作品になったら・・・と思うと、そんな想像ができますね。

日本の女優としてアカデミー賞を取った人物はまだいないですから、これからの経験や演技力のレベルアップによっては可能性があるのではないでしょうか!?

「舞子はレディ」のミュージカル映画で演技力と歌唱力に目をつけて、「君の名は。」で声の魅力に再度気づかされた私は本当にそうなっていくのではないのかと思ったりします。これからもどんどん活躍が増えていきそうですね。

ちなみに、個人的に上白石さんには、「なんでもないや」の英語バージョンのカバーをだしてほしいですね。語学の勉強の成果を見せてほしい!

今後も、魅力ある女優の上白石萌音さんの演技、声、歌にこれからも期待していきましょう!!!そして、姉妹での共演がいつか果たせればいいなとも思います。

なんでもないや(movie ver.)
PONY CANYON (2016-10-05)
売り上げランキング: 134
君の名は。(通常盤)
君の名は。(通常盤)
posted with amazlet at 17.05.01
RADWIMPS
Universal Music =music= (2016-08-24)
売り上げランキング: 158